スキンケア おすすめはコレ!種類で選ぶおすすめスキンケア製品

女性であれば、多くの人が美しい見た目を保つため日々のスキンケアに力を注いでいることでしょう。ですが、スキンケアにはさまざまな種類があります。自分に適したものを選ばなければ、理想とする効果には期待できないかもしれません。

ここでは、

  • スキンケアの目的
  • 基本のスキンケア
  • クレンジング♡おすすめのアイテム
  • 洗顔料でおすすめのスキンケア
  • 化粧水でおすすめのスキンケア
  • 洗顔料でおすすめのスキンケア
  • 保湿クリームでおすすめのスキンケア

などのスキンケアの基本についてまとめてみましたので、

ぜひご参考にしてくださいね。

スキンケアの目的


スキンケアは、その名の通り肌のケアをして健康的で美しい状態に保つための方法です。ですが、具体的にどのような目的でおこなっているかを知っている人は、あまり多くないかもしれません。まずは根本的な、スキンケアにおける目的をご紹介します。

肌の汚れを落とし清潔にする

これは、洗顔やクレンジングといった洗い流す作業が該当するでしょう。専用の洗顔料やクレンジング剤によって、汚れやメイクを落とします。この作業を疎かにすると、肌にはさまざまなトラブルが起こります。

たとえば汚れやメイクをしっかり落とし切れていない状態で就寝してしまうと、毛穴をふさいだ状態で朝まで過ごさなくてはなりません。すると、毛穴に皮脂がたまり炎症や起こったり、ニキビができやすくなったりします。また、雑菌やウイルスが繁殖しやすくなるというのもリスクに挙げられます。洗顔で化学的にしっかり洗浄できていれば、その点安心です。

肌を保湿しバリア機能を高める

健康的な肌を保つ上で欠かせないのが、十分な潤いです。肌の潤いは、見た目を美しくするための存在だけに留まりません。肌を健康的な状態にしておく上でも、欠かせないのです。特にポイントとなってくるのが、バリア機能です。毎日のスキンケアでしっかり保湿できていれば、このバリア機能を正常に保てます。

肌のテカリは、見栄えやメイク乗りを悪くする存在でしょう。そのため、皮脂を落とすタイプの洗顔料が多く売られています。ですが、だからといって落とし過ぎるのもおすすめできません。適度な皮脂は、空気中のホコリやウイルス、紫外線の刺激から肌を守るバリアとして機能するためです。これが足りない状態であれば、肌トラブルが起こりやすくなります。

そこで有効なのが、保湿ケアなのです。肌の内側で作られる皮脂でなく、外部から導入した潤いもまた、バリアの役割を果たすためです。また細胞に十分な水分を与え健康的な状態にしておくことで、適量の皮脂が作られやすくなるというメリットにもつながります。

紫外線から肌を守る

紫外線や空気の乾燥
前述でも触れていますが、紫外線は肌にとって刺激となる存在です。肌トラブルの原因になることはもちろん、日焼け対策の上でも無視できません。ですが、紫外線対策に適したスキンケアをおこなっていれば、日焼け防止が期待できます。

紫外線対策に有効なスキンケアの代表格は、UVケアアイテムを使った方法でしょう。いわゆる日焼け止めを肌に塗っておくことで、紫外線をカットしてくれます。またUVケアに特化したもの以外に、UVカット機能をプラスした保湿クリームやメイク下地を使っても効果的です。日本女性において、日焼け肌はあまり見栄えが良いとされていないため、多くの人は日焼けのない白い肌を目指していることでしょう。入念な紫外線対策をしておくことが、大切です。

基本のスキンケア


スキンケアアイテムは、主に以下の6種類が代表的です。ひとまずこれらを押さえておけば、一定の美肌を保つことに期待できるでしょう。それぞれの特徴を、ご紹介します。

クレンジング

クレンジングは、主にメイクを落とすためのスキンケアアイテムです。メイクは1日生活している中で落ちてしまわないよう、肌にしっかり定着しています。そのため、通常の洗顔だけでは落としきれないのです。専用のクレンジングアイテムを使って、しっかりメイクオフする必要があります。種類は、主にオイル・ローション・シート・クリームなどに分かれます。それぞれ刺激の強さが違うので、肌に合わせて選ぶと良いでしょう。

