ニキビに効果的なオロナインとは?効能や対応できるニキビなど!

ニキビは誰もが悩んだことがあるものです。思春期のうちに悩んでいた人は大人になったらすぐ治ると思っていた人も多いものです。しかし、実際には大人になってからもニキビに悩まされる人は少なくありません。それどころか大人になってからのほうがニキビが重要かして辛い思いをしているという人もいます。

ニキビができたらとにかく早いうちからケアをして重症化しないように対策をすることが重要です。ニキビのケアと言えばオロナインが良いということが昔から言われています。どこの家にもオロナインがありますがなぜオロナインが効果的なのでしょう。

ニキビにオロナインが選ばれる理由


オロナインは大塚製薬から製造されている塗り薬のことです。あかぎれやひび、擦り傷といった傷に効果があり用途が多数あるために一つ持っていると重宝します。どこの家にも一つは常備されているオロナインはなぜニキビのケアに良いのでしょう。その仕組みを確認してみましょう。

各家庭で常時薬として備えてあるから

オロナインと言えば便利な塗り薬であるためにどこの家にも常備されていることが多いです。一人暮らしの場合にも親が便利だからと言って持たせてくれたという人もいるくらいオロナインは使える薬です。

このように誰もが持っている薬であるためにニキビができたらとりあえずオロナインを塗ろうと考える人が多いです。そこでニキビができたらオロナイン、ということが都市伝説のように広がっています。

もちろん都市伝説ではなく実際に使った人たちがオロナインによってニキビが治ったということをSNSやホームページの口コミに書いていることで改めてニキビの対策にはオロナインだということが言われるようになっています。思春期の女子からシニアの男女までニキビができて悩んでいる人がオロナインを常備して気になる部分があればすぐに塗布するようにしています。

初期のニキビの対処に効果的

ニキビは状態によって色が変わります。もっとも初期にできるのが白ニキビと言われる芯の部分が白くなっているニキビです。白ニキビの場合には軽度なこともあり、オロナインを塗って眠ると翌朝起きるとニキビが治っていることも多いのです。もちろん個人差があるので皆が必ず治るとは言い切れません。しかし、」多くの人がオロナインを塗って寝て効果を感じています。

オロナインはやけどや傷、水虫に効果がありますが、ニキビにも効果があるということがパッケージにかかれています。殺菌・抗菌効果があるのでニキビの治療薬にはとても相性が良いのです。

価格が比較的安く手に入れやすい

常備薬として置いておき、定期的に使うためにはコストパフォーマンスが良いものでなければなりません。オロナインはリーズナブルでありニキビができたらすぐに気軽に塗布することができます。ニキビ以外にも肌に気になる部分があればすぐに塗布して対策ができるので持っておいて損はありません。

オロナインは症状が悪化してきている赤ニキビにも効果があります。炎症を起こして痛みをともなう赤ニキビに塗布して痛みが軽減したり炎症が落ち着いて色味が変わったりしてくることも多いです。このようにニキビへの効果が高いものだからこそニキビができる人は常備しておきたいものです。

ニキビに対するオロナインの効能


ニキビはオロナインによって治ることがあるということがよく言われていますが具体的にどういった効能があるためにオロナインがニキビケアに選ばれるのでしょうか。

炎症を抑える効果があり、炎症を鎮める

オロナインは炎症を抑える効果があります。ニキビの中でも赤ニキビは皮脂の分泌が過剰になることでできたニキビがさらに悪化して炎症を起こしている状態です。そこで消毒成分や抗炎症作用、殺菌作用といったものが入っているオロナインはとても効果的です。

オロナインは持ち運ぶことができるので、症状が気になる状態の場合には持ち歩いてこまめに塗るようにしましょう。そうすると治りが早くなります。

特に寝る前に塗布すると寝ている間にニキビの炎症を抑えてくれるのでかなり効果が期待できます。寝る際に22時から翌朝の2時までは肌のゴールデンタイムと呼ばれており、この時間は肌の細胞を補修したりコラーゲンの生成が盛んになったりといった効果が期待されます。成長ホルモンが分泌されるので炎症を抑えることにも効果が期待でき、速くニキビが治ることがあるのです。

殺菌作用で毛穴に侵入した菌を除去

私たちの肌は新陳代謝を繰り返しており、肌は28日周期でターンオーバーをしています。ターンオーバーをすることで最初のころは肌がすべてきれいに生まれ変わっているのですが、加齢とともにどんどんと肌表面に角質が残るようになりますし毛穴も開いてしまい皮脂の分泌も過剰になります。こういった症状が出ることで私たちの毛穴は開いて黒い状態になります。

