好きだけど別れる理由とは?別れる方法と注意点もご紹介!

恋愛は「好きだから」という気持ちだけでうまくいくものではありません。自分がどれだけ愛情を持っていても、相手が同じ愛情を向けてくれなければ一方通行でしかないのです。また、なかにはお互い好きだけれど別れなければいけない恋人たちもいます。どういった理由があるのでしょうか。

今回は、

  • 好きだけど別れる理由
  • 好きだけど別れる方法
  • 別れるときの注意点
  • 本当に別れるべきか悩んだときの対処法

と、好きなのに別れなければいけない理由について紹介していきます。

好きだけど別れる理由

好きだけど別れるなんておかしい、と思う人もいるでしょう。しかし、それぞれの事情があって別々の道を歩む恋人たちは少なくありません。

こちらでは、好きだけど別れてしまう理由をみていきましょう。

浮気が多くて我慢できない

相手の浮気癖がひどくて、我慢できずに別れてしまうこともあります。普段は優しくて理想の恋人であっても、女性関係にだらしなく浮気が多い人は別れを切りだされることが多いようです。

女性のなかには「最終的に自分のところに帰ってくればいい」と考えてる人もいますが、こういった考えを持つ人は少数派です。誰であっても、好きな人の一番は自分でいたいと考えるのは当然ですよね。好きだけど別れる理由として、浮気が多くて我慢できないことも考えられます。

価値観が違って我慢が出来ない

お互いの価値観が違いすぎると、いくら相手のことを好きでも我慢できない部分があります。特に金銭関係に関して、価値観が違いすぎるという理由で別れてしまった方も少なくありません。

女性が結婚を意識した場合、浪費癖がひどい男性とは幸せな家庭を築けないと感じとるのです。

束縛をされ過ぎて疲れてしまった

彼女が誰と会っているのか、自分以外の異性を話していないかなど、愛情があるゆえに相手を束縛する人もいます。小さな嫉妬やヤキモチであれば問題ありませんが、だんだんとエスカレートしてしまうと相手に重いと思われてしまうこともあるでしょう。

最初は「愛されているからだ」と思うことができても、束縛が強すぎると友人関係も築けなくなるため、精神的に疲れてしまう人もいるのです。

相手の愛情に対して不安がある

いくら愛情を持っていても、それが相手に伝わっていないと意味がありません。相手の態度によって、自分が愛されているのか、本当にまだ愛情を持ってくれているのか不安になることもあります

不安な状態が続いてしまうと、どんなこともネガティブに考えてしまい、どんどん不安が広がってしまいます。結果として、相手の愛情を信じられなくなって破局するケースもあるのです。

遠距離になってしまった

遠く離れていても愛情は変わらないと思っていても、実際に遠距離恋愛になると、相手に対して不安や疑いを抱いてしまうこともあります。会いたいときに会えないことが気持ちを追い詰めてしまうのです。

人は安心できるときであれば心にゆとりを持つことができますが、不安が多いと些細なことでも疑いの目を向けてしまう傾向があります。相手の表情や態度が分かりにくい状態である遠距離での恋愛によって、別れてしまうかもしれません。

マイナス思考があまりにもひどいから

常に楽観的であるべきとは言いませんが、あまりにもマイナス思考だと一緒にいて疲れてしまいます。マイナス思考の人は「どうせ〇〇なんて」と何にでも消極的な考えを持っています。休日がきても「休みだからリフレッシュしよう」と考えるのではなく「休みが終わればまた仕事」とネガティブな考えばかりなのです。

慎重な性格であれば、そこまでのストレスはありませんが、慎重とマイナス思考は似て非なるもの。落ち込んだ人と一緒にいると、自分の気分も落ちてしまうのと同じように、毎回マイナス思考の言葉を聞いていると「一緒にいたくない」と考えてしまうのは当然といえるでしょう。

好きすぎて依存してしまうから

これは少数派ですが、相手のことが好きだからこそ別れたい人もいます。束縛と似ているかもしれませんが、好きすぎて相手に依存をしてしまう傾向の人もいます。相手に頼りっ放しになってしまい、相手があなた自身を重荷に思うようになってしまうのです。

男女割合としては、どちらかと言えば女性のほうが依存度が高いと言われています。自分の依存度を気にして、相手に負担をかけないようにするために別れてしまう恋人たちもいるのです。

好きでも結婚を意識できない

学生や20代前半は、結婚を意識する人も少ないかもしれません。しかし、年齢を重ねることによってどんどん結婚を意識していくでしょう。結婚は生涯を共にするため、男女の差はありますが相手に条件を設ける人もいるでしょう。

恋人としては付き合いやすいけど、結婚相手としては考えられないという経験を持つ人もいるのではないでしょうか。女性は結婚相手に安定を求める傾向があるため、いくら好きな相手でも収入面で安定していない人とは結婚を意識できず、別れを告げる人も少なくないようです。

将来について意見が合わない

いつまでも恋人でいられるわけではなく、交際期間が長くなればなるほど結婚を意識し始めるはずです。しかし、将来について意見が合わない人と交際を続けることはできません。主に多いのが、男性は女性に家庭に入って欲しいと願うけれど、女性は仕事を続けたいというケースが挙げられます。

現在は女性も活躍できる職場が増えているため、仕事にやりがいを見出している人も多いでしょう。そんな人にとって、結婚=専業主婦になるのは耐えられない環境といえます。将来について意見が一致しているかどうかは、1つのポイントになるのです。

好きだけど別れる方法は?

