ニキビ跡改善に使えるファンデーション術とおすすめ化粧品!

ニキビ跡の改善を行っている方も多いと思いますが、ニキビ跡を即消すことは出来ず、自宅ケアでも皮膚科などの専門医でも、キレイに消すまでには時間がかかります。でもニキビ跡が赤くなっていたり、茶色く変色している、またクレーターのように凸凹状態になっているという場合、老けてみられることもあるので、普段はお化粧でカバーしているという方が多いと思います。

ニキビ跡を隠すことのできるファンデーションなども現在非常に多くなっていますので、利用してみると、毎日のお化粧も楽しくなると思います。

ニキビ跡を隠すオススメファンデーション


ニキビ跡を隠すためのファンデーションは今かなり多くのメーカーから販売されており、質の高いものも多くなっています。メイクをするときの決め手になるファンデーションも、ニキビ跡を隠すという目的がある場合、どのようなものを選択すればいいでしょうか。

セフィーヌ シルクウェットパウダー

セフィーヌ化粧品 シルクウェットパウダー + ケース(スポンジ付) OC110

タレントの渡辺直美さんが動画でメイクを紹介している中で利用されている事でも有名になったセフィーヌ シルクウェットパウダーは名前にも入っている通り、シルクが配合されているファンデーションです。

クリアな肌にみせるために、自ら発光する植物のような染色粉が利用されていて、どこから見ても、立体的で美しい肌を作ってくれます。肌になじみがよく、ニキビ跡の凸凹にもフィットし、毛穴の広がりもカバーしてくれる優れものです。

今、セフィーヌのファンデーションが大人気!注目されている理由とは!?

インスタグラムやブログなどのSNSなどでも話題沸騰のセフィーヌのファンデーションは、芸能人の方にも愛用者が多い大人気コスメとな…

レブロン カラーステイメイクアップ

レブロン カラーステイメイクアップ180

レブロンのカラーステイメイクアップもニキビ跡に悩む方がよく利用されているファンデーションで、時間と共に起こるテカリなどを抑制し、24時間潤い続けるというすぐれたファンデーションです。

時短メイクをしたいという忙しい方にも人気のファンデーションで、お化粧直しがなかなかできない仕事の方にも人気があります。素肌感がとてもあり、植物性保湿成分とヒアルロン酸が配合されているので、潤いが長く持続します。

肌の凸凹や毛穴が目立たないようにソフトマット仕上げにできるのでニキビ跡が気になる方にも利用されています。

revlonのファンデーションが口コミで人気の理由とは!?タイプ別おすすめのカラー!

今、「レブロンのファンデーション」が口コミで話題になっているのを知っていますか?

女性にとってファンデーション選びは、コ…

カバーマーク ブライトアップファンデーション

カバーマーク ブライトアップファンデーション Y2

小じわが気になるエイジング世代にも利用されているカバーマークの部ライトアップファンデーションは部分的に利用できるスティックタイプのファンデーションで、ニキビ跡などの気になる部分だけに利用できるので、多くの方が便利に利用されています。

シミやニキビ跡などにダイレクトにつけてもうす付きで、なおかつ隠してくれるので、ニキビ跡に悩む人にとってひつつ需品とも言われています。特種パウダーといわれるカバーマークのデザイニングパウダーが小じわを隠し、肌のきめを細かく見せてくれるので、ニキビ跡に悩む人が以外、お肌のきめを美しく見せたいという方にも利用されています。

ルミコ ジェルクリーミィ ファンデーション

【RMK(ルミコ)】 ジェル クリーミィ ファンデーション SPF24 PA++ 30g 102

ルミコのジェルクリーミィ ファンデーションはお肌に透明感をあたえ、長時間崩れないという特徴を持ったファンデーションです。

ニキビ跡を隠しながらもナチュラルに仕上げたいという希望のある方はこのルミコのジェルクリーミィ ファンデーションは特におススメで、保湿効果も高くお化粧していながら保湿を行っているような感覚です。コンシーラー等もあるのでニキビ跡の部分隠しに利用している人が多いようです。

ニキビ跡をファンデーションでキレイに隠すには


ニキビ跡をファンデーションで隠す場合、よく見られるのが厚塗りになっている状態ですが、ニキビ跡をきれいに隠してくれるファンデーションの中には、うす付きで非常に透明感のあるメイクが可能な商品もあります。部分的なニキビ跡が気になるという人はコンシーラーで隠す、またベースメイクなども色を考えて利用するとかなりニキビ跡を隠すことができます。

