肌が汚い女性は周りの男性からどう見られてる?肌は綺麗に出来る!

肌が汚い女性については、男性からどのように見られているのか、男性の一般的な意見を見ておきましょう。

肌が汚い女は男性からどう見られている?

男性は容姿端麗でも肌がキレイじゃないと付き合う気になれないとか、容姿がよくなくても肌がきれいな女性がいいとか、肌にポイントをかなり置いている人が多いです。

肌が汚い女性は男性から見て不潔、だらしないと思われることもありますし、中には、見た目ではなく中身が大切と思ってくれる男性もいるようです。

不潔

女性から見て男性の肌が汚い場合も、不潔にしているとか洗顔をしっかり行っていないのでは?と考えてしまうものですが、男性も同じで最近は汚部屋で平気で暮らせている女性も多いので、不潔な状態で肌も汚くなっていると考える人もいます。

ただ女性の中には、お化粧をしたまま数日顔を洗わないという、肌によくない生活をしている人もいるので、男性から魅力ある女性と思ってもらうためには清潔が一番と心得ておくことがよさそうです。

生活がだらしない

女性の一人暮らしの方が部屋も汚くごみが多い、といわれる現代ですが、男性から見て明らかにいつも不潔と思う女性は、確かに生活がだらしない人が多いようです。

男性から見て、いつもきれいな洋服を着ていても、靴が汚れていたり、バッグに傷が多いなどをみると、生活がだらしない女性と見破ることができます。

特にキレイずきな男性は、肌が汚いことをみて家が不潔なせい、風呂に入らないせいと勝手に思うこともあり、その場合、近寄りもしないという男性もいます。

肌が汚くなる原因は?

スキンケアが自分に合っていない

洗顔やクレンジングは汚れを落とすことなので怠ってはいけないスキンケアのひとつです。毎日化粧水や乳液をしっかりつけていたとしても洗顔やクレンジングをしていなければ元も子もないので忘れないようにしましょう。

そして洗顔やクレンジングには様々な種類があります。泡・固形石鹸・フォーム等ありますが実は肌の悩みごとに使うものが変わってくるので、自分の肌質を理解し、使用する洗顔やクレンジングがどのような効果があるのか下調べしてから使うようにしましょう。

睡眠不足

睡眠が足りていないと、イライラしやすくなったり血圧があがったり体にも様々はな影響を与えます。肌も同様に睡眠中に行われるターンオーバーが乱れてしまい肌荒れを起こしてしまいます。ターンオーバーが乱れると古い角質が残り、ぶつぶつした出来物ができてしまったりします。なので肌のためにも体のためにも睡眠は十分にとるように心がけましょう。

ストレスが溜まっている

心の曇りは体調や肌に影響してしまうもので、ストレスが溜っている時肌の調子も同時に悪くなっていくという経験はありませんか?肌のためだけでなく心のためにもストレスを溜めないように自分にあった発散法を身に着けておくと良いでしょう。

汚い肌を卒業して女性らしい美しい肌になる方法

見た目は関係ないといってくれる男性がいても、やはり肌を美しくすることは女性にとって重要なことです。

もしかしたら自分にあったケア方法を得ることで、キレイな肌になれるかもしれませんし、美しい肌を維持する事ができるかもしれません。

自分に合ったケア方法を理解する事で、今の汚い肌を改善することも可能かもしれないのです。

オイリーな肌の場合の対策

オイリー肌で、夕方になるとお化粧が崩れてしまうという人は、皮脂分泌が多くなっていることが考えられるので、まず食生活を見直し、脂質の多い食事ではなく野菜が多い和食などにかえていくと各段に肌がきれいになることがあります。

皮脂分泌が多くなっている要因としては、睡眠不足等もありますので、しっかり睡眠をとり、オイリー肌用のケア商品やニキビが多いという場合には、ニキビ専用のケア商品を利用することで、お肌が改選できるかもしれません。

カサカサ肌の場合の対策

乾燥し常にカサカサした状態の肌は、水分が不足している状態なので、保湿ケアを行うことで、各段に肌がきれいになります。

水分を補う方法としては水分量をコントロールしてくれる化粧水を利用し、その後、化粧水で得た水分が逃げないように美容液などでしっかり蓋をするケアを行います。

乾燥しているとニキビなどもできやすくなるので、悪化しているニキビがある場合には、皮膚科の専門医から薬を処方してもらい治療することで肌はどんどんきれいになります。

ニキビ肌の場合の対策

ニキビについては白ニキビや黒ニキビから進んだ炎症系の赤ニキビや黄ニキビになっている女性もいて、この場合、お化粧をしっかり落とさなかったり、食生活が乱れているなどの複合的な理由から炎症がひどくなっている可能性もあるので、まずは正しい洗顔を覚え、毎日、夜寝る前にはクレンジングで丁寧にお化粧を落とし、洗顔をして、化粧水で水分を補給し、美容液などで水分に蓋をするという基本的なケアを毎日行ってください。

ひどいニキビはその後ニキビ跡に移行することもあるので、甘くみず皮膚科で治療をしっかり行う方がいいでしょう。

お肌にいい基本的な対策

肌が汚いのは体質と考えている女性も多いのですが、体質でも、体質改善を行うことで肌は見違えるように美しくなることもあります。

お肌が汚いから何をしても仕方がないではなく、お肌にいいことをすれば、応えてくれるということを理解し、毎日のケア、生活習慣などを替えていくことです。

日々の生活習慣

夜遅くまで友人と一緒に飲んでいたり、お菓子を食べながらゲームをし睡眠不足なっているという生活なら、朝しっかり起きて肌の生成に必要な成長ホルモンの分泌が活発になる夜10時くらいには布団に入るという生活、またリズムよく三食の食事をしっかり行い、朝方人間になってください。

こうすることで体内リズムが整い、肌の状態も改善されますし、適度に運動を行い基礎代謝を向上させることや、お風呂につかり血液の流れをよくすることなども行うと、お肌が汚いといわれることも少なくなっていくはずです。

食生活

 

お肌汚い人の食生活を見ているとジャンクフードが多かったり、脂質の多い食事をされていて、それが原因でニキビが多くなったり、肌に必要な栄養素がしっかり届かず、結局、皮膚が乾燥した状態になり、肌のバリア機能が低下し、肌荒れを起こしやすくなっている可能性が高いです。

食生活を極端にいきなり変えろといっても無理があるので、まずジャンクフードの回数を減らし、そのかわりにサラダを含む食事を行ってみてください。

三食は無理ということなら最初は一食から開始し、その後、和食や脂質の少ない食事が無理なくおいしいと感じる時が来ると思いますので、そこから、たまにファストフード、ジャンクフードを食べるという生活にかえていきましょう。

まとめ

今回は肌が汚い人の与える印象についてまとめました。

実際はそんなことなくても、肌が汚いとあらゆるマイナスイメージをもたれがち。自分のイメージのためにも、綺麗なお肌を手に入れましょう!