復縁方法を知って元彼とよりを戻すためのヒント

「元カレが好きだから復縁したい!」このように思っていませんか?しかし自分が復縁したくても、相手はそう思っていないかもしれません。相手も自分と復縁してもらいたいと思ってもらうためには、どこに気をつければいいのでしょうか

  • 復縁の前に知っておくべきこと
  • 復縁確率アップのための方法
  • 復縁したい時の注意点

についてまとめました。

復縁の前に知っておきたいこと


やみくもに復縁を目指しても相手は引くだけです。ある程度の冷却期間を置く、今まで以上の関係を目指すなど見つめなおすことが重要です。復縁するにあたっての心構えについて簡単にまとめてみました。

復縁アプローチをするならば半年以降が良い

復縁するのであれば、数週間の短期間ではなく、半年以上の長期戦を覚悟することです。魅力を感じない、飽きたなど、とにかくあなたにネガティブなイメージを持っているから別れを切り出したのです。すぐにアプローチをしても、ネガティブな感情を持ったままなら応じてくれないでしょう。

逆に半年程度の冷却期間を置けば、元カレと連絡も取りやすいでしょう。復縁したければ、決して焦らないことです。

付き合う前の2人以上の関係を目指すことを意識する

前のお付き合い以上の関係を目標にすれば、相手も復縁に魅力を感じるでしょう。自分も相手も変わらなければ、復縁しても同じ結果になる公算が大だからです。今まで以上の関係を目指すには前に付き合っていた際の自分の欠点・問題点を見つめなおしましょう。また自分磨きをして、相手に自分が今まで以上に魅力のあるように見せることも大事です。

基本は好意を伝えて恋愛感情は伝えない


「かっこいい」「尊敬する」といった好意を伝えてもいいですが、「会いたい」「寂しい」などの恋愛感情を伝えないことは大事です。好意と恋愛の線引きがわからなければ、同性の友達に言えないことは恋愛感情だと考えておくといいでしょう。

復縁する確率をアップさせるための方法

復縁するには、まずは友人関係を構築して適度な距離を作る、恋愛感情を相手に悟られないなど、確率をあげるポイントがあります。ここでは、復縁の可能性を高めるコツについていくつか紹介します。

復縁を匂わせない

復縁を希望するなら、その気持ちを隠したほうが成功する確率は高まります。自分が復縁したい、でも相手はその気がない、そのような現状で「復縁しよう!」は相手にとって、ただのプレッシャーでしかないからです。

友達になろうとする

いきなり元サヤを目指すのではなく、友達関係の構築を進めましょう。友達として好意を抱くことは、異性ではなく人間として好きだということです。

人間として魅力があると相手が感じれば、復縁の可能性も高まります。以前と自分が違うのだと思ってもらえれば、恋人関係に戻れる確率も高まります。

自分を磨く

画像⑬
別れることになったのはあなたにどこか原因があるでしょう。その原因を改善するための自分磨きをすれば、相手も好意を抱くはずです。また「前の失敗を二度と繰り返さない!」という決意表明にもつながります。

その他にも異性に魅力的に思われるような自分磨きをすることも有効です。髪形を変えるなど、大胆にイメチェンをして相手に強烈なインパクトを与えるのも効果的です。

別れた直後に一度だけ謝罪メールを送る

別れるにあたった自分の悪かった部分に関しての謝罪メールを一度だけ送りましょう。何度も謝罪すると、相手が「しつこい」と思ってしまうからです。軽いケンカで別れたのであれば、謝罪メールだけで復縁できる可能性もあります。

相手に未練があることを感じさせない

友達付き合いをする中で、未練があるように感じさせないことが大事です。過去にこだわっている人間に魅力は感じられないからです。

冷却期間を長く置いても、未練が感じられれば復縁には発展しないでしょう。友人や知人のような自然な付き合いから始めて、徐々に恋愛に発展させていくのが復縁ではベストなパターンです。