ニキビ跡に合わせてファンデーションの色を決める

ニキビ跡の状態で、ファンデーションの色もしっかり考えておくと、キレイに隠すことができるようになります。

ニキビ跡を隠すためにはニキビ跡がある皮膚の色ではなく、自分の皮膚の色にできる限り近いファンデーションを利用する事が求められます。あまり白いものを利用すると厚塗り感が強く出て余計にニキビ跡が目立つように感じますので、自分の肌に合った色のファンデーションを利用し、それでも目立つところには上からコンシーラーを部分的に塗るようにしましょう。

場所に応じてコンシーラーの使用を

ニキビ跡が部分的でその部分がかなり目立つ、例えばほほのような目が行く部分にニキビ跡がある場合には、ファンデーションを利用してから、その部分にコンシーラーを薄く利用するとかなり隠せます。コンシーラーもニキビ跡を隠す作用のあるものや、シミ、そばかすなどをカバーするタイプのもの利用するとかなり目立ちにくくなります。

ベースメイクも鍵に

赤みのあるニキビ跡が気になるという人は、ベースメイクに青系の色を利用し、赤みを消しておくと、ニキビ跡が浮き立つこともなくきれいに隠せます。それでもまだ気になるということなら、その部分に薄くコンシーラーを伸ばして利用すると、より赤みが目立ちにくくなります。シミが茶色っぽいという場合には、黄色系のベースメイクを利用すると隠しやすくなります。

パウダーファンデーションでムラのないように

ファンデーションを塗るときにニキビ跡が気になって、つい、ニキビ跡の部分だけ厚塗りになることがありますが、そうなると、余計にニキビ跡が目ダウようになるので、パウダーファンデーションを利用して隠すというイメージを持つといいと思います。リキッドでベースを作ってその後、パウダリーを利用してポンポンと部分的にニキビ跡にたたいておくと目立ちにくくなります。

ニキビ跡に効果的なファンデーションの選び方


ニキビ跡の肌の健康によく、またニキビ跡を効果的に消してくれるファンデーションを選ぶ場合、ファンデーションをつけている自体が、保湿効果のあるものを選択すると、肌のいい状態を保つことができます。保湿成分が含まれているもの、また油分が少なく角質汚れが残りにくいもの、さらに肌に余計な刺激をしないように天然成分の物などを利用する方がいいでしょう。

保湿成分が含まれているもの

ニキビ跡の改善には保湿が欠かせず、過剰に皮脂が分泌されないように、水分が補給する必要がありますが、ファンデーションの中には保湿成分がたっぷり含まれているものがありますので、そういったもので、お化粧していながら保湿できる状態を作るといいと思います。

もちろん帰宅したらすぐにメイククリアし、化粧水、美容液などを利用して保湿する事も大切です。

保湿ジェルに含まれている美容成分とは?売れているアイテムもご紹介

保湿ケアの1つとして人気が高い保湿ジェル。ぴったりとお肌に浸透し、ジェル状で使いやすい、これ1つでスキンケアを完了させられるな…

油分が含まれていないもの

油分が多いファンデーションを利用してしまうとクレンジングの際に必要ないほどごしごしこすってしまうこともありますし、油分が毛穴に浸透し古い角質と一緒になって落としにくくなりますし、ニキビをさらに作ってしまったり、ニキビ跡を悪化させることにもなります。油分が少なく保湿効果の高い成分が含まれているファンデーションを利用する方がいいでしょう。

天然成分で出来ているもの

肌の成長サイクルを向上させることで、新しい皮膚が正常に出てるく事ができるので、水分補強と共に、天然成分などのファンデーションを利用し、肌を不用意に刺激しないことも大切です。無着色、無香料、パラベンフリーはもちろんの事、ファンデーションに天然成分が配合され、肌に負担無く利用できるものを選択するとニキビ跡にも効果的でしょう。

まとめ


ニキビ跡の改善には時間がかかり、自宅ケアでも専門医師による治療でもやはりある程度の期間が必要となるので、うまくファンデーション等でカバーしていきたいものです。

お化粧してもニキビ跡が明らかに見えるとなると気分も下がりますし、大きなコンプレックスとなって知る方も少なくありません。ニキビ跡がたっても気持ちよく日々を過ごせるように、ファンデーションなどうまく利用しカバーしていくことを考えましょう。