美肌を目指す人必見!美肌になるためのスキンケアの秘訣とは?

肌が綺麗でいれば、お化粧も映えますし、毎日の服選びも楽しくなるものです。そんな美肌に憧れる皆様にお送りします。美肌とはどのようなことか、スキンケアの秘訣やNGな事、美肌になるための栄養、食品についても役立つ情報をお届けしましょう。ご参考になさってください。

美肌の基準

キメが整っている

これは、美肌と言えば、思い浮かぶのは、この言葉です。肌のキメが整っていることですが、どういう意味でしょうか。よく化粧品売り場などで、肌チェックをする際は、必ずある基準が、このキメの細かさです。つまり、キメが整っているということは、美肌の第一条件なのでしょう。

キメの整った肌は、凹凸がなく、毛穴が目立たないような状態。また、ふっくらとして、触りたくなるような肌をいいます。皮をむいたゆでたまごのような肌というとわかりやすいかもしれません。女性の憧れといってもいいでしょう。

肌のキメを整える方法はこれ!キメが粗くなる原因も解説

潤っている


美肌といえば、潤いです。美肌はつねに水分をキープしていますので、水分の量も適量に調整されています。水分不足ですと、乾燥してしまい、小じわの原因にもなるのです。小じわがあると、実年齢より上に見えて、老け顔になってしまいますから、水分は、美肌にとって大事。潤いキープのための基礎化粧品が多くでているのも、そのためです。常に、保湿に気を付けてスキンケアしたいもの。

肌に張りがある

肌に張りがあるというのも、大事な美肌の基準の中の一つです。肌に張りがないと、たるんでしまいます。良く言われる「ブルドック顔」が肌のたるんだ顔のこと。ブルドックの顔を思い浮かべてみると、わかりやすいでしょう。

やはり、こういった顔は老け顔の一つになってしまいますから、アンチエイジングが気になる女性にとっては避けたいもの。肌に張りを保てるように普段のお手入れをしっかりしましょう。それには、乾燥を避けなければいけません。

肌のハリが無くなる原因とは?ハリをキープする方法や食材を紹介

美肌スキンケアの秘訣

ストレスをためない

ストレスは、何事にも良くないのですが、美肌のためにも良くないのです。ストレスが原因で、便秘になり、大人のニキビができてしまいます。この大人のニキビ、なかなかやっかいなもので、思春期のニキビと違って、治りが遅いですし、ストレスがあると、繰り返し出来るので、困ってしまいます。ですから、ストレスはためないで、発散しましょう。

普段の生活を見直して、取り除けるようなストレスは取り除きましょう。

【ストレスに強い人の考え方】8つの特徴

血液の流れをよくする

血液の流れを良くするのも大事なことです。血流が悪いと、肌荒れしてしまいますし、顔色も良くないでしょう。そのような顔色になってしまうと、化粧がのらないでしょうし、映えないものです。

それに、顔色が悪いと、化粧の他に、洋服選びも困ります。顔色が悪いために、服の色と顔の色が合わなくなるのです。血液の流れを良くするためには、食べ物を工夫するという事も大事。貧血等の病気が隠れている場合もありますから、心当りのある人は医師に相談して治すということも、血液の流れを良くするためには必要なことです。

睡眠をしっかり取る

睡眠不足は、どんなことにも良くないです。もちろん、美肌にも良くないでしょう。肌荒れの原因になってしまいます。それに、睡眠不足ですと、体の疲れが取れないので、体調が悪くなることがあるでしょう。

そうしますと、肌に栄養が行き届かないのです。こういった悪循環を避けるために、早く寝るようにしましょう。仕事を早めに切り上げる、家事のやり方を工夫する等、人それぞれの生活を見直してみましょう。

美肌にはNGなコト

クレンジングをしすぎる

過度なクレンジングは、かえって肌を傷めます。特にごしごしと力を入れて落とす等、肌に負担をかけて、潤いをなくしてしまうのです。そうなると、美肌は遠いものとなってしまうでしょう。そうならないためには、クレンジングは優しくマッサージするように気を付けたいものです。

肌のために化粧をしっかり落とそうとしてやりすぎてしまうという人は多いです。そんなに力をいれなくても、化粧は落ちますから、過度なクレンジングに気を付けましょう。

適度な潤いは残し、余分な皮脂はしっかり落とす!温感&美容液ジェルでのクレンジングがモチモチ美肌へ導きます!

HALENAハレナ ホットクレンジングジェル

添加物一切不使用!赤ちゃんにも使えるほど優しい国産オーガニッククレンジング「HALENA」。温感&美容液ジェルがごわついた毛穴をじんわりと広げ、毛穴に詰まった黒ずみや汚れをしっかり絡め取ってくれます。また、メイクの汚れもこれ1本。しっかりとメイクを落とし、1本につき99%も配合された美容液成分が、潤いに満ちた透明なお肌へと導きます!

とろけるような質感のジェルで摩擦を抑えて優しく洗顔、上品に香るオーガニックアロマが1日の疲れを癒やしてくれることでしょう。ぜひこの機会にお試しください!

 

敏感肌はクレンジング選びが重要!おすすめクレンジング3選

日焼け止めだけで紫外線をカットする


日焼け止めだけでの紫外線カットはよくありません。このようなカットの仕方では、美肌とはほど遠いものになってしまうでしょう。日焼け止めの上には、粉白粉かファンデーションを塗らないと完璧な日焼け止めにはならないからです。ガードが甘いという事でしょう。また、日焼け止めも、ものによっては刺激が強く、肌に負担をかける成分のものがありますから、肌が弱い人は、ノンケミカル処方やオーガニック処方のものを選ぶと良いでしょう。

過剰なスキンケア

何事もやりすぎるというのは、良くありません。スキンケアもそうです。美容液やらローションやらを沢山つけて、あらゆる種類のパックを試してなどとやっていると、かえって、肌にダメージを与えてしまうかもしれません。といいますのも、化粧品は合うものもあれば、合わないものもあるのです。

過剰なスキンケアをして、肌に合わないような化粧品を使ってしまうかもしれません。そのようなことになったら、大変なこと。美肌以前の問題です。成分等をよく確認し、過剰なことはしないようにしましょう。

スキンケアはシンプルな4ステップ!薬学博士が研究開発した圧倒的信頼の保湿ケアならfeelyイチオシのこれ!

