モテる女の特徴とは?モテる女になる方法を紹介

モテる女性とは、どんな特徴を持った人だと思いますか? 顔立ちがいい人、スタイルのいい人、確かにこれらの人もモテる女性と言えるのでしょう。しかし顔立ちやスタイルに関わらずモテているという女性も少なくありません。

今回は

  • どうすればモテる女性になれるのか
  • モテる女性の特徴

などをご紹介してます。

モテる女になれる?

顔やスタイルに自信がなく、モテる女性にはなれないと考えている人もいるかもしれません。顔やスタイルがまったく関係ないとは言いませんが、それらを持っていなくても十分モテる女性になることはできるのです。

自分を磨くことによって目指すことが出来る

男性の中には、顔立ちやスタイルではなく、自分を気遣ってくれる心優しい人がいい、という人も珍しくありません。生まれつき持っている顔立ちや体質によるスタイルというのは変えづらいですが、気遣いや優しさというものは磨いていけば身につけられるもの

モテる女は、自分磨きをすることで目指すことができるのです。

モテるのは内面や仕草によるものが大きい

外見的な特徴でモテたとしても、内面が良くなければすぐに人は離れていきます。逆に、内面の良さに気づいた場合は、あまり人が離れていきません。つまり、モテるのは外見ではなく内面や仕草などによるものが大きいのではないでしょうか。

特に近年は、外見よりも内面を重視する男性が増えています。素朴で家庭的な仕草が見える女性を選ぶ傾向は、男性からも高い人気があるのです。個人の好みにもよりますが、このような男性が増えているということは、女性に対して癒しを求めている人が多いということなのでしょう。

モテる女の特徴

モテる女性は、さまざまな特徴を持っています。その中でも、誰でも実践できる特徴の一部を紹介するので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

あまり派手過ぎない

派手すぎない女性は、外見的な部分もありますが、内面的な部分も含まれていると考えましょう。例えば、良いところだけを取ろうとしている女性には、良い印象がありませんよね。仕事でいえば、目立つ仕事はするけど目立たない仕事はしないなど、そういった意味での「派手さ」もあると考えましょう。

周りに対しての配慮が出来る

周囲に配慮ができる女性は、男性にとって魅力的な人と言えます。逆に、若い人に多い傾向がありますが、その場の空気が読めず、男性だけではなくそれ以外の人も不快にさせてしまうというケースがあります。

周囲に配慮ができるようになるためには、まずは広い視野を持ちましょう。誰が何をしていて、どう手伝えばいいのかなどを瞬時に把握できる「臨機応変さ」も身につけましょう。ただ、これらは覚えようと思って覚えられるものではありません。評判の良い人などの行動を参考にしながら自分で見つけていくことが大切です。

笑顔が素敵

配慮などができるかわからない、と不安な人はとにかくニコニコと常に笑顔でいるようにしましょう。むすっとした表情よりも、笑顔でいる方が周囲も見ていて楽しい気分になれます。もちろん時と場合によりますが、特に緊迫した場面でなければ笑顔でいてもいいのではないでしょうか。

笑顔でいるメリットとして、他の人から「話しやすい」という印象を持ってもらえます。やはり、無表情や怒り顔の人より、笑顔の女性の方が気軽に話しかけやすいですからね。

甘えるのが上手い

男性にとって女性から甘えられるのは、決して悪い気持ちにはなりません。しかし、甘えると言っても、どんなタイミングで甘えればいいのかわからない人も多いでしょう。

簡単な甘え方としては、仕事でわからない部分を質問してみるという方法があるでしょう。ただし、最初から質問をするのではなく、最初は自分で解決できないか努力をしましょう。簡単に誰かに聞きにくる人は、お世辞にも印象が良いとは言えないからです。

女性らしさを感じさせてくれる

サバサバした女性は好まれますが、ガサツな女性はなかなかモテにくい傾向があります。男性の前では女性らしくしていても、同性の前だと気がゆるんでガサツな態度に戻ってしまう人もいるのではないでしょうか。そのような場面を男性が目撃してしまえば、ガッカリされてしてしまうので気をつけましょう。

