彼女と別れたい。傷つけずに別れるための上手なテクニックを紹介

恋愛はいい時ばかりではなく、時には辛い局面もあります。最悪の場合には、もう関係を続けられず「別れるしかない」という時もあるでしょう。

今回は「彼女と別れたい」という男性に向け、彼女との上手な別れ方を解説します。恋人との別れは、基本的には女性の心に深い傷を残します。できる限り、彼女を傷つけることなく綺麗に別れることを意識しましょう。

彼女と上手に別れるための下準備


できる限り相手を傷つけることなく、彼女と綺麗に別れるために大事なこと。それは「少しずつ距離を置く」ことです。

何の前触れもなく、親しくしていた彼氏から別れを告げられると、彼女は大きなショックを受けます。

綺麗に別れるためには、二人の間に少しずつ距離を置く準備期間が必要なのです。

少しずつ「自分の時間」を優先し、二人でいる時間を減らす

もしあなたがいつも休日は彼女と一緒に過ごし、彼女との希望を優先した時間を送っているのであれば「自分の時間」をまずは優先してください。

例えば「会社で資格を取得するように命じられたので、資格勉強に時間を使いたい」「副業を始めたいので、休日はその下準備に時間を使いたい」などの理由を用意。休日は自分一人で過ごす時間を増やすと良いでしょう。

そうすることで二人で過ごす時間が少しずつ減っていきます。このタイミングであなた自身も「本当に彼女と別れるべきなのか」と改めて考えてみてください。

やはり別れたくない、と思い直したのであれば、このタイミングなら引き返せます。

一方「別れよう」と心に決めたなら、ここで作った自分の時間を活用。彼女と別れた後の生活の準備を始めましょう。

LINEやメールの返信を遅くしよう

自分の時間を増やした分、彼女は「一緒に過ごす」のとは別の方法でコミュニケーションをとってきます。その代表格がLINE・メールです。

もしこれまでLINEやメールに即答していたのであれば、少しずつ返信を遅くしましょう。一緒に過ごす時間が少なくないr、連絡を取り合う機会も少なくなってくると、段々と二人の関係性も変わってきます。

その他のサインの送り方

食事の際の振る舞いや、一緒に過ごしている時の対応も「別れたい」という気持ちを示すサインになります。

例えば、食事を終えての二軒目。普段であれば二軒目のお店にも積極的に行くところ、二軒目を早々に切り上げる。もしくは一軒目だけで切り上げる。こうした態度は、小さいけれど確かな感情の変化として彼女に伝わります。

彼女と別れるための、LINE・メール活用法


彼女と上手に別れるには、LINEやメールを上手に活用することも大事です。

ただし「別れよう」という言葉を、LINEで直接的に伝えるのは良くありません。LINEはチャットのため、相手の声や表情のニュアンスが伝わらず、自分の言葉が相手に思ったようには届かない可能性が大きいです。

最後の別れは、やはり直接会う形で済ますと良いでしょう。

LINEやメールで別れを切り出すのはNG

「どうしてもすぐに彼女と別れたい」というケースもあるでしょう。そうした場合にすぐに別れを切り出せるツールとして、男性にはLINEやメールが魅力的に見えるかもしれません。

しかし、LINEやメールで別れを突然切り出すのはNGです。LINEを受け取った彼女は「なぜ別れを切り出されたのか」「なぜ直接会う形ではなく、LINEで別れようと言われたのか」が理解できず、戸惑います。最悪の場合は逆上し「絶対に別れない!」と、彼女が態度を頑なにします。

まずは連絡頻度を減らそう

LINEやメールは「別れ話を切り出すツールではない」という前提に立った上で、まず連絡自体を少しずつ減らしていきましょう。そして、反応を伺いましょう。

返答する時はシンプル・簡潔・そっけなく

連絡の頻度を減らした後は、連絡したときの文面や対応なども簡潔に返信。そっけない対応をすることで少しずつ相手から離れていくようにしましょう。

そうすることで、少しずつ女性は「今までとは関係が変わってきた」「距離を置かれているのかもしれない」と段々と察するようになります。

彼女と別れるまでのLINEのやり取りの例

「彼女と別れる」と心に決めたのであれば、それまでのLINEのやり取りも非常に重要です。LINEのやり取りでは、具体的に何を意識するべきでしょうか。

「怒ってる?」と聞かれた場合

LINEでそっけない返事などをすると、相手に「この人は怒っているのかな?」と思わせがちです。

あくまでLINEのやり取りを減らすのは、連絡の頻度を落とすためです。「絶対に怒ってるでしょう」「理由を聞かせて」と追求されてしまうと、せっかくLINEの頻度を減らしたのに話が思わぬ方向に飛んでしまいます。

「怒っていないよ。ちょっと疲れていて」などと返した上で、次からそっけない返事はスタンプに置き換えてみると良いでしょう。

「今度いつ会える?」と聞かれた場合

相手がデートを楽しみにしていたら「今度いつ会える?」などと聞かれることがあります。

別れると決めてから「デート」をするのは、あまり良くありません。気乗りしないデートをされることは、女性にとっては腹立たしいことだからです。

「今度いつ会える?」「次はいつデートしようか」などと、相手がさらに恋愛関係を深めようとしてきた時は、別れ話を前に進めるタイミングと言えるでしょう。

「来週の土曜日、直接会おう。ちょっと話したいことがあって」などと、やや深刻な話をすることを匂わせた返信をすると良いでしょう。

別れの切り出し方

別れを告げるには「別れる理由」も非常に重要です。

彼女に別れを切り出す時には、どのような言葉を告げるべきなのでしょう。

まずは本音を伝えよう

別れを切り出す時に「嘘」は要りません。あまりに生々しい理由をそのまま告げると、相手を傷つけてしまいそうな場合にはオブラートに包むべきです。でも、そうでない限りはまずは本心を話しましょう。

