顔の吹き出物は何故出来る?正しいスキンケアとは

ふと見ると顔に吹き出物ができている、また痒いと思ったら吹き出物があった・・・という時、女性はかなりショックを受けますし、現代の男性は肌荒れをとても気にされるので、ケアしなければと感じると思います。吹き出物ができる原因は、人それぞれですが、代表的な吹き出物原因を理解しておくことで、吹き出物の予防もできますし、ケアも行うことができると思います。

顔の吹き出物が出来る原因


吹き出物というのは、ほほ、口のまわり、顎などにできる湿疹のようなものをさしますが、現代では吹き出物全般をニキビということの方が多いようです。

思春期世代にできるのはニキビ、大人になってから出来るのが吹き出物といいますが、今は大人になってから出来るぶつぶつは、大人ニキビということも多いです。顔の吹き出物出来る原因は、食べ物や肌の状態、また常在菌によるものなどいろいろです。

卵や豆類の食べすぎ

大人になってから出来る吹き出物の原因として考えられることに、卵やチーズなどの食品類を過剰摂取している事が原因となっていることもあります。こうした陽性の脂分が含まれている食品は、発酵食品など健康にいいものと考える人も多いのですが、過剰摂取となってしまうと、皮脂分泌の過剰につながり、吹き出物の原因となることが多いのです。

小麦製品の過剰摂取が原因になることも

吹き出物の原因に小麦粉の過剰摂取があるともいわれていて、特に、遅延型フードアレルギーが問題視されています。

パン、マカロニなどの小麦製品を食べてから、ある程度の時間が経過し、運動などの刺激が加わることでアレルギーを起こすことがあります。これを遅延型フードアレルギーなどといいますが、アレルゲンとなる食べ物を摂取してから早くて数時間後、遅くて数週間以上たってアレルギー症状が起こることもあります。

肌の乾燥を放置している

肌が乾燥するのも季節によって仕方ない事ですが、お肌の乾燥を放置していることで、痒みから湿疹、吹き出物になることもあります。水分が足りていないと肌のバリア機能が低下し、普段は何ともない雑菌類でも繁殖してしまうことがあり、場合によっては菌の温床となって膿を持つ炎症が強い吹き出物になることもあります。

乾燥肌って何が原因?対策は?おすすめの化粧品や基礎化粧品とは

アクネ菌の増殖

毛穴に古い角質や皮脂が詰まってそれが酸化するとアクネ菌が増殖する要因となり、そのアクネ菌がたくさん増えることで黄色ブドウ球菌が繁殖し、膿を持った吹き出物、黄ニキビになることもあります。

炎症して膿がでてくると塊になったりして触りたくなる方もいるようですが、今度は手の雑菌が付着し炎症がさらにひどくなることもあるので、触らない事、ひどくなったら皮膚科に行くことが求められます。

顔に出来た吹き出物を治すには


顔にできた吹き出物は赤みをもったりして非常に目立つことも多く、炎症が進むと膨らんで、より目立つようになります。早く改善したいと市販薬を塗る方もいますが、逆効果になってしまうこともあるので、医師にみせて治療すること、また食生活などもしっかり考えて改善していくことが求められます。

栄養バランスを考えた食事

現代人は忙しく、またどこにでも食べるものが売っているので、気軽にファストフード、コンビニなどを利用して食事とし、好きなものばかりを食べるようになるので、バランスの悪い食生活になっていることも多いです。

野菜や海草類、大豆食品などを食事に取り込み、バランスのいい食事をすることで吹き出物が激減する事もあります。食生活を整えることは生活習慣病予防にもなりますし、吹き出物、ニキビの改善や予防につながります。

不足しがちな野菜はこれで補給!1本で100g以上の野菜を摂取できるジュースで吹き出物の原因となる便秘を予防!

サンスター 緑でサラナ

今までに2億本以上も売り上げている、サンスター社の野菜ジュースです。

皆さん、野菜は1日何g摂取するのが理想かご存知ですか?正解は350g。大きめのタッパーに生野菜をギュウギュウ詰め込んだ量だと考えると意外と多いと感じますね。ですが毎日350gを摂取するのは難しく、また外食などが重なると不足しがち。ですがこの「緑でサラナ」では1缶で105gの野菜を摂取できちゃいます!2缶なら200g以上。簡単に野菜を摂取できるのが嬉しい野菜ジュースです。気になる砂糖や食塩、保存料などの添加物は一切不使用!それでも青臭さは全くなく、スッキリながら野菜のうま味を感じることができます。

そして、「緑でサラナ」の一番のメリットはサンスターの研究力によって実現できたコレステロールを下げる野菜由来のアミノ酸をふんだんに摂取できること。

ぜひ「緑でサラナ」を飲んで、不足しがちな野菜をしっかりと補給して、健康的なお肌や身体を目指していきましょう!