女性らしいか弱さや、繊細さなどといった性格面はもちろん、料理や家事スキルなどが見えると、男性は女性らしさを強く感じます。また、気遣いや要領のよさなどが見えれば、将来伴侶となった時の生活も想像しやすいと言えます。そのため、男性からの強い好感へとつながるでしょう。

下ネタを嫌がらない

女性だから下ネタは嫌がるべき、と考える女性もいるかもしれません。また、実際に下ネタを聞くのは嫌だという人もいるでしょう。しかし、モテる女性の特徴として「下ネタを嫌がらない」というものがあります。それなりに年齢を重ねてきて、子供ではないのだからある程度わかる部分もあるでしょう。それなのに嫌がるのは「わざとらしい」「ぶりっこ」として認識されてしまうのです。

ただし、注意したいのが下ネタを嫌がらないことと、積極的に下ネタを言う人とでは似て非なるものであることです。嫌がるのはぶりっこなど言われますが、逆に喜々として下ネタを話す人は「下品」と思われてしまいます。さじ加減が難しいかもしれませんが、適度に話に乗るということを心がければ問題はないでしょう。

喜怒哀楽の表現が豊か

一時期はクール系の女性がモテていましたが、喜怒哀楽の表現が豊かな人の方がモテる傾向にあります。クールな女性も悪くはないのですが、一部の男性にとっては威圧的な態度と見られることがあるようです。

逆に喜怒哀楽の表現が豊かな人は、何を考えているのかわかりやすいということで話しかけやすい雰囲気を感じられるようです。確かにくるくると表情が変わる女性は、同性から見ても可愛いと思えるのではないでしょうか。

相手の話を親身に聞く

些細な内容でも、親身になって話を聞いてもらえる人はモテると言われています。嫌な顔ひとつしないで話を聞いてもらえる、親身になってくれることは悩みを抱えて相談している人の心にとても温かく沁み込むのです。

実際に解決はしなくても、ただ話をきちんと聞いてもらえたということだけで、相談した人の心は軽くなります。モテる人は聞き上手と言いますが、こういった理由なのかもしれませんね。

話題が豊富で相手を飽きさせない

男性でも面白い人はモテると言いますが、女性にも同じことが言えます。話題が豊富で相手を飽きさせない人は「一緒にいて楽しい」「もっと一緒にいたい」と思ってもらえるようになります。結果として、一緒にいて楽しいと思わせることで男性からモテるようになるのでしょう。

雰囲気が柔らかくて話しかけやすい

どんな相手にでも柔らかい物腰で対応する人は、話しやすいこともありモテる傾向にあります。粗暴な言葉遣いが習慣化している人や威圧的な言葉が出てしまう人であれば、どんなに美人な女性であっても男性が一緒にいたいとは思いません。昔ながらの一歩引いた女性は、時代が巡っても男性の憧れとなっているのでしょう。

しっかりしてそうでどこか抜けている

「普段はしっかりしているのに、変なところでドジ」というキャラクターの女性は、男性ウケが良く、モテる傾向にあります。これは、しっかりしている部分と抜けている部分のギャップが、男性にとって魅力的に見えるからでしょう。そういう女性を「守ってあげたい」と思うことが多いのです。

ただ、あからさまにわざとドジっぽいところを見せているとわかれば、一気に男性の興味もなくなります。基本的に男性は、あざとい女性を好みません。見抜かれてしまえば、異性だけでなく同性からも滑稽に映ってしまうでしょう。逆に、これまでドジであることを隠していた方であれば、もう少し自分をさらけ出してみても良いかもしれません。

小悪魔系

男性を気遣わない女性はモテにくいですが、男性のことをわかっていて、ちょっと嫌なことをしてしまう小悪魔系の女性は、どちらかと言えば好まれるのです。好きな女性であるならば、多少は振り回されてもキュートに見えるということなのかもしれませんね。

しかし、あまりやりすぎてしまうと、あざとさが透けて見えるため、冷められてしまいます。冷められてしまえば、「ただの嫌な人」という印象になってしまうので、気をつけましょう。多少の小悪魔さを演出する程度でいいのではないかと思われます。

すぐできる!モテる女になるための行動

こちらでは、比較的簡単にモテる女性になるための行動について集めました。モテるためには、まず、モテている女性が行っていることを真似することで自然とモテていくのではないかと思われます。いくつか方法を紹介するので、自分に合うやり方を見つけてみましょう。

