頬ニキビが出来るアノ原因と改善方法!もう悩まずに恋をしよう!

ニキビができる部位はおでこ、頬、顎などの顔の部分、背中、首などのボディがありますが、特に顔にできるニキビには悩みをお持ちの方が多いと思います。特に頬にできるニキビはお化粧をしても目立ちますし、男性もぽつっと頬にニキビができると目立ちます。そんな頬ニキビを改善していくためにはどのような知識を持っておけばいいのでしょうか。

頬ニキビができる原因


頬にニキビができる原因も人によって違いがありますし、また複数の要因が重なって頬に出来る事もあります。頬ニキビができる主な原因としては、お肌の乾燥によるもの、また食事の内容が悪く食生活が乱れている、さらにはホルモンバランスの乱れなどがあります。

こうした要素が複数重なって頬ニキビとなっていることもありますし、また原因が単体でその原因について改善したことで一気にニキビがよくなるという事もあります。原因をしっかりつかむことで、ニキビの予防等も考える事が出来るので、原因をまず解明しましょう。

乾燥によっておこる皮脂の過剰分泌

お肌が乾燥する理由はいくつかあり、一つは元々肌に水分量が少ないタイプで、乾燥肌と呼ばれるタイプの方、次に肌の皮脂分泌が何らかの理由で過剰になり、肌が脂っぽくなるのでごしごし洗顔してより一層乾燥してしまうタイプなどです。

この中でも特に皮脂分泌が盛んになってしまう事で、乾燥がより進んでいくという悪循環からニキビができやすくなっているという方がかなり多いようです。肌が乾燥すると肌を保護する役割をもっている皮脂をより多く分泌しますが、皮脂が過剰に分泌されるようになると肌が脂っこくなるので、それを気にして洗浄成分が強い洗顔料を利用してごしごし洗います。

スクラブが入っていて洗浄力がより強くなっているものでごしごし洗う方もいて、そうなるとまたお肌が乾燥状態になりますし、スクラブや泡をきれいに除去しないことでそれが毛穴に詰まったり、細かい傷がつくなどしニキビの要因となるのです。

皮脂のテカリの原因とは?皮脂テカリを防止する人気の化粧下地をご紹介!

食事が偏っている

現代の食事はほとんどの方が肉類が主体となっていて、和食のように野菜や海草類、大豆などが少ない食事となっています。肉類でもとんかつや焼き肉などの脂質の多い食事を好む方が多く、生活習慣病のリスクも高まりますし、脂質が多い食事は皮脂分泌も多くなり、ニキビの原因となります。

バランスの悪い食事をし、脂質が多くなると血液の中に脂肪が多くなり、それが血管壁にくっつき血液の流れも悪くなります。

皮膚は成長してくために必要な栄養素や水分を血液から得ていますが、血液の流れが血中脂質の影響を受けて悪くなっていくと、皮膚の成長サイクルに必要な栄養素、水分などが足りなくなり、成長サイクル自体が乱れてしまいます。

ニキビを治すためには新しい皮膚が正常に成長してくることも大切なことですが、栄養素などが足りない状態から成長がにびくなることで、ニキビが悪化、また繰り返しできる要因となるのです。

ホルモンバランスの乱れ

ストレスを受けると自律神経が乱れますが、自律神経が乱れてしまうとホルモンバランスに影響しホルモンバランスの状態も不安定になります。男性も女性も男性ホルモン・女性ホルモン両方をもっているのですが、男性ホルモンが優位になると皮脂分泌が活発になり、過剰な皮脂を分泌するようになります。

すると皮膚上の皮脂が多くなり、脂っぽいので洗顔する、それによって皮脂がまた増加し・・・という事を繰り返し肌のバリア機能がすっかり低下します。肌のバリア機能が低下すると肌の常在菌であるアクネ菌などが異常増殖し、ニキビを作る要因やニキビを悪化させる要因となってしますのです。

