手をつなぐ心理とは?男性が手を繋ぎたくなるときはいつ?

小さな子どもの頃は、何も考えずに男女関係なくすぐ隣の人と手をつないでいました。成長とともに恥ずかしさや手をつなぐことに特別な意味を感じるようになって、特に異性と手をつなぐことを躊躇するようになります。

手をつなぐという行為には、自分をさらけだす勇気がいるとともに手をつないだ相手の反応をダイレクトに感じる恐さがあります。異性と手をつなぐ場合は、特別な感情がある場合が多いため特に男性は恥ずかしくてなかなか手をつなぐことができません。

それでも手をつなぐという行動に出る男性の心理はどんなものなのかを理解して、2人の距離を縮めていけるように努力しましょう。

男性が手をつなぐ心理とは

男性は女性に比べて、言葉や態度で気持ちを表すことが苦手です。そのため、付き合っている女性から「手を繋ごう」と言われても、男のプライドや恥ずかしさが邪魔をして素直になれずに手を繋げない男性が多いようです。

そんな性質を持っている男性が手を繋いでくるということは、かなりの勇気と下心があると考えられます。まずは男性が手を繋ぐ心理を見てみましょう!

手を繋ぐのは、好きという気持ちを伝えるため

男性の中には、相手の人ことがとても好きでその思いを伝えたいと思い手を繋ぐ方もいるようです。恥ずかしさはあるけれど、それよりも大好きな人に気持ちを伝えていたいと思っているのでしょうね。

男性は女性よりも気持ちを表すことに対して苦手意識を持っていると言われていますが、そんな男性が素直に手を繋いできたら喜んで受け入れてあげましょう。お互いが素直に愛情表現をすることで関係がよりよくなると思いますよ!

手を繋ぐのは、大切な人を守りたいと思っているから

男性にはもともと、周囲から大切な人を守りたいと思う本能的なものを持っています。

そのため人混みの中や、交通量の多い道などで手を繋いできたら「守ってあげたい」と思っている証拠です。あなたのことを大切に思っている証拠でもありますね。

もし男性が人混みの中や交通量の多い道でも手を繋いでくれないようならば、少し注意する必要がありそうです。

手を繋ぐのは、相手を信頼している気持ちがあるから

全く面識がない人と手をつなげと言われても戸惑ってしまいます。手をつなぐということは、洋服の上からではなく、素肌と素肌を密着させることになるため、相手に対する愛情や信頼がないとなかなかつなぐことができるものではないのです。

「この人なら安心」「心を開くことができる」などの安心感や信頼感があって手をつなぐことができるものなので、手をつなぐことができたらそこに拒絶や拒否の心理はないとみていいでしょう。相手を心から信頼すればするほど手の密着する面積が大きくなったり、握り方に力は入ったりするものです。

手を繋ぐのは、独占欲が強いから

男性の中には、手を繋ぐことで周りに「俺の女だ」ということをアピールしている方もいます。

愛情表現をしてくれない男性より、まわりにアピールしてくれるような男性の方が女性としては嬉しいと思いますが、度が過ぎてしまうと束縛に繋がり危険ですので要注意です。

付き合う前に手をつなぐ男性の心理とは

恋人同士としてつきあっていても、女性の方から「手をつないで」と言われて、すぐに手をつないでくれる男性は少ないのではないでしょうか。男性は、それほど手をつなぐという行為に恥ずかしさを感じるもので、いつでもどこでもできないものなのです。

まして付き合う前の段階で手をつなぐというのは、男性によほどの勇気や思い、下心がないとできるものではありません。付き合う前に手をつなぐ男性の心理について考えてみましょう。

相手に脈があるのかどうかをチェック

付き合う前に男性の方から手をつなぐには相当な勇気が必要です。ただそれだけ強い思いがあるという証拠でもあり、思いを寄せる相手に手をつないでみて、その反応から今後のアプローチをどうするかを決定するための材料としていることがあります。

女性が手を振りほどくことなく笑顔で手を握り返してくれたら、男性は「やった!」と天にも昇る気持ちになることでしょう。男性にとって手をつないで拒否されないということは、アプローチOKのサインにもなるのです。

男らしさをアピールしたい

シャイな男性は、気持ちはあってもそれを言動に表すことがなかなかできません。ずっと手をつなぎたいと思っていてもなかなか踏み出せないこともよくあります。そんなときに良いきっかけになるのが、彼女を守るために手をつなぐシチュエーションが発生したときです。

