酔った勢いでキスしちゃった……男性の心理と脈ありなし診断

お酒の席で、酔った勢いでキスされたという経験はありませんか?また、自分もお酒が入っている状態だと、ついその場の雰囲気に流されて受け入れてしまいますよね。

ここでは

  • 男性が酔った勢いでキスする心理5選
  • 脈アリか脈なしか見極める方法
  • 酔った勢いでキスをしてきた男性への対応策4選
  • 飲み会でのキスを避けたいときは

と、男性が酔った勢いでキスする心理、脈ありかなしかを見極める方法などをお伝えします。男性の心理や、脈のありなしを判断し、今後の恋愛に役立ててくださいね。

男性が酔った勢いでキスする心理は?

お酒 友達
お酒が入った状態でキスされても、それがどういう意味なのか、どのようなつもりでしたのか分かりませんよね。人によってその時の心理状況はまちまちですが、ここでは酔った勢いでキスする男性の心理をまとめてみました。

とにかくキスが好き!キス魔の可能性

キスが好きな人だと、お酒の勢いでキスしてしまうことがあります。このようなタイプの方は、女性だけでなく男性にも酔ってキスすることがあります。

キスをするという行為自体が大好きなので、特別な意味はまずないと考えて良いでしょう。

さみしかったから

さみしいときキスしたいと思ったことはありませんか?酔った勢いでキスする男性も、さみしいという気持ちがあるのかもしれません。

さみしいときは誰かに触れていたいものですし、温もりを感じたくなります。そうした気持ちがキスという形に表れてしまうのでしょう。

酔っ払って気が大きくなった


アルコールが入ると気が大きくなります。普段は言えないようなことを平気で口にしますし、大胆な行動に出てしまうこともあります。

また、ふざけてキスしても許してもらえると思っている節もあるでしょう。このようなタイプだと、翌日酔いがさめたときに後悔することも少なくありません。

あなたがかわいかったから

かわいい女性とキスしたいと考えるのは、男性として普通のことです。お酒が入っていない状態ではキスする度胸もありませんが、お酒の勢いを借りてキスするということは考えられます。このようなケースだと、普段からあなたのことを可愛い人だと思っていた可能性もあるでしょう。

