スキンケア

正しいスキンケアの順番を覚えよう!朝・夜で何使う?

意外に間違いがちなのが、正しいスキンケアの順番です。朝のスキンケア、夜のスキンケアでも違いがあります。

そこでこの記事では、次の内容について紹介しましょう。

  • 朝と夜のスキンケアの順番
  • 肌質によってスキンケアを使い分けるための知識

正しくスキンケアをして美肌になりたい人は、ぜひ参考にしてください!

朝におすすめのスキンケアの順番

朝のスキンケアのポイントは「寝ている間に付いた汚れや皮脂を落とすこと」と「日中の刺激から肌を守る」ことです。そのための順番を見ていきましょう。

1.洗顔

洗顔

朝、最初に行うスキンケアは洗顔です。洗顔は朝も夜もスキンケアのために一番大切なもの。肌タイプによって洗顔法が変わるので、タイプ別に紹介しましょう。

乾燥肌:洗顔料を使わない

乾燥肌の人は、朝の洗顔では洗顔料を使わないのがおすすめです。乾燥肌の人は皮脂が少ないので、洗顔料で洗顔すると必要な皮脂まで落としてしまう可能性があるからです。寝ている間はそれほど肌に汚れは付きません。朝は水またはぬるまで洗うだけでも十分に汚れを落とすことができるのです。

脂性肌・混合肌:固形石鹸がおすすめ

脂性肌、混合肌の人は余分な皮脂が多く分泌されるので、洗顔料でしっかり洗い流した方がいいでしょう。その時使う洗顔料は、洗浄力の強い液体の洗顔料よりも固形石鹸の方がおすすめです。皮脂を過剰に洗い流さないで済むからです。

2-1.シートマスクをつける

シートマスクをつける

洗顔で汚れを落とした後、朝専用のシートマスクを顔全体に広げます。額から鼻、頬、あごと順番に伸ばしながらハンドプレスするようにつけていきます。

朝なので、すっきりと顔が引き締まってしっかり潤いを与えてくれるシートマスクを選ぶと良いでしょう。

2-2.シートマスクの上からさらに化粧水をかけ、保湿力を強化

シートマスクの上から化粧水をかける

マスクをつけた後時間をおくので、乾燥を防ぐためにシートマスクの上から化粧水をかけます。こうすることでさらに保湿力を強化することができます。

2-3.シリコンフェイスマスクをかぶる

シリコンフェイスマスクをかぶる

しっかりと保湿したら、シートマスクの上からシリコンフェイスマスクをつけます。これをつけることで、水分が蒸発せず肌の内側にしっかりと閉じ込めてくれる役割をしてくれて、さらに保湿力を高めてくれるでしょう。

2-4.5〜10分後、シートマスクを外す

シートマスクを外す

シリコンフェイスマスクをつけた後、5~10分程時間をおきます。この間に髪を巻くなどして時間を使うのも良いでしょう。

しっかりと保湿されたら、シリコンフェイスマスクとシートマスクを外します。

2-5.外したシートマスクを折りたたみ、顔や首回りをパッティングする

シートマスクを折りたたんでパッティング

化粧水がまだ残っているので、シートを外したら折りたたんで使います。顔や首回りをパッティングしたり、気になる部分を拭き取ったりしましょう。

2-6.清潔な手でしっかり顔を包み、保湿する

手で顔を包み込んで保湿

しっかりと保湿できたら、手で顔全体を包み込むようにします。手の温かさで浸透させてさらに保湿していきます。この時、手は石鹸などで洗い清潔な状態で行いましょう。

3.美容液を顔全体に塗る

美容液を顔に塗る

保湿が十分にできてもちもちしてきたら、顔全体に美容液を塗ります。美容液を塗ることで、薄いベールをかけて水分を肌の内側に閉じ込める役割をしてくれます。気になる目の下やほうれい線などを中心にしっかりとなじませましょう。

4.乳液やクリームを顔全体に塗る

乳液を顔に塗る

美容液をなじませたら、その上に乳液やクリームを顔全体にのせていきます。頬や鼻、額、あごにぽつぽつとのせてから、顔全体に伸ばしていきましょう。

乳液には、化粧水で補った水分が失われないようにする役割があります。蓋をして保湿成分を閉じ込めるという感じです。注意点としては、化粧水の後すぐにはつけないことです。水分と混ざり合い、うまく役割を果たせない場合があります。化粧水のあと1~2分おいてから顔全体につけましょう。

