ファーストキスを大事にしたい!女性が喜ぶポイントってどこ?

年齢が低下しているファーストキスそれでも一生の中で初めての好きな人に対するキスは、とても思い出に残るものになるでしょう。人によっては幼い時のキスで記憶にない人もいますが、交際をした初めての相手とキスをした事はとても思い出に残ることになるでしょう。そんなファーストキスについて紹介していきます。自分のファーストキスと比べてみてください。

ファーストキスってどんな感じなの?


思い出に残るファーストキスも体験した人は非常に幸運の持ち主でしょう。最近は年齢が低下することでファーストキスだと意識がなくキスをしてしまう子供たちが増えています。また、両親特に父親は娘のファーストキスを奪ってしまう行動に出る人が多いようです。それだけファーストキスはとても大切な行為だといえます。このファーストキスについてどのような感想や考え方を持っているか調べてみたいものです。

ファーストキスのタイミング

交際中のカップルでファーストキスをしていない場合にはとてもこのタイミングを計るのは大変なことでしょう。中学生や高校生でカップルになったときにこのファーストキスはとても大切なイベントになります。子供の時に悪ふざけでキスをしていても本当に好きな人とキスをすることが初めてとなればそれがファーストキスになるでしょう。タイミング的にいつファーストキスをするかは、カップルにより異なりますが、行では交際間もなくファーストキスをするのが当たり前のようになっています。そのため交際当日にファーストキスをするカップルもいればファーストキスをするまで数ヶ月時間が必要なカップルなど様々です。

この違いはやはりファーストキスをするタイミングが合わないことになるでしょう。ファーストキスをするタイミングであっても周囲の影響によりできないこともあります。そのため一度タイミングを逃してしまうと次のチャンスを見つけるのが難しくなります。それはお互いに意識してしまうので、自然な流れでのファーストキスができなくなってしまうでしょう。しかし、交際中であれば次のステップに進むためにもファーストキスは必ずタイミングを見つけて行いましょう。

ファーストキスの感想について

昔からファーストキスはレモンの味と言われているファーストキスですが、実際に行うファーストキスは年齢により感想がまちまちです。中学生や高校生ではとても淡い期待を持っていますが、ファーストキスをするムードや雰囲気を作るのは難しいでしょう。そのため楽しむ余裕もなくファーストキスをするのが感想になります。

高校生から大学生になるとやはり緊張よりも雰囲気やムードを楽しむ余裕が出てきます。そのためファーストキスをしたいと相手が緊張していることもわかってくるでしょう。そのためファーストキスをしやすいようにリードすることもあります。そして年齢が20歳を超えるときには、これまで持っていた期待や感想が大きくなっていることで拍子抜けする感想を持つ人も思います。しかし、これが男性の場合には大きく異なるでしょう。

とても大切なイベントだと考えている男性が多くファーストキスをすることはとても大切なことだと考えている男性が多いです。そのためムードや雰囲気大切にしてイベントのようにファーストキスをしようとする男性もいます。この演出に笑ってしまわないように女生徒ファーストキスすることも女性にとっては一生懸命な滑稽さを見て母性本能をくすぐられることもあるでしょう。ファーストキスの感想は、年齢によりこのように大きく異なるのが一般的です。それでも大切な人とするまで大切に取っておいた方が素晴らしい思い出になります。

ファーストキスから初エッチまでの期間

ファーストキスから初めてのエッチまでの期間は、交際しているカップルにより異なるでしょう。ファーストキスを小学生や中学生ですましていれば初めてのエッチまではとても長い時間かかってしまうことになります。高校生の年齢では多感な時期となっておりファーストキスから初エッチまで我慢できない人も多いようです。しかし、このファーストキスから初エッチまでの時間はどのカップルも短いわけではありません。

