ニキビ跡の正しい洗顔方法!キレイな肌を取り戻そう

洗顔はお肌のケアの第一の基本、だからしっかり行っているという方も多いと思いますが、ニキビがある、またニキビ跡があるとなるとどのように洗顔していいのか?悩むという人も少なくありません。

ニキビ跡がある場合、刺激がよくないんじゃないか、どんな成分の洗顔料を利用すればいいのか、その商品選びに悩む方も多いです。ニキビ跡はなかなか消すことができない悩みとなっている方が多いと思いますが、ニキビ跡を悪化させないように、まずは正しい洗顔を理解し実践していくことが求められます。

ニキビ跡を悪化させない洗顔とは


ニキビやニキビ跡を治したいという気持を持っている方は、洗顔方法についてしっかり理解が必要となります。実は洗顔の方法の違いで、ニキビ跡を悪化させるということもあり、長時間洗顔をするとが、水による洗顔、また洗顔料を利用せず水だけで洗顔するなど、こうした中で、お肌が悪い状態に傾くこともあります。

水ではなくぬるま湯を使用

水で洗顔すると肌が引き締まり、毛穴もぎゅっと締まるので冷たい水で洗顔する方がいいという人もいますが、水を利用しても皮膚の表面の汚れが落ちる率が悪く、ぬるま湯の方が角質や皮脂を柔らかくして落とすことができるので、水よりもぬるま湯を利用するのが正解です。肌の表面についているほこりやごみを落とし、洗顔の前に皮脂を柔らかくしておくこともできるので、必ずぬるま湯で顔を濡らす、流すようにします。

洗顔剤を泡立てたら、肌に乗せるよう

手を洗って手の上についている雑菌類を丁寧に流してから、洗顔フォームを手に取り、一杯泡立てます。この時専用の泡ネットなどを利用するときめ細かい泡になり一気に泡立つので、泡ネットなどを利用して泡を作るようなイメージで生クリームのような泡を作り、それから顔にの泡をのせます。

優しくなじませるような洗い方

 

顔に泡立てた泡をのせて毛穴になじませるように、皮脂を溶かすように、指の腹を利用して優しく泡を皮膚状で転がします。指の腹を利用しないで爪先などを利用してしまうと肌に傷をつけることになりますし、ごしごしこすると摩擦を起こして肌に悪影響を与えてしまうので、優しく転がすようなイメージで洗顔します。

泡を残さないようにしっかり洗う

丁寧に洗顔したら、生え際、顎の先、耳の近くなど泡が残らないように丁寧にぬるま湯ですすぎます。この時皮膚の上に泡が残ってしまうとお肌が荒れる原因になりますし、皮脂や汚れなどが付着したままになり、ニキビの下になることもあります。

ニキビ跡を刺激しないように丁寧に洗顔し、たっぷりのぬるま湯で洗い流してタオルで水分を吸着されるように擦らず水分を拭き取り、その後、ローション等で水分を補給したり、美容液で必要な栄養を届けることも重要です。

美しい肌の基本!正しい洗顔と、やってはいけないNG洗顔とは?

ニキビ跡に心がけたいケア

【画像】
ニキビ跡がある場合、ニキビを予防する意味もありますが、肌の状態を常にいい状態にしておくことが大切です。肌正常なターンオーバーできるように水分をしっかり与える事、逃がさない事、さらに栄養分が浸透しやすい浸透率の高いケア商品を利用し、肌に必要な栄養分と水分が適切に届くように心がけましょう。

肌の代謝を高める

お肌も体の様々な場所も代謝する事で成長する事が出来、髪の毛、爪、皮膚、それに骨なども、成長ホルモンの分泌と栄養素、水分を受けることによって正常に成長します。

爪や髪の毛なども成長サイクルがありますが、皮膚にも成長サイクル、ターンオーバーがあり、この成長サイクルが正常となるように常に肌の代謝を高めておくことが必要で、そのためには保湿ケアなどが重要な要素となるのです。