また、Tゾーンなど皮脂の多い部分にはつけ過ぎないようにしてください。洗顔で失われた皮脂を補うのも乳液の役目になるので、目元、口元など乾燥しやすい部分を中心的につけるようにしましょう。

肌が乾燥しやすい人は、仕上げにクリームをつけましょう。特に小ジワが気になる人はしっかクリームでケアしてください。クリームをつけることでシワの原因になる乾燥を防ぎ、化粧のノリも良くなります。乾燥対策にはセラミドなどの保湿成分が含まれたものを選びましょう。

保湿クリームの使い方やメリットとは?年齢別のおすすめ10選

プロのワンポイントアドバイス

ヘアメイクアップアーティスト・megさん
「寝起きは肌もしっかり目覚めていない場合も多いもの。肌も気分もシャキッとさせるために、乳液やクリームを塗る段階で耳のマッサージも取り入れてみましょう。

耳のマッサージはとても簡単。耳を軽く引っ張ったり、そのまま回したりするだけでOK!このワンステップを取り入れるだけで顔色もパッと華やぎます。」

今回使用したアイテムはこちら

BCL サボリーノ 朝用マスク

洗顔、スキンケア、保湿下地までできる朝用のオールインワンマスクです。朝起きたら何もせずにそのまま使えるので便利。保湿成分はもちろんのこと、朝用だけにメントールが配合されていて寝起きを助けてくれてお肌もスッキリします。

ダイソー 潤マスク3D

フェイスマスクの上につけることで、水分や美容成分が蒸発するのを防いでくれる優れもの。ラップ効果で浸透力を高めてくれる効果も期待できます。100円で購入できるのに洗うと何度でも使えるのでコスパは最強。

pdc ピュア ナチュラル クリームエッセンス モイスト

コラーゲンやヒアルロン酸、ローヤルゼリーエキスといううるおい成分が配合されたクリームで、肌にうるおいを閉じ込めてくれます。美容液とクリームが1つになっているのも嬉しいポイント。乾燥対策にぴったりな商品です。

コーセー HC薬用ホワイト ミルキィローション

持続型ビタミンCと3つの分子量のヒアルロン酸が配合された乳液です。肌のうるおいをキープしてくれる上に日焼けによるシミそばかすを防いでくれるので、朝のケアには嬉しい商品です。

5.UVケア

紫外線や空気の乾燥

そのまま外出するときは、UVケアも忘れないようにしてください。UVケアの製品には、次のような紫外線をカットする成分が含まれています。

  • 紫外線吸収剤
  • 紫外線散乱剤

紫外線吸収剤は肌の上で紫外線を吸収して、別のものに変える成分です。こちらは化学的な成分なので、肌が弱い人はノンケミカルの紫外線散乱剤の方がおすすめです

UVケアの商品にはPA(紫外線A波をカット)とSPF(紫外線B波をカット)の表示があります。紫外線対策にはどちらの表示もある方がいいでしょう。最高値はPAが「++++」、SPFが50になるので、どのくらい紫外線を浴びるかによって、適切な数値を選びましょう。

夜におすすめのスキンケアの順番

夜のスキンケアのポイントは「日中に付着した汚れ、メイクを落とすこと」と「日中に受けたダメージのケアをする」ことです。そのための順番を見ていきましょう。

1.クレンジング

しっかり落とせる♡おすすめミルククレンジング

夜のスキンケアの最初は、クレンジングでメイクをしっかり落とすことです。クレンジングはメイクの濃さによって使い分けましょう。しっかりアイメイクをする人はオイルタイプがおすすめです。

ただしオイルタイプは洗浄力が強く皮脂を取り過ぎることにもなるので、乾燥肌や敏感肌の人にはあまりおすすめできません。メイクは薄めにして、リキッドタイプやミルクタイプを使うのがいいでしょう