好きなのに相手に別れを告げるのはなかなか心苦しいですよね。

どうすれば好きな相手と別れることができるのでしょうか。ここでは、好きな相手と別れる方法についてまとめてみました。参考にしてみてください。

徐々にフェードアウトしていく

面と向かって別れを告げられない人は、徐々にフェードアウトしていく方法があります。金銭的な余裕があれば、引っ越しをするなど簡単に会えないように距離を置くことでフェードアウトしやすくなります。

気をつけたいのは、一気に距離を置かないことです。仕事や忙しいなどの何か理由を作って、少しずつ距離を置くようにしましょう。

好きな人が出来たと伝える

あまり時間をかけたくないのであれば「好きな人ができた」と伝えるのもいいかもしれません。好きだけど別れたい気持ちをストレートに言える人は少ないでしょう。だからこそ、別れるための理由を作る必要があるのです。

好きな人ができたと伝えることで、相手に対して愛情がないことを伝えるのです。簡単に納得はしてもらえないかもしれませんが、既に愛情がないことが分かればしつこく食い下がられることもないでしょう。

別れたい理由をきちんと伝える

一番良い方法は、別れたい理由をしっかり相手に伝えることです。好きだけど別れたいというのは、相手にしてみれば自分勝手に思われてしまうかもしれません。きちんと別れたい理由を告げて、納得したうえで別々の道を歩むことが後々のトラブルを回避することができます。

ただし、相手によっては話をすることが危険な場合もあります。特に束縛が強い、マイナス思考の人などはこちらが思いもよらぬ行動に出る場合もあるので、慎重になったほうがいいかもしれません。

しっかり話し合う

これは別れたい理由を告げることの延長になるかもしれませんが、しっかりと話し合うことをおすすめします。別れたい理由を知ることで、相手が改善してくれる場合もあるからです。相手の嫌な部分がなくなれば別れたいとは思わなくなるかもしれません。

ただ、話し合ううえで注意したいのが、自分の意見をしっかり伝えることです。相手の勢いに飲まれず、自分がなぜ別れたいと思ったのかを伝えましょう。

別れるときの注意点

相手に別れを告げるとき、気をつけたいことがいくつかあります。注意点を考えずに告げてしまうと、後からトラブルに発展するケースもあるので注意が必要です。

ここでは、別れるときの注意点について紹介します。

別れるなら復縁を意識することの無いようにする

何らかの事情で別れることになった場合、復縁を意識することがないようにしましょう。例えば、束縛が強くて別れる場合「束縛が強くなくなったら復縁してもいい」と言ってしまうと、あまり改善されていないのに復縁を迫ってくることがあります。

特に相手からあなたへの愛情が強ければ強いほど、復縁を迫ってくることがあるので言い方に気をつけなければいけません。

別れた方が幸せになれると考える

相手としっかり話し合う場合、別れることがお互いのためになる、幸せになれると考えましょう。どんな相手だとしても、恋人と別れるというのは自分自身の心に傷を残します。真面目な女性ほど「自分が我慢をすれば良かったのかもしれない」と、自分を責めてしまう傾向があるのです。

別れたほうが幸せになれるのだと自分の心に言い聞かせて、新しい一歩を踏み出すようにしましょう

復縁をしたとしてもうまくいく可能性は少ない

なかには破局した恋人が復縁をすることもありますが、この復縁によってうまくいく可能性は少ないです。

特に浮気などで一度破局をしている場合、また同じことの繰り返しになる可能性が高いです。友人としては良い関係を築けることもありますが、一度別れた相手と恋人としてやり直せると考えないようにしましょう。

本当に別れるべきか悩んだときは……

恋人と別れることは、自分で考える以上に頭を悩ませるものです。悩んだときには、この相手と結婚できるかどうかをイメージしてみると良いでしょう。

こちらでは、悩んでいるときはどうすればいいのか、まとめてみました。

相手と結婚した場合をイメージする

今は恋人であっても、年月を重ねることで夫婦になると考えましょう。そのため、相手と自分が結婚したときはどんな夫婦生活を送っているのかイメージしてみると、本当に自分が交際していくべき相手かを見極めるヒントになります。

相手との良い将来が思い浮かばないときは、それだけあなたを悩ませる行動をしていることです。そういった人と結婚をしても幸せになれないので別れる決断を下したほうがいいかもしれません。

相手の好きなところを書き出し他の相手に当てはめてみる

別れるべきか悩んだときは、相手の好きなところを書きだしてみましょう。そして、他の相手に当てはめて「その人だけの良いところ」があるのかを比較してみてください。

もし、他の人にもあるような良いところばかりだった場合、苦労して恋愛を続ける意味はないと判断しても良いでしょう。

まとめ

好きだけど別れなければいけない人もいます。気持ちだけでは乗り越えられないことがあるからです。例えば浮気が多い、束縛をされすぎるなど心労ばかりが募る関係もあるのです。

そんな時は一度距離を置く、勇気を出して別れるなど自分自身がつらくない結論を出してください。