逆ナンパしてみちゃう?逆ナンパを成功させるコツ

ナンパと言えば男性がするものですが、最近では女性からの逆ナンパも珍しくはないです。SNSも流行っていることで、より異性とのコミュニケーションに壁がなくなったのが要因となっています。

そこで、

を紹介します。

逆ナンパしたくなるのはどんなとき?

逆ナンパしたくなる時ってどんな時なのでしょうか。普通の女性であれば自然と男性と出会って交際に発展して結婚というのが多いですが、そういうスタンダードな流れも壊れつつあります。ここからは逆ナンパしたくなる瞬間について紹介します。

一人で寂しいとき

現代人は男性も女性も働くのが普通になったことで、より孤独を感じている人も多くなっています。一人でいると、ふと猛烈な寂しさが襲ってくることもあるでしょう。中には「誰でも良いから一緒にいて」と思うほどの孤独に襲われる人もいるかもしれません。そんな時、誰かに助けを求めるように逆ナンパしたくなるかもしれませんね。

彼氏と喧嘩をしたとき

彼氏がいるのに上手くいかない時、「こうなったら他の男性とイチャイチャしてやる」と考える女性も実は少なくありません。イライラが募っているということもあって、その鬱憤を晴らすために逆ナンパをしたくなることもあるでしょう。喧嘩をすると自暴自棄になる女性もいるので、そんな時にはまったく関係ない男性に癒されてみるのも良いでしょう。

お酒を飲んだ勢い

女性の友達とだけ飲んでいて、お酒がたんまりと入ると「逆ナンパでもしちゃおうかな」と気が大きくなる人もいます。お酒が入ると性格が変わって大胆になる人もいるので、その勢いというのは時に恐ろしいものがあります。もちろん、お酒を飲んだからと言って軽い関係を求める女性ばかりではありませんが、勢いってものは怖くて逆ナンパをしちゃうことも。

女友だちとノリで

女性の友達と一緒に遊んでいると、ノリで「なんか異性と遊びたくない?」となることもあります。男性が女性と遊びたくなるように、実は女性も男性と遊びたくなることがあるのです。ノリで逆ナンパをしたくなったら、割り切ってやってみるのも良いかもしれませんね。ただ、変な男性を捕まえてしまわないように注意することが必要となるでしょうね。

逆ナンパしやすい場所とタイミング

逆ナンパをするのなら、場所とタイミングを吟味数rことが重要です。そこはしっかりと選んでおくと、より成功率も上がるでしょう。ここでは逆ナンパに失敗しないための場所とタイミングの選び方を紹介します。参考にしつつ逆ナンパに挑戦してみてください。

バーや居酒屋でお酒を飲んでいるとき

逆ナンパの舞台としておすすめなのが、バーや居酒屋です。やはりお酒が入っている人が多いので、気軽に誘うことができます。もちろん、「これからどっかで飲まない?」と女性からいきなり話しかけられたら、警戒する男性も多いです。そのため、バーや居酒屋とは言っても怪しい雰囲気を出さないように工夫することが必要です。

レストランで食事中

レストランで食事中に「これから時間ありますか?」と逆ナンパしてみるのも良いかもしれません。レストランだときちんとした人も多くて、実は結構成功率も高いです。ただ、格式のあるレストランなどで立ち歩き、色々な男性に話かけていると迷惑客だと思われることもあります。そこは注意しましょう。

カフェでのブレイクタイムにて

フリーランスや個人事業主も増え、近年のカフェには学生から社会人まで色々な人が日中から居座っています。もちろん、夜中にも人がくつろいでいることもあるので、声をかけるには最適です。ブレイクタイムに「ここ、良くいらっしゃるんですか?」と話しかけてみると、そこから会話が広がることもあるでしょうね。

電車を待っているとき

電車などの交通機関は、実は出会いの宝庫でもあります。不特定多数の人が行き来しているということもあって、出会いは無限にあります。電車を待っている時、プラットホームには色々な男性がいるので、女性の方から声をかけてみても良いかもしれません。ただ、日常生活で逆ナンパされることはあまりないので、驚かれることもあるかもしれません。

