彼氏が許せる束縛彼女ってどんな人?重い束縛と可愛い束縛の境界線を徹底解説◎

恋をしていると、自分でもどうしようもないほど相手への愛が大きくなってしまうことってありますよね。人を愛することはとても素敵なこと。しかし、相手の気持ちと自分の気持ちの大きさに差が生まれすぎてしまうと、どうしてもお互いに居心地が悪くなってしまいます。愛が相手の負担にならないことは、大前提です。

しかし自分の気持ちを優先し相手のことを思いすぎてしまうと、相手を束縛をしてしまう彼女がいたりもいます。まずはどのような行為が相手に束縛と捉えられてしまうのか把握しておきましょう。

束縛彼女の束縛行為

まずは、束縛彼女の特徴について知っていきましょう。これを知っているだけでも、うまく付き合っていける可能性が高くなってくれるはずです。実際、人の特徴については、理解しているのかどうかだけでも随分と変わってくるところはあるはずです。

返事をしないとしつこい

束縛彼女は、何か一つ連絡があったとき、返事をすぐにしないといけません。そうしないとかなりのしつこさがあるのです。それこそ、数分とまではいかないですが、それなりに短い期間の間に返信をしなければなりません。これは、やはり女の子ということもありますが、束縛彼女としての不安感がそのようにさせるのではないでしょうか。別に束縛も何もしないのならば、いちいち何も言うことはありません。相手が好きで、心配で、何をしているのか、どんな人といるのかが気になって仕方がないということもあって、返事をしなとしつこいところがあるわけです。ですから、これに対しては、できるだけしっかりと返事をしてあげることが大事になります。

異常な程のスケジュールの把握

束縛彼女は、スケジュールに対してはとてもうるさいです。その把握したいという度合いは異常ともいえるほどのものがあります。今日は何しているのか、明日の何時にはどこにいくのか、誰と何をしているのか、仕事なのか休みなのかといったところの、スケジュールを把握したいという気持ちは他に類を見ないほどのものがあります。

そのすべては、彼氏を束縛したいという気持ちの表れに他ありません。少しでも彼氏を管理することによって、自分がいつも見ていると思わせて、行動を束縛するというものなのです。これはどうしようもありませんし、嘘をつくと面倒なことになりますので、正直にスケジュールを伝えることが大事です。

しつこい愛情確認

束縛彼女ですが、ことあるごとに愛情確認をしてきます。私のこと好き?というのが
ある意味では口癖であったりもします。こちらが好きと返したとしても、まださらにしつこく聞いてくることもあるくらいです。これは、1回や2回どころではなくて、毎日という子もいますし、週に1回くらい確認されることもあります。

これは女の子の見た目に限らず聞かれることがあって、実際のところ女の子は不安で仕方ないという気持ちも持っているのです。だからこそ、何度も愛情確認をすることによって安心したいという精神状態でもあるのです。ですから、そのあたりを理解したうえで、自分も好きであることをしっかりと伝えてあげると良いでしょう。

束縛彼女の心理

さて、束縛彼女ですが、果たしてどんな心理をしているのでしょうか。この部分を知っているだけでも随分と対応を考えることができるはずです。では、この心理にについてみていきましょう。

自分に自信がない

束縛彼女は、実は自分に自信がないという子が多いです。これは、別に見た目がかわいいとかかわいくないとか言ったところはあまり関係はありません。とにかく本人が本人の中で自信がないという場合が多いのです。実際、束縛がすごいというのがありますが、まず一つはこのような心理からきているのです。

友達が少なく彼氏が頼り

束縛彼女は友達が少ないです。ほかに遊ぶ子がいないの?と言わんばかりのところがあるわけで、実際に彼氏が頼りというところがあるのです。実際にそういうところが束縛彼女は持っていて、だからこそ彼氏に対して依存しているところがあるわけです。頼りにしているからこその束縛だったりするわけですが、それは男性を頼りにしているところからきていると思ったらかわいいのではないかと思いませんか?

本当に愛されているか不安

束縛彼女は、実のところは愛されているかどうかが不安であるというところがあるのです。だからこそ、束縛するわけです。自分がもしかしたら愛されていないのではないかという点を考えているのです。常に自分が好きと思われていないと不安な気持ちになるわけで、常にそれを考えているからこそ束縛が激しくなるところがあるわけです。

束縛される男性の心理

束縛彼女の心理について紹介しましたが、果たして束縛される男性の心理というのはどうなっているのでしょうか。実際、束縛が激しいとついてこれないところがあると思いますが、その辺りに関しては果たしてどのような感じなのでしょう。

許容範囲の束縛

男性は、束縛彼女の束縛については、まだ許容範囲であると思っています。周りから見たときには、それは酷いなあと思われていたとしても、男性の中では全然許容範囲内だったりするのです。ちなみに、束縛が嫌という男性にとってみたら、束縛彼女の束縛には絶対についていけないところがあるのです。つまりは、それを許容できるくらいに彼女のことが好きであるという風に見ることができるのです。