あなたのことが好きで酒の勢いを借りた

好意を持っていて、お酒の勢いを借りてキスするということもあります。好きな人とキスしたいものの、まだそんな関係でなければ当然キスはできません。

アルコールが入れば気が大きくなるので、その勢いを借りて行動に出たということです。抑えきれない好意が、酔った上でのキスになったということですね。

脈あり?脈なし?見極める方法


寄った勢いでのキスでも、脈があるときもあれば、まったくないときもあります。

キスされた側としては、それをどう判断していいのか分かりませんよね。そこで、ここでは脈ありかなしかを見極める方法をまとめてみました。

脈あり:きちんと謝罪をしてくれた

翌日、または後日きちんと謝罪をしてくれたのなら脈ありだと考えられます。悪いことをしてしまった、申し訳ないという気持ちがあるからこその謝罪です。

何とも思っていないのならわざわざ謝罪をすることはありません。相手も嫌われたくないと思っているからこそ、謝罪してきたのでしょう。

脈あり:翌日ちょっとぎこちない

酔っ払っていたはずなのに翌日ちょっと態度がぎこちない、ということもありますよね。これも脈ありだと考えられます。

明らかにあなたのことを意識していますし、常にドキドキしているかもしれません。ソワソワしたり、目が泳いでしまっていることもあります。

脈なし:キスしたことをまったく覚えていない


多少なりとも好意があれば、酔っ払っていても覚えているはずです。まったく覚えていないのは、恋愛対象として見ていない可能性が高いと言えるでしょう。

キスそのものが好きというキス魔だと、相手は誰でもいいので覚えていないことも多いです。これは脈なしと考えられます。

脈なし:普段から飲み会でキス魔になっている

これも脈はないと考えたほうがよいでしょう。キス魔はとにかくキスをするという行為自体に喜びを感じています。

そのためあなたにしたキスにしても、特別な意味は何もないと考えられます。翌日会ってもまったく態度に変化がないのなら、なおさら脈はないでしょう。

自分からはっきり聞いてみるのもあり

実際のところどうなのか、よく分からないというときは直接聞いてみましょう。「あのキスはどういう意味?」と聞いてみるのもアリです。

直接目の前にして聞くことに抵抗があるのなら、LINEやメールでもよいでしょう。脈ありなら誠実な返事をくれるはずです。

酔った勢いでキスをしてきた男性への対応策

酔った勢いでキスされても、自分がその人を好きならアプローチをする大きなチャンスになります。

ここでは酔った勢いでキスしてくる男性への対応策をまとめてみました。今後、お酒の席でキスされたときの参考にしてください。

さりげなく本心を聞いてみる


お酒が入っているときは、気持ちも正直になっていることが多いです。そのため、さりげなく本心を聞いてみると、意外にすんなりと本心を伝えてくれることもあります。

「キスするということは私のこと好きなの?」「私のことどう思ってるの?」といった感じで聞いてみてください。あくまでさりげなく聞くのがポイントです。

「付き合っちゃう?」とカマをかける

キスしてきた相手の人を好きなら、カマをかけてみるのもおススメです。もしかすると、相手もそれを待ち望んでいたかもしれません。

そのまま交際がスタートすることもあるので、軽い気持ちでカマをかけてみましょう。この時の相手の反応次第で、脈があるかないかもはっきり読み取れます。

LINEでキスのスタンプを送る

飲み会が終わったあとに、LINEでキスのスタンプを送ってみましょう。相手にキスしたことを意識させるためです。そこから話が進む可能性がありますし、もしかすると交際に発展するかもしれません。

あえて文章は送らず、スタンプだけを送ってみることです。あとは相手が勝手に解釈して、返信をくれるでしょう。

自分にその気がなければなかったことにしてしまう

相手はあなたのことが好きかもしれませんが、あなたにその気がない場合もありますよね。このようなときは、なかったことにしてしまいましょう

相手はぎこちない態度をとるかもしれませんが、それに対してあなたは普段通りの対応をすることです。「何かありました?」といわんばかりの態度で接してください

飲み会でのキスを避けたいときは

楽しいお酒の席ですが、酔った勢いでキスされるのがイヤという方もいるでしょう。アルコールが入るとどうしても気が大きくなり、大胆な行動に出る人も増えます。ここでは、飲み会でのキスを避けたいときの方法をお伝えします。

キス魔の近くを避けて座る

キス魔は特定の人を選んでキスしているわけではありません。その人が好きだからキスするのではなく、キスをするのが好きなのです。

そのため、近くに座っていると十中八九ターゲットになってしまうでしょう。なるべく離れたところに座ったほうが無難です。

冷静でいるために飲み過ぎない

アルコールの摂取量が増えてしまうと、冷静な判断もできなくなってしまいます。そのため、別に大して好きでもない人からのキスを受け入れてしまう可能性もあるでしょう。

これだと相手の方に気を持たせてしまうかもしれません。お酒のふりをしてお茶やお水を飲むなどしてください。

盛り上がった席から離れる

盛り上がっている席にいると、酔っぱらった人からのキスに巻き込まれる恐れがあります。

周りを見渡し、大人しく会話しながら飲んでいるグループのところに避難しましょう。一人になってしまうとターゲットになるので、ほかのグループに入り込むのが無難です。

はっきりイヤだと言う

キスしてほしい相手ならともかく、何とも思っていない人、むしろ嫌な人からのキスはまっぴらごめんですよね。

一度キスさせてしまうと、飲み会のたびにキスされてしまう恐れもあります。嫌ならはっきりとその意思を伝えることも大切です。

まとめ

酔っぱらった勢いでキスするのは、お酒の力で大胆になった、キス魔だった、実は好きだったなど、いろいろ考えられます。キスされたことが気になるなら、翌日の接し方や態度で脈のありなしを判断してみましょう。

お酒の席でのキスは交際に発展するチャンスでもありますが、嫌な人からのキスはここでお伝えした方法で回避してくださいね。