復縁可能性のあり・なし判断材料はコレ!ヨリを戻す成功率を上げよう

大好きだけど別れてしまった…。フラれてしまった…。このように別れからの喪失感が大きいと、復縁を願ってしまうこともあるのではないのでしょうか。自分だけが復縁を願っていても叶うことは難しいです。

今回は、

  • 復縁の可能性があるかのチェックポイント
  • 別れかたによって変わる復縁の可能性
  • 復縁の可能性を高める方法

をご紹介します。別れ方や別れた状況によって復縁の可能性も変わってくるようです。相手の気持ちを探るだけではなく、自分自身の悪いところを直すなど復縁するための努力は色々あります。是非、参考にしてみてくださいね。

復縁の可能性があるか知るためのチェックポイント

全く復縁の可能性がないのに復縁を考えていても、独りよがりになってしまいますし相手にうっとうしく思われたりすることもあるでしょう。復縁の可能性があるかのチェックポイントを集めてみましたので、復縁できるかどうか可能性をチェックしてみましょう。

相手と連絡がつく状態にあるか

復縁の可能性の大前提となっているのが、相手と今も連絡が取れる状態になっていることです。特に男性は別れたときに頭に血が上ってしまうと勢いで着信拒否することもあります。そもそもそういった状態では復縁など考えられないでしょう。

友達などを通じて無理に連絡を取ろうとすると事態がかえってややこしくなり彼の態度を硬化させてしまうのでおすすめできません。

相手が新たな恋愛をスタートしていないか

あなたは相手とまた復縁したいと思っていても、相手が新しい恋愛をスタートしている場合、その可能性は極めて低いです。特に新しい恋愛のスタート時には、気持ちが盛り上がっていますので他の人、ましては別れた女性と復縁することは難しいと判断せざるを得ないです。

ふたりきりで会えるかどうか

復縁できるかどうかのポイントとしてはふたりきりで会えるか、ということです。復縁を考えていない人は、まず会えるといっても友達などを同席させてふたりきりというのは避けます。これが、ふたりで会えるのであればまた復縁に向けても話し合いができるでしょう。

転勤・介護など恋愛どころではない環境の変化が起こっていないか

転勤など遠距離になって別れてしまった場合、介護など恋愛に集中できない環境になってやむを得ず別れてしまった場合は、失った彼女の存在に気付いて別れを後悔しているかもしれません。たとえば、遠距離をやめてついていく、などと思い切った選択をすることで復縁ができるかもしれません。

相手が別れを後悔するような発言をしていたか

別れても全く後悔も喪失感もない場合は、復縁の可能性はないといっていいでしょう。むしろ、自由に生活できるようになったとつかの間の自由を満喫している場合、復縁のことはひとまず置いておいたほうがよいです。しかし、相手が別れを後悔しているような発言をしているのであれば、復縁も考えているかもしれません。

自分達と似たような付き合い方をしていたカップルが復縁できたかどうか

人は周りの人に影響を受けやすいものです。特に周りにいる、似たような付き合い方をしているカップルが復縁した場合、復縁する可能性が高まります。友人が復縁したときに自分もそうかも…と彼が思ったとき、ふと連絡をしてみようと考えるのです。

復縁の可能性は別れ方にも左右される

復縁の可能性は、別れ方にも大きく左右されます。泣いてわめいて大騒動になってしまった場合、復縁可能性はゼロに等しいでしょう。別れ方がきれいな場合は復縁可能性もあります。どういった別れ方をしたら復縁可能性があるかみてみましょう。

マンネリで別れたケース:マンネリ解消で復縁可能性あり

付き合いが続いてくると付き合った当初の新鮮さは失われ、マンネリ化してしまうことは珍しくないです。マンネリ化が原因で別れたとすれば、理由が明確ですのでマンネリを解消することで復縁の可能性があります。心の底から別れを切り出したわけではないからです。

遠距離恋愛で別れたケース:いつでも会えるようにすることで復縁可能性あり

遠距離恋愛が原因で別れるケースは少なくありません。遠距離恋愛の理由のほとんどは不可抗力であり、会える機会が少なくなります。寂しさを感じているから別れたという背景があり、別れたとしても寂しさは埋まらないからです。

きちんと話し合ってみると復縁の可能性はあります。場合によっては転居や転職をすることで遠距離恋愛が解消すれば復縁できるケースも多いのです。

痴話喧嘩で別れたケース:素直になると復縁可能性あり

ささいな痴話喧嘩でつい「別れよう」「別れたい」と言って別れてしまった場合、復縁の可能性はあります。別れの理由が比較的軽いものだからです。大人のカップルであればそういった喧嘩が別れにつながらないように有益な話し合いをするのですが、なかなかいつもそうはいきません。

素直になって謝罪し、考え方を改めることで冷静に話し合いをしたうえで復縁できる可能性はあります。

相手の仕事・夢で別れたケース:支える姿勢を貫くか落ち着いた頃に復縁可能性あり

相手のことを思って別れたケースもあります。特に男性は自分の夢に向かって突き進んでいるうちは恋愛にうつつを抜かすことができないものです。女性も、パートナーの夢や仕事を邪魔したくないと思って泣く泣く別れを切り出すこともあります。

