バレない不倫デートのために気をつけること5選。夫、妻への対応は?

不倫カップルのデートは緊張感がつきものです。不倫デートならではの独特の緊張感もあることでしょう。

ついつい忘れがちなこと、こうした方が良いことも不倫相手とのデートを分かりやすく解説しています。今回は、不倫デートについて紹介します。

不倫デートでバレないためにどうしたらいい?気をつけるべきこと5選

不倫デートというのは、普通のデートに比べて緊張感があります。不倫相手とのデートが本命に気づかれないようにすることも肝心ですし、見落としがちな部分も多々あることでしょう。不倫カップルは、普通のデートよりも意識することが何より大事です。

気をつけること1:できるだけ人目を避ける

安全に不倫カップルがデートを楽しむ上で大事なのは、人の多い場所をできるだけ避けるということです。これは、不倫デートを楽しむ上で欠かすことが出来ません。不倫カップルのデートで定番となっているのが、生活圏から離れた場所、です。市内は人が多いし、車で1時間くらい離れたような人目をはばかる場所が主なデートスポットとなっています。

また、不倫カップルがデートする場所で多いのは、何と言っても海外です。観光地も多く、こうした場所は人目が気にならないですし、何より遠方なので安心してデートを楽しむことができるようになっています。観光地は人目をはばかるので、不倫カップルがデートするのに最適な場所です。不倫デートを楽しむなら、海外や観光地がピッタリです。

気をつけること2:待ち合わせは別々に集合する

不倫デートで重要なのは、待ち合わせにこだわるということです。

不倫カップルは関係が長くなると、どうしても気持ちの緩みが出始めてきて待ち合わせもワンパターンになります。不倫で重要なのは、待ち合わせをワンパターン化させないことです。

例えばパートナーが不倫を感付き始めると、探偵などを雇い、浮気調査を始めることがありますつまり「パートナーに感づかれないこと」「探偵などに足取りを追わせないこと」の、どちらも大事です。

不倫は、常に緊張感を持ち続ける必要があります。

気をつけること3:外でスキンシップはしない

不倫カップルのデートでありがちなのが、外でのスキンシップです。2人きりなら、スキンシップをしても大丈夫ですが外は人目もあるのでスキンシップはしないようにしましょう。手を握るくらい大丈夫じゃないの?と思いがちですが、不倫デートでは外でのスキンシップは要注意です。

気をつけること4:お金の支払いはお互いきっちりと

お金の支払いですが、お互いきっちりとすることが大事です。1回あたりのデート代金が5万円もザラなのが不倫の世界、お金は男性が支払うものと考えている人も多いのではないでしょうか。お金の支払いは、お互いきっちりとすることが不倫では肝心です。不倫でも男女の関係は平等である、ということを忘れてはいけません。

気をつけること5:別れる日がいつか来ることを覚悟して付き合う

不倫は別れる日がいつか来る、ということを覚悟して付き合うことが肝心です。奥さんや旦那さんがいるので本命ではないですし、家庭を壊さないようにすることが肝心です。ダラダラと不倫関係を続けていてもマンネリ化したり、なかなか別れられなくなるので別れる日がいつか来るということを覚悟して付き合うことが肝心です。ダラダラと不倫関係を続けないようにすることが大事と言えるでしょう。

関係をこのままにしたかったら、心がけるべきこと

不倫の関係をそのままにするために考える事は様々です。逆に不倫関係が長くなると、今まで言わなかったわがままを言ったり遠慮がなくなったりすることもあります。こんなことに気をつけることで、不倫関係はグッと長続きするようになるのです。不倫関係を長続きさせるために大事な事柄について紹介します。

会話の内容は軽く楽しいものを

不倫デートでの会話の内容は、できるだけ軽く楽しいものが肝です。お互いの共通の話題があれば、その会話をするのが良いでしょう。ドロドロした話題や重い話はNGです。日々の何気ない会話や共通の話題で盛り上がるものが良いです。

証拠を残さない

不倫をする際に気をつけたい事柄は、証拠を残さないようにするということが肝心です。奥さんや旦那さんが不倫しているな、と感じたら携帯の履歴など不倫の証拠を探すでしょう。不倫の痕跡を残さないようにするコツですが、普段の何気ない行動にあります。

たとえば、いつもよりも帰りの時間が極端に遅いというものがあります。いつも帰っている時間よりも遅れて帰ってくることが多いとどうしたんだろう?と感じますし、何気ない行動に注意です。電話が鳴ると場所を変えるというものもあります。勘違い電話、無言電話やお金の使い方が荒くなったりするとパートナーは不倫していると感じるので要注意です。

パートナーに不倫がバレないようにするには?