どうしようもないイライラやニキビの原因はホルモンバランスの乱れかも!ホルモンバランスを絶対に改善する10の方法

頬ニキビの予防


頬にニキビができると顔の目立つ部分のニキビなのでかなり気になりますし、社会人になるとマナー上、お化粧が欠かせないので、より一層悪化させることもあります。男性も頬ニキビは非常人気になって触ってしまう事が多く、指先は雑菌が多いのでその雑菌が毛穴に入り込んでニキビとなることもありますし、髭剃りによってお肌に傷がついた状態でそこに雑菌がついてニキビとなることも少なくありません。

頬ニキビが出来ないようにすることが美しい肌を保つために必要となりますが、頬ニキビが出来ない様に予防する知識も持っておきましょう。

保湿成分をしっかりと肌に摂り入れる

お肌が乾燥すると肌を守る役割のある皮脂が過剰に分泌される要因となり、皮膚の上に残った皮脂や古い角質などが毛穴に詰まり、それがもとでニキビになることも多いのです。その為日々、肌が乾燥しない様に保湿を行う事が重要で、ニキビのないきれいなお肌をしている人は、洗顔、ローション、乳液という基本的なケアをしっかり行っています。

洗顔はごしごしこすらず、丁寧に泡をたてて指の腹を利用して肌の上に泡が転がるようなイメージで優しく洗います。きれいにぬるま湯で泡を洗い流してタオルで水分をとったら、ローションで水分を補給し、その水分がお肌から蒸発しない様に乳液、保湿クリームなどで蓋をします。

こうすることで肌に入ったローションが蒸発する事もありませんし、保湿クリームなどが肌の奥まで浸透し、乾燥しにくいお肌を作るのです。

feely編集部イチオシ!薬学博士が研究開発した攻めの保湿ケアならコレ!

ビーグレン 保湿トライアルキット

乾燥しているお肌はセラミド不足であることがほとんど。そのセラミドをしっかりと閉じ込め、潤いを保ってくれる「保湿型ビタミンC誘導体」をたっぷり配合したローションと、高濃度のピュアビタミンC を配合した美容液で、水分たっぷりモチモチ肌に導いてくれます!それだけではなく、独自の浸透技術である「QuSome」で肌トラブルの元までしっかり浸透させ、悩みにアプローチ。

各雑誌はもちろん、医学誌にまで掲載された実績を持つ保湿ケア。feely編集部イチオシの商品です!

 

ストレスをためすぎないようにストレス発散

ホルモンバランスの乱れが起きないように、ストレスをためない事もお肌にとって、またそのほか、健康にとって重要な事です。ホルモンバランスは女性の場合、生理の前、また更年期世代になると大きく崩れてしまうので、その時に過度なストレスを受けると、ニキビができやすくなりますし、治りにくくなります。

ストレスを受けない生活にするという事は無理がありますが、適度に解消する自分なりの方法を考えて実行すると、ストレスに負けない肌になれると思います。人によってストレスの解消方法は違うと思いますが、例えば友人と一緒にカラオケで発散する、思い切り運動し体を動かすことで解消する、またインドア派の方は、自分が好きなゲームを心いくまで楽しむ、泣ける映画をみて思い切り泣く等も、ストレス解消の手段になると思います。

【ストレスに強い人の考え方】8つの特徴

食事のバランスを気にするようにする

食事は健康なお肌を保つためにとても大切な事ですが、将来、生活習慣が起因する疾患にならないためにも重要です。野菜中心のバランスがいい食事をするという事がのぞまれますが、現代人は忙しくまた一人暮らしをしている人に毎日自炊するという事は難しいと思います。

ランチをコンビニで済ませる場合、色々なおかずが入った幕の内系のお弁当にする、またサラダを一つ加えてメインの前にサラダを食べてからメインを食べる、野菜が苦痛という人なら、今は野菜ジュースも果物が入っていないタイプでとてもおいしいものがあるので、そういったものを飲む習慣をつけるといいと思います。

自炊ができるという人は葉野菜、根菜、それに大豆や海藻類などを含む定食系の食事にする、またいくつかのおかずを乗せる事が出来るプレートを用意し、野菜などを数多く取れるように工夫するといいでしょう。