 

砂糖や脂の過剰摂取はないか見直す

糖質が多い食事や脂質の多い食事を行っていると、皮脂分泌が過剰になり皮膚の状態が悪くなって、吹き出物ができるということもあります。糖質や脂質の多い食事は生活習慣病を引き起こす要因ともなっていますので、こうした食事が多いという人は、まずサラダなどのビタミン類が豊富なメニューから食べるようにして、少しずつ食生活を改善していくと吹き出物も改善されるでしょう。

刺激の少ない洗顔料を選ぶ

吹き出物が多い人は脂っぽい肌の人が多いので、スクラブ等の刺激の多い洗顔料を選択される方も多いのですが、こうしたものを利用して洗顔する事で、肌に大きな刺激となり、ごしごし洗い、肌の上に細かい傷ができるとそこに菌が繁殖し、吹き出物となることもあります。刺激が少ない弱酸性の洗顔料などを利用することで、吹き出物が改善していくこともありますし、刺激の少ない植物性にしたことでかゆみなどが取れたという人もいるので、利用してみてください。

スキンケアを見直す

今利用されているケア商品が自分の肌に合っていないという方もいて、この場合、吹き出物できやすくなりますし、そのケア商品に含まれている成分にアレルギー反応を起こしていることもあります。特に新しい、今まで利用したことがないケア商品を利用する場合、腕の皮膚に少しのせて、それで赤みや腫れなどが起きないかどうか、パッチテストを行ってから利用する方が安心です。

スキンケアの基礎を見直そう!正しい順番を守ってる?

顔の吹き出物を予防する方法


顔の吹き出物がどういう理由で発生しているのか、それによっても違いがありますが、吹き出物ができている時には、保湿、乾燥させない事が第一のケアとなります。

乾燥しないように適切な保湿ケアを考えるとき、皮膚の状態を良く確認し、白く粉をふくような状態になっていれば保湿成分の高いもの、しっとりしているけれど吹き出物ができるという場合には、ほかに原因があるかもしれないので、通常のケア商品を利用しながら、食生活の改善など行ってみてください。

適度な保湿ケアを心がける

肌が乾燥すると肌のバリア機能が低下し、雑菌や外部からの刺激に弱くなり、吹き出物ができやすくなるので、適度に毎日のケアで保湿を考えます。

それほど乾燥しているように感じないという場合には、2日おきくらいに保湿効果のある美容液やパックを行えばいいと思いますし、極度に乾燥が進んでいるという場合には、保湿効果が高い成分が豊富な美容液を夜寝る前に利用し、パックなど肌の乾燥が落ち着いてくるまで連続して利用すると効果的です。

薬学博士が研究開発!気になる吹き出物やニキビには攻めケア!feely編集部イチオシの保湿ケアはコレだ!

ビーグレン 保湿トライアルキット

乾燥しているお肌はセラミド不足であることがほとんど。そのセラミドをしっかりと閉じ込め、潤いを保ってくれる「保湿型ビタミンC誘導体」をたっぷり配合したローションと、高濃度のピュアビタミンC を配合した美容液で、水分たっぷりモチモチ肌に導いてくれます!それだけではなく、独自の浸透技術である「QuSome」で肌トラブルの元までしっかり浸透させ、悩みにアプローチ。feely編集部イチオシの商品です!

 

肌の保湿はとても大事!NGな習慣と正しいお手入れの仕方

洗顔料の見直し

洗顔料の成分があっていない場合も吹き出物ができることがありますし、泡をしっかり落としていないことで吹き出物ができることもあります。特に洗浄成分が強い界面活性剤などが配合されていないかチェックしてみる必要がありますし、吹き出物がひどい場合には、植物性やそのほか肌に刺激が少ない洗顔料にかえてみると改善できることもあります。

洗顔料ランキング!肌の悩みに合わせたアイテム選びをしよう

シャンプー後は洗い残しがないかチェック

おでこに吹き出物ができやすいという場合には、シャンプーがしっかりおとせていない可能性もあるので、シャンプーをしてから、鏡を見て生え際などにシャンプーの泡が残っていないかチェックします。キレイにおとせているようで、細かい泡が皮膚状に残っていることもあるので、ぬるま湯で丁寧に洗い流すことが必須です。

まとめ


吹き出物ができると気分が下がりますし、吹き出物の大きさが大きいと心配にもなります。膿を持っていたり、硬かったり、しばらくして成長するような吹き出物は皮膚科の医師にもてもらう方がいいと思いますし、炎症を起こしている場合、皮膚科で処方してもらったお薬などを利用し、徹底的に治すことと、食事、生活習慣等も見直しましょう。