好かれる性格の特徴とは?人に好かれて毎日を楽しむための注意点!

好かれる性格になれると、たくさんの人に囲まれて楽しい生活を送れます。また、自分が困ったときには、まわりの人に助けてもらえたり、協力して困難に立ち向かったりすることもできるでしょう。

そこで今回は、人間の心理に詳しいkirakiramuuさんのお話をもとに、好かれる性格の特徴や、好かれる性格になる方法についてまとめました。

好かれる性格の人の特徴とは?


好かれる人になりたいと思う人は、決して少なくありません。まわりの人に好かれて、良い関係を保つことができれば、それだけ毎日も楽しくなるというもの。

そこで、好かれる性格の人の特徴とは、どんなものなのかという点について、まとめました。

明るくポジティブ

一緒にいて「楽しい」と感じる人は、まわりの人から好かれます。暗い雰囲気をガラリと変えてくれるほどの明るい性格の持ち主や、落ち込んでいるときに元気をくれるようなポジティブな人は、好かれることが多いと言えるでしょう。

その反対に、「一緒にいても楽しくない」「暗い気持ちになる」という人は、まわりの人から敬遠される傾向があります。その理由には、「一緒にいても自分のためにならない」「やる気が起きない」といったネガティブな要因があるでしょう。だからこそ、どんなことにも否定的で消極的な人は、まわりの人に与える印象が悪くなりがちなのです。

聞き上手


相手の話を真剣に聞いて相槌をする人は、まわりの人から好かれる傾向があります。なぜなら、「この人は、自分の話を熱心に聞いてくれている」という、良い印象を与えられるから。

それだけではなく、相手の話に対して質問をしたり、自分の考えを交えながらコメントをしたりなど、会話が広がるような返しをする人は理想的です。「この人に話をすると、自分のことを真剣に理解しようとしてくれる」「新しい考え方を発見できる」と感じてもらえる聞き上手な人は、好かれる性格の特徴と言えるでしょう。

逆に、相手の話を真剣に聞けない人は、悪い印象を与えがち。「この人に話したところで意味がない」「退屈そうに話を聞いているから、イライラしてくる」などと思われてしまうからです。なので、好かれる性格になりたいと思う場合は、真剣に相手の話を聞きましょう。

さりげない気遣いができる

困っていたり、悩んでいたりする人に対する態度は、好かれるかどうかを分ける大きなポイント。ここで、見てみぬ振りをしたり、適当な対応をしたりする人は、嫌われてしまいがち。それだけでなく、自分が困っているときに、周囲の人の助けを得られないということにもつながるでしょう。

好かれる性格の人は、こういう状況のときにさりげないサポートができるもの。まわりの人に対して、思いやりのある態度で接することができたり、優しい言葉をかけることができたりする人は、好感度が高くなる傾向があります。そのため、人から好かれやすいと言えるでしょう。

思いやりがある人と親しくなりたいと思うのは、当然の心理。そして、周囲の人に思いやりを持って接することができる人は、自分が困っているときに、自然と周囲の人から助けてもらえるという傾向があるのです。

好かれる性格の人がしないこと


好かれる人は、まわりの人から信頼されたり、一緒に過ごしたいと思われたりするもの。その理由のひとつとして、まわりの人が不快に感じることをしないというものが挙げられるでしょう。

そこで、好かれる性格の人がしないことについて、まとめました。

上から目線で話をする

好かれる性格の人は、偉そうな言い方をしないもの。言葉遣いも乱暴ではなく、常に丁寧に対応しているということがポイントです。常に謙虚で相手のことを思いやるからこそ、人から好かれると言えるでしょう。

その反対に、上から目線で話をする人は、周囲の人に不快感を与えやすいもの。こういう態度をとる人には、自分が一番だと考えている人が多いと言えます。自分の考えを押しつけようとする人も少なくありません。

陰口を言う

陰口は、言われる人も聞いている人も嫌になるもの。回りまわって、陰口が本人の耳に入ることもあり、そういったときにはトラブルに発展してしまうケースもあります。そのため、陰口を言う人は嫌われがちに……。

その一方で、好かれる性格の人は陰口を言いません。その理由は、陰口を言ったところで、事態が良くなることはないと知っているから。好かれる性格の人は、人が嫌がるようなことを言わないからこそ、まわりに人が集まってきたり、信頼されたりするのです。

