浮気と不倫って実ははっきりとした違いがあるって知ってた?

結婚していたり恋人がいるにも関わらず、他の人と関係を持つ行為を世間では浮気や不倫と呼びます。この二つの言葉は使い分けられたり同じ意味で使われたりしますが、そもそもどういった意味の言葉かご存知でしょうか。浮気と不倫の意味と違いについてご紹介します。

浮気と不倫って違いがあるの?


まずほとんどの人が考えるのが、浮気と不倫という二つの言葉に違いがあるかどうかでしょう。それを知るためにはまず浮気と不倫それぞれの意味について知る必要があります。

そもそも浮気の意味って?

浮気という言葉の意味は、読んで字のごとくで気持ちが浮つくことです。つまり心が浮ついて他に移るということを指します。よく浮気性などとは言いますが、不倫性ということがは聞いたことがありませんね。また浮気という言葉は、恋愛以外でも使うことがあります。例えばいつも指名している美容師さんがいるけど、今回は違う人に浮気しちゃったというような会話をすることがありますが、この場合は美容師さんと恋愛関係にあるわけではありません。このような時に不倫という言葉を使うことはありませんし、もし使ってしまうと全く違う意味にとられてしまいます。

そもそも不倫って何?

一方不倫という言葉を使う場合、そこには確実に恋愛関係またはそれに準ずるものがあります。具体的に言うと配偶者がいる人が、別の人と肉体関係を持つというところまで行って初めて不倫と呼ばれます。例えば妻帯者が部下の女性に片思いをしているという状況では、浮気と言うことはあっても不倫とは言いません。また恋人が不倫するという言い方はしません。

どうやら法律(民法)上で違いがある?

実は法律上では浮気や不倫の定義は決められていませんし、そもそもそのような文言が記載されている法律すらありません。しかし世間で言ういわゆる不倫という行為は、法律上問題がある行為を指すことがほとんどです。そのため裁判になった時に、不倫をした事実があれば有責になります。

浮気と不倫の境界線


言葉の使い分け方としては、浮気と不倫の区別は簡単です。ですが実際にその行為が浮気なのか不倫なのかという話になると、人によって基準が異なることも多いです。どこまでが浮気でどこからが不倫と考えるのか、その境界線はどこにあるのでしょうか。

男女別でも浮気と不倫の境界線は違う

よく男性と女性では考え方が違うと言われます。実際男性と女性では身体の構造以外にも、本能的な能力の違いや考え方の違いがあると言われています。例えば男性の場合、本能的に自分の子孫を多く残そうと考えます。国によっては未だに一夫多妻制が続いていますし、日本でも権力者などは正室と側室を持っていた時代もあります。一方女性の場合、妊娠期間や子育て期間のことを考慮すると、本能的には数が多いことよりも強いことや優秀であることを優先します。能力の高い男性を選ぶ必要があるため、多くの動物はオスがメスに自分の能力や魅力をアピールします。よく女性は理性的と言われますが、それも本能的に良い相手を選ぶために身に付けたスキルなのでしょう。

男性が考える浮気と不倫の境界線

男性が浮気や不倫をするときには、どのような考えなのでしょうか。全てがそうとは言えませんが、まず第一に肉体関係を目当てにしていると考えられます。例えば奥さんが妊娠中だったり、拒否されてセックスレスになった結果、浮気や不倫に走る男性は多いです。そのため男性の場合は、浮気でも不倫でも肉体関係があるケースがほとんどです。

男性はよく遊びだったという言い方をしますが、気持ちは奥さんにあるままあくまで肉体関係を目当てにしているからそのように言うのでしょう。そのため女性に浮気をされた場合、肉体関係があったかどうかを気にします。恋愛だけであれば浮気、それに加えて肉体関係があれば不倫と考えるので、男性の場合の境界線は肉体関係の有無であることが多いです。

女性が考える浮気と不倫の境界線

女性の場合、肉体関係を持つことにはリスクがあります。たとえ自分は遊びのつもりだったとしても、万が一妊娠することがあれば出産するか中絶するかを選ぶ必要があります。どちらを選んだとしても、望まない妊娠は心身を傷付けるものなので、男性のように相手に恋愛感情はないが肉体関係を結ぶということはほとんどありません。そのため肉体関係よりも先に恋や愛などの精神的なつながりを求めます。ただ相手のことが好きなだけで肉体関係はないというケースもあれば、夫よりも浮気相手を愛しているので、肉体関係も結んでいるというケースもあるでしょう。

男性に対しても同じように考えるので、恋愛感情がないか弱ければ浮気、自分より相手を愛しているのであれば不倫と考える人が多いです。そのため風俗店でそのような行為をしたところで浮気とは言わない人も多いですし、本気でなければ浮気をしても許すということも多々あります。愛しているかどうかが、女性にとっての浮気と不倫の境界線と言えるのではないでしょうか。

▼ 関連記事

旦那の浮気が気になっちゃう。そんな時のチェック法や乗り越え方は?

