不倫相手ともう一度復縁したい!その方法って?

遊びの恋が、気が付けば本気の恋になっていた……なんてこともあります。これが普通の恋愛であればなんら問題ありませんが、既婚者との恋愛となれば話しは違ってきます。不倫の最後に待っているのは、天国かそれとも地獄なのか……

不倫相手とやっぱり復縁したいと思う前に

ぶっちゃけて言えば、どのような経緯でそうなったか関係なく、不倫相手と別れられたことは良いことです。ですから、せっかく別れられたのなら、このまま後ろを振りかえらずに前に進んで頂きたいと思います。不倫相手の連絡先を全て断ち切って、二度とやり取りできなくするくらいが丁度良い。何度も言いますが、不倫相手と別れたのならこのままいてください。

浮気と不倫の違いって?

浮気と不倫。この二つは、似ているように思うかもしれませんが実は違います。浮気とは、未婚既婚関係なく、他の異性に心が奪われること。ここは線引きが難しいところでもあるのですが、交際していなくても気持ちがよその異性に向かった時点で浮気とみなす人もいるようです。

不倫は、既婚者が他の異性と深い関係になることを言います。未婚同士の恋愛においては、当てはまりません。

不倫の結末はやはり…

不倫相手と別れたくても、別れられなくなることはよくあります。それは、不倫相手を嫌いになれない、離れたくないからといった理由だけではありません。既に不倫相手を嫌いになっていても、向こうが別れてくれなくなるといったことです。時にストーカーのように付きまとってきたり、不倫の事実をみんなにバラすなどと脅してくることもあります。

不倫した女性が既婚者の場合は、不倫がバレれば家庭が崩壊することも考えらるでしょう。また、離婚に至らなかったとしても、一度失くした夫婦間の信頼を取り戻すのは大変なことです。以前のように仲良し夫婦に戻れるかどうかは分かりません。

また、不倫した女性が未婚者だった場合もデメリットは少なくありません。不倫がバレてしまえば、今後長くその事実が付きまとうことになるでしょう。これが原因で結婚が遠くなることも考えられます。また、一度でも不倫をすると、癖のようになってしまう人も少なくありません。刺激がない恋愛ができなくなり、真面目な交際が出来なくなる人もいます。

ですから、綺麗に別れられたのでしたら、もう二度と会わないことをオススメします。揉めずに別れられたのは、とてもラッキーなことだと言えます。

痛いでは済まされない「不倫の代償」

不倫がバレた場合、慰謝料請求されることもあります。それは、配偶者からされるだけでなく、不倫相手の配偶者からされることも考えられます。不倫請求が可能なのは、不倫を知ってから3年。不倫行為が発生した時から3年ではなく、不倫の事実が分かってから3年です。

つまり、不倫の事実が分かったのが不倫から10年後だったとしても、そこから3年間は請求される可能性があるということです。慰謝料請求ができなくなるのは、不倫から20年間です。こんなにも長い間、バレることを恐れビクビクしながら暮らすのはなかなか大変なことです。

不倫相手ともう一度復縁したい

別れた不倫相手と復縁したいと思う一番大きな理由は、寂しさ。もちろん、その寂しさは独りよがりの傲慢な感情です。

上司と不倫の場合の復縁

職場が一緒だと、毎日顔を合わせることになりますので、色々な意味でデメリットが多いと言えます。無理やり別れたとしても、毎日顔を合わせれば当然辛いでしょう。また、別れた後に、今度はわざと避けたり辛く当たったりするような上司もいます。そして、不倫していた部下が職場にいられなくするのです。

また、自分たちは不倫関係にあることを誰にも知られていないと思っているかもしれませんが、勘が鋭い人は見ぬきます。既に職場のみんなが承知……なんてこともあるかもしれません。上司と復縁したいと思う方は、こういったこともあることを覚悟して行動してください。

その上で復縁したい場合は、さりげなく短いメールを送ってみるのも良いでしょう。「久しぶりです」程度のメールです。相手にその気があれば返信してくるはず。ない時は、もう復縁は難しいと思ってください。

ダブル不倫の場合の復縁

既婚者同士の、所謂ダブル不倫。バレやすいといった特徴もありますので、注意が必要です。復縁したい場合は、くれぐれも注意してください。向こうから別れを言ってきた場合は、1年間は連絡をしないようにするのが良いでしょう。別れた後に、向こうが復縁したいと思ったら、何かしらの連絡をしてくることが考えられるからです。

こちらから別れを告げたばあいも、すぐに復縁したいと伝えると相手を怒らせてしまうので避けましょう。やはり、半年間くらいは時間を置くことが必要です。

なぜ不倫は別れと復縁を繰り返す?