そこで毛穴の黒ずみを除去して殺菌をするためにオロナインは使うことができます。それがオロナインパックです。オロナインと市販されているパックの道具を合わせて使うものであり、オロナインを使うことで肌への密着度を上げる効果があります。そのためパックを外すと黒ずんだ角質がしっかりと取れてなおかつオロナインが殺菌をしてくれます。

肌の感想や水分不足、ほこりや老廃物、といったものが毛穴の詰まりの原因となり酸化をして黒ずんでいきます。毛穴の黒ずみを摂ろうと思ってもなかなかきれいになりません。そこで定期的にオロナインを使ってパックをすることで毛穴をせんじょうすることができなおかつ仲間でしっかりと殺菌して毛穴の清潔を保つことができます。

オロナインパックをすることでたくさんのオロナインをつかいます。しかし、オロナインパックは毎日する必要はありません。毛穴の黒ずみや開いている状態によって頻度は違います。そして、ニキビの状態によっても違います。ただし予防という意味では毎週1度はオロナインパックでケアをしておくほうが毛穴の清潔さを守ることができて安心です。

毛穴の皮脂が化膿することを防ぐことができる

毛穴に皮脂が溜まるとそこからニキビになるのですが奥深くのところで炎症をしたら肌の中に膿をため込むしこりニキビというものができます。しこりニキビはニキビのなかでも特に重症のものであり、中にある膿をすべて除去しなければなりません。そのような重たい症状であるしこりニキビを予防するのにオロナインは効果的です。

オロナインをつかうことで毛穴の汚れを落とすパックもできますし殺菌もできます。これによって毛穴の中を常にきれいに保つことができるので化膿することが防げるのです。

ニキビの種類に対するオロナインの効果


ニキビも初期の白ニキビから重症な赤ニキビまで様々です。すべてにおいてオロナインを塗布することでニキビが治るとは限りません。ニキビの状態によってオロナインの効果も違ってきます。

ただ、どのような症状であったとしても、ニキビはオロナインを塗布することでかなり効果があります。最近ではいろいろなニキビケア用品が出ておりニキビの種類によって薬を変えたり肌の状態によってスキンケア用品を買えたりする人もいます。そういった面倒なことをすることなく常に肌の状態が悪くなったらすぐにオロナインを塗ることでニキビを抑えることができるのは手軽にニキビケアができてとてもうれしいです。

炎症を抑える効果で赤ニキビを鎮める

赤ニキビの特徴は炎症を起こしているということです。赤ニキビはアクネ菌が原因となっています。アクネ菌は元々私たちのはだにある菌です。しかしアクネ菌が増えることで炎症が進行します。炎症を起こす原因は食生活の乱れや栄養バランスの乱れ、不潔な環境といったことが理由です。

この赤ニキビは早く治さないと重症化しますし何度も治しても出てくる慢性化をします。そこでニキビを治すためにはしっかりと洗顔をして化粧水や薬を塗布して症状を治すことが重要です。オロナインはこの清潔な状態にした状態の肌に塗布することで炎症を抑えてくれます。赤く腫れているニキビは痛みも伴いますが、オロナインを塗布することで炎症の赤みを軽減することができますし、肌の傷みも軽減できます。

オロナインは殺菌効果がありますし抗炎症効果がありますからオロナインを塗布していることでニキビを治すことができるのはもちろんですが予防効果もあります。毛穴が開いてきたと感じたらオロナインを塗布しておけば予防することもできます。長くオロナインをつかうことでずっと悩んできた大人ニキビを治せることになります。

もちろん誰でも必ずオロナインで治るとは限りません。人によっては症状がひどすぎてオロナインを塗っても目に見えて治ったと感じられないこともあります。もしもオロナインを塗っても痛みが引かなかったり症状が変わらなかったりする場合には早く病院に行きましょう。

病院に行けば一時的にでも強い薬を処方してもらえます。そういった薬を塗ると治りもが早いです。刺激が強いのでずっと使い続けることができないので、炎症が落ち着いたり痛みが引いて来たりして落ち着いてきたらオロナインに切り替えましょう。もちろん切り替えのタイミングも自己判断ではなく医師に相談しましょう。医師はプロですからニキビの状態を診て適切なタイミングでするべきことを指示してくれます。

化膿を防止する効果で黄ニキビになることを防止

黄ニキビはしこりニキビとも言われます。一般的なニキビと違い角柱の芯が無く虫刺されのような見た目をしています。炎症で貼れている中に膿を溜めています。しこりニキビはフェイスラインやあごに良くできやすく一度できれば長期化します。そのため長くあごやフェイスラインにニキビができて悩んでいる人はしおりニキビで悩んでいます。

