不倫相手と別れた!もう一度復縁したい。その方法って?

すでに結婚しているけれど、遊びのつもりで他の異性とも付き合ってしまった!遊びのつもりがいつの間にか、本気の恋愛に発展してしまった。

そうして大きなトラブルになるのが、不倫です。ほとんどの不倫は最終的に別れに至ります。今の結婚相手と正式に離婚して、復縁するのは本当にごく一部。

それでも相手のことが忘れられない。

なんとかして、相手と復縁したい。そんな時はどうしたらいいのでしょうか。不倫相手との復縁について、解説します。

不倫相手と別れた!復縁する方法は?

不倫相手と別れた後も、その人のことが忘れられず、なんとかして復縁したい。

復縁するにはどのような方法があるでしょうか。3つのステップに分けて、復縁の方法を紹介します。

1.いまの結婚相手との離婚を正式に完了する

あなたが結婚している状態にも関わらず、不倫相手との復縁を望むなら、最低限するべきことは「今の相手との離婚」です。不倫は民法上、慰謝料の対象です。よって離婚が完了しない状態で復縁すると、慰謝料が発生する可能性が高いです。

そうしたリスクがある状態で、一度不倫した相手と、また復縁したいと望む男性は多くはないでしょう。

よって男性の気を惹くためにも、離婚を正式に完了することが大事です。

2.時間を置く

特にダブル不倫、もしくは男性側が不倫をしていた場合は「時間」が大事です。不倫相手との別れ。現在の結婚相手との離婚。慰謝料の発生。どれも人生において、とてもヘビーな出来事です。

これらの手続きを完了した後の男性は、完全に疲れ切っていて「恋愛なんてこりごり」という気持ちになっています。そうした男性をひとまず休ませてあげることも、復縁には大事です。

3.何気ない用事で相手を誘おう

半年から一年、場合においては数年程度時間を置いてから、LINE(ライン)やメールなどで連絡を取ってみましょう。

連絡を取る理由は、共通の趣味などに関することがいいでしょう。

音楽が好きな男性であれば「あなたの好きなバンドのチケットがたまたま手に入ったから、一緒にいかない?」というような誘いが有効です。相手としても、久々の再会を楽しみつつ、自分の趣味の楽しみも得られる時間になります。

そうしてお互いに距離を縮めていくことで、関係が再び進展。復縁することができます。

復縁のプロに相談してヒントをもらう

「いけない恋だとはわかっていたけれど、やっぱりあの人がいない夜は寂しすぎる…またあの人といけない恋をしたい」

いつもならあの人との予定があった週末。スリルのない家庭。あの人と別れてしまってから刺激もなくつまらない日常になってしまっているのではないでしょうか。できることなら、また別れてしまった不倫相手と刺激的な恋をしたいですよね。

でも、復縁するといっても難しいし、相手は家庭に戻り、あなたに冷めてしまっているかもしれません。

でも、諦めてはいけません。

刺激的な恋をしたあの人と復縁する方法があるんです。

その方法が「占い」で復縁のプロである占い師に相談し、ヒントをもらうというもの。

「でも、占いって高そうだし一人だと行きにくい…」

そんなあなたにおすすめなのが『電話占いヴェルニ』です。

電話占いヴェルニ』は15万人以上もの人の、「人には言えないつらい悩み」を解決してきた国内最大手の電話占いサービス。

電話占いヴェルニ』は「プロの占い師」があなたに優しく寄り添って「霊感タロット」や「霊視」の力で、「実は彼(彼女)も別れてからさみしくて、あなたと会いたがっているの。だからあなたはこうすればいいだけですよ」といったように具体的な復縁のヒントを与えてくれます。

電話占いヴェルニ』に在籍している占い師の先生たちは厳しいオーディションを通過したプロ中のプロ。対面でも人気を博しており、満を持して電話占いヴェルニでも鑑定している有名占い師やテレビや雑誌で活躍する占い師も多数。

プロの占い師たちのアドバイスの的確さにほとんどの方がリピーターになっています。

「でも、プロの占い師の鑑定を受けるのって高そう…」

ですが、『電話占いヴェルニ』は登録も通話料も一切無料!鑑定料も対面に比べて大幅に抑えられています。

もし、あなたも「夫(妻)では満足できない!あの人とのいけない恋を取り戻したい」と思ったら『電話占いヴェルニ』でプロの占い師に気軽に相談してみましょう!

