初キスのタイミングが分からない!女性が描く理想って?

付き合いたての時期は、いつ初キスができるのか、するといいのかを考えてしまいます。思い出にも残ることですし、理想的な環境や時期を考えていくことが、長く付き合っていくことにもつながっていくでしょう。

男子が思う初キスのタイミング


キスをするタイミングは、いったいいつにしたらいいのか、気になって仕方がないものです。告白した後には、だれもが悩んでいくポイントでしょう。男子が思うタイミングや考え方を知っておくことも大切です。

初キスは何回目のデートがいいか

いろいろな調査があり、それぞれ結果が違いますが、だいたいに多様なところになるのは、1回目か3回目かのデートというあたりになってくるでしょう。実際に女性にアンケートをとってみても、そんなに違いはありません。お互い同じようなことを考えているといってもいいでしょう。

心理的に1回目は、次回ないかもしれないという思いが働きます。逆に1回目は様子を見たいと考えれば、お互い慣れてくる3回目が無難なところになるでしょう。心理的には変わらないのですから、ちょっとでもそぶりを感じられたときがタイミングともいえます。

理想的な初キスの場所

どこでキスをするのかは、大切なことです。理想的な場所もいろいろとありますが、人目に付きにくい場所が一番になってくるでしょう。抵抗があるのは当然のことですので、一番の場所になってくるのは家デートです。自然な流れにしていくことができる点も重要ですが、帰り道もひとつの理想となってきます。

理想的な場所でいえば、公園デートや海もあげることができるところです。思い出に残すことができますし、さわやかなイメージにすることもできます。静かなデートの雰囲気につながっていけば、理想と離れていくことはありません。

注意すること

理想的な場所などもありますが、初キスだからこそ注意しなければいけないことも出てきます。体を触りまくったりするのも問題ですし、せっかくセットした髪をぐしゃぐしゃにされるのも気分の良いことではありません。これは男女ともにいえることであり、注意しておかなければいけないところでしょう。

初キスを成功させるには?


女性から見た時に、初キスは大きな思い出になってくるはずです。いったい何回目のデーとならいいのか、理想とする場所はどこがいいのか、それぞれ思いもあるはずです。いい思い出にするためにもよく考えておくことが必要です。

初キスは何回目のデートから?

男性と同様に、さまざまな調査がされていますが、もっとも多くなるのは3回目のデートでしょう。1回目のデートからOKという人も多くみられますが、少し関係になれてからというのが理想的な部分です。あまり間延びしてしまうと、タイミングを失ってしまうことも大きなところでしょう。早すぎても遅すぎてもというところがタイミングといえます。

初キスの理想の場所

理想的に考えれば、一目のつかない場所となるでしょう。家に贈ってもらったときの玄関や車の中、観覧車などが理想の場所といえます。ロマンチックな状況もひとつであり、矢形の綺麗な場所も重要です。外はいろいろな目があることからも避けたいというのが理想といえます。

キスの思い出

いろいろな思い出に残ることではありますが、大好きな相手だったことは強く心に残るものです。ファーストキスであれば、これは大きな思い出になるでしょう。不意打ちにされるキスも思い出に残ることは間違いありません。

逆に嫌な思い出になってしまうことも出てきます。口臭がしたり、歯が当たったりすると、嫌な思い出にしかなりません。人前でされるのも嫌な思い出になるでしょう。同じように断られたりすると、むなしさが残りますし、恥ずかしさだけが思い出になってしまうことも出てきます。

大事な彼女との初キス


彼女と初めてキスをするときには、いろいろなことを考えてしまうものです。タイミングもありますし、場所もどうするのか、自分が何かに追わないのかも考えてしまうことでしょう。それもすべて思い出になりますが、いい思い出にするためにも考えておくことが必要です。

初キスのタイミング

初キスには必ずタイミングがあります。いつでもいいというわけではなく、彼女が嫌がったりすることがない状況を考えることが重要になってくるでしょう。一般的な調査では、1回目か3回目のデートでキスをすることが多くみられますが、あまり不意打ちなどはしないことも大切です。