不倫で注意したいことはたくさんあります。たとえば、奥さんや旦那さんがいるのであまり深入りしすぎるとドロドロすることもあります。最近では、不倫はいけないことだという意識を持つ人が少なくなってきているようです。テレビドラマでも不倫ものは多いですし、不倫をしてみたいと不倫に憧れる人も少なくありません。

不倫デートは緊張感を持つことが大事ですし、気をつけることもあります。今回は、そんな不倫で注意したいことについて紹介します。

デートの日もいつも通りに

不倫デートだから、といってメイクに気合を入れすぎる人も少なくありません。メイクにいつもより気合を入れすぎると、不倫をしていると感じるので要注意です。とにかくいつも通りにする、ということが大きなポイントです。メイクをいつもより派手メイクにしたり濃いメイクにしたり上機嫌だとパートナーは不倫をしていると感じるので要注意です。

メイクや下着もいつも通りにする、ということが大きなポイントです。派手な下着をつけたりオシャレに着飾るのは控えることです。いつもより機嫌が良いな、とパートナーは機嫌でも不倫をしていると感じるので注意しましょう。

プレゼントは控える

不倫をしている場合は、プレゼントを控えることが肝心です。パートナーは誰に贈るプレゼントなのかと気になりますし、不倫をしていると感じるので要注意です。誕生日プレゼントも不倫関係では贈らないようにするのがベターでしょう。

不倫相手選びは慎重に。関係が悪化しづらい不倫相手の特徴 3選

不倫が成功するかどうかは、この不倫相手選びにあると言っても過言ではありません。不倫では、不倫の証拠を残す人は不倫しているな、とパートナーに気づかれやすいので要注意です。不倫も好きになった人と不倫するんだから、不倫相手選びなんてできないという人も多いのではないでしょうか。

不倫の一番のデメリットは、何と言っても不倫をしていることを相手の奥さんや旦那さんに気づかれる、ということです。どのように不倫相手を選ぶことで、不倫を成功させることができるのかについて紹介します。

特徴1:機転が利く

不倫相手にピッタリなのは男女問わず、機転が利く人です。機転が利く人と付き合うことで不倫の証拠も残さずにすみます。特に、奥さんや旦那さんがいる人であれば、より緊張感を持って不倫するので不倫が成功しやすいです。

特徴2:理性的。別れ話をスムーズに聞ける

不倫相手は、別れ話をスムーズに聞ける人が良いでしょう。別れ話をしたら聞き入れない人も少なくありません。不倫では別れ話をあえてしない、という人も多いのではないでしょうか。別れ話をする場合は、キレイにお別れをしたいものです。別れ話をスムーズに聞けてサッパリと別れられる人と付き合うのがベターです。不倫相手を選ぶ場合は、この点にも注意しましょう。

特徴3:割り切った関係を受け入れられる

不倫相手に選ぶと困るのは、結婚願望のある人です。不倫しやすいのは、結婚願望の強い女性とも言われています。なので、あなたが男性の場合、不倫相手を選ぶ場合は結婚願望が強い女性かどうかを知っておくことが肝心です。

不倫カップルにおすすめ!おすすめ不倫デートプラン 3選

不倫をするのであれば、不倫がバレづらいデートプランを立てることも大事です。

おすすめの不倫デートプランを紹介します。

プラン1:地方の温泉旅館への宿泊

不倫デートの鉄則は、自宅周辺など地元でのデートを避けることです。できる限り自宅から遠く離れた場所で、外出も控えつつ、インドアで楽しめるような空間に身を置くのがベストです。

