スキンケアの基礎を見直そう!意外と知らない正しい順番、守ってる?

スキンケアの基本は知っているようで、知らないことも多いもの。今回は、スキンケアの基本、順番、年代別のスキンケアの注意点、肌別のスキンケアについて、お話します。ご参考になさって、皆様のスキンケアにお役立てください。

スキンケア基本の役割

洗顔

スキンケアの基本は、洗顔です。目的は肌の汚れを落とすことですが、汚れを落としたい余りに、強くこすってしまい、肌荒れを招く場合がありますから、要注意になります。特に、脂性肌や混合肌の人、ニキビができやすい人が、そのような傾向にあるようです。
このように、洗顔の仕方に気を配るだけでも、ずいぶんと肌がきれいになることもあります。ごしごしこすらず、優しく、マッサージするように洗ってみてください。

クレンジング

クレンジングとは、お化粧を落とすことを言います。落とすのに、使うのはクレンジング剤です。その種類は、オイルでできたもの、ジェル状のもの、クリームタイプのものとあります。クレンジング剤で、お化粧を落としてから、洗顔です。この際の落とし方、洗顔の仕方によって、肌にダメージを与えてしまいますので、気を付けましょう。洗顔後は、肌のお手入れをします。

feelyイチオシ!メイク落としも毛穴の汚れ取りもこれ1本!じんわり温か温感ジェルでツルツル肌へ!

HALENAハレナ ホットクレンジングジェル

添加物一切不使用!赤ちゃんにも使えるほど優しい国産オーガニッククレンジング「HALENA」。温感&美容液ジェルがごわついた毛穴をじんわりと広げ、毛穴に詰まった黒ずみや汚れをしっかり絡め取ってくれます。また、メイクの汚れもこれ1本。しっかりとメイクを落とし、1本につき99%も配合された美容液成分が、潤いに満ちた透明なお肌へと導きます!

とろけるような質感のジェルで摩擦を抑えて優しく洗顔、上品に香るオーガニックアロマが1日の疲れを癒やしてくれることでしょう。ぜひこの機会にお試しください!

 

クレンジングと洗顔で美肌は作れる!クレンジング洗顔を紹介

化粧水


夜、クレンジングの後は、洗顔をして、化粧水をたっぷりつけます。朝は、洗顔の後です。やはり、たっぷりつけます。

化粧水は、肌の保湿のためにつけるものです。保湿は、肌の水分をキープするということで、スキンケアにおいて重要なお手入れになります。水分キープができないと、肌が乾燥してしまいますので、特に保湿に重点を置いた化粧水、美容液等をつけるようにすると良いでしょう。

30代女性向け!化粧水の選び方&おすすめ化粧水5選

乳液

乳液は、化粧水の後につけます。化粧水で補う水分を保つためです。よく、ニキビができるから、乳液をつけないという人がいますが、お肌のためには良いことではありません。化粧水で補った水分をうまくキープできなくなってしまいます。それに、乾燥しがちにもなり、油分と水分のバランスが取れなくなるでしょう。そうなると、肌が荒れ、大人のニキビができるようになってしまうのです。それぞれの役割がある事をよく理解して、スキンケアしましょう。

化粧水も乳液も!薬学博士が研究開発した圧倒的な浸透力のスキンケアで乾燥知らずの保湿肌へ!

ビーグレン 保湿トライアルキット

乾燥しているお肌はセラミド不足であることがほとんど。そのセラミドをしっかりと閉じ込め、潤いを保ってくれる「保湿型ビタミンC誘導体」をたっぷり配合したローションと、高濃度のピュアビタミンC を配合した美容液で、水分たっぷりモチモチ肌に導いてくれます!それだけではなく、独自の浸透技術である「QuSome」で肌トラブルの元までしっかり浸透させ、悩みにアプローチ。feely編集部イチオシの商品です!

 

人気の乳液は保湿プラスアルファが基本!おすすめの乳液10選

▼関連記事

スキンケアは基本の順番が大事!?正しい方法ですぐ綺麗に!

スキンケアの順番

正しいスキンケアの順番を覚えよう!朝・夜で何使う?