距離感は適度に保つ

いきなり近づきすぎるのではなく、適度な距離を保ちましょう。いきなり恋愛感情を見せると警戒心を強め、下手すると相手が逃げてしまうからです。恋愛感情は隠して、友人関係の構築から始めましょう。そのためにはさばさばとした感じで付かず離れずくらいの関係性を保ちましょう。

なぜ別れたのかをもう一度考えてみる

割れたのには何かしらの原因があるはずだから、そこを見つめなおしましょう。原因が改善されていないと、うまく復縁できても同じ結果になるからです。中には価値観の違いなどあやふやな原因もあるでしょう。その場合、どこが違うのかについて振り返ってみることです。

別れた時とは違う自分を見せられるようにしておく

ショートに似合うヘアメイク特集!こなれヘアでおしゃれになろう

髪形や服装など、「あのころと違うな」と相手が感じるようにイメチェンを図りましょう。別れたときと何も変わっていないと「どうせまた付き合っても同じ結果になる」と思われてしまうからです。姿勢を正す、言葉遣いを変えるなどもいいアクセントになるでしょう。

元彼の誕生日にお祝いをする

誕生日やお正月などのイベントごとにLINEやメールを送ってみるのも効果的です。この時も恋愛感情を見せないようにすることです。「おめでとう」「元気にしていますか?」のような軽いメールであれば、相手も返信しやすいでしょう。

相談を持ち掛けてみる

何か相談を持ち掛けてみると、相手も話に乗ってくれやすいです。元カノとはいえ、何か助けを求められればできる範囲で何とかしようと考える男性は多いからです。相談しながらコミュニケーションをとって、徐々に距離を近づけていきましょう。

復縁したいと思うときの注意点


別れた後には極力連絡を取らないようにする、冷静に必要以上に負わないようにするなどいくつか復縁する際に注意点があります。参考のため、いくつかのポイントについてまとめてみました。

別れてすぐに連絡を取らないようにする

別れたばかりの時はできるだけ連絡を取らないようにすることです。別れているにもかかわらず、メールやLineが来れば未練がましいと相手が感じてしまうからです。いったん冷却期間を置くことが、いい結果を招いてくれるでしょう。

冷静さを保つ

冷静に自分が何を考えているのか、どうしたいのかを相手に伝えることです。どうしても思いが募ると感情的になりがちですが、そうなると言い争いになって逆に復縁の確率を下げてしまいます。特に女性は感情的になりがちなので、ここは押さえておきたいところです。

必要以上に追わない

相手を負いたくなるかもしれませんが、これは復縁のためには絶対にNGです。人間は追われれば逃げる、これが本能といわれているからです。これ以上相手に嫌われないようにするために、必要以上に負わないように心がけましょう。

相手に対しての不安要素を取り除く

悩む女性
相手が別れを切り出すのには、何かしらの不安要素などのネガティブな要因があるはずです。それは何かを見つめなおして、自分なりに取り除く努力をすることが大事です。今まで通りの自分ではダメ、どこを改善すればいいかを考えることです。

相手への期待はしない

「相手も自分に未練があるはず」このような期待を持っているのであれば、まずその感情を捨て去ることです。復縁で大事なことは冷静に現状を見つめ、それを改善するための対策です。相手へ変に期待しなくなると、精神的に安定するはずです。

相手の立場に立つ

「どうすれば相手が復縁したいと思えるか?」という相手本位になって対策を講じることが有効です。「どうすれば相手と復縁できるか?」と考える人が多いですが、これは自分本位です。あくまでも相手の立場に立って動いていかないと、復縁になかなか向かいません。相手本位の思考回路を確立することです。

まとめ

冷静になって、最初は友達関係のような適度な関係を構築して、徐々に近づくことが復縁のためには大事です。復縁するために相手を追いかけたくなるでしょうが、そうすればどんどん彼は逃げてしまいます。長期戦を覚悟して、徐々に相手に恋愛感情を抱かせましょう。