肌が黒い・・日焼け対策やスキンケアで徹底的に美白になる方法

男性が好きな女性の特徴を聞いてみると、多くの男性が色白で肌がキレイな人、清楚な人などといいます。

特に日本人男性は、色白で肌が美しい人を好む傾向にあり、女性もまた今はずっと美白時代で昔のようにガングロ系の女性をみることもまた健康的な小麦色をしているという形容も少なくなっているように感じます。

元々色黒という人もいますが、日焼けによって肌が黒くなっている人もいますが、肌が黒くなる原因とはどういうことが考えられるでしょうか。

肌が黒い基本的な原因とは?


肌の色は日本人であってもものすごく白い日とも言いますし、黄色っぽさが強い人、また生まれつき色黒という人もいて、それぞれに元の肌の色が違います。

でも肌の色が白かったのに、黒くなっているという場合には、黒くなる基本的な原因があります。

日焼け

肌が黒くなる原因の最も多いことに、日焼けがあり、小学生や中学生など体育やプールに行くことが多い世代は、特に日焼けされていますし、高校生でも部活でテニスやソフトなど屋外のスポーツを行っている女子はこんがりと焼けています。

若い時には日焼けをしてもすぐに元にもどったり、トラブルとなることも少ないのですが、年齢を重ねると日焼けした肌が元に戻りにくくなったり、ニキビ、シミ、そばかすの下になることもあり、注意が必要です。

日焼けで赤くなった場合の正しいケア方法!

メラニン


日焼けで肌が黒くなるのは、紫外線から肌を守るために、メラニン色素が多くなって肌を保護してくれるので肌が黒くなります。

でも人によってはもともと生まれつきメラニンが多いタイプがいて、その場合は地黒という状態です。

ただ現在は美白化粧品等も質の高いものがあり、こうした美白系の成分が強い商品を利用することで、地黒だと思っていた女性の肌も、白く変化することもあります。

生活習慣によって肌が日焼けから戻りにくくなっていることもあり、この場合、肌の成長サイクルが栄養素の不足などで遅れていて、日焼けなどが戻らない状態になっていることもあるので、食生活を変えることで肌が白くなっていくこともあります。

なぜ日焼けしてないのに肌が黒い?


自分では気を付けているのに、ほかの子と比較して日に焼ける確率が高い、また、日焼けをしても元に戻りにくいと感じている人も少なくありません。

日焼けをしていないつもりなのに、ほかの子と同じ行動なのに、自分だけ肌が黒くなっていくのはどうしてなのでしょうか。

肌が日焼けやすい性質だから

肌に元々メラニンが多く、火を少し浴びただけで肌を保護しようと、メラニン色素が多くなるタイプの人はいます。

白人の方などはメラニン色素が極端に少ないので、すぐにそばかすやシミなどになりますが、日本人は比較的しみやそばかすが白人の方と比較すると少ないです。

これはもともと白人よりもメラニン色素が多い状態となっているので、しみやそばかすになりにくく、そのかわり、紫外線を少し浴びただけでも黒くなるのです。

内臓に問題が出てる可能性も


内臓の状態が悪く、疾患を持っていると肌が黒くなることがあり、特に、肝臓が悪くなると極端に顔の色が不健康に黒くなります。

紫外線で日焼けして黒くなる場合には小麦色ですが、内臓疾患や内臓の機能が衰えている場合、どす黒いというか土気色というか、健康な顔色だと感じられない黒さがあるので、見た目で内臓が悪いことがわかります。

体質・遺伝

元々日焼けしやすい、またご両親のいずれか、肌が黒いという場合、体質が同じになることもあり、遺伝的にその体質を受け継ぎ、肌の色がほかの人と比較して黒く見える樋こともあります。

こういう場合は、赤ちゃんの時代、生まれてすぐにほかの赤ちゃんよりも少し黒い?と感じますし、紫外線を浴びていないのにほかの赤ちゃんと比較して肌が少々黒いと感じます。

肌が黒いのが悩み…色白になる方法はある?


肌が黒いことをコンプレックスに感じている人も多く、白くきめ細かい肌に憧れるという人も多いです。

元々生まれついて黒いという場合は、限界があると思いますが、日焼けしやすい人の場合、美白を徹底することで、肌が黒くなることを予防できることもあります。

美白ケア商品などは今非常に多く、質の高いものがたくさんありますので、こうした商品を利用し、日ごろからこまめに日焼けしないように務めていくことで、肌が黒くなるのを予防できます。

徹底した美白ケア

美白系のケア商品に美白系のファンデーション、何もかも利用する化粧品やケア商品を美白系の物にそろえて、徹底的に美白に拘った生活を送ることも美白になるポイントです。

勿論自分の肌に合ったものが必要となりますし、荒れるなど、トラブルがある場合には、ほかの商品を選択する必要がありますが、美白商品を徹底的に利用することで、見違えるように美白肌に慣れた人も多いです。

美白ケアならコレ!シミなど気になる悩みに徹底アプローチ、透明感のある肌へと導きます!

