単純接触効果とは?恋愛に活かす単純接触効果を心理学者がご紹介

この記事の情報提供者

1968年、米国の心理学者ロバート・ザイアンスが論文にまとめ世に広まった単純接触効果。ザイアンスの法則などの別名もあり、恋愛テクニックとしても注目を集めています。

今回は心理学に通じているたまちゃんさん提供の情報を基に、

  • 単純接触効果とは何か
  • 単純接触効果を狙った恋愛の具体例
  • 単純接触効果で恋愛を成功させるためのポイント
  • 恋愛で単純接触効果を狙う場合の注意点

について深く掘り下げていきます。

単純接触効果とは何か

何を取り入れるにしても、まずは基本中の基本を押さえないことにははじまりません。以下に単純接触効果とは何かをわかりやすくまとめていますので、チェックしてみてください。

潜在記憶が好印象に変化する効果

単純接触効果とは、はじめは興味がなかったものを何度か見聞きするうちに、次第に良い感情が起こるようになってくる効果のことです。よく会う人やよく見るテレビ・ネットの宣伝広告、よく聞く音楽、衣服、ニオイや味まで、いろいろな対象に起こります。

これらを繰り返し何回も見たり聞いたりするとつくられる潜在記憶が、好印象に変わるのです。なお、潜在記憶とは何かについてですが、これは自分では思い出そうとする意思がないのに、無意識に思い出している記憶のことをいいます。

人に関していうと、接する機会が多ければ多いほど相手に好意を抱きやすくなる恋愛法則があります。一方、物の場合はテレビ・ネットで何回か見ているうちに「良い商品かもしれない……。欲しいかも!」といった気持ちになるのです。

脳の情報処理が好感度アップに関係

人間の脳は未知のものと遭遇すると、どういうものなのかと情報処理をするのに疲れます。それが繰り返し接していると、情報処理が円滑にできるようになっていくのです。

すると、肯定的な感情を持てるようになり、身近な存在に感じて警戒心がなくなり、好意を持つようになるとされています。

恋愛しはじめが取り入れる好機

接する機会が多ければ多いほど、相手に好意を持ちやすくなる恋愛法則があると述べました。ただ単純接触効果は、詳細は後述しますがまだ相手と面識がない、出会ったばかりの頃に取り入れるのに向いているものです。相手に認識されていないけれど、秘かに片思いしている人にピッタリといえます。

単純接触効果を狙った恋愛の具体例

先述したように、単純接触効果は恋愛に応用可能なものです。ただ、具体的にどういうやり方があるのか、イマイチ想像しにくいという方もいるのではないでしょうか。以下に具体例を3つピックアップしましたので、順番に見ていきましょう。

短期間で会う頻度を高くする

単純接触効果を恋愛に活かすのであれば、短期集中で頻繁に会うのが良いでしょう。そうして、自分の存在を相手にアピールします。何度か顔を合わせるうちに「あの人感じいいかも。」と、相手が思うようになるわけです。

毎日会えればそれに越したことはありませんが、無理な人もいるでしょう。その場合でも、できるだけ毎日に近い頻度で会うのが望ましいです。長くてもひと月程度の期間中に、成果を出そうとするのをおすすめします。

LINEを使う

気になる、完全に好きと思っている相手との連絡手段として、LINEが効果的です。LINEは吹き出しの中にメッセージを入れるため、会話をしているようなリアル感があります。同様の形でやりとりができるツール・アプリでもかまいません。

夕食を済ませリラックスしている時間帯を狙って「お疲れ様。」など簡単・差し障りのない挨拶程度のメッセージを毎日送ってみると良いでしょう。

LINEで毎日する、同じ人との会話で好感度アップが期待できます。「お疲れ様○○。」という文字を見るだけでも、親近感がわくのです。

毎日使うようなプレゼントを渡す

贈り物というと高価な品物をイメージする人もいるでしょう。しかし、単純接触効果を得るために大事なのは金額ではありません。キーホルダーのようなものでOK。狙いは相手に自分を思い出してもらうことにあるためです。「○○がくれたキーホルダー。」と思い出し、プラスイメージに繋がります。