こういったケースは嫌いあって別れたわけではありませんので、自分が支える姿勢を明確にしたり、その仕事や夢がひと段落したりすると復縁することはあります。

暴言・暴力・借金・浮気で別れたケース:同じことの繰り返しになるため復縁は無理

復縁することができるというよりも、復縁しないほうがよいケースといったほうがいいかもしれません。それが、暴言や暴力、借金や浮気です。復縁できた最初のうちは良いかもしれませんが、暴言や暴力、借金や浮気は繰り返すものです。人生の価値観が転換するくらい大きな出来事が起こらない限り、復縁の可能性はないといってよいでしょう。

復縁の可能性を高める方法

復縁したいと思っても、それを単に伝えるだけではなかなか復縁も難しいでしょう。復縁を成功させるのであれば、復縁の可能性を探りながら、少しずつ高めていかなければなりません。

冷却期間を設ける

今すぐにでも復縁したい、と思っていてもすぐには動かないほうが賢明です。別れてすぐは気持ちが混乱していることもありますので、復縁を申し出ても受けてくれない可能性も高いです。万一復縁できたとしてもまたささいなことで別れてしまうかもしれません。復縁までには少なくとも2,3か月間冷却期間をおいたほうがよいでしょう。

追いかけすぎるのは嫌われる一方と知る

復縁したい、という自分の気持ちだけを押し出して追いかけすぎるのはすべてにおいてマイナスです。恋愛を成功させるには復縁に限らず自分の気持ちばかりを優先せず相手の立場や気持ちをしっかり考えることが大切です。

「追う」ことばかり考えてしまうと男性は特に「逃げ」の姿勢になってしまいます。追いすぎてしまうのではなく、時には引くことも考えておきましょう。

自分磨きで魅力を増す

相手に復縁してもよい、むしろ復縁したいと思うのであれば、まず自分を再び好きになってもらうことが必要です。そのためには、相手に迫るばかりではなく自分磨きをして自分の魅力をアップするようにしましょう。

教養を身につけたり、イメチェンをしたり、美容や健康に気をつける、シェイプアップをするなど誰からみても魅力的な女性になるとよいでしょう。

謝罪だけではなく行動で示す

相手に執着して謝罪を繰り返すと、むしろ逆効果ですし、何もわかっていないのに謝れば何でも許してもらえるのかと不快な気持ちにさせます。別れた原因にもよりますが、自分に非があると思うのであれば相手に謝罪ばかりするのではなく行動で示すようにするとよいでしょう。

相手の友達など協力者になり得る人とは絶縁しない

別れて復縁するには、冷却期間を置くことが必要になります。しかし、だからといって元カレにまつわるすべての人と連絡を絶つのはおすすめできません。たとえば元カレの友人など、彼を通じてできた人脈ならば、疎遠にするのはやめておきましょう。復縁したいと思ったときに協力者になってくれる可能性があるからです。

元に戻るではなく新たに関係を構築する視点に立つ

復縁を成功させるのには、元に戻るのではなく新たに関係を構築するという意識を持つことが重要です。元カレと会うことができたとしても復縁ばかりをにおわせず、自分といるときはこんなに楽しいのだと心から実感してもらうほうが必要です。

過去にすがりつくのではなく、新たに関係を構築しようと考えて実践したほうがよいのです。特に感情にぶれが大きいと、付き合っているほうも疲れてまた別れたくなります。冷静で感情のコントロールができるようになりましょう。

相手に変わることを期待したり要求したりしない

自分が復縁を願っていると、相手もそうであると思ってしまう女性は少なくありません。「元恋人も未練があるだろう」などと考えて自分は何もせず、相手に変わる姿勢を要求するのは筋違いです。

人は、自分の思い通りになるものではなく、思い通りにしようとした時点で自分本位の思考となってしまいます。思い通りにしようとせず、思い切って自分が変わることを考えましょう。

自由を謳歌している相手の今に嫉妬したり否定したりしない

男性は特に別れると趣味に走ったり、男友達と出かけたりすることが多くなります。それをまるで自分と別れたから自由を手に入れた、自分はこんなに苦しんでいるのに…と嫉妬したり否定したりしているうちは復縁できないでしょう。まずは相手のありのままを認めることから始まります。

変わる努力をしていることが人づてに伝わるようにする

自分が変わらないと復縁できないとわかっていても、別れて疎遠になっているのに変わっているかどうかわかってもらうのも大変なものです。しかし、彼氏の周りにいる人とも誠実に接することで変わったことをわかってもらうことはできます

服装など外見はもちろんのこと、言葉遣いやマナー、礼儀作法も身につけるとよいでしょう。

まとめ

復縁の可能性があるケースは、相手と連絡がつく、相手に新たな伴侶がいない、ふたりきりで会うこともある、嫌いあって別れたのではないといった場合です。

特にマンネリで別れたケースや遠距離で別れたケースは、その事由を改善することにより復縁できるケースもあります。痴話喧嘩で別れたなら素直になると復縁可能性があり、相手の夢などで別れた場合は姿勢一つで考え直すこともあります。浮気や借金、暴力などは同じことの繰り返しになり、なかなか復縁は難しいものです。

復縁の可能性を高めるには、冷却期間を設け自分磨きで魅力を出す、謝罪だけでなく行動で示す、相手に期待せず自分が変わるり、その努力を人づてにみてもらうことが大切です。