「不貞」ってどういう意味?基本的な意味や法律的な意味を解説

離婚調停や離婚裁判について調べると必ずといっていいほど出てくるのが不貞という言葉です。文脈や漢字からなんとなく意味はわかりますが、どのような意味かきちんと説明することはできるでしょうか。不貞という言葉にはどのような意味があり、どんな時に使われるのか、他の言葉との違いなどについてまとめました。

一般的な「不貞」の意味

不貞という言葉にはどのような意味があるのか、辞書に書かれている意味と実際に使われている意味に違いはあるのかを調べてみました。

辞書的にはこう書かれている

辞書で不貞を引いてみると、貞操を守らないことまたはその様と書かれています。どの会社の辞書でも、だいたい同じようなことが書かれています。不貞な行為、不貞を働くというように使います。貞操義務に違反する行為と書かれていることもあります。

不倫と不貞の違いって?

不倫というのは一般的に、配偶者のいる人が別の人間と肉体関係を持つことを指します。そのため不貞とほとんど同じ意味ですが、不倫の場合はどこからが不倫になるかという基準が人それぞれで明確ではありません。一方不貞は法律用語として使われている明確な基準のある言葉です。そのため不倫と不貞には、一般的に使われている言葉と法律用語という違いがあると言えます。

夫婦の操

不貞というのは貞操義務が前提となっている言葉です。貞操義務というのは婚姻関係にある夫婦間に発生するもので、配偶者以外の第三者と肉体関係を持ってはいけないという決まりです。

▼ 関連記事

これって浮気?不倫の境界線をお教えします!

不貞腐れる?と関係すること?

不貞腐れるとは不満などがあって投げやりになること、反抗的になるという意味の言葉です。不貞と不貞腐れるは字面を見ると似た意味のように思えます。

不貞腐れると「不貞行為」の不貞は同じ?

不貞行為という言葉は、貞操義務が守られていないという否定の意味での不が貞操という言葉につけられたものです。不幸や不安と同じ成り立ちです。貞という時には心が正しくて迷わない、君主や夫などへの気持ちが変わらないという意味があるので、不貞は心が正しい状態でなく迷ってしまう、君主や夫などに対して心変わりをするという意味になります。ただし不貞行為という言葉は貞操義務が守られていないという状態を表すので、気持ちだけでなく肉体関係まで含むことになります。また単に不貞と言っても実際には不貞行為という意味で使う場合も多いので、現在は気持ちよりも肉体関係の意味合いが強くなっています。

ふてくされるの不貞は「不貞行為」の不貞とは違う

では不貞腐れるにはそのような意味があるでしょうか。心が正しくないというのは当てはまりそうですが、迷っているわけではありません。また不貞腐れる時その対象は君主や夫とは限りませんし、恋愛関係や肉体関係とは関係なく使うことも多いです。そのため不貞腐れるの不貞は不貞行為とは関係ないと考えたほうが自然です。

単なる当て字?

ではなぜ不貞腐れるには不貞という字が使われているのでしょうか。不貞腐れるはふてると腐るからできていて、ふてるにはすねるというような意味があります。ふてるにも不貞という意味は無いので、単純に読みの音からの当て字と考えられます。

不貞とは…不倫や浮気と違うの?


日常生活で不倫や浮気の話題が出ることになっても、なかなか不貞という言葉を使うことはありません。不貞という言葉は不倫や浮気とは何が違うのでしょうか。

貞操義務って何?

不貞という言葉は貞操義務が守られていないという意味を持っています。貞操義務とは婚姻関係にある男女間に発生する義務のことで、お互いに純潔を守らなければいけないという意味です。この純潔というのは性的純潔のことで、お互いに配偶者以外の人と性行為をしないということを指します。

法律的に不倫や浮気という用語はない

民法の条文を探してみても、世間で使われている不倫や浮気という用語は載っていません。浮気という言葉は未婚の恋人関係にある人たちに使うこともありますが、法律的には婚姻関係になければ浮気をしても問題ありませんし、何人の相手と関係を持っても罪に問われることはありません。そのため浮気という言葉は法律的には存在しないのです。また不倫は法律的には不貞と表現され、婚姻関係にある配偶者意外と性行為をすることと定義されているので、少し意味合いにも差があります。

