傷が浅い別れ話の切り出し方とは?彼氏とスムーズに別れて次の恋へ!

好きな彼女や彼氏と付き合うときはどきどきしながら告白しますが、破局を迎えるときも後腐れのない別れ方をすることも重要です。別れた後に友達としてうまく付き合っていけるために、自分や相手の性格などを考慮して別れる方法を紹介します。

なるべく傷は浅く…賢い別れ話の切り出し方


別れたいときに、別れ話の切り出し方で傷口を浅くすることもできますし、深くすることもあります。別れたいときに使う手段によってもいろいろな別れ話の切り出し方があります。実際に別れ話をする手段として、メールやLINEを使った場合、電話を使った場合、直接会ってから別れ話を切り出す3つの別れ話の切り出し方を見ていきます。

LINEやメールを使う場合

LINEやメールを使って別れ話を切り出してスムースに別れるにはどのようなメッセージを送ればスムースに別れることができるのでしょうか。メールやLINEを使う場合は絵文字を極力使わないようにします。

絵文字を使わないで文章だけでメッセージを送ることを心がけましょう。自分の気持ちが離れていることを相手にさりげなく伝える方法として、絵文字を使わないで、返事は遅れて返信するようにします。こうすることで、相手に今までと変わっていたことを認識させるようにします。最後の別れ話は、しっかりと今の気持ちを伝えることも重要です。自然消滅させるのではなく、きっちりとメッセージを伝えることで終止符を打ちましょう。

電話で切りだす場合

メールやLINEよりも相手に対して、近い距離で別れ話を切り出す方法として電話があります。直接会ってから別れ話を切り出すよりも相手に与えるダメージは少なくなります。電話で別れ話を切り出す場合は、直接会う場合よりも気を使わなければいけません。別れると言っても今まで付き合ってきた恋人です。できる限り相手を傷つけないように言葉使いには気をつけましょう。

長年付き合っていると、直接会ってから別れ話をするにはちょっと気を使ってしまい、なかなか言い出せないことも多々あります。そんなときに相手の顔を見ないで言葉だけで切り出すことができるため切り出しやすく、自分自身の切り出しやすさが電話の場合はあります。まずは、別れ話を切り出しやすい方法としては、電話は話しやすい方法です。

直接会う場合

最近は何でもLINEやメールで話を済ませる傾向があります。確かにメールやLINEは便利です。便利だから何でも頼るのは話が違います。今まで付き合ってきた彼女や彼氏と別れるわけです。できるだけ誠意を見せるには直接あってから別れ話をするようにしましょう。

近距離恋愛をしているのならなおさら直接会ってから、自分の気持ちをはっきりと伝えるべきです。そうすることで、相手に今の気持ちを伝えて誠意ある別れ話をすることができます。

LINEやメールで切りだす場合の注意点・メリット・デメリット


別れ話をLINEやメールで切り出す場合メリットやデメリットがあります。メリットもあればデメリットもあるので、その点はしっかりと把握してからLINEやメールを使うようにしましょう。

注意点:軽い付き合いだったならベスト?

LINEやメールで別れ話を切り出す場合最適な関係と言えば、深い付き合いではなくまだ付き合い始めて時間が経っていない友達以上恋人未満といった感じのときであれば、別れを告げてもいいのではないでしょうか。LINEやメールで別れ話を切り出してもいい時期の恋人関係というのもあります。

恋人として長い期間付き合っている場合メールやLINEで別れを切り出すのは不適合ですが、付き合い初めて間もない場合、直接会うか電話で話をするよりは、切り出しやすくて別れるときに相手にも精神的なダメージを少なくできます。メールやLINEで別れ話を切り出す場合は、付き合っていた期間によって判断することが重要です。そうすることで相手のことを思いやった別れ方をすることができます。

メリット:文面送るだけでさっぱり?

LINEやメールを送ることで別れるのは、電話や直接会ってから話しにくいことでもずばり言うことです。それが一番いい面で、きっぱりと別れ話を切り出すことができます。文章だと感情が入らず文面通りの受け取られ方をするので、電話や直接話をするよりはさっぱりとした文面となります。これが最大のメリットではないでしょうか。

相手の感情に惑わされることなく、自分の別れたいというもちをそのまま相手に伝えることができて、自分の考えた通りに別れ話を進めることができます。優しい人が相手の感情に丸め込まれないですんなりと別れるには最適な方法ではないでしょうか。

デメリット:文章だけだから伝わりずらい?

LINEやメールで別れを告げると、文面だけで相手にどう捉えられるかは相手次第です。送る方の考えと受け取る方の考えが一致しないときもあります。伝えたい事と違う捉え方をされたりすることもあるので、それがデメリットでもあります。

電話で切りだす場合の注意点・メリット・デメリット


電話で別れ話を切り出す場合メリットとデメリットがあります。電話ですと直接相手と話をするのでそのときの相手の感情が声のトーンでわかり、相手もこちらの声のトーンで度言う心理状態なのかがわかります。この場合のメリットデメリットについて紹介します。

注意点:ある程度の期間ならこっちがベスト?