クレンジングと洗顔で美肌は作れる!クレンジング洗顔を紹介

2.洗顔

クレンジングでしっかりメイクを落としたあとは、洗顔でその日の汚れを落としましょう。スキンケアの基本は洗顔です。汚れはしっかり落として余分な皮脂は取り過ぎないことが大切。正しい洗顔方法の手順を紹介しましょう。

  1. 熱過ぎない、35度程度のぬるま湯を使うこと
  2. まずぬるま湯で予洗いする
  3. 石鹸をよく泡だて、卵大程度の泡を作る
  4. 泡の表面で優しくマッサージするように顔を洗う
  5. ぬるま湯でよくすすぐ
  6. タオルで顔を押さえるように水分をとる(ゴシゴシ拭かないこと)

泡で洗う時は時間をかけず、手早くすることがポイントです。すすぎは十分にすることが大切で、すすぎ残しが起きやすいフェイスラインも念入りに行いましょう。

3.シートマスクをし、10分ほど放置する

シートマスクをつけ放置する

入浴後や洗顔後すぐにシートマスクをつけます。空気を外側に抜くようにしてしっかりと密着させます。

シートマスクをつけたら10分程放置しましょう。

4-1.シートマスクを外し美容オイルを顔に塗り、顔全体に広げる

オイルを手にとりなじませる

10分経ったらシートマスクを外します。次に、美容オイルを顔に塗り全体に広げていきます。

美容オイルは、夜のスキンケアだけではなくメイク前に使用するとツヤ肌が作りやすくなるのでおすすめです。

また、乾燥、シワ、シミなど気になるところがある場合、それに効果的な成分が配合されたものを選びましょう。悩み別に、次のような成分がおすすめです。

  • 乾燥肌:セラミド、ヒアルロン酸
  • シワ、たるみ:コラーゲン、プラセンタ
  • シミ:ビタミンC誘導体、アルブチン

4-2.軽くリンパマッサージをしながら、肌になじませる

リンパマッサージをする

美容オイルを顔全体に広げたら、リンパマッサージをするようにして顔全体になじませていきます。

5.クリームを顔全体に広げ、潤いにフタをする

乳液をなじませる

マッサージが終わったら、クリームを手にとり顔全体に広げます。頬や額、鼻、あごなど数か所にのせてから広げていきます。

水分が逃げないよう潤いにフタをするようにたっぷりめに塗っていきます。

クリームは洗顔で失われた皮脂を補い、肌を保護する役割があります。

夜は寝ている間に肌の乾燥を招く可能性があります。特に肌が乾燥しやすい人は、しっかり保湿成分が配合された乳液やクリームを選ぶようにするといいでしょう。

6.リップクリームを気持ち多めに塗り、唇もしっかり保湿する

リップを塗る

最後にリップクリームを多めに塗ります。唇から少しはみ出るくらいにたっぷりと塗って保湿しましょう。

プロのワンポイントアドバイス

ヘアメイクアップアーティスト・megさん
「多忙な女性はスキンケアをがんばっても十分に潤いを感じられないことも少なくないかもしれません。
そんな時は、パックや化粧水をする前に美容オイルのフェイスマッサージを取り入れてみましょう。こわばった肌がほぐれ、潤いの浸透のしやすさがUPします。スキンケアの最初と最後を美容オイルで行う”サンドイッチスキンケア”は、乾燥やエイジングサインが気になる方におすすめの裏技です。香りのいいオイルをチョイスすれば、リラックス効果も期待できます。」

今回使用したアイテムはこちら

エリーゼント フェイスマスク ルルルン5

環状型アミノ酸とグルコオリゴ糖という美肌に導いてくれる美容成分が配合されています。うるおい成分がたっぷりで、毎日使うと肌のバリア機能を整えてくれる効果が期待できます。毎日のスキンケアで化粧水の代わりに使ってモチモチのお肌を目指しましょう。

クナイプビオ オイル(フェイス&ボディ用 オーガニック保湿ケアオイル)

顔はもちろん、全身に使えるオイルです。肌が乾燥しないようにうるおいを与えてくれます。100%天然成分でできているところが安心できておすすめ。

pdc ピュア ナチュラル クリームエッセンス モイスト

朝のスキンケアでもご紹介した商品。コラーゲンやヒアルロン酸、ローヤルゼリーエキスといううるおい成分が配合されたクリームで、肌にうるおいを閉じ込めてくれます。美容液とクリームが1つになっているのも嬉しいポイント。乾燥対策にぴったりな商品です。