ファーストキスをした後分かれてしまうカップルもおり、ファーストキスから初エッチまで高校生でも時間がかかると言われています。やはりイベントなどがなければ初エッチをすることができない高校生も多いです。男性が焦って初エッチを望むとカラダ目当てだと思われてしまうことでギクシャクして分かれてしまうカップルもいます。また、女性が初エッチまで長く待たせる事は、我慢できない男性にとって浮気などトラブルを起こしてしまうこともあります。その反面ファーストキスから数週間で初エッチをしたカップルもおります。ファーストキス初エッチがどのようなものだと考えている違いによりこの両方の期間の長さが異なります。

理想のファーストキスとは


ファーストキスをする年齢は低年齢化していますがなかには大人の年齢でファーストキスをする人もいます。ファーストキスの定義が、初めて交際したい人とキスする場合には大人の年齢のファーストキスになります。そのためこの定義で考えれば大人の年齢でもファーストキスをする人は多いでしょう。カップルによっては大人の年齢になって初めて交際する人もいます。そのため大人の年齢でもファーストキスがあるので、大人のファーストキスはどのようなものか気になる人もいるでしょう。

ファーストキスの年齢

ファーストキスの年齢は、好きな異性と関係なくキスをした経験であれば幼少のときの悪ふざけでキスをしたのがファーストキスになります。しかし、ファーストキスが初めて交際した相手とのキスであれば交際をするまでファーストキスをしていないことになります。それでも最近のカップルの低年齢化により早いカップルであれば小学生や中学生の時に交際をした相手とファーストキスをしていることになるでしょう。しかし、この年齢でファーストキスをしていない場合でも高校生で交際した相手や大学生で交際した相手とファーストキスをする年齢が一般的です。そのためファーストキスの年齢が20歳未満の人は多いでしょう。

交際をしてファーストキスをした20歳以上の人もいます。そのため幅広くファーストキスの年齢が分かれていることがわかります。そして初めて交際した人とのキスをファーストキスの定義にすることで、ファーストキスをした年齢がさらに異なることになるでしょう。この考えでは、家族同士のキスはファーストキスに該当しないことになります。

理想のシチュエーション

ファーストキスのシチュエーションは、男性よりも女性の方がより理想的な期待を持っているでしょう。男性にとっては相手が理想とするシチュエーションや雰囲気を作ることで一生懸命になります。そのため男性本人が考えるシチュエーションや雰囲気と異なる場合でもファーストキスの目標を達成するために行うことになるでしょう。そのため男性は女性に対するシチュエーションや雰囲気を考えてファーストキスのチャンスをうかがうことになります。

女性にとっては男性が行ったシチュエーションや雰囲気がどれだけ理想的なものに近づいているか、とても大好きな人であればシチュエーションや雰囲気をこだわらない人もいますが、それでも理想とするシチュエーションや雰囲気であれば気分も高揚することになるでしょう。そのためファーストキスのシチュエーションや雰囲気は女性が持っている理想的なシチュエーションや雰囲気を男性が演出して行うことが多いです。もし交際する前であれば、理想とするファーストキスのシチュエーションや雰囲気を話すことも交際に発展してからファーストキスのチャンスが早く訪れることになるでしょう。

良い思い出にするために

ファーストキスで良い思い出を残すのは、よほど綿密な計画がなければ難しいです。男性がファーストキスを考えており雰囲気のシチュエーションを演出した場合でも女性がその気分にならなければ難しいです。中学生や高校生ではそのシチュエーションや雰囲気を演出することが難しいこともあり、このような演出をするよりもファーストキスをしたい欲望により行動に出てしまうことがあります。そのため女性にとってはとても素晴らしい良い思い出のファーストキスにならないことがあります。

女性がファーストキスにこだわっていないのであれば、思い出に残るファーストキスよりも好きな男性とのファーストキスを希望することになるでしょう。それが素晴らしい良い思い出であればファーストキスが成功していることになります。女性が良い思い出のファーストキスをしたい場合にはやはり相手に伝えておくことも必要なことになるでしょう。インターネットや週刊誌の情報によりファーストキスの雰囲気はステーションを作る男性の場合には、同じような演出になってしまい女性にとっては良い思い出にならなくなってしまいます。女性同士がファーストキスの話をしたときでも似たような演出になってしまい良い思い出が崩れてしまうでしょう。

