人に好かれるコツと恋愛を成功させるための心理テクニックまとめ

人間誰しも人に嫌われるより好かれたいと思うのは当然のことです。これが恋愛となると切実な問題となり、意中の人や振り向いてもらいたいと思う人になんとかよく思われたい、好かれたいと強く願うようになります。

しかし、自分では人を傷つけたり、攻撃したりすることはなどは全くないのに、なぜか疎まれたり、嫌われたりすることに対して深刻に悩んでしまうこともあります。好きな人にどうやったら自分のことを好きになってもらえるのか、真剣に考えてみませんか。

好きな人に好かれる方法とは?

好きな人の前に出ると、緊張して笑顔がひきつったり、言動がぎこちなくなってしまったりして、相手に対していい印象を与えることができないと悩んでしまうことはないでしょうか。

相手に自分に対するいい印象を持ってもらい、恋愛感情をもってもらいたいのであれば、意図的なアクションを起こすことが必要となります。相手の心に自分の笑顔が印象づけられるような方法について考えてみましょう。

なるべく会うようにする!


好きな人にまだ自分の存在について気づいてもらえていない際には、とにかく自分のことをいい印象とともに知ってもらうことが大切です。恋愛テクニックにはさまざまなものがありますが、そのひとつには単純に接触する回数を増やすというものもあります。

自己アピールをして近づくのではなく、とにかく相手の視界になるべく多く入ることを目指して接触を図るということは大切なことです。相手が自分に対してまだ肯定的な気持ちも否定的な気持ちも抱いていない場合には、単純接触の回数を多くすることが第一の方法となります。

会うパターンも大切!

相手に好かれる、つまりいい印象を持ってもらえるためには接触の仕方、会い方にも配慮が必要となります。最初から接近して長い会話をすると、受け入れられない時は1回のチャンスで全てを棒に振ることにもなります。

あくまでもさりげなく、自然な流れのなかでよい印象を残す、難しそうですが、例えばいつも同じ場所で明るく笑顔を見せるとか、挨拶するというだけでもよい印象を残すことはできます。わざとらしくなく「よく会うな」という印象を残すだけでも成功と言えるでしょう。

いつも笑顔を忘れずに!


男性に限らず、ほとんどの人は暗いイメージがある人よりも明るいイメージのある人の方を好きになる傾向があります。好きな人の目の前に立ったとき、緊張して顔がこわばったり、ひきつっていたりすることはないでしょうか。

出会った後に思い返すと笑顔が印象として残っていれば、無意識、潜在意識のなかで好印象としてすりこまれることがあります。「あの子の顔をイメージすると笑顔しか浮かばない」と思わせるほど、いつも笑顔でいるように努力してみましょう。

▼ 関連記事

「好意の返報性」を使った恋愛テクニック!5分でマスターしよう!

好きな人に好かれる方法を身につけて両想いなるには?

好きな人に好かれるようになるためには、メイクやヘア、ファッションなどの外見を磨くことも大切ですが、恋愛心理学を学んで、どうのようにしたら人に好かれるようになるのかというセオリーやテクニックを知ることも大切なことです。

自分を中心に考えるのではなく、好きな人の気持ちを中心としてもらったら嬉しいこと、逆にしてもらったら不愉快になることがわかれば、感情に寄り添うことができるようになり両想いへも近づくことができるでしょう。

時には助けてもらう!


男性は、一般的なイメージとして女性に身の回りのことを含めていろいろと世話を焼いてもらうことを好む傾向があります。優しくて気が利く女性を嫌いな男性はいません。いつも周囲に気配りするのは大変ですが、好かれるためにできることのひとつとして頑張りましょう。

男性は、世話を焼いてもらいたい反面、女性を守ってあげたい、女性に頼られたいという思いも強いものです。自分が女性の役に立った、信頼されていると実感することで「あの子は僕が守ってやらないと」と考えるようにもなるものです。時には甘えて助けてもらうのも大切です。

相手を褒めることも大切!

人間には、食欲、性欲、睡眠欲などの生理的欲求の他に、社会的欲求として承認の欲求というものがあります。他者に、社会に認められたいと思うもので、簡単に言うと人から褒められたいという欲求です。

女性から褒められると有頂天になってしまう男性がいるほど、男性は単純です。人を褒める時は、その人の言動をよく観察していないと褒めても上辺だけになり、ウソっぽくなってしまいます。自分をいつも見ていてくれて的確に褒めてくれると感じた男性は、褒めてくれた女性に対して好意を抱かずにはいられなくなるでしょう。

相手の話をよく聞く!

好きな人の前では舞い上がってしまって、後から何を話したのか覚えていないということもあります。総じて女性はおしゃべりなので、一方的にベラベラとまくしたてられるばかりでは無口な男性は、引いてしまうよりほかありません。

本当の話上手な人というのは話を聞くのも上手な人のことです。相手に自由に話ができる環境をつくり、笑顔で相槌を打ちながら興味を持って話を聞けば、「この子には話しやすい」「話していて楽しい」と思わせることができます。また、話をよく聞くことで好きな人の趣味や考え方なども理解しやすくなるでしょう。

恋愛心理を使って好きな人に好かれる!