メンソレータム 薬用リップスティック

唇の乾燥を防いで荒れやひび割れも予防してくれるリップクリームです。唇を保護してくれるだけではなく、うるおいを与えてキメを整えてくれる効果が期待できます。寝る前のケアにはぴったりの商品。

肌質によって変えたいスキンケアのポイント

朝と夜での基本的なスキンケアの方法をご紹介しましたが、実は肌質によって方法を変えた方が良いことは知っていますか。

肌質は大きく分けると「普通肌」「乾燥肌」「脂性肌」「混合肌」の4種類とされています。この肌質は季節によって変わることもありますので、それぞれのスキンケアのポイントを見ていきましょう。

普通肌

普通肌の方は、水分量が多く皮脂量は少なめでうるおいが十分にあるトラブルの少ない肌です。肌状態は安定していて、4種類の中ではもっとも理想的といえます。

油断せずにエイジングケアを意識する

気になる肌悩みがないからといって油断せず、基本的なスキンケアは必ず行いましょう。さらにエイジングケアを意識して、パックなどのスペシャルケアを取り入れるのもおすすめです。

いつものスキンケアにふき取り化粧水をプラスすることでより健やかな肌に

ふき取り化粧水

いつものスキンケアの継続はもちろんですが、より健やかな肌を目指すためにはふき取り化粧水をプラスするのがおすすめです。ふき取り化粧水を使うことで毛穴汚れや古い角質を取り除いてくれて、肌のターンオーバーを整えてくれたりその後に使う化粧水の浸透を良くしてくれる効果が期待できます。

丁寧なスキンケアを心がけることでより美しい肌に

肌の水分量と皮脂量のバランスがとれている普通肌は、とても理想的な肌です。スキンケアを丁寧に行うことでより美しい肌を手に入れられるでしょう。水分をしっかり保持するためにクリームを使うのもおすすめです

乾燥肌

乾燥肌は、水分と皮脂の両方が不足している状態です。肌のバリア機能が低下しているので、そのままでは肌トラブルを起こしやすくなるでしょう。

化粧水は惜しみなく使えるものをチョイス

とにかく潤い不足を感じる乾燥肌。目元や口回りなどの特に乾燥が気になる部分には重ねづけしたいので、化粧水は惜しみなくパシャパシャと使えるコスパの良いものをチョイスするのがおすすめです。

低刺激タイプのアイテムでいたわりながら潤いをチャージ

乾燥肌は、水分と皮脂の両方が不足している状態です。肌のバリア機能が低下しているので、肌トラブルを起こしやすいかもしれません。スキンケアのアイテムは低刺激のタイプを使用し、肌をいたわりながらたっぷりと潤いを与えてあげましょう。

パックを活用するのがおすすめ

パック スキンケア

乾燥肌の方は、スキンケアアイテムにセラミドやヒアルロン酸など高い保湿効果が期待できる成分が高濃度に含まれているものを選ぶと良いでしょう。さらにスペシャルケアとしてパックを活用し、積極的に保湿することがおすすめです。

脂性肌

脂性肌は肌の表面がベタつくため水分量は多いと思いがちですが、肌の内部は乾燥しているインナードライのケースが多くあります

ひきしめ効果のある化粧水の使用がGOOD

脂性肌の方は、皮脂が過剰に分泌してベタつきやすい状態といわれています。毛穴が開きやすく黒ずみが気になったりニキビができやすい状態でもあるので、化粧水はひきしめ効果のあるものを使用するのがおすすめです。

オイリーだからといって保湿をしないのはNG

脂性肌の場合、ベタつくことを気にしてあまり保湿をしない方もいるのではないでしょうか。皮脂が過剰に分泌する原因として、肌が乾燥していることも考えられます。

オイリー肌でも基本的なスキンケアとしての保湿はきちんと行い、潤いを与えて肌を整えることを意識しましょう。化粧水のあとは乳液か油分少なめのクリームのどちらか一方だけを使うのがおすすめです。