聞き上手になる

比較的簡単にできるのが、聞き上手になるということです。ただ、普段聞き役に慣れていない人は「ただ耳に入れるだけで良い」と考えてしまう人もいます。最初はそれでも良いのですが、相槌などが適当になってしまえば、相談相手から文句を言われてしまう可能性があります。

相談をするということは、自分の話を聞いてほしいというだけ以外にも、自分の言葉を認めてほしい、適切なアドバイスを求めているというケースがあります。見定めは難しいかもしれませんが、相手の気持ちを理解するようにすれば、自ずと何を求めているのかは見えてくるでしょう。

また、きちんと適切なアドバイスなどもできるように、あらかじめさまざまな知識をインプットしておくのも、良いかもしれません。知識量があり包容力のある女性であれば、信頼も獲得しやすいですし、モテやすいと言えます。

自分に自信を持てるように自分を磨く

モテるために行うことは、周囲に対する配慮だけではありません。自信を持てるように、自分磨きも怠らないようにしましょう。自分磨きと言っても、外見ばかり磨く必要はありません。自分のプラスになることをしていけばいいのです。例えば、映画を見る、美術館巡りをする、自分にとって良い刺激となることをして、感性を高めましょう。

外見的な磨きをしたい場合は、サロンなどに行くのも良いかもしれません。近年はお試し価格などで比較的リーズナブルにエステを試すこともできます。さまざまな経験を得ることで、内面も外面も磨いていきましょう。

笑顔を絶やさない

モテる女性になるための方法が上手くいくかわからない人は、笑顔を絶やさないことだけでも実践しましょう。笑顔を絶やさないことで、男性からの印象も良くなりますし、話しかけやすい雰囲気を作ることができます。笑顔を増やしたことで、以前よりも話しかけられる回数が多くなった人も珍しくないのです。

また、一度目についてしまえば、他の男性からも注目されるようになります。笑顔だけで得られるものは大きいので、友人や家族と協力しながら、まずは笑顔作りから試してみましょう。

スキンケアには時間をかける

自分磨きで何をすればいいかわからない場合、肌のお手入れから始めてみてはいかがでしょうか。例えば、今まで使っていたスキンケア用品よりも少しワンランク上のものを使ってみるなど、いつもとは違うことを試してみましょう。スキンケアに時間をかけることで、肌の状態も良くなり、雰囲気自体が明るくなります。

今まであまりスキンケアに時間をかけていなかった人は、ビューティーアドバイザーの話を聞いて、スキンケアの方法を変えてみてもいいかもしれません。たとえ、今の時点で好きな人がいなくても「変わりたい」という気持ちがあれば、既に変わるための一歩を踏み出していることになります。

人に見られていることを意識する

家にこもりっ放しではない以上、誰かから見られていることを意識するようにしましょう。意識するようになれば、ファッションやメイクなども適当ではなくなります。

もしかしたら、街中を歩いている時に、運命の人に出会える可能性だってあるのです。いつ好きな人、運命の人と出会ってもいいように、常にファッションやメイクなどにはこだわるようにしましょう。

いつでも身だしなみを整える

いつ誰と会うことになるのかはわかりません。そのため、常に身だしなみは整えておきましょう。たとえ、すぐ近くのコンビニに行くだけだとしても、知り合いに会って恥ずかしくない服装で出掛けましょう。ずぼらな格好をしている時に限って、タイミング悪く知り合いや気になっている人に会うことになるのです。

「ずぼらな格好も、普段とのギャップで魅力的に見える」と言う男性もいます。しかし、だらしない服装をしているところを見ると、やはり引いてしまう人の方が多いのです。今まで頑張っている人は特に些細なことで自分の努力を無駄にしないように、身だしなみはしっかりしておきましょう。

まとめ

モテる女性と言っても、誰もがなれるわけではありません。相応の結果を求めるからには、自分自身でも結果に見合うだけの努力をしなければいけないのです。努力が必ず実を結ぶとは言えませんが、モテると言われる女性たちはすべからく努力をしているのです。

明確な答えがないものに対して、頑張り続けることは、なかなか大変です。しかし、その先に運命の出会いや美しい自分自身という理想があるのであれば、めげずに励めるのではないのでしょうか。