電話で別れ話をする場合の注意点としては、どのくらいの交際期間があって、相手がどんな人なのかでデメリットにもなりメリットにもなります。交際期間がそこまで長期間になっていなければ別れ話をしやすいのが電話です。

メリット:ある程度相手の感情を読み取れる

電話で別れ話をする場合、メールやLINEよりも重く直接会うよりも軽い別れ方ができます。直接会ってから話をするよりは相手の感情が入りにくく別れやすい点はメリットです。ただし、メールやLINEで別れ話をするときより相手にこちらの感情が伝わるので相手に納得してもらいやすくなります。

デメリット:こじれるようならLINEのほうが…

電話だと、声を聞きながら話をするので、つい感情的になってしまいお互い引かなくなってしまうことがあります。そうなってしまうと別れ話がこじれてしなうことになりかねません。この場合は、メールやLINEなどで文章にした方が感情が出ないで切り出すことができます。

直接会う場合の注意点・メリット・デメリット


直接会ってから別れ話を切り出すとメリットもあればデメリットもあります。ただし性格次第でメリットにもなりますしデメリットにもなります。そうなると、できるだけ自分にあった別れ方をするのが一番です。直接会って別れ話をする場合、注意点やメリット・デメリットを紹介します。

注意点:相手をよく知ってるからこそ?

直接会ってから別れ話をする場合、相手のことをよく知っているので顔を見るとどうしても話を切り出せなくなってしまったり、情に流されてしまったりします。そうならないようにするためにも、しっかりと気持ちを整理して惑わされない事を前提で会うようにしなければいけません。

あとは、今は1人になりたいと思っていても、後で彼女や彼氏の大切さに気が付いて復縁をしたいと思ったときに、一番復縁しやすいのが直接会ってから別れ話を切り出すやり方ではないでしょうか。

メリット:しっかりと気持ちの整理ができる

相手に直接会ってから別れ話をする場合、相手に自分の気持ちをわかってもらうことができます。別れた後に話をしやすく、友達として接することもできます。直接会ってから別れ話を切り出すと相手に誠意を伝えることができます。今まで彼女・彼氏でありがとうというメッセージを一緒に込めてから別れることができます。

デメリット:また情がわいたり、言いくるめられたり…

直接会ってから別れ話をすると言い出しにくくて、言うタイミングを逃してしまう可能性があります。別れ話を切り出した瞬間に泣き喚いたりして情に流されやすくなります。気が優しい人であれば、そのまま流されてから別れられなくなってしまいます。

やっぱりどうしても切り出せない…


メールやLINE、電話、直接会ってからなどいろんな別れ方がありますが、どの別れ方でも相手に今後付き合う気持ちがないということを伝えなければいけません。今までの情に流されてどの別れ方でも、なかなか話しづらくて結局は別れ話ができなくなってしまうことがあります。そうなったときの解決策としていくつか考えられます。

友人に相談してみよう

まずは、一番の親友に相談すると自分尾性格や相手の性格なども知っているので、客観的にどの別れ方が一番スムーズに別れることができるのかを教えてもらうという手もあります。親友に相談すると、自分の性格を一番わかってくれるわけなので、的確な別れ方を教えてくれますし、信用しても大丈夫ではないでしょうか。それだけ親身になって相談に乗ってくれます。

彼氏が逆上、暴力が振るわれそうなら…

もしかしたら別れたい理由が彼氏や彼女によるDV(暴力)だったりした場合、なかなか別れたくても切り出せないでいることがあります。暴力が怖くて切り出せない場合はしっかりとした気持ちを持ってから接するようにしましょう。少しでも早い段階で別れるには話をすることです。なにが原因で別れたいと考えたのかは重要なことです。DVほど別れる理由になるのではないでしょうか。

別れさせ屋を使うのもあり?

自分からはどうしても別れ話を切り出せないという場合は、第三者にお願いしてスムーズに別れるいうこともあります。では第三者と言えば誰にお願いすればいいのか、友達などに依頼をするのではなく別れさせ屋に依頼してきれいさっぱりと別れることも方法の1つではないでしょうか。別れさせ屋に依頼すれば費用が発生します。

費用が発生しますがその分後腐れなく別れさせてくれるというメリットもあります。別れさせ屋はビジネスで行っているため、別れさせるための手段を選ばず、できるだけ依頼者の要望には答えられるようにいろんな方法を使って別れ話を相手から切り出させることも可能です。別れさせ屋の使命は別れさせることなので、実際に別れさせることができるまでいろいろな手段を使ってきます。それも、ほんにんが何もしないでこっそりと進められるので簡単に別れることができます。

まとめ


彼女や彼氏と別れたいと思ったときに、いくつか別れる方法があります。そこで、メール・LINE、電話、直接会う、これの3つが選択肢としてあります。そこで今回は自分にあった別れ話の切り出し方法を実践してみましょう。それぞれの特徴を見極めてから別れ話をすることできちんと別れることができます。