ビーグレン ホワイトケア トライアルセット

「もうシミが取れなかったらどうしよう」そんなお悩みをお持ちの方もいらっしゃることでしょう。日常生活はもちろんストレスなどでシミができてしまうことはよくあります。そんな時は薬学博士が研究・開発した圧倒的信頼のシミケア5ステップならfeelyイチオシのコレで解決!

超微粒子クレイ洗顔で適度な潤いを残しながらしっかりと汚れを落とし、2種類のビタミンCを配合したローションで潤い補給、即効性の高い高濃度ビタミンを含んだ美容液でメラニンの発生をブロック!そして「QuSome ホワイトクリーム1.9」で悩みのもとにしっかりとアプローチ、シミのない透明感のある肌へ導きます。

各雑誌はもちろん、医学誌にまで掲載され話題沸騰中のスキンケア。ぜひ、この機会にお試しください!

 

UVケアをしっかり行う


外に出るときには日傘、またUV系の洋服をきて肌の露出をとにかく控えるようにして、紫外線を長時間浴びるようなところに行くことを避けるなど、徹底して紫外線を浴びない努力をすると、肌が黒くなることを予防できます。

夏場も長袖で肌見える部分を少なくする事、露出する部分を減らすことが必要なので、かなり暑いですし、苦労することも多いのですが、こうして普段からしっかりとUVケアを行っておくことで、肌が紫外線によって焼ける、また荒れるということも少なくなり、お肌が白くなるほかに、きめの細かい肌にしていくことも可能です。

美白サプリ

最近は美白を求める方に対して、美白サプリ等も販売されていますので、こうしたサプリを補給し、プラスUVケアと徹底した美白ケアを行うことで、肌は美しく白くなっていくと思います。

美白に必要な成分としては体内に存在するアミノ酸の一種で代謝サポート力がある、L-思春期ニキビステインや、肌の表白剤とも言われるアルブチン、さらにこれもアミノ酸の一種となりますが、凝固した血液を溶かす作用を持っているプラスミンという物質を阻害する働きを持っているトラネキサム酸、また抗酸化作用、美白効果も高くメラニン色素の生成を抑制するビタミンC等のサプリメントも有効です。

肌の老化を抑制するビタミンE、体内に入ることでビタミンAに返還される栄養素、βカロテン等もサプリメントで摂取すると、老化防止、また肌の新陳代謝を向上してくれるので、美白ケアに一役買ってくれます。

日焼け対策も同時にできちゃう!身体の内部からシミなどを予防!インナーケアならfeelyイチオシのこれ!

ビーグレン ビーグレン SIMIホワイト

美容先進国アメリカのサイエンスコスメブランド×100年の伝統を持つ製薬会社という最強タッグが日本人の肌のために開発!体内からアプローチできる飲む美白ケアです。

ストレスや運動など、日頃の生活で失われがちなシミケア成分を効率的に補給!インナーケアはこれだけでOKなのも嬉しいですね。ビタミンCを豊富に含み、シミの元であるメラニンにインナーから直接アプローチ。ビタミンB類もしっかり補給でき、ターンオーバーのサイクルを整えて美肌へ導きます。 またインナーからケアするため、年齢を感じさせがちな手元や背中など全身のシミに対してアプローチできるのも嬉しいところ!

顔はもちろん全身の美白への効果も期待できちゃいます。 シミのため、美しい肌のために開発された医薬品。各雑誌などにも掲載されるほどの人気を誇る「SIMIホワイト」ぜひこの機会にお試しください!

 

まとめ


元々肌が黒い人は白く美しいきめの細かい肌になりたいと思う方も多いのですが、何より、美白であっても何であっても、お肌の状態が整っていない事には、美しいと感じません。

日々の肌ケアをしっかり行い、その中に美白ケア商品、美白サプリメントなどを取り入れていくことで、お肌は美しく変わっていきますし、古い角質などがケアによって除去されると肌そのものの色が変化する事が無くても、くすみが取れるので、肌が一段階白くなります。

白くなることは漂白するなどではなく、肌の質を整えて明るくするという意味もあり、普段からしっかりとケアを行っていくことが最も大切なことになるのです。