頬ニキビのケア方法


食事にも気を使ってストレス解消も行っているけれど、頬ニキビが出来るという人は、初期段階でしっかり治すことが大切です。小さいニキビ、つまり白ニキビや黒ニキビの段階でニキビを治す事が出来れば、膿をもったり、炎症が広がる治りにくい赤ニキビや黄ニキビになることもありません。

ひどくなってしまった場合には、やはり皮膚科でそのニキビの状態にあった治療を受けること、お薬を処方してもらう事も必要かと思います。

毛穴の汚れを落としてくれる化粧水を使用

最近は化粧水などの日頃のケアに利用する商品も、ニキビ専用のものが登場し、ニキビに悩む多くの方が自分に合ったものを選択し利用されています。

毛穴の汚れを落としてくれる化粧水などもありますので、こうした化粧水を毎日利用することで、毛穴に詰まった化粧よごれや古い角質、また過剰な皮脂の分泌等も抑制してくれるでしょう。ただ肌が荒れやすいという人は、こうした消費を利用する前に必ず、腕などでパッチテストを行ってから利用するようにしてください。

口コミでも話題!毛穴ケアに本当に効果があると話題の化粧水だけ厳選

保湿効果が期待できるクリームを活用

ニキビができにくいお肌にするためには、保湿が大きなポイントになりますので、お肌を保湿する商品の利用も考えてみるといいと思います。保湿効果が高いクリームなどもありますし、こうした保湿効果の高いクリームの中には、ニキビに効果のある成分を含むニキビに特化したクリームもあります。

お肌の状態をよく確認して利用する事が必要ですが、洗顔、ローション、そして保湿クリーム、つまり清潔、水分補給、保湿と水分蒸発防止の蓋をするというケアを毎日しっかり行う様にしてください。

こういうケアを実践していくことで次第に肌の状態もよくなると思いますし、プラス食事内容の改善、適度な運動で皮膚代謝をアップするなど、相乗効果を狙いニキビ予防に努めましょう。

市販薬を利用してニキビが悪化する前に対応

頬ニキビは頬という顔の中でも柔らかい部分に出来るので、炎症などを起こしやすく悪化しやすいともいわれています。頬のニキビは目立つのでついつい触ってしまうという事もあり、雑菌が付きやすい部位でもあり、ニキビがひどくならない様に対応することが必要なのです。

炎症を起こしてしまったら抗生物質など医師の治療を受ける方が治りも早くニキビ跡予防にもなりますので、赤くはれている、膿をもっているという状態、またそのほかにニキビが周囲多くなるなどの広がりを見せたら、医療機関を受診される方がいいでしょう。

ひどく悪化していない初期ニキビなら、市販薬の中にも効果が期待できるものが多いので、ドラッグストアや薬局などで薬剤師さんに相談して市販薬を購入し利用してもいいと思います。

現代はインターネットなどでもお薬が販売されていますので、ネットで購入される方もいると思いますが、まずは市販薬を購入されるとき、薬剤師の方に聞いてどのようなお薬があるか説明を受ける方がいいと思いますし、市販薬の成分や内容、使い方に詳しくなっておく方が、自分の身体に利用するものですから、安心できます。

お話を聞いてから自分のニキビにあったお薬を選択することで納得してそのお薬を利用できるでしょう。

ニキビができちゃった!気になる原因から対処までの3つのこと

まとめ


ニキビが悪化して炎症し、膿をもって大きくなると、その後、その場所がクレーターのように陥没し、ニキビ跡として残ってしまう事もあり、そうならない様に初期ニキビの段階でしっかり改善させることを考えなければなりません。また膿をもったり炎症が広がっているという場合には、皮膚科などの専門医に相談し、ニキビの状態にあった治療を早めに行う事が必要です。

頬ニキビの場合、別の病気という事もないと思いますが、ニキビではなく他の要因からできているもので、炎症がひどくなっているかも知れません。現代はニキビについて専門知識を持っている皮膚科医師もいますので、ニキビをしっかり根本的に治療したいという事ならそういった医療機関に行く方がいいでしょう。