最初は手洗い

最初に、手を洗う事は大事ですが、忘れがちです。忘れずに洗うようにしましょう。なぜならば、手に雑菌が付いていると、洗顔の時、顔についてしまうことがあるからです。また、手をきちんと洗っておくと、洗顔料が良く泡立ちます。このように、洗顔前の手洗いは、大事な意味があるのです。必ず、洗顔前に手を洗うという事を習慣づけるようにしましょう。習慣づければ、忘れないものです。

髪の毛をまとめる

これも大事です。特に、髪の毛が長い人やミディアムやショートだけど、下を向くと、髪の毛が顔にかかる人は、髪の毛を結ぶ、カチューシャやヘアーバンド等で上にあげるということをしないといけません。その理由は、髪の毛が顔にかかると、洗顔の際、邪魔になるからです。それに、髪の毛に洗顔料がつき、洗顔後も残ってしまう可能性もあります。残った洗顔料が顔について、そのまま残ってしまうと、それが原因でニキビになってしまうのです。

朝は洗顔からから始める

朝起きたら、すぐに洗顔です。朝は、洗顔から始まると思っていていいでしょう。まずは、素洗いで、顔についたホコリ、目やに等を落とします。次に洗顔料を泡立てます。その際、細かい泡を沢山作るように、泡立ててください。こうすることで、毛穴の奥にある汚れも落とせます。うまく泡立てられない場合は、泡立てネットを使ったり、泡の洗顔料で洗ったりすると良いです。

皮脂の多い、額、顎、鼻に洗顔料をのせ、指が触れないように、泡でくるくると洗います。その際、力を入れずに優しくマッサージと言った感じで。乾燥しがちな目元、口元は泡が洗ってくれますので、洗顔料をのせるだけで良いでしょう。素早く、丁寧に洗ったら、丁寧にすすぎます。32~34℃の水で20回以上はすすぐようにしてください。洗顔料が肌に残るとトラブルの元になってしまいますから、要注意です。

夜はクレンジングからから始める

夜、家に帰ってきたら、まずはクレンジングです。お好みのタイプのクレンジング剤を使って、お化粧を落としましょう。

クレンジングの基本は、肌に負担を掛けないように、クレンジング剤を優しくなじませることです。手のひらと指先を使い分けて、メイクや汚れを浮かすようにしましょう。目の下や鼻等の細かい部分は薬指の先を使ってクレンジング剤をなじませます。フェイスラインは手のひらを使います。クリームタイプの場合は、最後にティッシュオフしましょう。クレンジングの後は、上記に書いた朝の洗顔とおなじように、洗顔します。

▼関連記事

美肌を目指す人必見!美肌になるためのスキンケアの秘訣とは?

30代スキンケアの注意点

水分を浸透させる

30代のスキンケアで大切なのは、水分を滲透させることです。水分不足は、肌のたるみを招きます。やっかいなことに、このたるみというものは、自分では、なかなか気づかないもの。気づいたら、こんなふうになっていたなんていうこともあります。ですから、30代になったら、水分を意識します。洗顔後は、保湿性の高いローションをたっぷりとつけましょう。パッティングすると良いです。

化粧水をコットンで付ける効果って何?目的で選ぶ化粧水用コットン

油分を補う

30代のスキンケアでは、油分を補う事も大事です。まだ、皮脂はまだ十分にありますが、今後のために、乾燥しがちな目元や口元は少量の油分を補いましょう。この場合、クリームが良いです。肌をなめらかにします。また、30代は初期老化も気になるところ。初期老化のケア目的のクリームも多数あります。ご自身の気になるところに合うものかどうか、よく確認して、使ってみると良いでしょう。

角質の手入れをする

角質の手入れには、ピーリングジェルがおすすめです。適量を肌にマッサージすると、角質がぽろぽろ取れます。あとはぬるま湯で洗い流すだけ。古い角質を落とすことで、肌を明るい色に変えてくれます。古い角質を除去して、お肌の新陳代謝を促すという働きをしてくれるのです。

このピーリングジェルは、顔だけでなく、ひじやひざにも使えますので、全身つるつるになります。色々な会社から、発売されていますので、ご自身に合うものを選びましょう。

パックをする


30代は、肌のハリ、ツヤが失われつつある時期です。そんな30代には、ジェルかクリーム状の塗るフェイスパックがおすすめ。洗い流さないので、そのまま肌になじみ、油分、水分を補うことができます。

また、エイジングケアをうたったフェイスパックも良いでしょう。最近は、あらゆるブランドでエイジングケア製品が発売され、フェイスパックも様々なものがあります。インターネット等で、その内容をよく見て、ご自身の困ったところにぴったりくるようなものを選ぶと良いでしょう。

パックは毎日するべき?毎日すると得られる効果とは

40代スキンケアの注意点

基本のスキンケアの方法を見直す

40代になると、今までの基本のスキンケアを見直さないといけません。まずは、洗顔ですが、皮脂を守りながら、優しく洗う事です。ごしごしこすらないように気を付けて下さい。そして、時間も長くならないように手短にしましょう。皮脂の落とし過ぎとなり、潤いが、なくなってしまうのです。洗顔料はマイルドなものにしましょう。洗顔後は、エイジングケア用の化粧水や美容液をたっぷりとつけて、潤いを保つようにしましょう。