単純接触効果で恋愛を成功させるためのポイント

単純接触効果についてここまで読み進めてきて、なんだか良さそう、試してみたいと思った人もいるのではないでしょうか。そのような人のため、うまく取り入れて恋愛成就に繋げるための要点を以下にまとめました。

チャンスは最初の10回まで

単純接触効果に期待が持てるのは、最初の10回までと思っておきましょう。あとはどんなに回数を重ねようと、単純接触効果によって相手が持つ自分に対する印象に、大した変化は見込めないとされているためです。相手のハートをつかむため、自分の好感度をアップさせるため、1回1回を大切に。

自分の存在を認識させる

高頻度で会ったほうが良いといっても、ただ会っていれば成功するというものではありません。相手に何の印象も与えられなければ、会っていないも同然です。印象に残したければ相手と短時間でも喋る、それが困難であれば会釈や挨拶で、自分の存在を相手に認識させましょう。

なお、印象に残すといっても、敵対的な態度をとるなどして悪印象を残すのは逆効果です。会話や挨拶、会釈をするときには、にこやかにしているのが望ましいでしょう。

素敵なエピソードをプラスする

恋愛を成功させるには、単純接触効果だけでは足りません。ただ単に会う回数を増やしたとしてもいい人止まりになりやすいでしょう。その点、単純接触効果に素敵なエピソードを追加すれば、恋愛対象になれる確率の上昇が期待できます。

これはあくまで一例にすぎませんが、冬にいつも挨拶を交わす女の子が寒そうにバスを待っているとしましょう。彼女との会話で「おはよう!今日は寒いね。」や「寒いんですよ……。」といったやりとりのあと、さりげなくカイロを渡します。これで単純接触効果にエピソードがプラスされました。

恋愛で単純接触効果を狙う場合の注意点

自分が好意を抱いている相手を振り向かせるため、単純接触効果で恋愛成就を目指しても、残念ながら失敗に終わってしまう人もいます。考えられる原因と、同じ轍を踏む羽目にならないためのポイント、なった場合の対処法をしっかりと押さえておきましょう。

嫌われていないか確認した上で接する

頻繁に会うのが効果的なのは、嫌われていない状態に限られます。相手からマイナスイメージを持たれている状態では、会えば会うほど嫌われてしまうでしょう。10回のチャンスを消費しきる前に、何か自分が相手の評価を落とす言動をとらなかったか、振り返ったり、人に聞いてみたりしてください。

その結果、悪印象を持たれていそうであれば、汚名返上を目指すのが良いです。たとえばはじめに会ったときにそっけない態度をとってしまい、感じの悪い人と受け取られたとします。その場合は次回以降は笑顔で接するのが効果的といえるでしょう。

接触は短時間がGood!

あまり相手と親しくない間柄なのに、長時間の接触をするのは逆効果です。「あの人の話は長いから、会わないように遠回りをしよう。」と避けられてしまいます。

そのため、挨拶をかわすだけにする、数分程度だけ喋るなど短時間の接触が好ましいのです。それで相手の反応が良かったらお茶や食事に誘ってみるなど、次のステップに進むのが良いでしょう。

相手によっては効果なしまたは逆効果

何回も会っているのに自分の存在が認識されていなかったり、好感を持たれなかったりする人もいます。恋愛に単純接触効果を取り入れるにあたっては、その可能性があると理解しておきましょう。

まったく効果がなかったり、逆に不愉快にさせたりした際にはキッパリ諦めるのが賢明な判断です。

まとめ

まだ相手に対して何の印象も与えていないような、恋愛初期に取り入れるのがおすすめの単純接触効果。最初の10回という限りあるチャンスをモノにするため、今回ご紹介したポイントをしっかりと押さえて相手と接しましょう。

なかなか挨拶や会釈程度はするぐらいの接点をつくれないような場合には、そのきっかけづくりをまわりに協力してもらうのも良いのではないでしょうか。