洗顔料

その名の通り、顔を洗うための洗浄剤です。洗顔料にもいくつか種類があり、乾燥肌用やオイリー肌用、敏感肌用などがあります。汚れをしっかり落とすため、強めの洗浄成分が含まれているので、やはりこちらも自分の肌に適したものを選ぶべきです。

化粧水


化粧水は、女性のスキンケアアイテムの中でも代表格といえる存在でしょう。美しい肌に欠かせない、潤いを導入する上で効果的な保湿アイテムとなります。種類としては、なめらかでしっとりとした肌作りに有効な柔軟性化粧水、毛穴を引き締める作用がある収れん性化粧水、またお出かけ時などにも使いやすい拭き取り化粧水などがあります。

乳液

乳液は、水分とオイルが混ざり合った状態のスキンケアアイテムです。適度な油分を含んでおり、かつオイルほどベトつかない使いやすいアイテムといえるでしょう。少ないべたつきでありながら、適度に水分の蒸発を防いで潤いをキープするため、保湿に役立ちます。化粧水のあとに使用して、化粧水で導入した潤いを保つというのが主な使い方です。

保湿クリーム

保湿クリームは、スキンケアアイテムの中でも粘度が高いクリーム状のスキンケアとなっています。特に保湿力が高いため、乾燥肌の傾向が強く見られる人や、乾燥した環境で過ごすことが多い人などにおすすめです。就寝前に使用して、一晩かけてしっかり潤いを導入するという使い方が効果的でしょう。そのため、ナイトクリームとも呼ばれています。

UVケアアイテム


上記までとは少し毛色が異なりますが、UVケアアイテムもまたスキンケアの一つでしょう。外出前に気になる部分に塗っておいて、太陽から受ける紫外線から肌を守ります。これによって、肌への刺激や日焼けを防ぐことにつなげられます。

クレンジング♡おすすめのアイテム


クレンジングは、スキンケアの中でも特に刺激の強いアイテムです。そのため、自分の肌に合っており、なおかつ良質のものを選ぶことが大切です。中でもおすすめのものを、ご紹介します。

ALL-J オールジェイ スムースリッチスキン クレンジングオイル


粘度の高い、厚みある感触が特徴のオイルクレンジングです。ウォータープルーフのメイクも、しっかり浮かせて落とします。洗い流したあとはエモリエント油剤が保湿の役割を果たすので、保湿を意識したい人にもおすすめ。

ビフェスタ うる落ち水クレンジング ローション ブライトアップ


オイルクレンジングは強力である一方、肌への刺激も強いのが実際のところです。その点こちらは、保湿性洗浄成分を配合しているため、肌への刺激が穏やかな水クレンジングでありながら、効果的なメイクオフが期待できます

オルナ オーガニック クレンジング フォーム


とにかくオーガニックにこだわった、肌のことが考えられたアイテム。パラベンフリー・鉱物油不使用・合成着色料不使用・アルコールフリー・合成香料不使用・紫外線吸収剤不使用・シリコンフリーと、無添加が徹底されています。

洗顔料でおすすめのスキンケア


基本的なスキンケアアイテムのひとつですが、妥協はいけません。汚れをしっかり落とせて、それでいて肌への刺激が少ないものを選ぶべきです。

フィス ホワイト 美白 クレンジングジェル & 洗顔 セット


その名の通り、美白肌を作る上で効果的な洗顔料です。厚生労働省にも認められた黒ずみ対策の効果で、白くきれいな肌を目指せます。なおかつヒアルロン酸により、しっとりもっちりとした肌感を演出します。

オルナ オーガニック 洗顔フォーム


クレンジングの項目でも紹介している、オルナの洗顔フォームです。同じくオーガニック仕様になっており、肌への刺激が穏やかです。23種の厳選された植物成分によって、ナチュラルに潤い肌を作り上げます。