実際にお互いのタイミングがありますし場所の問題もあります。キスありきで考えるのではなく、不快な思いをしないような状況を考えていくべきでしょう。間違っても強引なキスは良いことがありません。

初キスの場所

場所に関しては、人目につかない場所であることが重要です。人目につくことは恥ずかしいことですし、見られたいとは思わないでしょう。初キスのタイミングとも重なってきますが、相手に配慮していくことが大切です。間違っても強引なことはしないようにしなければいけません。

香りにも気をつける

いい思い出にしていくためにも、百年の恋も冷めてしまうようなことは避けるべきです。そのひとつが香りでしょう。大きな勘違いになっていることもありますが、強い香りは不快感を及ぼします。ほのかに香る香水の香りは心地よいこともありますが、付け過ぎてしまえば深いでしかありません。

口臭などでも言えますが、できればあまりにおいがしないようにすることが必要になってきます。ほのかな香りを漂わせる程度であれば問題がないため、常に自分のにおいには気をつけておくことが必要です。

長く付き合うために気をつけることとは


今後とも長く付き合っていきたいと考えるのは、だれでも同じことです。付き合い始めることができたのですから、長く付き合っていくことができるように、さまざまなことに配慮していかなければいけません。

理想の連絡頻度

連絡を取ることは、付き合っていくためには当然必要になってくることです。お互いが何をしているのかも気になりますし、自分のことを気にかけていてくれているのかどうかの判断基準にもなってくるでしょう。お互いの距離や生活によっても連絡頻度は変わってくることになります。

理想はそれぞれによって異なります。毎日連絡を取りたいと考えている人もいれば、これは重いと思う人もいるでしょう。アンケートをとってみると、毎日と答える人がほとんどで、つぐのは週4回から6回とほぼ毎日という答えが出ます。日数的に考えれば、1日1回の連絡は必要な頻度であるといえるでしょう。

問題はその中でどれぐらいの連絡を取るのかという部分になってきます。毎日連絡することは、束縛が強いというわけでもありません。その中でいろいろな話ができるようにしていきたいところですが、あまりにメールなどを送りすぎるのは問題です。お互いに時間があるのであればこれもできますが、仕事をしていたりすれば、返事が難しいこともあります。

社会人になってくると、いつでもメールなどの返事ができるわけではありません。どうしても返すことができない時間もあるのですから、拘束しすぎるのではなく、手があいたときに返してほしい程度で贈ることが重要でしょう。

あまり連絡頻度を高めないのであれば、その分会える時間をとることも必要になってきます。会うための調整手段として使うことを考えれば、頻度はもっと落とすこともできるでしょう。お互いの環境が大きく影響してくる部分です。

初キスのタイミング

長く付き合っていくことを考えた場合、初キスするタイミングはとても重要です。不快な思い出を背負っていくことになれば、長く付き合うことはできなくなるでしょう。強引なことはお互いに良い思い出にはなりません。不快にならないようなタイミングを計っておくべきです。

一目に付いたり、恥ずかしい思いをさせたりしてしまうことも、いい思い出にはつながらないことです。お互いの家や車の中といったところでも、周囲に配慮しておくことが必要となってきます。

理想のプレゼント

プレゼントは、思い出にもなりますし、物としても残ることになるのが重要です。長く付き合っていくことを考えると、重くならないようなものが良いでしょう。あとから笑い話になったりすることもありますが、毛糸のマフラーは思い出になってももらった瞬間は重いものです。

理想的なものとしては、小さくても心のこもったものといえます。どこかに出かけた時に、一緒に購入するのもいいでしょう。二人で見た時に、これを思い出として語ることができるものは、理想的なプレゼントになるはずです。

まとめ


初キスのタイミングは、人それぞれ違います。適切な時期がありますし、想いもあることでしょう。不快な思いにならないようにすることが大切で、できるだけ、相手に配慮しておくことが良い思い出になる方法といえます。