電話占いヴェルニについてもっと詳しく知りたい方は以下の記事をチェックしてみてください。↓

不倫相手との復縁の前兆

不倫相手との復縁の大事なステップが「時間を置くこと」。復縁を成功させるには、復縁を焦らず、じっくりとタイミングを探ることが必要です。焦りすぎは、かえって復縁の成功の可能性を小さくしてしまいます。

とはいえ「いつまで待てばいいのだろう」と疑問に思うのも当然でしょう。

まず前提は、半年から一年程度は時間を置くことです。

その上で、以下のようなタイミングがあれば連絡を入れてみるとよいでしょう。これらは復縁のタイミングの「前兆」です。

 

・会わなくてはいけない用事ができた

・誕生日

・年末年始

・スマートフォンが壊れた

 

1つ1つ解説していきます。

会わなくてはいけない用事ができた

復縁の兆しが出てきたときには、不思議と相手と「会わなくてはいけないタイミング」が発生するものです。

たとえば「彼の忘れ物が、部屋から出てきた」「借りていたものを、返しそびれていた」など。

これらは会わなくてはいけない用事に該当します。忘れ物は返すべきですし、借りていたものは返すべきだからです。

「忘れ物を返すから、どこかで一度お茶でもしよう」と相手を誘ってみるとよいでしょう。相手も純粋に忘れ物を届けてくれることに感謝しつつ、久しぶりの再会を喜んでくれるでしょう。

誕生日

相手の誕生日も「久しぶりに連絡でもしようかな」という気分が高まる機会です。

普通の日に突然、別れた不倫相手にメッセージを送ることには抵抗感もあるでしょう。ですが、誕生日であれば純粋に「おめでとう」を相手を祝うことができます。

あなたから相手の誕生日にお祝いのメッセージを送ると、反対にあなたの誕生日にもメッセージが届くでしょう。自然とLINEやメールのやり取りが始まり、一気に復縁ムードが高まります。

年末年始

年末年始も、誕生日と同様にメッセージのやり取りが発生しやすい時期です。

「メリークリスマス」「あけましておめでとう」「今年も一年よろしく」などは、どんな相手ともごく普通にやり取りをする言葉です。一度別れた相手に送るメッセージとしても、不自然ではないです。

あけましておめでとうの言葉をきっかけにやり取りを再開。距離を縮めるのもおすすめです。

スマートフォンが壊れた

「スマートフォンが壊れた」ら、別れた相手とやり取りを再開するにはチャンスです。メールアドレスや電話番号が変わったことを相手に伝える必要があるため、ごく自然に連絡を取ることができます。

電話番号が変わったことを伝えつつ、返信が来たら「最近、どうしてる?」などと軽い調子で話を続けてみましょう。

男が、不倫女性と復縁したいと思う瞬間

男性はどんな時に、別れた不倫相手の女性と復縁したいと願うのでしょうか。

男性にとって不倫相手の女性は「自分を癒してくれる存在」「寂しさを埋めてくれる存在」であることが多いです。また性の対象でもあります。

そうした男性心理を理解することで、復縁のタイミングを探ることもできます。1つ1つ見ていきましょう。

ムラムラする時

不倫相手との体の相性が非常に良かった場合、相手の男性もあなたの存在を「肉体関係」の面で忘れられずにいるかもしれません。ふとした時に、エッチな気持ちになり、あなたを思い返すこともあるでしょう。