そうしたデートに最適なのが、温泉旅館への宿泊です。

デート費用はかさみますが、自分たちのことを知っている人が他に誰もいない環境で、1つの部屋で一緒に過ごし、温泉で疲労を癒せる時間は贅沢です。

温泉旅館は企業の社員旅行などでも王道のスポット。よって、温泉旅行の際にはパートナーに「同期との旅行で出かけてくるね」などと言い訳も立てやすいでしょう。

プラン2:レンタカーを借りて、ドライブ

ドライブレコーダー

不倫カップルはレンタカーでのドライブもおすすめです。自宅の車でのドライブは、ナンバープレートや車の外観が手がかりとなり、不倫がバレるケースがあるため避けましょう。香水を身につけていたり、どちらかが喫煙者の場合は、シートの匂いの変化が不倫発覚のきっかけになることも。

上のような心配は、レンタカーを使うことで避けられます。

2人きりでドライブを楽しみ、自宅から遠く離れたレストランでディナーをして、帰る。こうしたシンプルなデートにレンタカーはうってつけです。ホテル代よりもレンタカーは安上がりなことが多いため、2人きりで過ごせる空間作りにもおすすめです。

プラン3:夜の公園デート

夜の公園は、人目につきづらいため不倫カップルにはおすすめのスポットです。

お金がかからず、人通りが少なく、時間制限も特にないため、お手軽に2人だけの時間が作れる場所です。「温泉旅行に行くほどのお金の余裕はない」「翌日はまたすぐに仕事だから、レンタカーを借りてドライブするほどの時間はない」。こうした忙しい時でも、ちょっとだけ時間を作って相手に会いたい。

そうした時のおすすめスポットです。テイクアウトした食べ物などを持って、ちょっとしたピクニック気分で過ごすのにちょうどいいでしょう。

不倫のリスクを考えよう

不倫はリスクが大きいです。そんな不倫のリスクをしっかりと考えておくことが肝心です。不倫は相手の奥さんや旦那さんを傷つけかねないので要注意です。今回は、不倫のリスクに焦点をあてて分かりやすく解説したいと思います。不倫は、一つ間違ったらドロドロ関係になることもあるので注意が必要です。

バレたら全てを失うかも

不倫のリスクは、何と言っても不倫相手の奥さんや旦那さんに不倫がバレることでしょう。不倫は最近ではいけないことという意識を持っている人が少なくなってきていますが、不倫のリスクは大きいです。不倫は、金銭面のリスクが多いです。不倫相手の奥さんや旦那さんから慰謝料を請求されることもあります。不倫期間が長くなれば長くなるほど、不倫を奥さんや旦那さんに知られやすいので要注意です。不倫期間が長くなると、気持ちに緩みが出るので待ち合わせもワンパターン化してしまうのです。社会的地位や信用を失うこともあります。

一つ間違ったらドロドロ関係になることもある

不倫は、一つ間違ったらドロドロ関係になることもあるので要注意です。昔よりも現在は不倫をする人が増えてきています。と、いうのも好きになったら不倫でも関係ない、という人が多いからと言われています。不倫はドロドロ関係になると、なかなか別れることができなくなったりと大変です。不倫期間が長くなれば長くなるほどドロドロ関係になってしまうので注意です。

避妊と性病対策は確実に

不倫で忘れてはならないのが、避妊と性病対策です。不倫中に性病にかかってしまった、という人も少なくありません。性病にかかってもパニックにならずに落ち着くことが肝心です。性病になったとパニックになって不倫をしていることが不倫相手の奥さんや旦那さんに知られてしまったという人は多いです。避妊と性病対策はしっかりとすることが肝心です。性病は様々な種類のものがあり、クラミジアやコンジローマと様々です。性病対策はもちろんですが性病にかかった場合は、クラミジア等のどの種類の性病にかかっているのかも知ることが大事と言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。不倫のコツや注意点もまとめました。最近は不倫はいけないことだという意識を持つ人が少なくなってきているようですし、避妊や性病対策をしていない、という人も多いです。避妊や性病対策をすることは重要ですし、パニックになることもあるので要注意です。不倫では、緊張感を持ってどのようなデメリットがあるのかを知っておくことが肝心です。不倫はドロドロ関係になることもあるので不倫期間も長くならないように注意して、不倫相手も選ぶようにする事が大事と言えるでしょう。不倫のデメリットもしっかりと知っておき、安全に不倫を楽しむことが肝心です。