エイジングケアをする


エイジングケアにはどんな成分が必要か、挙げてみましょう。エイジングケアの化粧品を買う際のご参考になさってください。まず、乾燥対策にはセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、スクワラン等。シミには、ビタミンC誘導体、リノール酸、カモミラET、アルブチン等、シワ、たるみには、ビタミンC誘導体、レチノール、ナイアシン、アスタキサンチン、ユエンザイムQ10等。

「年齢を感じる…」そんなあなたに攻めのエイジングケア!ポーラ研究所のノウハウが詰まったスキンケアで年齢を感じさせない肌へ

【ディセンシア】アヤナス トライアルセット

日本が世界に誇るポーラ研究所が研究開発したエイジングケア!人気美容誌”MAQUIA”や”VOCE”など多数雑誌で紹介されている製品です。 セラミドはもちろん美容成分がたっぷり含まれており、ぐんぐん浸透。美容液では見た目年齢に左右する黄ぐすみやたるみをしっかりと改善。敏感肌に優しく健やかに保ってくれます。クリームでほこりや花粉など外部刺激からお肌を守り、ハリや弾力の肌へと導きます。もちろん日本製、添加物フリーで敏感肌の方にも安心してご使用いただける処方となっています。

ポーラ研究所の80年以上にわたる研究成果とノウハウが凝縮した信頼の3ステップエイジングケアで、年齢を一切感じさせない美しい肌へ。ぜひこの機会にお試しください!

 

今更聞けないアンチエイジングの意味とは?何を食べるのが効果的?

紫外線に気を付ける

紫外線は敵です。特に40代を過ぎたら、気をつけないと、シミの原因になってしまいます。日焼け止め等を顔やボディーにうまく使いましょう。ありがちなのは、うっかり日焼け止めの塗り忘れということです。紫外線を浴びる機会が多い40代ですから、常に日焼け止めを携帯したいものでしょう。

紫外線の波長について。気を付けるべきはUV-A?UV-B?UV-C?

シミのケアを行う


シミのケアのためには美白化粧品が良いでしょう。各社、様々なものを売り出しています。上記に掲げたアルブチン等の成分が含まれている物を選ぶと良いです。このような美白化粧品は、即効性はありませんが、レーザー治療等のリスクを考えると安全なものになりますし、シミ予防も出来ます。各社、それぞれの宣伝文句があり、種類も豊富です。そのような美白化粧品を試してみて、良さそうだったら買うという様にしても良いでしょう。

美白化粧水のおすすめ10選|美白のニーズを考えて選ぼう♪

プラセンタ入り化粧水を使う

プラセンタ入りの化粧水も良いでしょう。哺乳類の胎盤から抽出された成分がプラセンタです。アミノ酸、ミネラル、ビタミンといった栄養素を含んでいるというのも特徴。この栄養豊富なプラセンタが入っている化粧水は各社様々のものがありますので、よくご覧になって自分に合うものをお選び下さい。おためしセット等を購入して、使ってみるのも良いでしょう。試さないとわからないものです。

敏感肌のスキンケアのやり方

クレンジングをしっかりする

クレンジングは念入りにしっかりとしましょう。化粧の成分は少しでも残っていると肌のトラブルになりやすいものです。特に敏感肌の人は、念入りにしましょう。クレンジング剤は、自分に合うものを使いましょう。お試しセットなどがあれば、まずはそちらの方で試してみて、合うかどうか確かめてみてから、使うようにした方がトラブルなしで使えます。

肌に優しい洗顔料を使う

こちらも大事なことです。弱酸性の物が良いでしょう。肌に優しいです。泡洗顔料も敏感肌向きのものがありますから、インターネット等でその成分や口コミを見てみましょう。各社敏感肌用として、売られている物もあります。中にはやや高めだけれども、肌に合うということで、支持率の高いものもあるようです。

人気の洗顔石鹸7選♡効果別でご紹介

乾燥肌のスキンケアのやり方

クリームタイプのクレンジングを使う

クリームタイプのクレンジングは肌に優しいです。インターネット等で、検索して、成分を調べ、自分に合うものを探しましょう。また、クリームタイプは、乾燥肌に必要な油分を補ってくれますから、乾燥肌向きです。ジェルやオイルとなると、刺激が強いものになってしまうのです。これは乾燥肌には辛いです。

クレンジングクリームの使い方と注意点!選び方で効果は変わる

アルコール入り化粧水は避ける

アルコール入りの化粧水は刺激が強いので、避けた方が良いです。肌荒れしてしまう可能性大です。化粧水も肌に優しい低刺激のものを選びましょう。インターネットで調べ、お試しセットが安価で買える場合もありますから、購入して試してみましょう。また、ドラッグストアですと、お試しセットがもらえる場合もあります。是非とも活用しましょう。

まとめ

様々な基本のスキンケアは、いかがでしたか。年齢や肌の質別に、注意点も多々あります。肌トラブルを避けるために、注意しながら、慎重に化粧品を選びましょう。