バルクオム THE STARTER KIT(スターターキット) 洗顔&化粧水&乳液&ミニバブルネット


近年話題のバルクオムアイテムが7日分セットになったスターターキット。洗顔料・化粧水・乳液に加え、ミニ泡立てネットとスキンケアHOW TO BOOKが揃っています。お試し品としてはもちろん、旅行用などにも役立ちます。

化粧水でおすすめのスキンケア


潤い肌を維持したいのであれば、まず欠かせない化粧水選び。質の高い、自分の肌に合ったものを選んでください。たっぷり使うべき存在なので、コスパ面にも注目しましょう。

花梨化粧水630mlハッピーセット


天然の花梨の種子で作った、ナチュラル志向の化粧水です。美容液のようにしっとりとしており、潤いのあるぷるぷる肌を作る上で効果的です。花梨のみずみずしい香りも、気に入ること必至です。

ピジョン 薬用ローション アロエ 無添加 [医薬部外品]


アロエとももの葉を原料とした、植物エキスローションです。天然素材を使用しているため、人の肌に近い弱酸性性質となっており、刺激が穏やかです。肌への負担を抑えたい人に、おすすめです。

キュレル 美白化粧水 II しっとり


乾燥性敏感肌の人におすすめの化粧水です。美白化粧水の名の通り、メラニンの生成を抑える美白有効成分が含まれているため、シミやそばかすの対策に効果的です。ユーカリエキスによって、敏感肌もやさしく潤します。

洗顔料でおすすめのスキンケア


洗顔料はスキンケアの基本であるため、さまざまな種類が展開されています。そのため、中には特徴的なものも多く存在しています。以下は、中でも特殊なアイテムといえるでしょう。こだわり派の人に、おすすめです。

アズマ商事の 炭洗顔クリーム


分かりやすいパッケージからも窺える通り、炭を配合している点が特徴的な洗顔フォームです。炭には、汚れの吸着作用があります。これにより、毛穴奥の落としにくい皮脂汚れも力強くかき出します。

ロゼット 無添加石けん 洗顔フォーム


パームヤシを使用した、100%植物素材の洗顔アイテム。香料・鉱物油・防腐剤・着色料・表示指定成分無添加となっており、肌をやさしく洗い上げます。

生せっけん Pure Healthy Whip 肌に優しい 無添加 洗顔石鹸 毛穴 くすみ 黒ずみ ケア 敏感肌 乾燥肌 の人も使える


フェイシャルエステの専門家が開発した、その名も生せっけんです。少々高級感のある価格設定ですが、それだけの価値は大いに期待できるでしょう。2種類のセラミド、5種類の保湿成分が含まれており、潤い肌を作る上で効果的です。

保湿クリームでおすすめのスキンケア

ミストタイプのオススメ保湿アイテム5選
日々メイクをしていると、肌が傷みやすくなり、乾燥しがちとなってしまいます。乾燥状態を放っておくと、肌トラブルやメイク乗り悪化の原因となるでしょう。保湿クリームで、しっかりケアをおこなってください。

【指定医薬部外品】ユースキンA (手荒れ かかと荒れ 保湿クリーム)


指定医薬部外品の、保湿効果の高いクリームです。ひびやあかぎれといった病気症状にも有効であるため、スキンケアにも高い効果を発揮するでしょう。有効成分のビタミンE、グリチルレチン酸が、強力に作用します。

日野製薬 【百草物語ハーブクリーム】天然植物保湿成分配合 (全身スキンクリーム


保湿効果の期待できる天然植物成分をメインとした、ナチュラルなクリームです。主には、オウバクエキス、シソエキス、アロエエキスが配合されています。就寝前に塗ることで、保湿成分をしっかり浸透させられます。

セタフィル モイスチャライジング クリーム


カナダ原産の、濃密な保湿クリーム。こっくりとしたテクスチャーであるにもかかわらず、べたつきが少なく使用しやすいです。角質層にしっかり浸透して、肌本来の保湿力と水分保持力をサポートします。

まとめ

女性にとって欠かせないスキンケアですが、毎日しっかりおこなうとなると、決して簡単でもありません。強い紫外線や空調、ストレスにより、肌は日々刺激に晒されているためです。ですが、今回紹介したおすすめアイテムを使えば、効果的なケアをおこなうことができます。