離婚調停の期間で知っておいた方が良い4つのこと

離婚調停をしたいと思ってもどのようにして申し立てをしてどのくらいの期間がかかるのかがわからない人にために、目安として調停期間や調停日までのかかる日数など詳しく紹介しています。

離婚調停期間と自分が有利になる方法とは

長年連れ添っていてどちらかの原因で離婚調停へと発展することがあります。本人同士の折り合いが付かなくなってどうしても第三者による離婚を検討せざる負えなくなってしまった場合、離婚調停をする上で事前に知っておいてもらわなければいけないことがあります。

離婚調停をするときには、いろんな論点があります。お金を争ったり、親権を争ったり論点によっても調停期間が変わってきます。調停期間の一般的な期間や自分が有利になる方法について紹介しています。

離婚調停に至るケース

離婚調停に発展するケースの理由としては、相手方の暴力、不倫・浮気、ギャンブルなどの浪費、酒乱などがあります。この場合はどちらかというと原因を作るのは夫側が多く妻から離婚調停を申し立てられるケースが多くなっています。

離婚調停期間の平均

離婚調停はいったいどのくらいの期間で終わるのでしょうか。離婚調停を開始してから終了するまでの期間を見ていきましょう。

離婚調停申し立てをして1ヶ月から1ヶ月半で最初の調停が行われて3回程度で終了します。それまでに価格期間は4.5ヶ月程度となります。

子供がいる場合の離婚調停

子供がいる場合の離婚調停は真剣をどちらが取るのかが調停の争点になります。

離婚後安定した収入があるほうが有利に調停は進められます。両親のどちらも収入がある場合は、母親のほうが親権を取る確率が高くなります。

離婚調停で長期化するケースについて

離婚調停は通常4.5ヶ月で終了するのが一般的ですが、中にはいろんな原因で長期化する場合があります。離婚調停の申し立てを行ってから終了するまでに原因によっては長期化してしまいます。

実際に離婚調停はどのような原因が長期化することになるのでしょうか。離婚調停が長期化する原因を紹介していきます。

関わる人の日程調整

離婚調停をするときに申立人と相手側の日程調整をしなければいけません。

お互い仕事をしているような場合は、両方の都合がいい日を合わせなければいけません。そうなるとお互いの都合がいい日が中々合わないことがあります。そうなったときは調停日を決めるのに期間が必要になって長期化することになります。

論点の多さ

離婚調停でもいろんな論点があり、論点の数によっても調停期間が変わってきます。

論点が単なる子供の親権だけとか財産分与だけになると短期間で離婚調停は終了しますが、論点が複数あって親権・教育費・慰謝料・財産分与・年金分割など様々な論点がある場合は1つずつ解決していかなければいけません。そうなると一般的な4.5ヶ月では終了しません。1年以上かかる可能性もあります。

金銭面の合意

離婚調停で一番難しいのが金銭面での合意です。財産がある場合などは、どのように分割するのかで争いにあることがあります。

金銭はお互いの欲が前面にでてきやすいので、うまくまとめるのが難しくなっています。両方とも一歩も引かないような場合は落としどころを見つけるのに苦労します。

離婚調停を有利に最短で終わらせる方法とは

離婚調停はできれば早く終わらせたいものです。長期間離婚を争っているよりも早く自立して各自の生活に入りたいものです。そこで離婚調停の期間をなるべく早く終わらせる方法について見ていきましょう。

長期化しそうになってお互いの生活にも影響しそうな場合は調停自体を途中でやめることもできます。

お互いに早く離婚したいと思っているかどうか

離婚調停の期間をできるだけ短くするのに一番は、お互いが離婚をしたいと思っているかどうかです。

どちらか片方が離婚はしたくないと思っている場合は、短期間で終わらせることは難しくなります。両方が離婚したいと思っていれば短期間で離婚調停は終了します。反対に、相手方が離婚したくないと思っている場合は長期化すると思ってから申し立てをするようにしましょう。

折れる姿勢があるかどうか

相手方が離婚をしたくないと思っていても納得させるだけの条件を出せればそこまで長期化することはありません。金銭的な論点はお互い一歩も引かないような場合、間違いなく長期化します。

長期化しないようにするには、どこかで折り合いを見つけてお互いが歩み寄りができれば短期間で終了させることはできます。

途中でやめることも可能

離婚調停は裁判をする前の和解を意味する協議となります。和解できないと思ったときは、離婚協議自体を途中で辞めてから裁判へと移行することができます。ただしこの場合は、両方の了解が取れなければいけません。片方だけ止めたいからと言って終了させることはできません。

離婚調停を行っていて調停日に相手が毎回来ないようであれば超敵艦を短くなりますし簡単に終わらせることもできます。調停協議を進めていってお互いの意見が合わないと調停委員が判断したときには途中で終了させることができます。

離婚調停回数の平均は

離婚調停というものはいったい何回ぐらいで終了するのでしょうか。1回で終わると思っている人もいるかもしれませんが、ほとんどの場合1回では終わりません。回数はそのときの調停内容によっても変わってきます。

離婚調停をするときの返金的な調停回数は何回ぐらいなのでしょうか。最短で終わる調停回数や最長で終わる調停回数など詳しく説明していきます。

最短回数は

離婚調停は本当にケースバイケースで何回で終わるということは言えません。そこで最短で終わるケースは何回なのか見てみましょう。

実は本当にまれなケースですが1回で離婚調停が終わることもあります。離婚調停の申し立てをしてから約1ヶ月で初回の調停が行われてそこで解決するケースもあります。その場合の期間は1ヶ月となります。

最長回数は

離婚調停を行っていくときに、最長回数は何回ぐらいなのでしょうか。調停機関が2年以上続くケースもたまにあります。最長回数としては21回以上の場合もあります。ただし平均的な調停回数としては2回から4回と言うのが一般的で、21回以上というのは全体の0.02%程度でほとんどの場合は10回以内で終了します。

調停に期日の間隔はどれくらい

離婚調停を行うときに調停日と調停日の間はどのくらい開くのか見てみます。初回の調停までの期間としては1、1.5ヶ月程度で開始されて、その後の調停日までの期間で1ヶ月というのが平均的となっています。あくまでも平均的な目安となっていて、論点やお互いの状況次第で大分変わってきます。

まとめ

今離婚調停の申し立てをしようと思っている人は知っておいた方がいい調停開始までの帰還や調停が終了するまでの期間など、様々な調停機関の情報を紹介しています。調停をする前にある程度知識として知っておいた方がいい情報が詳しく書かれているので参考にされください。