このしこりニキビはホルモンバランスによってもできやすくなります。特に生理前はホルモンバランスが乱れるのでできやすいです。定期的に肌にできて治療をしてということを繰り返しているうちにニキビ跡が肌に残ってしまうことも少なくありません。ニキビ跡が残るとまた毎日ケアをしてニキビ跡が治るように処置をしなければならないので極力ニキビ跡ができないように治療したいものです。

しこりニキビはニキビの中に化膿した膿が溜まっています。これを取り除かなければニキビが治りません。そこで病院では切開をしてニキビを潰すように膿を取り除きます。

自分で処置をする際もニキビを押して膿を出していきますが、自己処理の場合には膿を出し切ることができず何度か行わなければならないこともありますし、慢性化してなかなか治らないことも多いです。そこで、切開した後や膿を出した後はしっかりとケアをして再発防止をすることが重要です。

その際役立つのがオロナインです。殺菌効果、消毒効果が洗いますから塗布することで膿が合った部分の炎症を予防したりまた化膿することをよぼうしたりしてくれます。オロナインであればコストパフォーマンスが良いのでこまめに塗布して治るようにと塗ることができ治りも早くなることが期待できます。

殺菌作用で思春期ニキビになることを防止

思春期ニキビもオロナインで予防することができます。殺菌をすることが思春期ニキビには重要で去り、オロナインには殺菌作用が入っています。そのためニキビ予備軍が出てきたらオロナインを塗布してニキビ予防をすることができます。

思春期は多くの人が肌を美しくしたいと思い美意識をもってあれこれ肌のケアをしようとするものです。しかし、実際にはどうしても毎日のケアでは追い付かず肌が荒れてしまいます。そこで早期治療として気になる状態のニキビ予備軍があったらすぐに塗布して予防しましょう。

思春期ニキビはどうしても避けられないものです。できるだけ早く治したいです。思春期は見た目にも気を遣う時期ですから肌がニキビでぽつぽつしていたり赤ら顔になっていたりすると人前に出ることも人と会話をすることも思うようにできなくなることも少なくありません。特にニキビの症状がひどいと治るまで数か月かかることもあるので少しでも早く治せる方法はどんどんと実践したいものです。

そこで症状が見えたらすぐにオロナインを塗って予防をしましょう。ひどくなる前からオロナインを塗布することで重要化することを予防できます。

また、洗顔の方法は見直すようにしましょう。洗顔をする際、多くン人がニキビや皮脂のことを気にしてゴシゴシと洗います。しかしゴシゴシ洗うと肌を傷つけて余計に悪化します。皮脂が落ちそうにないからとゴシゴシ洗う人がいますが、丁寧にたくさんの泡で優しくなでれば十分に皮脂は落とせます。そこで皮脂を落とす際にゴシゴシ洗うのはやめましょう。ニキビ悪化の原因となります。

洗顔をする際にはぬるま湯で洗うことも重要です。熱いお湯で洗う方が皮脂が落ちそうですが、これも皮脂が落ちすぎて逆効果です。人肌程度のお湯で優しくなんどもゆすいで洗い、泡を落としていきます。泡が落ちたら最後に水を拭き取るのですが、個々でもゴシゴシすることなく優しくタオルで給水していきます。タオルで拭き取ったら保湿をして最後のケアにオロナインを塗布しましょう。

皮脂が分泌することで脂性肌になるということを思う人も多いですが、実際には乾燥をしているのを補うために皮脂が分泌しすぎて脂性肌になってしまっていることがほとんどです。乾燥の原因は洗顔の方法が正しくないことです。ゴシゴシ洗いすぎたりせっけんをつよくこすったりすることで皮脂が落ちてしまっているのです。

皮脂は余計なものと思われがちですが肌にとってほどほどに必要です。そのため取り除きすぎないことが重要です。

まとめ


ニキビにはいくつかの種類がありますが、どの段階のニキビでもオロナインを塗ったらよくなったということが言われています。オロナインは誰でも必ず治るとは言い切れません。しかし、オロナインに含まれている殺菌効果、抗炎症効果、消毒効果のおかげでニキビの症状を抑制したり軽減したりすることが期待できます。

一家に一台と言われているオロナインですが常備しておくのはもちろんですが、長年にニキビで悩んでいる人は常に持ち歩くことでニキビが気になったらすぐに塗布するようにしましょう。もちろんオロナインを塗布しても治らないときもあり、そういったときは通院をするべきです。