ビーグレン 保湿トライアルキット

乾燥しているお肌はセラミド不足であることがほとんど。そのセラミドをしっかりと閉じ込め、潤いを保ってくれる「保湿型ビタミンC誘導体」をたっぷり配合したローションと、高濃度のピュアビタミンC を配合した美容液で、水分たっぷりモチモチ肌に導いてくれます!それだけではなく、独自の浸透技術である「QuSome」で肌トラブルの元までしっかり浸透させ、悩みにアプローチ。feely編集部イチオシの商品です!

 

美肌になるための栄養・食品

ビタミンC

ビタミンCはコラーゲン合成に必要不可欠な存在です。つまり、コラーゲンを摂る際にビタミンCを一緒に摂った方がより良い効果を得られるという事になります。それだけ、ビタミンCは美肌に有効ということです。ビタミンC自体の効力も、様々なものがあります。

まずは、アンチエイジング効果。肌荒れを防ぎ、抗酸作用で細胞の老化をも防ぎます。次に、免疫力アップ効果です。よく風邪を引いたらビタミンCを摂りなさいと言われるように、体の免疫力を高めます。実は、それと共に肌の免疫力も高めてくれますから、強い肌をつくる手助けになるのです。

そして、抗ストレス効果。何と、抗ストレスホルモンをつくる手助けをしてくれます。ビタミンC不足だと、ストレスを感じやすくなるようです。

このように、様々な効果のあるビタミンCは、キウイ、グレープフルーツ、キャベツ。ブロッコリー等に多く含まれています。サプリメントで摂る場合も、このような食物を食べながら摂ると、より良い効果が得られようです。

但し、熱に弱いので、調理の際、注意しましょう。果物は、たいてい生で食べますが、野菜だと加熱調理してしまいます。キャベツはサラダにしたほうが良いでしょう。ブロッコリーの場合は生では固くて食べられませんから、電子レンジで調理した方がビタミンCを多く失わないで済みます。このような工夫も必要です。

ニキビケアにはビタミンC!有効なビタミン剤、効果的な摂取方法とは

ビタミンA


ビタミンAの主要成分はレチノールです。レチノールの主な役目は、目や皮膚の健康を保つという事があります。その他に免疫力を高め、健康な体作りに貢献、発ガン物質を軽減するとも言われているほどに、優秀な栄養素です。不足すると、肌荒れ等を起こしますが、過剰に摂取し過ぎても良くないので、適量摂ることが大事です。

サプリメント等を摂っているという人は注意しましょう。通常の食事で摂るくらいでしたら、過剰摂取にはなりませんので、大丈夫です。

ビタミンAを含む食品は、レチノールを多く含む物として、鶏や豚のレバー、ウナギ、乳製品である牛乳、バター、チーズ、卵等です。また、ビタミンAに含まれるβカロテンを含む食品は、にんじん、カボチャといった緑黄色野菜。いずれも、普段の食卓によく並ぶ食品です。簡単に調理できるものばかりなので、積極的に摂りましょう。

発酵食品


発酵食品の効能は最近、メディアでも良く取り上げられています。発酵食品には、生きた菌が沢山含まれ、体に良い働きをしてくれますので、もちろん美肌効果もばっちりなのです。

どんな効果をもたらすかといいますと、まずは、「乳酸菌」ですが、腸内環境を整え、悪玉菌を排除します。結果、免疫力を高めてくれますので、便秘、肌荒れを防ぐだけでなく、病気になりにくい体をつくる手助けをしてくれるのです。

次に、「麹菌」」ですが、必須アミノ酸、 ビタミンB1を多く含みますので、血行が良くなり、代謝を上げます。美肌効果の他、ダイエットにも効果ありということ。そして、「酢酸菌」ですが、クエン酸が豊富にふくまれていますので、血液サラサラ効果あり、食欲増進で健康効果アップ、その上、腸内環境を整えますから、便秘解消になり、美肌効果も上がるでしょう。

それから、「酵母菌」ですが、腸内で善玉菌に変身し、悪玉菌と戦って、腸内環境を整え、糖分やアルコールをガスに分解。その結果、美肌効果はもちろん、ダイエット効果にもなります。「納豆菌」も善玉菌と共に腸内環境を整えるという役割を担ってくれるのです。

このような発酵食品は、ヨーグルトー、チーズ、漬物、キムチ、梅干し、味噌、納豆、甘酒といった昔から食べられているようなものばかりです。お宅の食卓にもよく並ぶものではないでしょうか。美肌効果だけでなく、健康のためにも毎日、食べたいものです。

様々な調理法も最近はよく紹介されていますから、インターネット検索をして、工夫してみてもいいでしょう。家族の健康にも一役買ってくれそうです。

まとめ


美肌のためには、毎日のスキンケアはもちろん、食事にも気を配った方が良いもの。基本は普段の生活でしょう。この記事を読んで、無断の生活の見直しも考えてみてください。また、食事に関しては、ご自身だけでなく、家族の健康にも関わる大事なことですから、工夫してみるといいでしょう。家族そろって、美肌で健康になれれば、言うことなしですね。