特に不倫関係の始まりが肉体関係にあった場合、もともとの配偶者とはセックスレスになっている可能性があるでしょう。なおさら性欲を発散する機会を求めているはずです。

復縁のきっかけが肉体関係でも構わない。本命彼女になることや再婚は求めず、割り切った関係でもいいと考えているのであれば、相手の性欲を刺激するような言動で復縁を迫ってみるのも一つのてでしょう。

奥さんと喧嘩してしまった時

喧嘩した時に、優しく包んでくれる人が恋しくなることもあります。

また、いつもイライラしていて、ちょとしたことで怒る奥さんに疲れて、穏やかな不倫相手に会いたくなる人もいます。怒鳴ったり騒いだりしている女性より、優しくてかわいい女性と一緒にいたいと思うのは当然かもしれません。

別れの後の苦しみが耐えがたい

付き合うきっかけが不倫だったとしても、不倫相手への愛情自体は本物だったというケースもあります。相手への愛情が深ければ深いほど、別れの後の苦しみは耐え難いものです。

一度は愛した人が、他の異性と深い関係になることを想像し、心が苦しみや嫉妬に支配される。その苦しさに耐えられず、かつての不倫相手にもう一度連絡を取る人もいます。

シチュエーション別の不倫相手との復縁

不倫相手との復縁は、決して簡単なことではありません。特に職場不倫の場合は、プライベートだけでなくお互いの仕事にも大きな影響があります。

またダブル不倫も、復縁が難しいとされがちです。ダブル不倫は不倫が発覚しやすく、大きなトラブルに発生しやすい上、復縁には両方の家庭が離婚しなくてはいけないからです。

このようにシチュエーションによっても、復縁の難しさや気を付けるべきことが変わってきます。

シチュエーション別の復縁について紹介します。

上司と不倫の場合の復縁

上司と部下という関係は、不倫の王道パターンの1つ。

毎日一緒に残業をこなすうちに次第に仲が深まっていったり、ランチや夕食を共にするうちに男女の関係になることが多いです。

そうして不倫関係が始まります。とはいえ、多くの不倫がそうであるように「正式に今の配偶者と別れ、再婚する」に至ることはほぼありません。ほとんどの場合、最終的に不倫は別れに至ります。

別れた後の「ビジネスパートナー」としての関係維持が難しいのが、職場不倫の現実です。

職場が一緒だと、毎日顔を合わせることになります。別れたとしても、毎日顔を合わせれば当然辛いでしょう。また、別れた後に、今度はわざと避けたり辛く当たったりするような上司もいます。そして、不倫していた部下が職場にいられなくするのです。

その上で復縁したい場合は、さりげなく短いメールを送ってみるのも良いでしょう。「久しぶりです」程度のメールです。相手にその気があれば返信してくるはず。ない時は、もう復縁は難しいと思ってください。

ダブル不倫の場合の復縁

既婚者同士の、所謂ダブル不倫。ダブル不倫の問題点の1つは、バレやすいこと。互いに配偶者がいるため、帰り時間の遅さや大衆の変化。表情の変化などが理由で、不倫が発覚しやすいのです。

別れた後は、仮に復縁を望んでいたとしても、時間をおくことが何よりも大事です。

向こうから別れを言ってきた場合は、1年間は連絡をしないようにするのが良いでしょう。別れた後に、向こうが復縁したいと思ったら、何かしらの連絡をしてきます。こちらからアクションを起こさず、相手の出方を伺いましょう。そうすることで、相手の真の気持ちがわかります。

こちらから別れを告げた場合も、すぐに「復縁したい」と伝えることは避けましょう。あまりに振る舞いとして身勝手なため、相手を怒らせてしまいます。やはり、半年間くらいは時間を置くことが必要です。