好きな人に振り向いてもらいたいとやみくもにアタックしても失敗する可能性があります。感情に任せて暴走してしまうと男性は引いてしまうものです。

客観的に自分のことを見つめ直すとともに、恋愛心理学に基づいた有効なテクニックを学んで戦略的にアプローチすることが大切です。実証データに裏打ちされた確かな心理作戦には、両想いになるためのノウハウが詰め込まれているものです。

人は共通点がある人に魅かれる!


心理学によると人間は自分と似た人を好きになる傾向があるといいます。人は誰でも、自分の趣味や考え方を否定するよりは肯定してくれる人の方が好きになります。また、共通点が多いと自然と会話も弾み、恋愛へと発展しやすいとも言えるでしょう。

好きな物や人、考え方と同時に「態度の類似性」という観点から、相手と同じような姿勢、ポーズを真似ることによって親近感がわき、好意をもちやすくなることもあります。まずは、好きな人との共通点を書き出して整理してみましょう。

何度も会うことで印象に残る!

恋愛心理学でアメリカの心理学者が提唱しているものとして「単純接触効果」というものがあります。相手が自分に対して否定的な感情を抱いていない場合には、接触する回数を増やすことで相手に対して好印象を持たせることができるという考え方です。

1回の会話の時間を長くするよりも、毎日1分でも会うようにすると相手の潜在意識のなかにあなたのよい印象がすりこまれていきます。10回が限度とされているので、10回のチャンスを活かしてよい印象を植え付けられるように努力してみましょう。

▼詳細はこちら

恋愛心理学の4つの法則と心をつかむ7つの恋愛テクニック

時には嘘も有効!


恋愛に嘘やごまかしはご法度です。しかし、相手を傷つけることがない嘘は時には有効となります。相手を褒めるときにつくちょっとした嘘、相手の好みに合わせるためにつく嘘、など相手を喜ばせるためにつく嘘ならば不愉快な思いをさせることはないでしょう。

自分をより魅力的にみせるためにつく嘘、自分のことを取り繕うためにつく嘘などは、見透かされることがほとんどで「嘘つき女」のレッテルを貼られてしまうことにもなりかねません。相手にためになる嘘に限定して最小限で活用するようにしましょう。

好きな人に好かれるためにモテる人がやっていること

好きな人を振り向かせるためのアプローチの方法は人それぞれに違います。学校や職場でモテる女と言われている女性のアプローチテクニックがどんなものなのか考えたことがあるでしょうか。

もともと見た目がいいから、社交的だから、などという理由だけでなく、皆にはわからないように陰で見えない努力をしています。そんなモテる人がやっている好きな人に好かれるためのテクニックの一部を紹介しましょう。

相手の好みをリサーチする

好きな人に好かれるための1つ目の条件、それは、自分のことは後回しにして徹底的に相手の好みに合わせるということです。好きな人が好きなものは自分も好きになりたいという単純な理由もありますが、てってき的に相手の好みをリサーチして好みに合わせるということはなかなか大変なことです。

好きな食べ物や趣味、好きな女性のタイプや髪型、服装の好みなど、ダイレクトに聞けば簡単かもしれませんが、モテる女は普段のさりげない会話から探ったり、周囲の友人からリサーチしたりするため、男性には「なぜこれが好きってわかったの?」と感動される展開になるのです。

時には一歩下がる


好きな人に好かれるための2つ目の条件、それは、いつも男性をグイグイ引っ張って振り回すのではなく、時として、一歩下がるということです。見てくれは現代風のイケイケギャルであったとしても、考え方や態度に奥ゆかしい古風な女の部分があれば、男性はそのギャップに萌えるのは当然でしょう。

バリバリのキャリアウーマンで何かと仕切りたがるタイプの女性でも、ここという時は男性を頼って決断を委ねる、主導権を譲るなど、モテる女は微妙な匙加減での操縦方法をよく心得ているものです。

相手の失敗も受け入れる

好きな人に好かれるための3つ目の条件、それは、男性の失敗を受け入れ許容する寛容さを持っているということです。真面目で几帳面な女性は、自分に対してだけでなく人に対しても失敗に厳しいという一面があります。なかには、自分には甘いのに他人の失敗には厳しいというタイプの人もいるでしょう。

恋愛とは男性のいいところだけでなく悪い所も含めて受け入れるものです。相手が失敗してもそれを受け入れてくれる優しさを見せれば、男性は交際中に失態があっても許してもらえると安心することでしょう。

まとめ


人に好かれようとしてあれこれ画策しても、空回りして疲れるだけで効果がないとう経験は誰にでもあるのではないでしょうか。恋愛成就のためには、必要となる条件やアプローチの方法、心理作戦などさまざまな戦略が必要となります。

思いだけで突っ走るのではなく、客観的に自分や相手の行動を分析して効果的に攻めましょう。ノウハウをしっかりと学んだら、後は実践あるのみです。