敏感肌の原因や正しい対策、間違ったケア方法は知っておこう!

ちょっとした事で刺激や痛みを感じてしまう、デリケートな敏感肌。放置していても痛いという方も多く、スキンケアをした瞬間、ピリピリとした傷みが走るという方も少なくありません。敏感肌は何らかの対策をしないと、どんどん悪化してしまう物ですので、出来るだけ悪化をしてしまう前に、お早めの対策をするべきでしょう。

また、敏感肌を促進してしまう原因もありますので、敏感肌に悩んでいる方は日頃の自分のスキンケアや生活習慣が間違っていないか、よく確認をしてみて下さい。

そもそも敏感肌とは?

赤みがある

何だか肌に赤みがあり、触ると刺激を感じるという敏感肌。通常であれば非常に丈夫な肌が、何らかの原因で炎症を起こしてしまって赤くなっており、皮膚が限界の状態と言っても過言ではありません。

まるで皮膚が剥けてしまいそうな程、ピリピリとした痛みを常に感じているという方も多く、何かが触れる度に、嫌になってしまうと言う方も多いでしょう。

肌の赤みは何が原因なの?お肌のトラブルを細かい症状別に解説!

かゆみがある


何もしていないのに何だかかゆみがあり、ついついかきむしってしまって、敏感肌がより一層悪化するという方も少なくありません。普段は全くかゆくないのに、化粧水などのスキンケアをした瞬間に突如かゆみが襲い、肌がどんどん真っ赤になってしまうと言う場合もあります。

敏感肌にとってもかゆみは日常茶飯事と言っても過言では無く、かゆみの原因を根本から突き詰めて行くことで、徐々に症状を改善する事が出来るでしょう。

痒い湿疹にはどんな原因が潜んでいるの?対処方法は?

痛みやかぶれがある

痛みやかぶれなど、通常の肌とは明らかに異なるような刺激があるのも、敏感肌ならではの特徴です。特に何をしたわけで無いのに、痛みやかぶれが襲ってきて、化粧すらまともにできないと言う方は多く居ます。

痛みやかぶれを伴う敏感肌の方は多く、マスクをしているだけでも、痛みやかぶれが発生してしまったと、嘆いている方が多いでしょう。何かをきっかけに痛みやかぶれを感じるという場合も有れば、ただ歩いているだけなのに突然、肌に痛みやかぶれが発生するという事も少なくありません。

敏感肌の基本的な原因

お肌のバリア機能が低下している状態

敏感肌は、お肌のバリア機能が低下している状態で、通常であればバリア機能で耐えることが出来ることも、敏感に反応してしまい、痛みやかゆみ、赤みを伴うような事態に陥ります。免疫過敏やアレルギー、栄養不足、睡眠不足、間違ったスキンケア等が原因で、お肌のバリア機能が徐々に低下した結果、本格的に敏感肌を発症するという方も多いでしょう。

元々も体質や肌質というよりも、日々の積み重ねで敏感肌になってしまうと言うケースが多く、何らかの原因を見直して根気よく治療を続ける事で、敏感肌が改善したという方も多く居ます。

肌に合っていないスキンケア用品で敏感に

お肌に合っていないスキンケア用品を使う事で、お肌がどんどんダメージを受けてしまい、結果として敏感肌になってしまうケースが多々あります。化粧水や乳液など、浸透力が高いタイプのスキンケア用品が特に、肌に合わない成分、刺激が強い成分が入って居ると、付けた瞬間ピリピリと痛み出すなど、拷問のような痛みを感じてしまいます。

肌に合っていないスキンケア用品は、例え高かったとしても、無理をして使ってはいけません。そのまま使っていたら、肌を美しくするどころか、どんどん肌をボロボロにしてしまいますので、注意が必要です。

ストレスや食生活、生活習慣が原因の敏感肌

過度なストレスや偏った食生活など、生活習慣の乱れが原因で、敏感肌を引き起こすことは実は珍しくありません。特に、ここ最近で敏感肌が気になるようになったという場合、生活習慣の乱れが、年と共に蓄積して、肌が限界を迎えているという可能性が高いでしょう。

ストレスは出来るだけため込まないようにすることが大切で、どうしてもストレスが溜りやすくなったら、リフレッシュ出来る場所、発散できる場所を用意する事が大切です。そのまま何と無く日々を過ごしていると、どんどんと敏感肌が悪化してしまい、気がついたら取り返しがつかないくらいボロボロになって居たというケースも多いでしょう。

実は敏感肌になってしまう洗顔方法

クレンジングや洗顔の時間が長い

しっかりと丁寧にクレンジングをしようとして、ごしごしと力を入れて洗っていたり、2分以上クレンジングや洗顔を続けて居るという方も居ますが、これは絶対にNG。敏感肌を悪化させる二大NG行動ですので、やって居る方は今すぐに辞めましょう。