法律的な境界線


男女間で浮気と不倫についての感覚が違うため、時には第三者が客観的な視点で判断する必要もあります。その手段の一つが法律によるものです。主観が入らないため、最も公平と言えます。法律では浮気と不倫のをどのように捉えているのでしょうか。

そもそも法律的には浮気や不倫という用語そのものがない

実は法律の条文には、浮気や不倫という言葉は出てきません。ですが法律で何も決められていないということではありません。親権や慰謝料を決める時など、浮気や不倫に関する法律が必要な場面はあるので、法律上きちんと定義されてはいるのですが浮気や不倫という言葉では表されません。

離婚調停などでどう争われる?

例えば離婚をする場合、両者の合意がなければ成立しません。どちらか片方に離婚の意志がない場合、離婚調停を行う必要があります。調停では離婚をするに値する理由があるかどうかを見ます。例えば暴力や経済的DV、不倫など第三者から見ても明らかな理由がある場合は、その状況を作り出した側が有責とされます。基本的に有責配偶者には決定権がないので、有責が認められれば相手の意思に従うことになります。そのため有責かどうかを判断するために、浮気についても法律上の判断基準が定められているわけです。

不貞行為があったかどうか

法律上の判断ですから、恋愛関係にあったかどうかや配偶者と浮気相手のどちらを愛しているかなど、感情的な部分はあまり考慮されません。第三者から見ても明らかな不貞行為の有無によって判断されることになります。

不貞行為とは


では不貞行為とは一体何を指すのでしょうか。民法では、夫婦がお互いに配偶者以外とは性行為を行わないという貞操義務があります。不貞行為とはこの貞操義務に反する行為のことを指します。この貞操義務は夫婦間で発生するため、結婚していない場合には不貞行為にはなりません。

肉体関係=不貞行為

つまり不貞行為とは、配偶者がいるにも関わらず配偶者以外の人物と性行為を行ったという意味になります。不貞行為に当てはまるかどうかは、肉体関係があったかどうかによるということです。先程の境界線で言えば、男性の肉体関係があれば不倫という考えに近いです。

キスや手をつなぐのは不貞行為としてはあてはまらない

この場合の肉体関係というのは性行為を指すので、手をつなぐ、抱き合う、キスをするなどの行為は不貞行為にはなりません。不貞行為と浮気や不倫の違いはここで、法律上では性行為の有無という明確な境界線が決められています。

性行為やそれに類似する行為が不貞行為

ですが本人たちが認めない限り、確実に性行為があったと証明することは非常に困難です。そこで離婚調停などでは直接的な証拠でなくても、性行為があったと憶測できるような証拠でも認められます。例えば二人でラブホテルに入り長時間出てこない、裸で同じベッドに寝ている写真があるなど、常識的に考えて性行為がなかったとは考えにくい状況であれば、証拠として認められることが多いです。

▼ 関連記事

「不貞」ってどういう意味?基本的な意味や法律的な意味を解説

なぜ人は浮気と不倫に走るのか


浮気や不倫が悪いことだというのは誰もがわかっていることです。にも関わらず浮気や不倫に走る人は大勢います。なぜ人は浮気をするのでしょうか。

既婚男性の本音

男性が不倫をした場合、妻に対して謝罪する人が多いです。男性は不倫の原因は自分で、不倫相手よりも妻を愛しているのでやり直したいと考えことが多いからです。なぜ妻を愛しているのに不倫に走るのかと言えば、愛情とは別に本能で肉体関係を求めているからでしょう。また根拠もなく妻は自分を許してくれると考えている人も多いです。

既婚女性の本音

女性の場合は不倫相手に求めているのは肉体関係以外のものが多いです。自分を愛してくれることが大切なので、肉体関係の有無はあまり気にしません。不倫をする多くの女性は夫に対して不満を持っているので、不倫が発覚した場合夫を責めることが多いです。夫が不安にさせた、愛情が感じられないなどを不倫の理由としてあげます。

夫婦円満の秘訣とは

夫婦円満のためには、男性側と女性側の両方が求めるものを満たす必要があります。どちらか片方が満たされているだけではいけません。そのためにはセックスレスにならない、恋人時代のような気持ちを忘れない、そして何より相手を思いやることが必要なのではないでしょうか。

まとめ


浮気や不倫をする人というのは相手の気持を考えられない身勝手な人です。ですが相手だけでなく、自分にも勝手なところがあるのかもしれません。男女の間柄が非常に複雑であるからこそ、人は浮気や不倫に走るのではないでしょうか。