街を歩いている問

街を歩いている時、良い人がいたら声をかけてみると良いかもしれません。相手に恋人がいるかどうかはあまり関係なく、とりあえず連絡先を聞くだけでも良いです。男性はチャンスがあると思うと、その女性との連絡も遮断することはありません。あわよくばワンチャンを狙うことができるかもしれませんね。

エレベーターの中

エレベーターの中に2人しかいない時とかは、声をかけてみても良いかもしれません。例えば職場のビルやマンション、アパートなどはチャンスもあります。エレベーターの中は時間が限られているので、声をかけるなら早めにした方が良いです。

逆ナンパの方法

逆ナンパは方法を間違うと、ただの怪しい女性だと思われてしまいます。ナンパする男性も怪しいと思われることが多いですが、そこに性別は関係ありません。そこで、ここでは失敗しない逆ナンパの方法について紹介します。

ターゲットを選ぶ

逆ナンパをする時は、ターゲットを選びましょう。適当に声をかけていると、正直あまり良くない男性も捕まえてしまうかもしれません。そうなると困るので、どのような男性にするのかをあらかじめ決めておきましょう。「黒髪で高身長な男性に絞ろう」「スーツを着ている男性に絞ろう」と決めておくと、より逆ナンパもターゲットを見極めやすくなります。

ターゲットが一人きりなのか確認する

ターゲットにしたい人を見つけたら、その人が1人で行動しているのかどうかを確認してください。他に友人や知人がいるようであれば、なかなか声をかけることもできませんからね。それに他の人と行動している男性ほど、逆ナンパも拒否してくることが多いです。

さりげなく声をかける

さりげなく声をかけることはとても重要です。不自然な会話だと相手に警戒されてしまいますからね。例えば「このカフェを探しているのですが、場所わかりますか?」など、何か話しかける理由を作ってから声をかけると自然です。会話が普通に成立すれば、「良かったら今度食事に行きませんか?」と誘ってみても良いかもしれませんね。

逆ナンパを成功させるコツ

逆ナンパを成功させるためには、コツを知ることが重要です。むしろコツがわかれば、男性ならホイホイ捕まえることができるでしょうね。男性がナンパをするよりも成功率が高いのが女性の逆ナンパです。ここからはコツについて紹介します。

笑顔と照れた表情を意識する

逆ナンパは笑顔が大切です。人間は警戒心を抱く生き物なので、いかにファーストインパクトで好印象を与えるかが重要となります。笑顔で近づくだけではなく、ちょっと照れた表情を意識すると良いです。それこそ一目惚れしたかのような照れた顔の女性を見ると「頑張って声をかけてくれたんだな」と男性も嬉しくなります。

低姿勢で相手を褒める

低姿勢で相手を褒めることも重要です。「素敵な人だったので声をかけてしまいました」と伝えるだけでも好印象です。逆に「これから時間ある?」なんてちょっと上から目線で話しかけると、男性も「なんだこの人」と思ってしまいます。女性らしい仕草なども使って、相手を褒めて心を許せる状況を作っていきましょう。

逆ナンパを匂わせず用件のついでを装う

逆ナンパを匂わせると、相手も「これ逆ナンパか」と避けてしまうこともあるでしょう。そのため、要件のついでに話しかけたことを装うようにしましょう。「時計忘れちゃったんですけど、今何時かわかりますか?」と聞くなど、先に用件を伝えるようにしましょう。それから上手に相手の連絡先を聞いたりすることができれば、成功しやすいです。

しつこくせずスマートに切り上げる

しつこくしていると、男性によっては「ウザいな」と思ってしまうこともあります。そのため、相手が煙たがっているようであれば、スマートに笑顔で立ち去りましょう。あまりしつこいと、場合によっては美人局だと思われてしまうこともあるかもしれません。

まとめ

逆ナンパは勇気が必要ですが、上手くいけば素敵な男性を見つけることができるかもしれません。一夜限りの関係も良いですが、そこから交際に発展して結婚するということもあるかもしれませんね。まずは逆ナンパのコツを知ってから、実践して経験と実績を積んでいきましょう。