【要注意】「束縛男子」の特徴とは?彼氏の心理と注意したいポイント

世の中には束縛女子というものがいますが、同じように束縛男子というものもいます。この束縛男子というものにはやはり特徴があるわけですが、それを知ることによってうまくつきあうことも出来るのです。では、実際に束縛男子にはどのような特徴があるのかについて見ていきましょう。

束縛男子の特徴


相手とうまく付き合うためには、まずは束縛男子の特徴を知ることからスタートすることが大事になります。相手を知るためにも、最低限の特徴を知っておくべきということです。

しつこい連絡

束縛男子は、驚くほどにしつこいレベルでの連絡をしてきます。1日の中でも連絡が多いときには常にということもあります。とにかく彼女のことが好きで仕方がないというところもありますが、何をしているのかも気になるところもあるのでしょう。好きだから何をしているのかを知りたい、同じように相手も思っていると思って、思い切りたくさん連絡をしてくるというわけです。

激しく嫉妬する

束縛男子は激しい嫉妬をしてきます。そのレベルと言ったらものすごいもので、一緒にいる彼女も困ってしまうこともあります。ちょっとでも他の男性が話しかけてくると、それだけでも顔を真っ赤にして怒ってしまうことがあるくらいです。とにかく嫉妬の面で言ったら、誰が来てもダメなくらいです。そして、束縛男子はその対象が男だけではなくて、女の子に向くことがあります。さらには、人間以外の動物でも彼女に近づくのであればダメということもあるのです。そのくらいのレベルの嫉妬心を持った束縛男子もいることを知っておくと良いでしょう。

友達が少ない

束縛男子は基本友達が少ないことが多いです。別に束縛男子のすべてに当てはまるわけではないですが、全体的な傾向としてそれは大きなものがあります。実際に、友達が少ないのはなぜかといいますと、彼女がいればそれで十分ということが多いのです。もうそれだけ見えたら十分ですし、他のことには一切目がいかないところがあるのです。彼女以外に連絡をする人がいないわけですから、その分連絡の数も増えますし、自分がこれだけ好きなのに、相手はなぜ他の男性に目が行くのかというところもあって、嫉妬が激しくなるのです。

あなたの彼氏は束縛彼氏かも?!


もしかしたらあなたが今付き合っている彼氏は束縛彼氏なのかもしれません。もちろん、一概には言えませんが、ある程度チェックをすることによって束縛彼氏なのかどうかということを多少は知ることができます。

いる場所やスケジュールをしつこく聞いてくる

彼氏に今どこにいるのか、明日や今週、来週はどうするのかということを聞かれることはあるでしょうか。これがたまにならば別に何も気にしないでしょう。その場合は別に束縛彼氏でもなんでもありません。ですが、それの頻度があまりにも高かったりすること、またはスケジュールについてもしつこいと思うくらいに聞かれることがあれば、その彼氏は束縛彼氏である可能性が高くなります。スケジュールを聞くことによって、それに合わせて予定を組んでみたりするのもありますし、まさに相手の予定を聞くことによって束縛をしたいわけです。彼女からしたら、言いにくいことがもしもあったとしても言わなければなりませんし、しんどいと感じることもあるかと思われます。

他の男子と話すだけで嫉妬する

彼氏に関しては、彼女の立場からしたら「あなたのことが好きだから大丈夫だよ」と思っています。ですから、それこそ別に他の男子に対しても話すことをためらうことはありません。むしろ話をしても特に気にすることはありません。そもそも女の子の方が浮気に対してはうるさいところもあります。その中でも、彼氏がいても他の男子と話すことについては特に気にしないことが多いのです。

ですが、束縛男子はそれが許せないわけです。とにかく話の内容は何であっても、話す行為そのものが許せないのです。例えば、その彼女が彼氏のために何かプレゼントしたいから相談してみたということであっても怒ることがありますし、とにかく嫉妬深いところがあります。仮に顔には出さないまでも、もしもそれらしいところが見えるとしたら、それは束縛彼氏なのかもしれません。

