ニキビ跡にレーザー治療は効果的?どこの美容皮膚科で出来るの?

ニキビが出来なくなってホッとしたのに、お肌をみるとニキビ跡がしっかり残っている・・それにこのニキビ跡、何をしても消えてくれないとニキビ跡に悩みをもっている人が多いです。

ニキビの炎症がひどく肌の真皮層にまで及ぶとクレーター状のニキビ跡になり、こうなると自宅で治すという事は難しく、医療、皮膚の専門家の力が必要となります。

ただ最近はクレーター状のニキビ跡にも対応するレーザーによる治療なども積極的に行われるようになり、多くの方がニキビ跡を消したいと注目しているようです。

美しい滑らかだった肌を取り戻したい・・と思う時、レーザー治療についても知識をおっておくと安心です。

レーザーによるニキビ跡治療


レーザーによるニキビ跡の治療も、利用するレーザーによってそれぞれ特徴があり、また対応できるニキビ跡の種類にも違いがあります。

ニキビ跡には赤みがある場合や、茶色く色素沈着している状態、またニキビ跡の最終段階としてクレーター状のニキビ跡が出来ます。

今、自分のニキビ跡がどのような状態になっているか、それによって利用するレーザー治療を考える必要があるので、ニキビ跡治療に利用されているレーザーの種類、その効果、対応できるニキビ跡等について理解していきましょう。

Er YAGレーザー

レーザー治療の中でも唯一、歯科治療で歯を削る事が出来るレーザーとしても知られているのがEr YAGレーザーです。

声帯組織の水分に反応が高く、発熱が少ない、表面が黒くなるなどの周囲組織への影響がない、安全性の高いレーザーといわれています。

エルビウムEr YAGレーザーは、一般的にローリング型と呼ばれるくぼんだ部分の直径が大きめで楕円のような形をしているニキビ跡に効果があるといわれています。

硬化についてはCO2レーザーとよく似ているといわれていますが、蒸散力がCO2レーザーよりも強いといわれています。

ロングパルスレーザー

ロングパルスレーザーは、赤味があるニキビ跡、つまりニキビ跡に毛細血管が新しく作られて赤くなっているニキビ跡に効果が期待できます。

真皮毛細血管内には酸化ヘモグロビンがありますが、その吸収が可能で、単純性血管腫などの治療にも用いられています。

赤みのあるニキビ跡は、内服薬や外用薬、またセルフケアで気長に治す事も出来るのですが、早く治したいという方、また長く時間がたたないうちに治療したいという方は、ロングパルスレーザーの治療を考えてみるといいでしょう。

炭酸ガスレーザー

 

炭酸ガスを利用したニキビ跡の治療についてよい利用されるレーザーは、フラクショナルCO2レーザーと呼ばれるレーザーが多いのですが、ニキビ跡にドット上の高出力レーザー光を照射し、皮膚刺激を与えて、皮膚がダメージを受けたことを身体に認識させることで、皮膚の再生を促すという治療です。

ニキビ跡にこの高出力レーザーをあてることで、皮膚には蒸散と呼ばれる小さい穴が開き、この蒸散状態を作る事で、身体が皮膚のダメージを感じ、その部分に集中的な皮膚再生を促すので、ニキビ跡の治療になるという仕組みです。

このフラクショナルCO2レーザー治療は、スキン リサーフェンシング、つまり、肌の再構築と呼ばれることがありますが、まさにその状態を作り出すレーザー機器です。

Qスイッチレーザー

色素沈着を起こしているニキビ跡に効果がるレーザー治療として、Qスイッチレーザーが挙げられます。

皮膚内部のメラニン色素が多くなっているシミ、ニキビ跡、あざなどの治療に利用されているレーザー機器で、色素とその周囲の正常組織にバランスのいい波長を与えるという事が特徴的です。

周囲の組織のダメー字を最小に、色が薄いニキビ跡、茶色が濃く出ているニキビ跡にも対応でき、またニキビ跡ではありませんが、先天的に皮膚に出ている薄青いあざのような物にも治療に利用できます。

また青に反応するという事で、入れ墨を消したいという方の治療にも利用されているレーザー機器です。

美容皮膚科で行えるニキビ跡のレーザー治療


ニキビ跡のレーザー治療はクリニックや皮膚科などで行うもので、医師免許を持っていない人が医療用レーザーを扱う事は出来ないので、医師に施術してもらう方法となります。

皮膚科、クリニックなどではそれぞれに特徴的なレーザー機器を利用し治療を行っていますので、クリニック、皮膚科それぞれの治療について理解すると、自分が利用すべきクリニックが選択できると思います。

湘南美容外科

湘南美容外科はすでに知名度が高く、多くの方が実際にこの美容外科で様々な治療を受けていると思いますが、美容外科、美容皮膚科、美容歯科など、美容に関するスペシャリストといっていいでしょう。

湘南美容外科で行っているニキビ跡のレーザー治療はウルトラ美白レーザーという治療が有名でで、メラニン色素にレーザー照射することによって美白効果を得る治療、755nmという波長とミドルパルスを相互作用させることで角質除去にも利用されています。

