浮気と不倫の違いとは?浮気や不倫をしやすい男女の特徴

芸能人やスポーツ選手の不倫ネタがメディアを騒がすことがあります。そもそも不倫とはいったいどのような行為を指すのでしょうか。また、浮気との違いが今一つ分からないという方もいるでしょう。

今回は

  • 不倫・浮気とは?
  • 浮気と不倫の裁判上の違い
  • 浮気や不倫をしやすい男性・女性の特徴

について紹介します。ここでは浮気と不倫の違い、浮気や不倫をしやすい男女の特徴についてまとめてみました。興味がある方は、ぜひ目を通してください。

不倫とは?

不倫とは、結婚している人がパートナー以外の人と関係を持つことです。継続的な関係を続けているケースで、当然肉体関係もあります。どのような場合を不倫というのか,詳しく説明します。

既婚者がパートナー以外の相手と恋愛すること

既婚者には当然ながら決まったパートナーがいます。生涯を共にすると誓った伴侶がいる状態ですし、きちんと正規の手続きに則って婚姻関係を結んでいます。そのような状態にありながら、よその異性と恋愛関係に陥ってしまうことを不倫と呼びます。

継続的にパートナー以外と恋愛を続けていること

一夜限りの関係、いわゆるワンナイトラブは不倫といわないことが多いです。不倫は、継続的にパートナー以外の異性と恋愛関係があることを指します。

つまり、不倫をしている人は伴侶と家庭がありながら、外では他の異性と恋愛を続けていることになります。

パートナー以外と肉体関係があること

結婚しているのなら、伴侶とのみ性交渉を行うのが普通です。しかし、不倫関係にある場合,パートナー以外の人と肉体関係を持っています。

そこに気持ちがあるのかどうかは問題ではなく、セックスをしているかどうかがポイントです。肉体関係がない場合には不倫と言わないこともあります。

浮気とは?

恋人に浮気をされたことがある、という方もいるでしょう。浮気と不倫とは違うものなのでしょうか。

交際している人以外と肉体関係を持つ、心変わりする、といった状態を浮気と呼びます。詳しくご説明しましょう。

付き合っている人以外と体の関係を持つこと

交際している人以外と肉体関係を結んでしまうと、浮気と言われます。付き合っているということは、恋愛関係にあるということですし、通常はパートナー以外とセックスはしません。パートナーを傷つけることになりますし、信頼を裏切る行為になるからです。

既婚者がパートナー以外に心変わりをすること

既婚者は不倫で、恋人同士だと浮気、と思っている方は多いです。しかし、浮気は既婚者にも適用されます。既婚者がパートナー以外の人に心変わりすると、それは浮気となります。気持ちが浮ついた、動いたという意味で、浮気をしたということになるのです。

肉体関係がなくとも気持ちが他の異性に移ったとき使われる

肉体関係があることだけが浮気ではありません。不倫は肉体関係があることが前提になりますが、浮気は気持ちが他の異性に移った時点で使われることが多いのです。結婚していても、一方的に他の人に気持ちが移った、となるとこれは浮気と言われてしまいます。

浮気と不倫の裁判上の違い

浮気や不倫は、しばしば裁判になることもあります。こうした裁判は決して珍しいものではありませんが、浮気と不倫の裁判上の違いとは何なのでしょうか。

大まかに説明すると、不倫には慰謝料が発生し、浮気は慰謝料請求が難しいといった違いです。

不倫は慰謝料が発生する

婚姻関係がある中で行われるのが不倫です。正規の手続きに則って結んだ婚姻なので、男性も女性も不貞をすることは認められません。

そのため、不倫で裁判になると慰謝料が発生します。不倫をされた人に対し、精神的な苦痛を与えたという理由で慰謝料の支払いが生じるケースが多いです。

肉体関係のない浮気は慰謝料請求が難しい

浮気の場合,肉体関係がないこともあるので、裁判になっても慰謝料を請求することが難しいようです。人の心、気持ちを量ることは難しいことですし、気持ちが移ったということを示す証拠を提示するのも困難です。

そうした理由もあり、慰謝料を請求する裁判を起こしても、実際にはもらえないケースがほとんどでしょう。

浮気や不倫をしやすい男性の特徴

いったい、どのような男性が浮気や不倫をしやすいのでしょうか。セックスレスや関係の悪化、若い女性が好きなどいろいろな特徴が挙げられます。

ここでは、浮気や不倫をしやすい男性についてピックアップしました。

奥さんとセックスレス

男性は女性よりも性欲が強いことが多く、セックスレスになってしまうとよそに女性を作ることがあります。本当は奥さんとセックスしたくてもそれが叶わないので、性欲を満たすために浮気や不倫をしてしまうのです。