他に好きな人ができた。このままだとあなたにも、好きになった人にも失礼だから別れたい。

他に好きな人ができた場合の、別れの言葉です。

他に好きな人ができたというのは、別れの理由として決定的です。そして、彼女にとっては大きなショックです。「他に好きな人ができた」という事実は、どのような形で告げ他としても相手を傷つけずにはいられません。

せめて彼女のショックを軽減するためには、相手のことを多少なりとも思っていることを告げましょう。自分勝手な理由で別れを告げて申し訳ない、という気持ちを誠心誠意伝えてください。

それでも相手は取り乱すかもしれませんが、相手の辛さを受け止めるのも彼氏としての最後の役目です。

「他に好きな人ができた」と告げられてしまった時の対処法とは!?

仕事(勉強)に集中したい

「仕事に集中したい」というのは、別れる理由としてもっとも多いものの一つ。

男性にとっては別れを切り出しやすい内容です。別れる理由は「彼女ではなく、仕事」ということにできるため、彼女に与えるダメージを最小限にしやすいです。

彼女からすれば「なぜ、自分よりも仕事を選ぶのか」「自分が近くにいると、仕事ができないのか」「なぜあなたは恋愛と仕事を両立できないのか」と不満を抱くでしょう。こうした疑問には、1つ1つ丁寧に答えてあげましょう。

共感!みんなの「別れる理由」が分かりすぎてツライ…

最後にはきちんと「ありがとう」を伝えよう

最終的に「別れ」に至った恋愛でも、それまでに楽しいことは色々あったはずです。彼女が、あなたを思うからこそしてくれたことは沢山あったでしょう。

だからこそ、最後にはきちんと「ありがとう」を伝えましょう。今まで付き合ってきた彼女への、最低限の礼儀です。

彼女を傷つけたくない…最善な別れ方


ここまで、一般的な「彼女との別れ方」のテクニックを紹介してきました。

しかし、現実には様々なタイプの女性がいます。彼女が社交的な女性なのか、メンヘラ気質の女性なのかにもよって、別れ方や注意すべきことは変わってきます。

メンヘラ気質な彼女の場合

思い込んだら何をするかわからないような、精神的に病んでいる女性が「メンへラ気質の女性」。そんな女性と別れるには注意が必要です。別れ話に大きなショックを受けたら、逆上する可能性が非常に高いです。最悪の場合には、物を破壊するなど衝動的な行為をするでしょう。

こうした女性と別れるには、何よりも大事なのがタイミング。じっくりと彼女の話に耳を傾けた上で、最適なタイミングを測りましょう。そして、別れるときははっきりと別れたいという意思表示をしてください。

一度、別れを告げたら「二度と会わない」という決心も必要です。メンヘラ気質の女性は、少なからず恋愛相手に精神的に依存します。中途半端に復縁の可能性を残してしまうと、彼女はかえって次の恋愛に進めず、新たな「依存相手」を見つけられません。

彼女のことを思うなら、なおさらもう二度と会わないという心算で別れを告げましょう。

遠距離恋愛中な場合

付き合っていくのが一番難しいのが、遠距離恋愛中の関係です。

お互いがお互いをどんなに思い合っていても、距離が離れている分、どうしても関係を続けることが難しくなりやすいです。会いたい時に会えない。これは大きなストレスです。

遠距離恋愛が理由で別れる場合は、彼女に率直に気持ちを伝えましょう。そして、最後は直接会って別れましょう。お互いに気持ちをしっかり伝え合うことで、すっきりと別れられる可能性が高いです。

遠距離の浮気が心配?不安から解消される方法、乗り切る方法

彼女と別れるべきか悩んでいる人は


そもそも「彼女と別れるべきか」「付き合い続けるべきか」と迷うケースもあるでしょう。

そうした場合は別れたいという気持ちが本物なのか、一時的な感情なのかをしっかり考えましょう。

【彼女と別れたい】彼女と極力トラブルなくサヨナラする極意

その気持ちは一時的な感情?

彼女と喧嘩をした。

彼女との関係がマンネリで、デートがつまらない。その時間を別のことに使いたい。

このように男性の心には、ちょっとしたことで「別れたい」という感情が湧いてくることもあるでしょう。でも時間が経って冷静になると、また彼女の好きな部分が見えてきたりもします。

振ったけれど、後悔して復縁したい・・・という状態になるのが一番もったいないです。どんなに「別れたい!」という衝動にかられても、多少は時間をおいて頭を冷静にしてみましょう。

「振ったけど後悔…」その気持ちや本音、復縁方法を徹底解説!

ずるずると付き合っていると…

別れたいという感情が出てきたら、ずるずると付き合うのは避けましょう。「冷静になるために時間を置く」ことと「単にずるずる付き合う」のは別物です。

彼女と付き合い続けることで、何が残るのかを考えてみましょう。自分の気持ちをだましながら付き合い続けていると、彼女をより傷つけてしまうことになります。

冷静に考え「別れたい」と結論が出たら、別れ話をするタイミングを本格的に探りましょう。

友人や知人に相談し客観的な意見をもらおう

別れるべきか、別れないべきか。自分の気持ちがよくわからないという場合は、友人や知人の意見を聞いてみるのもいいのではないでしょうか。

友人や知人は客観的に自分たちのことを見ているものです。

まとめ


できる限り彼女を傷つけることなく別れられる、上手な別れ方のテクニックを紹介しました。

別れ方のコツは「少しずつ距離を置くこと」です。

またLINEやメールは、あくまで「別れ」の前段階で使う補助ツールのようなものだと考えてください。LINEで別れ話を伝えることだけは避けましょう。