シミの改善と共にお肌のターンオーバーを向上させるので高いホワイトニング効果があり、お肌に茶色く残ってしまったニキビ跡などにも効果を発揮します。

あゆみ皮膚科クリニック

 

あゆみ皮膚科クリニックではレーザーフェイシャルという形でニキビ跡の治療を行っています。

シミとなったニキビ跡の原因となっているメラニン式を破壊するという治療で、レーザーを気になるニキビ跡に照射し、肌のニキビ跡のシミやくすみなどを薄くしてくれます。

このほか、メドライトC6というQスイッチYAGレーザーを利用した治療もおこなわれています。

なおみ皮フ科クリニック

なおみ皮膚フ科クリニックで行われているニキビ跡治療は、レーザーのほかにもありますが、レーザー治療ではフラクショナルレーザーが利用されています。

美容先進国である韓国やアメリカで利用されている人気のある治療機器で、レーザーを照射することで皮膚表面に凝固点を作ることで、皮膚の再生を促すという治療です。

ニキビ跡について、赤味のあるニキビ跡から凸凹のあるクレーター状のニキビ跡まで広く効果が期待できるもので、皮膚の深層部にまで届くレーザーの能力で深いニキビ跡にも、毛穴の開きにも効果があるといいます。

品川スキンクリニック

 

品川スキンクリニックで行われているレーザー美白治療は、肌の古い角質、毛穴に詰まった老廃物などの汚れを除去し、肌を活性化、きめの整った美しい肌にするというものです。

お肌の奥の真皮層を刺激するレーザーで、ニキビ跡の色素沈着のもとになっているメラニンを減少させ、ニキビ跡のほかにも、小じわ、毛穴の開きなどにも効果を発揮するようです。

このレーザー美白はカーボンピーリングという呼び名でも呼ばれている方法で、美しい白い肌を作ってくれると注目されています。

レーザー治療のデメリットとは


ニキビ跡を消したいと治療を受けることを選択した場合、専門の医師に診てモラルことができるというメリットがありますが、デメリットが全くないということはありません。

ニキビ跡以外でも、例えばシミの治療や脱毛処理などを皮膚科クリニックで受ける場合、高い効果が期待できるのと同時に、費用が高い、治療の種類を選択しないと効果が期待できない、治療期間が長いなどのデメリットも存在しています。

値段が高い

脱毛処理を専門家に行ってもらう場合にも、エステより皮膚科クリニックなど医療機関の方が費用がかかります。

脱毛処理も同じですが、やはり照射能力が強い医療用のレーザーの方がより効果も高い事が知られていますし、皮膚科の医師が行う施術ということで、ニキビ跡の施術についても、そのほかの皮膚科クリニックで行う施術に関しても、安心して受けることができるメリットがあります。

ただ医師という皮膚の専門家に診てもらう自費治療となるため、医療分野であっても費用が自費治療となり高くなります。

ニキビ跡を消したいという人にとっては切実な悩みですが、病気ということにならないので、保険適用外の治療となります。

この場合、全額負担となるので、通常の医療費用とは違い、高くなってしまうというデメリットがあり、また施術を受けるクリニックによって自費治療は費用に大きな開きがあることも多く、自分が求める治療を受けるとき、思ったよりもずっと高い費用になっていますこともあるのです。

ニキビに適したレーザー治療でないと効果が薄い

ニキビ跡には赤みがでる毛細血管が作用している状態、シミのようにメラニン色素が多くなり色素沈着を起こしている状態、さらに皮膚の成長サイクルではなく、真皮層という皮膚のもっとも奥にある部分に傷をつけてしまったことでできるクレーター状のニキビ跡など、ニキビ跡には様々な種類があります。

ニキビ跡を消すために利用したいレーザー治療でも、ニキビ跡の種類に合ったものを利用しないと、しっかりとした効果を得られないというデメリットもあります。

そのため、ニキビ跡の治療については、自分のニキビ跡の状態を確認し、その状況にあったレーザー治療を選択する事が望まれます。

治療にかかる期間が長い

レーザーに治療の場合、一度治療を受けてから皮膚の成長サイクルに合わせて治療を行っていく必要があり、セルフケア、内服薬の治療と同様にある程度の期間が必要となるというデメリットもあります。

すぐに消したいという思いがあっても、そう簡単に消すことができないのがニキビ跡なので、気長にレーザー治療や内服治療を並行していく必要がある、ニキビ跡もあるでしょう。

まとめ


ニキビ跡についてはその状態、度合によって治療期間や治り方にも違いがありますので、出来れば、ニキビ跡を作らない事が望ましいです。

ただ忙しい毎日を送る方にとって、ニキビ跡を気にしていることもできず、そのまま放置するということもあると思いますので、ニキビ跡を見つけたら、すぐに自宅でできるセルフケアを始めること、さらに専門医の治療を受けることが、早くニキビ跡をなくすための行動となるでしょう。