【本音】デートをドタキャンする女性の心理とは?よくある理由。

デートをドタキャンされることは、男性でも女性でもどちらでも不愉快な気分になるでしょう。初めてのデートでドタキャンされたときには、今後交際を続けていくことができないと判断する人も多いです。実際にデートでドタキャンする女性はどのような理由や考え方を持っているか紹介していきましょう。

デートをドタキャンする女性の本音って何?


女性がデートのドタキャンをするときに、どのような気持ちでこの行動をとるか男性にとってはわからないでしょう。女性がデートをドタキャンするときにどのような理由か考えてみましょう。この考えにより女性がデートをドタキャンする時の気持ちがわかることになるでしょう。

意味もなく気が進まない

彼氏と初めてのデートでは、今後交際していくことに不安を持つ人や心配する人がいます。最初のデートの時にこの不安が現実味を帯びてドタキャンする人もいるでしょう。このときには正直に話すことが今後の関係を続けていく場合でも大切なことです。

気分的にデートができない時に彼女がドタキャンすることがあります。ドタキャンする理由の中でも急に乗りきれなくなったことが理由としている彼女は多いです。モチベーションが下がってしまい楽しいデートができないときには、気分を変えるためにもそのデートを断る勇気が必要でしょう。楽しくないデートを続けることがとても苦痛になってしまいます。正直に伝えることも考えてのことを考えて必要なことです。

突然の用事

女性がデートのドタキャンをするときに、突然の用事ができたりしてどうしてもデートに来られないことがあります。頻繁にデートをドタキャンする女性でなければ深刻な用事ができたと理解してあげましょう。また、頻繁にデートのドタキャンを繰り返すと彼氏の信用を失ってしまいます。デートに来られないときには必ず理由を伝えることとその後の穴埋めを必ずしてあげましょう。

言葉での謝罪も大切ですが相手のことを考えている行動をとってあげるのも相手の気持ちに応えることになるでしょう。1番良くないのが、後日デートをした時にドタキャンをした事を謝罪しないことです。彼氏がドタキャンをした彼女のことについて責めない性格でも必ず謝罪をしておきましょう。

突然の仕事

彼女がキャリアウーマンでなくても突然の仕事でどうしてもデートに行けないことがあります。普段忙しい仕事でなくても突発的な仕事であればやむを得ないことでしょう。デートの当日お互いの待ち合わせで会った後すぐに電話のある場合でもドタキャンのことを責める事はやめましょう。女性も正直に話すことが大切です。

仕事の事であれば正直に話してすぐに出かけていきましょう。早めの対応でその日にデートを再開することもできるでしょう。再開したときには謝罪をしてあげることが彼氏にとっても安心できますね。お互い社会人であればやむを得ないことなので、彼氏が理解してもらえる人を選びましょう。反対に彼氏の仕事によるドタキャンでもあまり不機嫌にならないようにしましょう。自分が仕事でドタキャンするときに文句を言われてしまいます。仕事でデートができないときにはお互い様だと理解しておきましょう。

▼ 関連記事

デートがめんどくさいと思うのは異常?何が原因??

心身共に余裕がなくてドタキャン


大好きな彼氏や彼女とデートをするときには気分も高まっておりとても楽しい気持ちを持っています。しかし、心身ともに余裕のない状況では、デートを楽しめることが難しいでしょう。ストレスや仕事以外にも人間関係で悩んでいる人は多いでしょう。そのためいろんな原因で心身共に余裕のない人もいます。このような時にデートをしても気分がよくないなら思い切ってデートをキャンセルしましょう。

気分の悪い状態でデートを続ける事は、相手にとっても悪い印象を与えてしまいます。デートを楽しめない原因が彼氏いなければ正直に伝えることも今後の関係を続けていく中で必要なことでしょう。

