手をつなぐ心理は複雑。異性が手を繋ぎたくなるときはいつ?

小さな子どもの頃は、何も考えずに男女関係なくすぐ隣の人と手をつないでいました。成長とともに恥ずかしさや手をつなぐことに特別な意味を感じるようになって、特に異性と手をつなぐことを躊躇するようになります。

手をつなぐという行為には、自分をさらけだす勇気がいるとともに手をつないだ相手の反応をダイレクトに感じる恐さがあります。異性と手をつなぐ場合は、特別な感情がある場合が多いため特に男性は恥ずかしくてなかなか手をつなぐことができません。

それでも手をつなぐという行動に出る男性の心理はどんなものなのかを理解して、2人の距離を縮めていけるように努力しましょう。

手をつなぐ男性の心理を探りましょう

男性は、女性と違ってことばや態度で愛情を示すことを苦手としています。「恥ずかしい」「男なのにそんなことできない」などという男としてのプライドが邪魔して素直に行動に移せない心理が働いてしまうことがその原因として考えられます。

そんな男性が女性と手をつなぐ心理とはどのようなものなのでしょうか。体を重ねることはそれほど抵抗なくできても、手をつなぐのは本命の恋人や気になる人でないと無理という男性も多いようです。そんな男性特有の手をつなぐ心理を探ってみましょう。

手をつないで相手の反応を確認

交際する前に男性が思いを寄せている女性と手をつなぐのは、手をつなぐことで相手の反応を確認して、自分に対してどのような感情を抱いているのかを探るという目的もあります。

手をつないで見た時にそっと握り返してくれれば、自分に脈ありと判断することでしょう。つないだ手を振りほどかれたり、イヤイヤ手をつないだりしていることを感じ取ったら、今後付き合える可能性はないと判断します。

手をつなぐことによって距離が縮まるかも?

つきあう前の男女には目に見えないラインのようなものがあって、ある程度の距離から踏み入れることがなかなかできません。気を遣って、手が触れないように、身体が接触しないように、無意識に体を避けてしまうこともあるでしょう。

手をつなぐと、急に2人の間の距離が近くなったように感じるとともに心も開きやすくなります。ぎくしゃくしていた2人の関係が急速に発展するきっかけにもなるものにもなるでしょう。

▼ 関連記事

男性が後ろからハグする時の心理とは?バックハグでときめこう!

好きという気持ちを表しています

男性が手をつなぐ心理には、「好きだからもっと仲良くなりたい」というものがあります。照れ屋で愛情表現をすることが苦手な男性は、なかなか自分から手をつなぐという行動を起こさないものです。

それなのに勇気を振り絞って手をつないだということは、「好き」という気持ちが強いことに他ならないでしょう。モテて遊び慣れしている男性なら、すぐに手をつないでくることもあるでしょうが、真面目な男性なら手をつなぐまでの時間をかかるはずです。それほど相手のことを真剣に考えているという証拠でしょう。

付き合う前に手をつなぐ男性の心理とは

恋人同士としてつきあっていても、女性の方から「手をつないで」と言われて、すぐに手をつないでくれる男性は少ないのではないでしょうか。男性は、それほど手をつなぐという行為に恥ずかしさを感じるもので、いつでもどこでもできないものなのです。

まして付き合う前の段階で手をつなぐというのは、男性によほどの勇気や思い、下心がないとできるものではありません。付き合う前に手をつなぐ男性の心理について考えてみましょう。

相手に脈があるのかどうかを見ています

付き合う前に男性の方から手をつなぐには相当な勇気が必要です。ただそれだけ強い思いがあるという証拠でもあり、思いを寄せる相手に手をつないでみて、その反応から今後のアプローチをどうするかを決定するための材料としていることがあります。

女性が手を振りほどくことなく笑顔で手を握り返してくれたら、男性は「やった!」と天にも昇る気持ちになることでしょう。男性にとって手をつないで拒否されないということは、アプローチOKのサインにもなるのです。

男らしさのアピール

シャイな男性は、気持ちはあってもそれを言動に表すことがなかなかできません。ずっと手をつなぎたいと思っていてもなかなか踏み出せないこともよくあります。そんなときいいいきっかけになるのが、彼女を守るために手をつなぐシチュエーションが発生したときです。

街中を歩いていて対向する自転車や車道の車から守るために、手を引くように手をつなぎそのまま離さないということもあるでしょう。男らしさのアピールにもなるため、このつなぎ方なら照れることもありません。

関係を進展させたいと思っています

仲良くなってからしばらく経つのに、なかなか次へのステップが進めなくて悶々としている時、男性は時として大胆な行動に出ることがあります。

いつもは、相手のことを大切考えているので願望があっても、手をつないだり、体を触ったりすることを自分のなかで抑えています。しかし、このままではいつまでたっても埒が明かない、と考えたときに思い切って手をつなぐことがあります。何とか次の段階へ進みたいという切なる思いが伝わってくることでしょう。