不倫相手との復縁で発生しがちなトラブル

不倫相手との復縁は簡単ではなく、復縁を試みる中でトラブルになるケースもあります。

トラブル発生のリスクを踏まえてもなお、復縁したいかどうか。しっかり考えましょう。

相手も復縁を望んでいるとは限らない

あなたが復縁を望んでいても、相手もそうだと限らないということをしっかり認識しておきましょう。

不倫トラブルの中で、あなたとの関係性にすでに辟易としていたり、不倫を始めた頃の情熱が消えてしまっているかもしれません。また家庭が崩壊したことで、心に傷を負っていることでしょう。家庭崩壊のきっかけとなったあなたとの不倫を振り返り、あなたに憎しみや恨みのような感情を持っているかもしれません。

もちろん不倫は、不倫をしている両者の責任です。しかし感情が高ぶっている男性は、家庭崩壊のショックのあまり、あなたを敵視するようになってしまっているかもしれないのです。

そんな状況下で復縁を申し出られた男性は、気持ちを逆なでされたような感覚になるでしょう。

この場合、綺麗に別れられたのでしたら、もう二度と会わないことをオススメします。揉めずに別れられたのは、とてもラッキーなことだと言えます。

嫌がらせ

不倫は慰謝料の対象です。請求が可能なのは、不倫を知ってから3年。不倫行為が発生した時から3年ではなく、不倫の事実が分かってから3年です。

つまり、不倫の事実が分かったのが不倫から10年後だったとしても、そこから3年間は請求される可能性があるということです。慰謝料請求ができなくなるのは、不倫から20年後です。

そうして慰謝料が発生した男性は、少なからず精神的にも金銭的にもダメージを負っています。そうした状況下で復縁を申し出られた男性は、あなたにその責任の一部を負うように求めてくる可能性があります。

責任の求め方はケースバイケースですが、例えば「俺がこんな状態になったのは、お前が悪いんだ!」と恫喝。自分は休職し、仕事は女性に任せる。女性が不満を口にすると、不倫関係のことを持ち出すといった嫌がらせが考えられます。

金銭トラブル

不倫および不倫からの復縁は、金銭トラブルにも発展しやすいです。

例えば復縁する代わりに、慰謝料の一部を肩代わりすることを求める。身の回りのものを売って、お金を作るように求める。貯金を切り崩すことを求めるなどです。

またあなたと復縁相手との仲に問題がなかったとしても、元々が不倫から始まった関係。慰謝料や養育費が発生していると、金銭的に苦しい生活を強いられることになるでしょう。

人間関係の悪化

不倫は「家族・親族との関係の悪化」「友人関係の悪化」につながるケースもあります。

例えば、不倫で別れた前夫の親族とは関係が大きく悪化。信頼は大きく崩れてしまうでしょう。また慰謝料トラブルなどに発展し、自分の親族に助けを求めると「不要なトラブルを家庭で引き起こした張本人」と見なされてしまうことも。

また前夫との間に共通の友人がいた場合、その友人と連絡を取りづらいこともあるでしょう。その友人からすると、あなたと前夫の間で板挟みになるため、立場が微妙になるからです。

このように大切な家族や友人とのコミュニケーションに影響が出ることも、覚悟しておきましょう。

不倫関係の行き着く先

最後に、不倫関係の基礎知識をおさらいしておきましょう。まずは、不倫関係が最終的に行き着く3つのパターンを解説します。

結婚相手との離婚

不倫関係は民法上、慰謝料の対象となります。慰謝料が発生し得る事案と法律で認められているということは、それだけ不倫が婚姻関係に与えるダメージが大きいということでもあります。

不倫関係が発覚した時点で、互いの夫婦としての信頼関係にヒビが入り、婚姻関係を継続していくことが難しくなるでしょう。不倫は、関係性をスタートする時点でその後に訪れる離婚を覚悟しておくべきことだと言えます。