クレンジングや洗顔は、長時間行っていると、それだけ肌に洗顔料が付いている時間が長いため、あまり外に出ません。クレンジングの場合は特に、しっかりと密着したメイクを落とすために、それなりに強力な成分が使われていますので、長時間使うとその分肌に負担がかかると言えるでしょう。

ゴシゴシと顔を洗うのも、デリケートになって居る肌をボロボロにしてしまうNG行動なので、洗う際には摩擦が起きないように、たっぷりの泡を使って洗顔やクレンジングを行い、優しく洗った後、サッと洗いながすようにしましょう。

シートタイプのクレンジングを使う

シートで拭くだけで完了するメイク落としは非常に便利ですが、シート一枚でこびりついたメイクを落とすことが出来るように、実は非常につい成分が含有されています。シートタイプのクレンジングの場合は特に、拭いてそのまま放置すると、アルコールなどが添付したまま朝を迎えざるを得ないようなタイプもありますので、出来るだけ敏感肌の方は利用を避けて下さい。

シートタイプのクレンジングをした後は、出来ればぬるま湯洗顔などをして、完全にメイク落としシートの成分が落ちきっているように、しっかりと合わせてスキンケアを行うようにして下さい。

クレンジングシートは安心して使える?成分や選び方を紹介

日々スキンケアをする

敏感肌をどうにかしようと、色々なスキンケア商品を試してみたり、毎日パックをして潤いを与えようと努力している方もいるかもしれませんが、実はそれも、お肌には良くありません。敏感肌の時には色々な刺激に敏感になっているので、コロコロと刺激を与えるだけで、どんどん刺激が強くなり、敏感肌を悪化させる原因に繋がっています。

日々のスキンケアをする際には、限定したアイテムを使って、とにかく刺激を抑え、潤いだけを与えることが出来るようなタイプのスキンケアを行いましょう。スチーマーなどであれば、優しく潤いを与えてくれます。

乾燥性敏感肌の対策

乾燥性敏感肌の原因は?その驚きの対策法とは

肌ケア対策のやりすぎをやめる

乾燥性敏感肌の場合は、肌ケア対策をやり過ぎてしまっている結果、肌の免疫力が落ちてしまい、敏感肌、乾燥肌を引き起こしている可能性がありますので、一旦全ての肌ケア対策を辞めてみると良いでしょう。

化粧水から乳液など、全てのスキンケアを辞めて、使って良いのはお水や、スチーマーなどの水蒸気だけとしてみると、肌の免疫力が自然と回復していき、気がついたら乾燥も無くなって敏感肌も良くなっていたというケースが多いでしょう。

余計な物を塗らないこと、余計なものをつけずに自然の流れに沿った物だけを使う事、そうすると、人間の免疫力はすごい物で、みるみるうちに異常を修復していく傾向にあります。

洗顔剤をやめる

毎朝の洗顔剤も、お肌に負担がかかるポイントとなって居ますので、思い切って、洗顔剤を辞めてしまうのも1つの方法です。皮脂がしっかり落ちないのでは無いかと心配かもしれませんが、大丈夫です。実は皮脂は、水温32度くらいのぬるま湯でしっかりと溶けますので、毎朝ぬるま湯洗顔をするだけで、十分綺麗に洗顔することが出来るでしょう。

長時間洗顔をしないように、ぬるま湯が出てきたら、お顔を数回バシャバシャとして、ぬるま湯だけの洗顔をしてみると、肌の免疫力がアップする傾向にあります。

セラミドのはいった保湿化粧品を使う

やはり強い味方はセラミド入り保湿化粧品。1にも2にも、敏感肌は潤いを与えることが重要ですので、優しく浸透するセラミド成分入りの保湿化粧品を使うようにすると、自然と敏感肌や乾燥肌の状態をよくすることが出来るでしょう。

まとめ


乾燥性敏感肌を初め、お肌がデリケートな方は、もしかすると色々とお肌の事を考えすぎて、そうした肌質になって居るのかもしれません。一旦全てを辞めてみて、様子を見てみると、案外肌の免疫力がアップし、調子が良くなると言う方が多く居ます。

敏感肌になってしまったときは、余計な事は一切せずに、出来るだけ自然にさからわないで使えるスキンケアを行うことが大切です。お肌の免疫力をアップさせ、時間をかけて肌を修復していくことで、ちょっとやそっとでは揺るがない、丈夫な肌をゲットすることにも繋がるのです。

良かれと思ってやって居たことが、実は敏感肌を悪化させていた、関係ないと思って居たことが、実は敏感肌を引き起こす原因になっていたということも多くあります。色々と試して見てだめであれば、皮膚科など、プロの先生に一度相談して、薬などを使って根本から治していくことが大切です。

薬を大量に塗りすぎても反対に肌に負担がかかりますので、用法用量を良く守り、正しく使うようにして下さい。