街中を歩いていて対向する自転車や車道の車から守るために、手を引くように手をつなぎそのまま離さないということもあるでしょう。男らしさのアピールにもなるため、このつなぎ方なら照れることもありません。

関係を進展させたいと思っている

仲良くなってからしばらく経つのに、なかなか次へのステップが進めなくて悶々としている時、男性は時として大胆な行動に出ることがあります。

いつもは、相手のことを大切考えているので願望があっても、手をつないだり、体を触ったりすることを自分のなかで抑えています。しかし、このままではいつまでたっても埒が明かない、と考えたときに思い切って手をつなぐことがあります。何とか次の段階へ進みたいという切なる思いが伝わってくることでしょう。

手をつなごうとしてくる彼の気持ちを知る方法

「まだ付き合ってもいないのに彼が手をつないできたんだけど、これって本気?」「手をつないできたのに告白してこないし、もしかして遊ばれてるのかなぁ…私は好きなんだけど…」

付き合ってもないのに手をつないでくる彼の気持ちがわからなくてモヤモヤしていませんか?

彼の気持ちを知りたいんだけど、知れない、この状況ってつらいですよね。

でも、実は付き合ってもいないのに手をつないでくる彼の気持ちを知る方法があるんです。

その方法が「占い」です。

「でも、占いって高そうだし一人だと行きにくい…」

「占いって胡散臭いし法外な料金を取られそう…」

「占いよりもずっと気軽に相談できる場所がほしい」

そんなあなたにおすすめなのが『電話占い』という今話題のサービスです。

以下の記事では、「電話占いとはなにか」「電話占いのメリットはなにか」「電話占いが爆発的に流行っている理由」など詳しく解説しています!電話占いについて詳しく知りたい方はチェックしてみてください。

つなぎ方からわかる男性の心理について

男性が女性と手をつなぐ時、その行為そのものに大きな意味がありますが、つなぎ方によってもさまざまな心理状態があると考えられます。

無意識につないでいる男性の手のつなぎ方から、読み取れる男性心理の違いについて最もスタンダードといわれる、「シェイクハンドつなぎ」「恋人つなぎ」「指先つなぎ」の3つで考えてみましょう。

シェイクハンドつなぎとは

シェイクハンドつなぎとは、手のひらを合わせるシンプルな手のつなぎ方です。特別な感情を読み取ることは難しいつなぎ方ですが、手をつなぐという行為自体が成立しているため、2人の関係は良好であると判断できるでしょう。

手をつなぐという行為は相手と素肌で身体接触するということなので、相手に対して好感をもっている、心を許しているなどの条件が満たされないとできることではありません。

ちなみに、シェイクハンドつなぎをした際に、手の甲が下側にしている人が2人の主導権をもっている場合が多いようです。恋人と手を繋いだ際に確認してみてください。

恋人つなぎとは

恋人つなぎとは、指と指を絡めながら手のひらをしっかりと合わせるつなぎ方です。手のひら、1本1本の指まで密着させるつなぎ方なので、2人の手の接触する面積をなるべく大きくしようという気持ちが伝わってくるものです。

手全体の事由が奪われ、ぴったりと密着した状態が続くことから、離れたくない、いつも一緒にいたいという相手に対する強い思いが感じとれます。結びつきが強いカップルに多くみられるつなぎ方とも言えるでしょう。

指先つなぎとは

指先つなぎとは、指先だけを絡めて手をつなぐ方法です。2人の密着する部分としては面積は小さくなりますが、指先は体のなかでも最も敏感な部分のひとつです。ある程度、付き合いの長い相手に対していつも敏感に気持ちを察したいと考えている男性に多いつなぎ方です。

また、緊張や焦り、不安といったちょっとした感情の変化が表れやすい部分でもあるため、相手の気持ちを敏感に察知することができるつなぎ方であるとも言えるでしょう。

▼ 関連記事

目が合う心理!好意ってあるの?男性と女性の心理パターン10選!

▼ 関連記事

男性が後ろからハグする時の心理とは?バックハグでときめこう!

まとめ

これまで「手をつなぐ」という行為についてそれほど深く考えたことはないという人がほとんどでしょう。異性間で手をつなぐ場合には、そこに必ず何らかの心理が隠されているものです。特に、女性に対して愛情表現をすることが苦手な男性にとっては、手をつなぐという行為そのものが大変なものと捉えられます。

どんなときにどんなことを考えて男性が手をつなごうとするのか、隠れた男性心理をよく理解して、2人の関係がさらによくなるように努力しましょう。