つなぎ方からわかる男性の心理について

男性が女性と手をつなぐ時、その行為そのものに大きな意味がありますが、つなぎ方によってもさまざまな心理状態があると考えられます。

無意識につないでいる男性の手のつなぎ方から、読み取れる男性心理の違いについて最もスタンダードといわれる、「シェイクハンドつなぎ」「恋人つなぎ」「指先つなぎ」の3つで考えてみましょう。

シェイクハンドつなぎとは

シェイクハンドつなぎとは、手のひらを合わせるシンプルな手のつなぎ方です。特別な感情を読み取ることは難しいつなぎ方ですが、手をつなぐという行為自体が成立しているため、2人の関係は良好であると判断できるでしょう。

手をつなぐという行為は相手と素肌で身体接触するということなので、相手に対して好感をもっている、心を許しているなどの条件が満たされないとできることではありません。手の甲が下側にしている人の方が、2人の主導権をもっていると判断してもいいでしょう。

恋人つなぎとは

恋人つなぎとは、指と指を絡めながら手のひらをしっかりと合わせるつなぎ方です。手のひら、1本1本の指まで密着させるつなぎ方なので、2人の手の接触する面積をなるべく大きくしようという気持ちが伝わってくるものです。

手全体の事由が奪われ、ぴったりと密着した状態が続くことから、離れたくない、いつも一緒にいたいという相手に対する強い思いが感じとれます。結びつきが強いカップルに多くみられるつなぎ方とも言えるでしょう。

指先つなぎとは

指先つなぎとは、指先だけを絡めて手をつなぐ方法です。2人の密着する部分としては面積は小さくなりますが、指先は体のなかでも最も敏感な部分のひとつです。ある程度、付き合いの長い相手に対していつも敏感に気持ちを察したいと考えている男性に多いつなぎ方です。

また、緊張や焦り、不安といったちょっとした感情の変化が表れやすい部分でもあるため、相手の気持ちを敏感に察知することができるつなぎ方であるとも言えるでしょう。

▼ 関連記事

目が合う心理!好意ってあるの?男性と女性の心理パターン10選!

手をつなぎたくなる深層心理に迫りましょう

手をつなぎたくなる瞬間やシチュエーションにはさまざまなものがありますが、手をつなぎたいという気持ちに隠された自分でもよくわからない深層心理が大きく働いていることもあります。

相手の強い信頼感や愛情を示すとともに、自分に対する愛情や距離感を確かめたい時にも手をつなぎたくなるものです。代用的な手をつなぎたくなる深層心理に迫ってみましょう。

相手に気がある証拠です

手をつなぐという行為には、相手を対等に思う気持ちとともに好感をもっているという気持ちが表れるものです。男性は積極的な行動になかなかでることができないので、ちょっとしたどさくさに紛れて手をつなぐことだけでも精一杯なのです。

男性にとっては全身の力と勇気を振り絞ってとった行動が手をつなぐという行為であり、相手に強い思いがなければできません。できれば握り返して欲しい、そして、次へのステップに進みたいと考えている証拠と言えるでしょう。

相手との距離感を確かめています

趣味や好きな食べ物など共通点がいくつもあって、会話は自然に弾むのにそこからの進展がなかなかない、そんな関係が長く続くと悶々として気持ちになります。相手は自分に好意をもっているのか、それは恋人に発展できる類のものなのか、それを知りたいがために手をつなぐことがあります。

つないだ手をしっかりと握り返してくれるのか、それともすぐにふりほどかれるのか、あるいは、形だけつないでくれるのか、など、つなぎ方の微妙な違いで相手とどのような距離感にいるのか、この先その距離が近づくことがあるのかを判断しているのです。

相手を信頼している気持ちが表れています

全く面識がない人と手をつなげと言われても戸惑ってしまいます。手をつなぐということは、洋服の上からではなく、素肌と素肌を密着させることになるため、相手に対する愛情や信頼がないとなかなかつなぐことができるものではないのです。

「この人なら安心」「心を開くことができる」などの安心感や信頼感があって手をつなぐことができるものなので、手をつなぐことができたらそこに拒絶や拒否の心理はないとみていいでしょう。相手を心から信頼すればするほど手の密着する面積が大きくなったり、握り方に力は入ったりするものです。

まとめ

これまで「手をつなぐ」という行為についてそれほど深く考えたことはないという人がほとんどでしょう。異性間で手をつなぐ場合には、そこに必ず何らかの心理が隠されているものです。特に、女性に対して愛情表現をすることが苦手な男性にとっては、手をつなぐという行為そのものが大変なものと捉えられます。

どんなときにどんなことを考えて男性が手をつなごうとするのか、隠れた男性心理をよく理解して、2人の関係がさらによくなるように努力しましょう。