いつでもいっしょに居るので自由がない

文字通りですが、束縛男子は束縛したがりです。ですから、常に一緒に居たがるところがあります。実際にいつでも一緒に居るということが多いですから、彼女の側からしたら自由がありません。男子の立場からしたら、好きな人といることができるわけですから大満足なわけです。ですが、彼女の立場からしたら、自由にしたいときに自由にできないというところがあるのです。もしも一緒にいられないと断ろうものならば、無駄に激しい嫉妬をされてしまうこともあるかと思われます。もしも自分に自由があまりないなと感じるのであれば、それは束縛男子なのかもしれません。

束縛男子の心理


束縛男子の心理というものを知っておくことはとても大事です。この心理を知ることでうまく付き合うことができる可能性がアップするのです。

友達が少なくて彼女が全て

とにかく束縛男子は友達が少ないです。むしろ、友達は別にいなくても良いと思うタイプです。というのは、やはり彼女がすべてと思っているからです。束縛はしてしまうのですが、そのくらいに彼女が大事だと思っているのです。ある意味では嬉しいですが、少し困ったところでもありますね。

寂しいのでいつも一緒に居たい

束縛男子は実は寂しいと思っているところがあります。寂しいものですから、いつも一緒に居たいと思っているのです。もちろん好きという気持ちがあるのでそれは当然のことなのですが、いつでもどこでも一緒にと思ってしまうところもあるのです。

ついつい他の男子と自分を比べてしまう

束縛男子というのは、実はあまり自分にとって自信がありません。ですから、他の男子と自分をついつい比べてしまうところがあるのです。実際、他の男子と彼女がしゃべっているだけで嫉妬をしてしまうというのは、そもそもこの自分に自信がないという点からきているところがあるのかもしれません。

嫌な束縛彼氏にならないために


束縛彼氏にも良いところはあるのですが、嫌な束縛彼氏にならないようにするにはどうしたら良いのでしょうか。

しつこい連絡はNG

まず、彼女に対してのしつこい連絡がNGです。連絡が多いのは良いことでもあるのですが、やりすぎてしまうと相手にとってあまり良いことはありません。やりすぎは何事もよくないことですから、相手に多大なストレスを与えることに加えて、急な別れも告げられてしまうかもしれません。

他人と比べるのはNG

とにかく他人と比べることはNGです。彼女は紛れもなくあなたのことが好きで付き合っているのです。ですから、何者とも比べることはないのです。別に何も言わずに自分を磨くというのならば良いのですが、それと他人と自分を比べることを一緒にしてはいけません。自信過剰というのもいけませんが、自分をよく見せたいという気持ちを常に持ち続けることはとても大事です。

彼女への過度なスケジュール

彼女もまた人間です。ですから、過度なスケジュールを強いるのはやめましょう。今日はこれだから、明日はこれといったもの、予定を勝手に決めてしまうのはやめておいた方がいいです。別に彼女がそれでも良いというでしょうが、やはり負担に思っているところもあるのです。ある程度ゆとりをもって予定を立ててあげましょう。

束縛彼氏とうまく付き合うには


もしも束縛彼氏と付き合うことになった場合、うまく付き合うにはどのようにするのが良いのでしょうか。

連絡は先回り

連絡はとにかく先手を打つようにしましょう。先回りということで、彼女の方から先に連絡をしてあげることによって、彼氏を安心させてあげるのです。不安だから連絡がどんどん飛んでくるわけです。それを解消させてあげるように、自分の方から今日の予定など彼氏が気になると思われることを送ってあげましょう。

彼氏の前で他の男性との接触を減らす

嫉妬されてしまうわけです。とにかく怒りますし、どんな理論も通用しません。ですから、彼氏の前ではとにかく他の男性との接触は避けることを心がけてみてください。それだけでもかなり機嫌が良くなります。

褒めて自信をつけさせる

これは大事です。自分に自信がない彼氏ですから、とにかく褒めましょう。ちょっとしたことでも褒めることによって、自信がつきます。自信がついたらそれまでとは別に良いところも引き出されてくるはずです。あまりやりすぎても逆効果になるかもしれませんが、褒めることは良いことです。

まとめ


束縛彼氏というのは、付き合ってみると面倒なところが多いです。ですが、愛情がその分深いですから、うまく付き合ってあげることができれば、十分な愛情をもらうことができます。世の中お金じゃないっていうことを教えてくれることもあるかもしれません。何にしても良い経験にはなると思いますよ。