疲れて寝て居たい

デート当日に疲れがとれず寝ていたいときにはドタキャンする人もいますね。体調が回復せず体の負担のあるときにはデートを止めるのも必要な選択です。体の疲労感が残っておりデートをするだけの気持ちは体力がなければドタキャンをすることもやむを得ないことでしょう。正直に体が疲れている事を伝えてみましょう。このデートの断りの理由で彼氏の器量の大きさを知ることができるでしょう。体が疲れているときのデートは、断ることも自分の体を大切にするため必要なことですね。

大きな心配事があってそれどころじゃない

カップルにとっては、ささいな心配事でも彼氏や彼女の個人では大きな心配事を抱えていることがあります。家族の事だったり仕事の事だったりその人により大きな心配事は異なります。しかし、普段の悩みと比べものにならないほど大きな心配事であれば、楽しいデートをすることもできないでしょう。この大きな心配事を解決できなければ気分を切り替えてデートをすることができないときには思い切ってドタキャンすることも1つの選択です。

相手には大きな心配事があることを伝えてデートを取りやめてみましょう。そして自分自身でもう一度考えてその心配事を解決する努力をしてみましょう。心配事が解決できなくてデートができないときには、仕事や他の交友関係も楽しく続けることができないです。早めに解決することがとても大切になるでしょう。

目覚めたら寝坊していた

デートのドタキャンで彼氏に多いのが寝坊の遅刻でドタキャンすることです。彼氏が一人暮らしをしていれば、朝起こしてあげる人もいないため寝坊を頻繁にするなら彼女からモーニングコールをしてあげましょう。日ごろの仕事の疲れでデートの当日起きることができない彼氏もいます。彼女からモーニングコールをしてあげて起こしてあげることも相手の気持ちを思うことになります。

寝坊してしまい遅刻するときでも必ず連絡をしてあげましょう。連絡をせずにドタキャンすることは、人間関係を疑われてしまうことになりその後の交際も続けることが難しくなってしまいます。

寝坊による遅刻をするときには必ず連絡をして謝罪しましょう。頻繁に寝坊をするときにはモーニングコールをしてもらうことやしてあげることを提案してみましょう。相手の気配りにより2人の関係を修復することができるでしょう。

好きな人の前ではいつも最高に綺麗でいたいから?


女性がデートに出かけるときにはヘアメイクやヘアスタイルも自分にとって最高の状態にしたいと思うでしょう。ヘアメイクやヘアスタイルが決まらないと外出できない女性は、デート当日でも遅刻やドタキャンをしてしまうでしょう。このようなドタキャンをしてしまう解決法や女性がしてしまうドタキャンについて紹介します。

天気が悪いからヘアメイクが崩れてしまう

デートの約束をしても当日強風や天候が悪化する事でヘアメイクが崩れてしまうことがあります。ヘアメイクに力を入れている彼女では、このような時にデートに出かけるのは嫌がるでしょう。彼氏は、このような天候のときには自宅でなど予定を変更してあげましょう。

デートのドタキャンになるよりは良い判断となるでしょう。女性もヘアメイクが決まらず出かけることができなくてデートをドタキャンするときには連絡をしてあげましょう。喧嘩に発展しまうことがありますが、出かける状態でないことを正直に話すことが大切です。放置したドタキャンよりもまだ救いようのあるドタキャンになるでしょう。

生理でむくみや肌荒れが!

女性特有の生理の影響によりむくみや肌荒れがあるときには女性の出かけるときに躊躇してしまいますね。女の子の日を彼氏に伝えることができるなら正直に伝えてデートを取りやめてもらいましょう。ドタキャンをしてデートをなくしてしまい信用を失うよりは正直に話すことが大切です。

交際歴の浅いときには女の子の日で手をドタキャンする連絡が難しいでしょう。そのため体の調子が悪いなど別の理由をつけてドタキャンすることになります。どちらの状態であっても体の調子が悪いことには変わらないので、必ず理由を伝えましょう。そしてドタキャンしたことを謝罪する必要があります。次のデートで埋め合わせしてあげることが必要です。

髪を切りすぎた

楽しいデートの前におしゃれを考えて髪の毛を切りすぎてしまった後悔をする女性もいるでしょう。彼氏のためにヘアスタイルをチェンジしたことが裏目になった状態です。彼氏にあわせるヘアスタイルでないためドタキャンするときには、正直に話してみましょう。

似合わないヘアスタイルで外出することができないですが、彼氏には正直に伝えることができます。また、自宅デートに変更することも可能なので、前日に髪の毛を切ったなら早めに連絡してあげましょう。当日なら、約束通り待ち合わせ場所に行きそこからデートの内容を変更しましょう。

▼ 関連記事

【必勝】初デート食事をするならどこがいい?絶対外さない場所とは?