嫌な束縛

男性

男性にとっての束縛彼女の嫌な束縛とはどのようなものなのかということです。これは、正直なところ男性によってさまざまなものがあります。四六時中束縛されるという男性もいますが、嫌な束縛と言ったら、やはりどこに行くにしても行先を聞かれること、誰とどこに行くのかというところについて聞かれることが多いのではないでしょうか。別に男と遊びに行っているのに、女の子と遊びに行っているのかを聞かれることだってあります。とにかく何をするにしても聞かれるというところが嫌な束縛という点が大きいかと思われます。

別れを決意する瞬間

束縛があまりにもきついとき、別れを決意する瞬間が訪れます。ただ、これに対しては男性は別に彼女のことを嫌いになっているというわけではないのがまた複雑ではあります。中には、この時点で嫌いになってしまうという人もいるのですが、実際には全くそのように思っていない人の方が多いのです。

自分は好きなのに、どうしてそんな束縛をするのだろうと思っている男性が多かったりします。そして、信じてほしいと思っているのに、束縛があまりにも厳しいので、自分は信じられていないのだなと思ってしまい、結果的にそれが別れを決意する瞬間になってしまうというわけです。そのように考えてみると、少し悲しい話でもあります。

嫌な束縛彼女

束縛彼女は、基本彼氏があまりにも好きだから、その行動をとっているに過ぎないところがあるのですが、それでもその中には嫌な束縛彼女という存在もいるのです。では、その嫌な束縛彼女というのはどのような感じの子になるのでしょうか。

異常なほどの連絡の頻度

連絡が多いのは束縛彼女の大きな特徴でもあります。ですが、束縛彼女の中には、異常なほどの連絡頻度を持っている子もいるのです。特に何も用事がなくても連絡をしてくるという子も中にはいるわけで、それは単純に彼氏がどうしているのかを知りたいだけの話だったりするわけですが、それでもその頻度があまりにも多いということで、やはり彼氏も嫌になってしまうのです。

嫉妬心の丸出し

例えば、誰か他の女の子と話をしているとします。別にそれは何のたわいのないような会話であっても、束縛彼女は大いに嫉妬心を持ってくれます。この嫉妬心ですが、誰でもあるものですから、それはそれで仕方がないです。ただ、それを自分の中にしまっておいてくれればいいのに、思い切り誰にでもわかるように嫉妬心を丸出しにしてくるのです。言ってみればわがままのようなものですが、相手にそれが伝わりますから空気もよくなりませんし、それこそ遊んでいてもつまらない気持ちになってしまうのです。その辺は束縛彼女のとても嫌な点ではないかと思います。

さらに困ったことに、そのように焼きもちにによって彼氏への愛情を表しているよという彼女もいるのです。男性からしてみると、それはとても重たく感じることであって、そうしたところも嫌になることの理由として考えられるわけです。

被害妄想が激しい

束縛彼女ですが、とにかく被害妄想が激しいです。そもそも束縛することに対しても、自分に対して自信がないことの現れです。言ってみれば、ネガティブ思考の持ち主ということです。そんな感じですから、とにかくちょっと何かあったとしたらすぐに落ち込んでしまう、自分はダメなんだと思ってしまうような被害妄想の持ち主にもなるわけです。もちろん、そんな人はたくさんいるのですが、落ち込み度合いが半端ないということもあって、彼氏は発言一つでも気を付けなければならないのです。そうしたところがやはり嫌だと思われてしまう要因になるのです。

束縛彼女とうまく付き合うために

では、束縛彼女と上手に付き合うためにはどうしたら良いのでしょうか。このあたりについては、これまで紹介した特徴を考えてみると対策が思い浮かぶのではないかと思われます。

こまめな連絡

まず、束縛彼女に対しては、こまめな連絡を取ることが大事です。とにかく相手を不安にさせることはNGになります。相手が連絡を取ってくる頻度に合わせるくらいでもいいかもしれません。向こうが安心してくれるようなこまめな連絡が取れるのであれば、反対に相手からの連絡も自分にとって適度なものになる可能性があります。

男はどう思ってるの?重い彼女に共通の特徴や改善法は?

彼女を褒めて自信をつけさせる

束縛彼女は、自分に自信がないことが多いです。ですから、とにかく褒めてあげることが大事です。これでもかというくらいに良いところがあればそこを徹底的に褒めてあげるのです。もしかしたらやりすぎかな?と思われるかもしれませんが、それくらいがちょうどいいです。とことんまで褒めて、自分は大丈夫という自信をつけさせてあげることが大事なのです。

将来を話し合う

束縛彼女はいつも何かしら不安に思っています。自分でいいのか、自分で大丈夫なのかといったところです。また、将来はどうなるのかな?とも思っています。そもそも彼氏のことがあまりにも好きすぎるわけですから、それについてどうしたいというのがあるのですが、それもまた自分で口に出せないでいるところもあるのです。とにかく不安なわけですから、その不安を取ってあげるという意味でも、将来を話し合うことは大事です。現時点で考えていることを言ってあげるだけでも全然彼女の印象は変わってくるはずです。

まとめ

束縛彼女は、ときにしんどい存在にもなってしまいますが、根本的には彼氏のことが大好きなのです。ですから、そこはかわいいと思ってそれに合わせてあげるくらいの大きな心をもってあげるというのもまた男の度量の大きさを見せられますし、彼女のことが同じように好きであれば、それを理解してあげたいところですね。