セックスレス状態を改善すれば、夫の浮気や不倫も回避できる可能性が高くなるでしょう。

奥さんとのセックスがマンネリ化している

セックスがマンネリ化してしまうと、もっと刺激のあるセックスをしたいと考えるようになります。そのため、不倫や浮気といった道を選び、その欲望を満たそうとすることもあるでしょう。

たまにはホテルを利用してみたりアダルトグッズを使うなど、マンネリ化しない工夫をしてみましょう。

若い女性が好み

男性は生涯現役と言われていますし、いくつになっても若い女性が好きなものです。その欲望が抑えられない人は、パートナーを裏切って浮気や不倫をしてしまうのです。

奥さんが若さを保つ努力をしたり自分磨きをしたりすることで、夫の浮気や不倫も防ぐことができるでしょう。

ストレスが溜まっている

日々忙しく働いている男性は、ストレスも溜まってしまいます。ストレスを適度に発散できていればいいのですが、浮気や不倫という形で発散してしまうこともあります。

ストレスが溜まっているように見えたときは2人で旅行に出かけるなど、解消できるお手伝いをしてあげるとよいでしょう。

キャバクラや風俗が大好き

キャバクラや風俗が大好きという男性は、結婚してからも浮気や不倫をしてしまうことがあります。キャバクラや風俗には若くてスタイルもいい女性がたくさんいますし、身近にそういう女性をおいておきたいと考える方もいるでしょう。

仕事ができる

仕事ができる人は、女性からもモテるものです。職場では頼りになる存在でしょうし、言いよってくる女性も少なくないでしょう。特に若い女性が多い職場では、浮気や不倫をしやすい環境になってしまうかもしれません。

承認欲求が強い

もっと認められたい、自分のことをもっと知ってほしい、という欲求が強いと浮気や不倫をしやすいようです。

特に今の時代は、SNSの普及で承認欲求の強い人が増えていると言われています。いつもそばにいる奥さんや彼女が男性のことをきちんと認めてあげることで、承認欲求は満たされていくでしょう。

浮気や不倫をしやすい女性の特徴

浮気や不倫をするのは男性というイメージがあるかもしれませんが、実際にはこうした行為に走る女性も多いのです。

では、いったいどのような女性が浮気や不倫をしやすいのでしょうか。ここでまとめてみました。

パートナーとのセックスに満足できていない

男性は自分が満足してそれでおしまい、というセックスをしがちです。いつも自分ばかり満足して寝てしまう夫に不満を持つ女性もいるでしょう。このような場合、欲求不満を解消するために他の男性と肉体関係を持ってしまうことがあるようです。

家事や育児が忙しく旦那に女性として見てもらえていない

結婚すると,家事や育児に追われるようになります。夫からもママと呼ばれるようになり,女として見てもらえないことに絶望を感じる方も少なくありません。

そのため、自分はまだまだ女性として見られたいという想いから不倫や浮気をしてしまうことがあるようです。

ストレスが溜まっている

ストレスが溜まっていると、突発的に刺激的なことをしたくなるものです。このようなときに、お酒をたくさん飲んで羽目を外してしまうと開放的な気持ちになってしまい、ワンナイトラブになることもあるでしょう。男女ともに、ストレスが溜まると浮気や不倫に走りやすくなるようです。

寂しがり屋

誰かに相手をしてほしい、構ってほしい、という寂しがり屋の方だと、浮気や不倫をしてしまいがちです。きちんと旦那さんや彼氏が相手をしてあげていればいいのですが、そうでない場合、よその男性に温もりを求めてしまうこともあります。

金銭的な不満を抱えている

結婚すると、夫の稼ぎが悪い、夫が財布を握り、奥さんにあまりお小遣いをくれないなど、お金のことでケンカになることも多々あります。

こうした不満から不倫や浮気をすることもあります。お金を持っている相手と関係を持つようなケースも少なくありません。

まとめ

パートナー以外との継続的な肉体関係があれば不倫,肉体関係がなくても気持ちが移ってしまったら浮気ということになります。

浮気にせよ不倫にせよ、お互いの信頼を裏切る行為となりますし、褒められた行為ではありません。自分がしないのはもちろんですが、相手に不倫や浮気をされないよう努める必要もあります。素敵な夫婦でいられるよう、日ごろから努力しましょう。