ファーストキスで好感度をあげる方法とは


ファーストキスをして相手に良い印象を与えるためには、相手が喜ぶシチュエーションや雰囲気をテニスしなければいけません。この演出は男性が行うことになり女性の希望する演出をしてあげることで、女性が喜び親密さを深めていくことができます。反対に演出を失敗ししまうと今後の交際が難しくなることもあります。女性が演出してもらいたい方法について考えてみましょう。

キスを待つ時間も大切に

ファーストキスの演出では、タイミング以外に時間もとても大切です。キスをするときにいきなり行うのではなくタイミングを図ることで最高の思い出にしましょう。そのためにはいきなりキスをするよりも少しじらしてみて相手の態度を探ってみるのも男性の最後のシチュエーションになります。長時間またしていては失礼ですが数秒間キスをするタイミングをずらすことで相手がファーストキスを求めていることがわかるでしょう。このような駆け引きは小学生や中学生そして高校生では難しくなり大人のファーストキスによる演出になります。

それでも高校生でこのようなファーストキスをすることで相手に良い印象を与えることができますが、 キスに慣れていると思われないように注意をしましょう。頻繁に交際している場合にはこのような演出をすることで変な誤解を招いてしまうデメリットがあります。

ときめくファーストキスとは

ときめく気持ちのあるファーストキスでは、相手の理想とするファーストキスのシチュエーションや雰囲気を演出してあげましょう。気分が最高潮に高まりをシチュエーションや雰囲気を作り上げてあげることで女性の気持ちを高くすることがいきます。そして大きく期待するファーストキスをしてあげることで心に残る思い出になるでしょう。女性にとってもときめくファーストキスもしたいならやはり交際するかもしれない男性には理想とするシチュエーションや雰囲気を話しておいてあげましょう。

どのような雰囲気はシチュエーションをすれば女性が喜ぶか分からない男性もいるため、ときめくファーストキスを考えているならサポートしてあげることも大切です。そのため女性本人が希望するようなファーストキスが出来るように事前に話しておきましょう。そしてその期待通りのシチュエーションや雰囲気を演出してくれるならば、女性にとっては大変感動的なファーストキスの思い出になるでしょう。

ファーストキスの後の会話も大切

ファーストキスをした後の最初の会話はとても話しづらいものになるでしょう。お互い同士がファーストキスのときには大変緊張していると同時にファーストキスが終了した後は恥ずかしい気分になってしまいます。何を話してよいか迷ってしまうこともあり無言のままその日帰宅してしまうこともあるでしょう。

このような気まずい状態を引きずることがないようにファーストキスをした後に会話のネタを考えておきましょう。あまりにもくだらない話ではファーストキスの雰囲気が台無しになってしまいます。ファーストキスをした後の行動を態度で示すことができますが会話ではやはり相手のことが好きだという意思表示を言葉に出しましょう。好きだと言う言葉自然に出すことができればファーストキスの思い出として心に残すことができるでしょう。

まとめ


交際しているカップルにとってのファーストキスはとても神聖なものですが、ファーストキスの定義により最近では両親とキスすることや幼少の時にふざけてキスをしてしまうことがあります。これがファーストキスに該当しなければやはり初めて交際しているカップルが最初に行うキスがファーストキスになるでしょう。とても緊張するものになりますが、シチュエーションや雰囲気を演出してあげて思い出に残るファーストキスをすればその後の交際も順調に進んでいくでしょう。

年齢によってはこの演出ができないこともありますが、あせらずタイミングを見つけてファーストキスをしましょう。キスをした後の会話はとても重要なものです。やはり相手に伝える最高の気持ちを好きだと言えるのが1番良い会話になるでしょう。そして女性は、希望する雰囲気はシチュエーションがあるときには交際する前の男性に話しておくことで希望する演出をしてくれることになり思い出に残るファーストキスができます。