パウダータイプのスキンケアアイテムを取り入れる

パウダーアイテム

脂性肌は、日中の汗や皮脂の過剰分泌でメイクがくずれやすい状態です。汗や皮脂くずれを防ぐには、パウダータイプのスキンケアアイテムを取り入れるのがおすすめ。パウダーは、皮脂を吸着してサラサラの肌を保つ効果が期待できます。ファンデーションの前に使用するのが良いでしょう。

混合肌

混合肌は顔の部分によって肌の状態が異なります

部位ごとにアイテムを使い分けるのもおすすめ

混合肌は乾燥している場所、テカっている場所の両方が混在していますが、その一部だけを見て自分が乾燥肌や脂性肌だと思い片寄ったスキンケアをする人が多いのが特徴。部分ごとに状態を見極めて、適したアイテムを使い分けるのもおすすめです。

スキンケアだけでなくクレンジングや洗顔も丁寧に

洗顔 丁寧

混合肌の場合、脂性肌の要素も乾燥肌の要素も持っているといえます。そのため、間違ったクレンジングや洗顔を行うことでそのどちらにも傾いてしまう可能性が考えられます。スキンケアはもちろんのこと、クレンジングや洗顔をする時も肌の摩擦を避けて丁寧に行いましょう。

体内からのケアも大切

混合肌になるのは、スキンケアだけではなく食習慣や生活習慣も要因の一つと考えられています。混合肌を防ぐためには丁寧なスキンケアも重要ですが、良い睡眠をとる、バランスの良い食事になるように心がけるなど、体内からケアすることも大切です。

ニキビ肌スキンケアのポイント

化粧品

ニキビ肌の場合、通常とは違うスキンケアをする必要があります、そのポイントを紹介しましょう。

オイル不使用製品を選ぶ

ニキビができる原因のひとつが、皮脂の分泌が多いことです。余分な皮脂が毛穴に詰まり、それが炎症を起こすことでニキビになります。そのため、脂性肌が原因でニキビができている人は、オイルフリーのスキンケアを選ぶのがいいでしょう

ただし、ニキビができていても乾燥肌の場合はオイルフリーを避けてください。油分によって水分を保持する必要があるので、オイルフリーでは乾燥を悪化させてしまう可能性があります。

固形石鹸で洗顔後、2分間、何もつけないで放置。

その後肌状態を見て、乾燥しているのであれば乾燥肌、ベタベタするのであれば脂性肌です。

ノンコメドジェニックの製品を選ぶ

ニキビのスキンケアには、ノンコメドジェニックの製品を選ぶようにしましょう。ノンコメドジェニックとはニキビができにくい成分で作られたもので、毛穴が詰まりにくいことがテストによって実証されています。ただし、あくまでも予防できるということで、ニキビを治すというものではありません。

ニキビ用スキンケアをライン使いすることでより効果を感じることもできる

ニキビ肌に悩む方がみんな脂性肌というわけではなく、乾燥やシミなど他のトラブルがあることも多いです。ニキビをケアしながら保湿の効果も期待できるニキビ用のスキンケアをすることがおすすめ。さらに早く効果を実感するには、そのスキンケアアイテムをライン使いすると良いでしょう。

まとめ

スキンケアの順番やスキンケア商品について、紹介しました。スキンケアは正しい順番で行うことが、美肌を維持するポイントです。肌の悩みに合わせたスキンケア製品を選ぶことも大切。ぜひ記事を参考にして、自分に合うスキンケアを行いましょう!

*本文中の「アンチエイジング」とは「年齢に応じた潤いのお手入れ」を意味します。若返り効果を意味するものではありません。
*本文中の「美白」とは「メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと」「メーキャップ効果により肌を白くみせること」もしくは「日やけによるしみ・そばかすを防ぐこと」を意味します。
*本文中の「シミ」や「小じわ」「毛穴」のケアに関する文言は、いずれも「シミやシワ、毛穴を目立たなくすること」を意味します。シミやシワの改善や治療効果を標ぼうするものではありません。
*記事内で特定商品の効果を紹介する場合、該当の記載は「すべての人に対して同じ効果があること」を保証するものではありません。
*記事内で特定商品がパッチテスト済みであることを紹介している場合、該当のテスト結果は「すべての人に対して、同じ効果があること」を保証するものではありません。