デート直前で心変わり?


デートの約束をしても、当日デートに出かける気分ではなく心変わりする人もいます。長い交際歴があっても当日の気分により心変わりしてしまう人がいるでしょう。女性がこのようなドタキャンをする時の心変わりについて考えてみましょう。

デートがめんどくさい

楽しみにしていたデートでも、当日めんどくさいと思ってしまう人もいるでしょう。交際歴が長くマンネリ化したデートを付けるカップルでは、このような気持ちになる人もいます。そこでマンネリ化したデートを続けるよりは話し合って新鮮なデートをするように変化をつけてみましょう。気分の乗らないデートを続けるよりは、とても良い選択ですね。

何だか魅力のない計画

デートの約束をして前日夜直前にデートの内容を聞いたとき魅力あるデートでなければドタキャンしてしまう人もいます。楽しいデートだと思っていたのがつまらないデートになってしまうことがわかっているなら正直に話してあげましょう。当日ドタキャンするよりも楽しいデートではない事を伝えることが相手に対する思いやりになります。この時にすべてを否定すると相手の自尊心を傷つけてしまいます。言葉を選んで説明することも必要なことになるでしょう。

他の人からの誘いの方が魅力的

デートの約束をしていても他の人からの誘いが魅力的であれば気持ちが変わってしまいます。彼女が親しい女性の楽しい誘いであればデートは次で良いかと考える人もいるでしょう。この時に彼氏にデートのドタキャンの利用伝えるのは難しいですね。理由を考えることが必要になるドタキャンです。彼女が異性からこのような誘いを受けたときには彼氏に伝える事はやはり喧嘩の原因になります。思いやりのある嘘を考えてあげましょう。

実は付き合っている人がいる


デートのドタキャンでも、別に交際している人がいるときには、簡単にデートに行くことができないでしょう。交際している人が別にいるときには、その場のノリで約束してデート当日にドタキャンする人もいます。このような行動を繰り返していればいずれ分かってしまうことになります。本命に分からないようにしていても周囲の人たちにより分かってしまうので注意しなければいけませんね。

ダブルブッキングしていた!

複数の人と交際しているとダブルブッキングしてしまうことがあります。複数の人との交際を長く続けていれば順位をつけている人もいるでしょう。相手にとって大変失礼なことですがこのような交際をしている人は、ダブルブッキングでは、このような問題があるためあまりオススメ出来る交際ではありませんで。早めに複数の交際をやめましょう。

後から誘って来た人とデートする方が嬉しい

複数の人からデートの申し込みがあり、後から誘ってきた人の方が楽しいデートになるときにはドタキャンする人もいますね。しかし、注意したいのが断った相手にデート現場を見られてしまうことやその友人にデート現場を見られてしまうことです。魅力あるデートであっても場所を考えましょう。できれば先にデートの申し込みのあった相手に断りの連絡をすれば、このような問題がなくデートを楽しめることになるでしょう。

▼ 関連記事

ダブルデートはオススメ?間違いない場所の選び方とは

まとめ


デートのドタキャンでは、彼女や彼氏により理由が異なりますがオススメできる方法ではありません。やはり正直にデートに行けないことを伝えるのが相手に対する思いやりでしょう。彼女がデートのドタキャンの時にどのような理由で断る場合でも彼氏の対応によりその後の交際が終了してしまうことがあります。無理に彼女を責める事は、彼女を失ってしまうことになるので注意しましょう。彼氏に何度もドタキャンする彼女も、その後の交際を断られる原因になるので注意してデートを断りましょう。