肌をつるつるにする方法。イケてるスキンケアやメイク法を徹底解説!

おはだをつるんつるんに、肌荒れも無いきめ細やかな素肌にして綺麗にするためには、それなりの努力をすることが大切です。具体的にはこのようにしてケアをすると、理想的な美肌になれたというかが多いでしょう。

肌をつるつるにする方法

腸内環境を整える

腸内環境が悪化すると、お肌の環境に良い影響を与えません。出来るだけ腸内環境を整えるように気をつけで、腸内環境の改善を出来るようにしましょう。普段から便秘が多いという方の場合は特に、腸内環境が悪化したことによって、肌荒れが出ている可能性があります。

腸内環境を整える際には、出来るだけ食物繊維がタップリと入っているような食品を摂取したり、辛いもの、油物など、消化吸収に負担がかかりやすいものを、出来るだけ食べないようにすることも大切です。

スキンケアをしっかりする


メイクが残っている状態、化粧水などのスキンケアをしていないという状態は、全く感心できません。各種スキンケアをしっかりすることで、肌の状態をメンテナンスする事が出来ます。例えば、メイクを落とす際には毛穴の汚れまできっちりと落としたり、保湿ケアを重点的に行っていると、綺麗にスキンケアをすることが出来るでしょう。

日頃から肌荒れが広く、あまりスキンケアにも積極的では無いという場合は、出来る限りスキンケアに積極的になる所から始めて見て下さい。

生活習慣を見直す

根本的な生活習慣が整って居ないと、肌荒れが起きやすくなります。出来るだけまずは生活習慣を見直すところから初めて、生活習慣に問題が無いかどうかを確認することが重要です。

睡眠をしっかりと取ることはもちろん、出来れば適度に運動をして、毎日汗をかくくらいの運動をしておくと良いでしょう。運動をすることでストレスも溜りにくくなりますので、より開放的な気分でゲームをすことが可能です。

肌がつるつるになるメイク方法

ポアプライマーを使う

毛穴やくすみをサッと隠して、まるですっぴんのような仕上がりにするのが、ポアプライマーです。毛穴などをコンシーラーで隠すよりも綺麗に隠すことが出来る、しっかりと密着するタイプのメイクアイテムとして知られています。ポアプライマーは様々なブランドから販売されており、カバー力やパッケージの可愛さも、商品によって異なりますので、色々と比較をしてみることが大切です。

ファンデはリキッドかジェルタイプ

ファンデーションを選ぶ際には、パウダーよりも、毛穴の奥までしっかりと入り混んで密着力が高い、リキッドタイプかジェルタイプを選ぶ事が大切です。しっかりと肌に密着して馴染むタイプの化粧品なので、隠したい部分をしっかりと隠し、自然な素肌の仕上がりになるでしょう。

使い心地も軽やかで、ナチュラルな仕上がりになるのも、リキッドファンデやジェルファンでの特徴です。普段パウダーばかりを利用して居るという場合、軽やかな付け心地に、驚く方も少なくありません。コットンなどを使って利用する方法もありますが、指でのばすという方法、筆で伸ばすという方法もありますので、使い勝手の良い、仕上がりに納得出来るタイプを選んで見てください。

クレンジングオイルは使わない

クレンジングオイルはお肌に優しいイメージが有るかもしれませんが、しっかりと乳化をしないといけず、手間暇がかかるのも難点です。さらに、あくまでオイルですので、クレンジングが残ってしまおう物なら、そこからニキビなどの肌荒れが出てしまう事もあるでしょう。

出来ればクレンジングオイルは使わずに、メイク落とし洗顔料など、密着力がそこまで高くないタイプを使う事がおすすめです。余程の濃いメイクなどで無い限り、普通の洗顔料で十分メイクを落とすことが出来るでしょう。クレンジングオイルは出来れば使わずに、お肌に優しい洗顔料を使う事も重要なポイントです。

肌をつるつるにするスキンケア方法

洗顔は徹底的に泡を立ててやさしく

お肌をツルツルにする為には、洗顔をする方法も気を配りましょう。洗顔を行う際には、徹底的に泡を立てて、もちもちと泡が立つまで洗顔料を泡立てて下さい。泡立てネットなどを使うと、綺麗に泡立てることが出来ます。

洗顔料を少しだけお湯にとかして、少し薄めてパシャパシャとするのでは、肌に摩擦が与えられてしまうことはもちろん、きちんとメイクを落とすことが出来ません。メイクを落とすには、たっぷりの泡を作った洗顔料を肌に当てて、くるくると優しく回すように、手のひらで優しくなぞるように、泡の上からしっかりと洗って行くことが大切です。

泡で洗顔をして居る人のお顔と、普通で洗顔をして居る人の仕上がりは、全く別になります。きめ細かい素肌になりたいという場合は特に、泡を立てる一手間を惜しまず、優しく洗うように心がけてみて下さい。

また、泡立てるのが手間という場合は、泡だった状態で出てくる洗顔料なども有りますので、そうした商品を使う事もおすすめです。忙しい朝なども、泡立てることなく、サッと使う事が出来ますので、非常に便利なアイテムと言えるでしょう。

お風呂から上がったら即保湿


お風呂から上がったら、1にも2にも、有無を言わさず即保湿ケアを行いましょう。顔全体の保湿を徹底して行う事はもちろん、そのまま忘れずにボディケアをすることも大切です。

お風呂で暖まった後のお肌は、肌が水分で徹底的に満たされていますので、保湿ケアをしないでも良いかと勘違いしてしまいがちですが、体が温まっている分蒸発をするのも早く、すぐに保湿ケアをしないと、かさかさのサハラ砂漠のような素肌に戻ってしまうでしょう。

時間が経てば経つほど肌が乾燥してしまい、お風呂に入る前よりも水分が蒸発してしまった結果、かさかさと触り心地が悪い肌が出来上がってしまいますので、十分注意が必要です。お風呂上がりでまとめてボディケアも行うと、非常にてっとり早いといえるでしょう。

まとめ


美肌は一朝一夕で身につく物では無く、日々の積み重ねによって仕上がる物です。理想の肌を手に入れる為にも、何かと面倒くさがること無く、丁寧なケアをするように心がけて見て下さい。

肌荒れに悩んでいる方は、自力で行う肌メンテナンスはもちろん、専門家に相談して、一度本格的に治療をしてみるというのも1つの方法です。ニキビやニキビ跡など、自力でなかなか治すことができないと言うような肌トラブルは特に、思い切って、専門家に相談をして、薬などによる治療も検討して見て下さい。

更に、生活環境の見直しも重要なポイントです。食生活や運動睡眠など、基本的な生活リズムが整っているかどうかもちろんのこと、ストレスを適度に発散させているかどうかも、重要なポイントになります。日々何もしていなくともストレスは溜ってしまうものですので、出来るだけこまめにストレスを発散させることで、肌荒れも改善させる事が出来るでしょう。