軽はずみなことを言う


好かれる人は、約束を簡単に破るなど信用に欠けることをしません。その理由は、まわりからの信用が何よりも大切だと考えているから。なので、好かれる人は軽はずみなことを言いません。自分の発言に責任を持って、誠実に人と接するのです。

自己中心的な言動

常に相手のことを考えている好かれる人は、自然に思いやりのある行動ができるもの。ちょっとした気遣いや配慮は、一緒にいる人を心地良くさせ、安心感を与えることも少なくありません。

その反対に、自分のことしか考えず、空気が読めない人は嫌われがち。まわりの人の気持ちを考えないで、自分のことばかりを優先する人とは、一緒にいたくないと考えるのが人の心理いうもの。それよりも思いやりのある優しい人と一緒にいたいと思うのです。

好かれる性格になるために注意すべき心掛けとは?


まわりの人に良い人と思われるためには、ポイントがあります。そのポイントを押さえていれば、自然と好かれる性格に近づいていくというもの。そこで、好かれる性格になるために、どんなことを心掛ければいいのか、注意点について紹介します。

自分の否を素直に認めて誠実な対応をする

好かれる性格になろうと思ったら、ミスをしたときの態度に気をつけるべき。自分が悪いときに「自分は悪くない」といった態度をとっていると、嫌われ者になってしまいます。

下手な言い訳はせず、自分の否を素直に認め、誠意を持って謝罪することで、周囲の人に信頼されるでしょう。そんな性格の人ほど、周囲の人に好かれるのです。

相手の長所を見る

好かれる人は、褒め上手な人が多いもの。なので、人のマイナス面を見るのではなく、プラスの面を見ることが重要。褒められて嫌がる人はいないので、素直に良いところを褒めるように心がけましょう。

良いところを褒めてあげると、相手の気分は良くなります。そのため、相手の長所を褒めることで、「短所を直せば、もっと良くなる」と考える人もいるのです。

当たり前のことを自然にする


「明るい挨拶ができる」「笑顔で話す」「さりげない気遣いができる」など、人として当たり前のことができている人は、意外に少ないもの。だからこそ、当たり前のことを自然にすることで、周囲の人に好かれるのです。

人間性のアピールにもつながるので、一人前の大人としての振る舞いをそつなくこなせるように心掛けましょう。

好かれる性格になるために注意すべき行動とは?


あなたが思っているよりも、人はあなたの行動を見ています。そんな行動から、あなたの人間性を判断し、「信頼できる人物か?」ということを見ているのです。

そこで、ちょっとした行動で嫌われることがないよう、好かれる性格になるための注意点をお伝えします。

男性の前で態度を変えない

男性の前で態度を変える女性は、少なくありません。女友達の前では良くない態度や発言をするのに、男性の前ではコロッと態度を変える人は、まわりの人から嫌われる傾向があります。女友達にも男性にも、「信用できない人」「嫌な性格の人」と思われる原因になるので、控えましょう。

その反対に、「誰にでも分け隔てなく平等に接する」「自然体でいる」ということは、まわりの人に良い印象を与えます。コミュニケーションもとりやすくなるので、人によってコロコロと態度を変えないように注意しましょう。

相手の立場になって行動する

女性 友達
好かれる人は、自分のことだけを考えるのではなく、周囲の人に思いやりを持って接するもの。そのため、まわりの人が困っていたら、声をかけたり、手助けをしたりと、常に細かい気配りができます。

まわりの人を思いやる気持ちは、ちょっとした会話にも表れます。相手の意見を聞かず、自分の考えばかりを押し通していると、性格が悪いイメージを与えてしまいがち。

なので、まわりを差し置いて自分の意見ばかりを主張するようなことがないように注意しましょう。好かれる性格になるためには、聞き上手になることがポイントなのです。

まとめ

好かれる性格の人には、共通する特徴があります。この特徴を理解することで、好かれる性格に近づくことができるというもの。ですが、人の性格は一朝一夕で変えられるものではありません。

だからこそ、少しずつ好かれる人の特徴を身につけていくことが大切なのです。今回お伝えした内容を参考にして、まわりの人に嫌われる言動を避けながら、信頼されて好かれる性格になってくださいね。