不倫相手との別れ

不倫が発覚した後に、その時点の結婚相手と離婚し、不倫相手と正式に付き合うことができる男女はとても少ないです。

不倫の喜びや楽しみは「結婚相手に黙って、他の人とも付き合っている」というスリルと隣り合わせ。不倫が発覚した時点で意気消沈。それまでの情熱も消え失せてしまうことが多いのです。

不倫相手との結婚

いまの配偶者との離婚が正式に成立。慰謝料など様々なトラブルが発生しても、2人で一緒に乗り越えることができれば「不倫相手との結婚」も十分可能です。

恋愛のスタートは不倫だったとしても、お互いに真剣に相手と向き合い、しっかりと結婚に向けたステップを1つ1つ踏むことができれば、ずっと一緒に暮らす家族になることもできるのです。

不倫と浮気の違い

そもそも「不倫」とは厳密にはどういう意味でしょうか。浮気と不倫は、法律上では何がどう違うのでしょうか。

「不倫」と「浮気」はどちらもとても深い関係にある異性への不貞行為です。そのため不倫も浮気も、似たような意味の言葉と捉えられがちです。意味が混同し、ほぼ同じ意味の言葉として扱われがちなワードでもあります。

しかし、民法では不倫と浮気はしっかり違うものとして扱われています。

不倫と浮気の違いのポイントは、以下の通り。

 

・不倫は、配偶者以外の異性との肉体関係

・浮気には、法律上の定義は存在しない

・不倫は民法上、慰謝料の対象

 

より詳しく見ていきましょう。

不倫とは

不倫とは法律で、配偶者のあるものが、配偶者以外の異性と、自由意思で肉体関係をもつことを意味します。つまり、不倫とは婚姻関係にある異性とエッチ(セックス)をすることと定義されており、デートやLINE、メールやディナーなどは不倫とはされません。

とはいえ不倫はホテルの一室やどちらか一方の家など、他者の視線が入らない密室空間で行われることが多く、実際に肉体関係があったとしてもその事実を立証することが難しいという問題があります。

そのため不倫は、裁判が泥沼化するなど、長期的な問題になりやすいのです。

浮気とは

浮気とは特定の恋人がいながら、無断で他の異性と交際することを指します。「交際」の意味は幅広く、肉体関係の有無に関わらず、親密な交際がされていれば「浮気」と見なされるケースもあります。

浮気は不倫と異なり、法律上の明確な定義が存在しないこともポイント。何を持って浮気とみなすかの境界線は、カップルによっても大きく異なると言えます。

不倫は民法上、慰謝料の対象となる

不倫は民法上、慰謝料の対象となります。

例えば、あなたの配偶者が不倫。配偶者に慰謝料を請求するとします。

不倫を原因に慰謝料を請求する場合は「浮気・不倫相手に「故意・過失」があること」と「不貞行為によって,あなたが「権利の侵害」を受けたこと」という、2つの条件を満たしている必要があります。

例えば婚姻関係は継続しているものの、既に同居しておらず、連絡も取り合っていないなど関係性が破綻している場合は「権利の侵害」を受けたと認められないケースもあります。

逆の場合も同様です。あなたが不倫をし、慰謝料の請求を受ける場合も「完全に関係性が破綻していた」と見なされれれば、権利の侵害が認められない可能性があります。ただし、これらの条件を満たしているかの判断はケースバイケースの部分もあり、一概には言えません。

このように不倫には、多くのリスクがあります。

しかし、不倫のリスクは承知の上で「それでも、相手のことが忘れられない」「何とかして復縁したい」というケースもあるでしょう。

まとめ

不倫からの復縁は、トラブルが発生するリスクがあります。そのため復縁は、よくよく考えてから決めることをオススメします。

少しでも復縁にリスクがあるのであれば「復縁したい!」と高ぶる感情を鎮めるため、時間を置くと良いでしょう。別れた人を恋しがるよりも、新しい正々堂々とした恋愛相手を見つける方が賢いのではないでしょうか。