新陳代謝の基本~代謝を上げる方法と驚きのメリットとは

肌の浸透力を上げる

お肌の新陳代謝が正常になることで、受け取る栄養素や水分の浸透率が高まります。お肌が正常に成長サイクルしていない状態になると、栄養素や水分などが上手く浸透できず、よりニキビが作られやすくなりますし、ニキビ跡を改善することもできません。

肌の浸透力を向上させるためのビタミンC誘導体などが配合されている化粧水などを利用することで、浸透力を一定に保つこともできます。

保湿ケアを行う

 

お肌がキレイな状態を保つためには保湿ケアが重要なポイントで、お肌に水分が常に適切量あることで、乾燥しない、皮脂分泌が過剰にならないようにしていくこともできます。

お肌が乾燥するとお肌のバリア機能が低下するので、それを感知した体が皮脂の分泌を多くします。肌を守るだけの皮脂が分泌されればいいのですが、過剰に分泌されると皮膚状に残り、べたつきを感じるので、ごしごし洗うことも多くなり、それがまた乾燥を呼びます。

すると皮脂分泌がさらに過剰になるという悪循環になるので、毎日保湿ケアを行い肌の水分量が整っている状態にすることがニキビ跡の改善につながります。

肌の保湿はとても大事!NGな習慣と正しいお手入れの仕方

ニキビ跡専用の化粧水を使う

ニキビ跡の専用化粧水など、ニキビ跡専門のケア商品が各メーカーから販売されており、質の高い成分が配合されている商品も多くなっています。ニキビ跡を改善するために必要な栄養素、水分を保持するための成分などがバランス良く配合されているのがニキビ跡専用化粧水などケア商品です。

ケア商品については、ニキビやニキビ跡の専門の研究を行っているメーカーなどもありますので、自分に合ったものを選択しましょう。

ニキビ跡に最適な洗顔料


ニキビ跡を改善していくために正しい洗顔方法を覚えて実践することも大切なことですが、利用するニキビ跡専用の、最適な成分が含まれている洗顔料を選ぶことも重要で、こうした商品を利用することで、普段の洗顔もニキビ跡ケアになります。ニキビ跡に最適な洗顔料と合わせて、ニキビ跡のケア商品をセットで利用することで、お肌の改善も進み、状態が徐々によくなっていくでしょう。

皮脂汚れを取り除く成分が含まれているか

ニキビ跡に効果が期待できる洗顔料は、皮脂汚れを除去する成分が含まれているかどうかを確認します。ただ洗浄成分が界面活性剤などではなく、洗浄成分として肌の状態に負担を与えないアミノ酸系やクレイなどを利用しているものを選択します。

アミノ酸は皮脂分泌をコントロールできますし、肌の表面のバリア機能を強化する作用があります。クレイはミネラル成分が豊富で、肌のたるみ予防や健康的なハリのある状態にしてくれます。

保湿力の高いもの

保湿力の高いケア商品を選択することも求められますし、肌の水分を維持するために必要な成分が含まれている洗顔料を選ぶことも重要です。コラーゲンやヒアルロン酸等の肌の水分維持に欠かせない成分が配合されている物を選択すると、洗顔後、肌がつっぱるなどもなく気持ちよく利用できます。

保湿力が高いおすすめ化粧下地!

肌に刺激の少ないもの

肌に刺激となる海面活性剤や、着色料、それにパラペン等の成分が配合されている洗顔料もありますが、こうしたものはニキビ跡の改善に向かない商品ですし、肌が敏感で荒れやすい状態の方も多いので、こうした添加物系の配合されている洗顔料は避けるべきです。

ターンオーバーが正常化する事が求められるニキビ跡の洗顔に必要な成分が含まれており、肌に刺激がある成分を除去した洗顔料を選択しましょう。

まとめ


保湿、血行促進、さらにニキビ跡の洗顔には、抗炎症等の作用を持っている成分が含まれている方がより肌の改善につながりますし、時間がかかってもニキビ跡を改善できる要素となります。クレーター型など、セルフケアでは改善できないニキビ跡などもありますが、それでも、日々のケアをしっかり行っておくことで、改善を向上させることもできるのです。