心のどこかに罪悪感を抱えての交際。その為、ちょっとしたきっかけで罪悪感が溢れて別れてみたり、その後また寂しくなってみたりします。全く知らない異性に声をかけるよりも、お互い知っている者同士の方が声をかけやすく、その為何度も復縁を繰り返してしまう人もいます。

普通の恋愛であれば責任も発生しますので、付き合うにせよ別れるにせよ、よく考えて判断します。しかし不倫の場合は、そのあたりのことがどうしても軽視されやすく、勢いや雰囲気に振り回されてしまいます。

また、自分でも気が付いていないのかもしれませんが、しょせん不倫をする人間だから、大切にしなくても良いといった認識で相手のことを見る傾向があります。その為、多少傷つけてもそれなりの人間だから仕方がないと思っているので、簡単に別れたり復縁を求めたりしてしまうのです。

とにかく体の相性が…

結婚相手となれば、色々なところを観て判断し選びます。しかしながら不倫相手は、お手軽にセックスを楽しめる相手といった認識もあり、体の相性が良いとどうしても離れたくないと思ってしまいます。

不倫ゆえの熱情

許されぬ恋に燃える人は少なくありません。刺激を求め、あたかも悲劇のヒロインのように思いこむ人もいます。そんな自分が好きなのです。そんな自分が恋愛することが好きなのです。

こういった人は、不倫を何度も繰り返すことが少なくありません。

別れの後の苦しみが耐えがたい

好きな人が他の女性と深い関係になっているところを想像して、何も思わない人はいません。しかし、既婚者の男性と付き合っている以上、家に帰ればそういう毎日を送っているのです。それが許せずに、孤独に耐えられず不倫を繰り返す人もいます。

しかし、幸せになれないこの状況から脱する為には、辛くても心を鬼にして抜け出さなければなりません。でも、それは容易ではないのでしょう。

不倫相手の男が貴女と復縁したいと思う瞬間

不倫する既婚者の男性の中には、奥さんにはカッコつけて良い夫、父親をアピールしていて、弱音は不倫相手にだけ見せていることもあります。仕事で上手く行かなくなった時や失敗した時、それを誰かに受け止めてほしいと思い、別れた不倫相手に会いたくなることもあります。

また、単身赴任中でほとんど家族と離れて暮らしているような男性もまた、一人きりの自宅に耐えられず不倫相手を誘ってしまうこともあります。寂しさを紛らわせ、癒してくれる女性にまた会いたいと思ってしまうのはなんとなく理解できることかもしれません。

ムラムラする時

体の相性が良い女性とセックスしたい。ムラムラした時、そう思う男性は少なくないでしょう。また、奥さんとは一般的な性交渉しかせず、激しいそれを求めている時、それを受け入れてくれる不倫相手に合いたいと思ってしまうこともあります。

奥さんと喧嘩してしまった時

喧嘩した時に、優しく包んでくれる人が恋しくなることもあります。また、いつもイライラしていて、ちょとしたことで怒る奥さんに疲れて、穏やかな不倫相手に会いたくなる人もいます。怒鳴ったり騒いだりしている女性より、優しくてかわいい女性と一緒にいたいと思うのは当然かもしれません。

しかし、本当は奥さんのイライラの原因をちゃんと理解してあげて、仲良くできる方法を探さなければいけないのです。でも、本人も疲れているような時、そう思えないこともあるのかもしれません……

不倫相手と復縁する方法

その愛情は本物ですか?一度別れたのにまた付き合いたいと思った場合、今度は必ず不倫のリスクを考えて行動しなければいけません。不倫がバレたら慰謝料などの問題が発生するだけでなく、多くの信頼を失います。場合によっては家庭を壊したり、職場を失うことだってあるかもしれません。また、何の罪もない不倫相手の家族を傷つけることにもなります。

つまり、復縁するつもりなら、地獄に落ちる覚悟でやれということです。全てを失くしても良いと本気で思えるほど好きな相手となら、復縁もありかもしれません。しかし、そこまで覚悟がないのであれば、復縁はオススメしません。寂しいのであれば、未婚の男性と付き合うべき。貴女が既婚者なのであれば、もう一度ちゃんと夫婦で向き合うべきです。

離婚して迎えに行く

貴女が既婚者なのであれば、離婚してフリーになってから復縁するのが一番良いと言えます。ただし、相手にそれだけの気持ちがあるのかどうか分かりません。よく考えて決めてください。場合によっては、家庭も不倫相手も全て無くす可能性もあります。

やっぱり男性のほうが未練がましい?

よく男性の方が未練がましいと聞きますが、実際はそうとも言えなさそうです。ただ、未練の感情を拗らせてしまうと、ストーカーのように付きまとわれる危険もありますので注意してください。

まとめ

復縁は、よくよく考えてから決めることをオススメします。別れた人を恋しがるよりも、新しい正々堂々とした恋愛相手を見つける方が賢いのではないでしょうか。今は若く綺麗な貴女も、いずれ年を取ります。その時、信頼できる男性が周りに誰もいなかったなどといったことにならないように。誰かにそばにいてほしいなら、太陽の下一緒に手を繋いで歩ける相手と付き合うべきです。