浮気や不倫の世間的な意味合い

そもそも世間では浮気と不倫という言葉はどのような意味で使われているのでしょうか。不倫は妻や夫がいる人が別の相手と肉体関係を持つことを意味することが多いです。人によっては肉体関係がなくても恋愛感情があったり、キスをするなどの行為があれば不倫と表現することもあります。一方浮気はもっと意味が広く、結婚していなくても恋人などの特定の相手がいる状態で、精神的または肉体的に別の相手と関係を持つことを指します。つまり浮気の中のほんの一部分が不倫と表現されているということです。

▼ 関連記事

浮気ってどこから浮気?男女、既婚者別にその境界線を探ってみた

法律(民法)で使われる「不貞行為」の定義


世間で使われている不倫という言葉とは違い、法律用語の不貞行為には明確な定義があります。世間で不倫と表現される行為が全て不貞行為に当てはまるとは限りません。

キスは不貞行為?

不貞行為とは肉体的関係があることが定義ですが、肉体関係というのは性行為のことです。そのためキスはもちろん手をつなぐ、抱き合うなどの行為では不貞行為にはなりません。ただし実際に性行為をしたかどうかが不明であっても、二人きりでラブホテルに長時間いたり、裸でベッドの上にいる写真など常識的に考えて性行為があったと考えられる状況証拠がある場合は、不貞行為があったと認められる事が多いです。

不貞行為に時効はある?

よくそんなに昔のことは時効というようなことを言う人もいますが、不貞行為には時効があるのでしょうか。実は不貞行為自体には時効というものが存在しません。法律的に不貞行為の有無が問題になるのは、主に離婚調停や不貞行為に対する慰謝料請求の時です。そのうち慰謝料請求の場合には時効が設定されていて、不貞行為が発覚してから3年または不貞行為が始まったときから20年間です。不貞行為が発覚するというのは、単に配偶者が不貞を働いているというだけでなく、その相手がどこの誰なのかがわかった時ということです。発覚して3年もしくは始まって20年のうち早い方が時効になります。

一方不貞行為を有責事項として離婚したい場合には、時効という考えはありません。しかし不貞行為の発覚から時間が立ちすぎていると、夫婦関係の破綻が不貞行為によるものだと認められにくくなります。

姦通罪って?

姦通罪は旧刑法や旧民法などで定められていた法律で、夫のいる女性が他の男性と肉体関係を持つと罰せられるという内容でした。逆に妻のいる男性が他の女性と関係を持っても、相手の女性が独身であれば問題ないという男尊女卑の象徴のような法律です。また夫は現行犯であれば妻と姦通相手を殺害しても良いという今では考えられないような決まりまでありました。現在は廃止されています。

離婚裁判の基本的な流れ


離婚には3つの種類があり、協議離婚、調停離婚、裁判離婚に分かれています。ほとんどの場合は協議離婚で、当事者同士が話し合い両者合意の元離婚するもので、とても簡単で手続きもすぐに済みます。しかしどちらかが離婚を拒否したり、親権や慰謝料などの話し合いがうまくいかなかった場合に離婚調停や裁判に進むことになります。

家庭裁判所へ訴える

協議が決裂したからと言って、いきなり裁判に進めるわけではありません。まずは離婚調停を行い、調停員という第三者を交えて話し合いを行います。それでも調停がまとまらなかった場合に離婚裁判を行うために家庭裁判所に訴状を提出することになります。

その際に必要なのが離婚裁判の訴状と離婚調停不成立調書、夫婦それぞれの戸籍謄本です。また費用は最低でも13000円必要です。弁護士はいなくても訴訟を起こせますが、勝ちたいのであれば弁護士をつけたほうが良いです。

裁判所からの呼び出し

訴えが認められると、裁判所から第一回口頭弁論の期日が指定されます。被告にも呼出状が郵送され、訴状に書かれた内容に対して答弁書を提出する必要があります。

口頭弁論

口頭弁論では訴状と答弁書に書かれた内容を読み上げ、問題の争点をはっきりさせていきます。両者が用意した証拠や証人の証言などを元に、両者の主張が正しいかどうかを判断していくのは普通の裁判と同じです。その際に不貞行為の有無は重要な争点になります。不貞行為の証拠は大切ですが、その証拠が不正な手段で集められたものの場合逆に不利になってしまうこともあるので注意しましょう。

まとめ


不貞行為というのは離婚裁判では非常に重要な判断基準となるため、法律できちんとした定義がされています。しかしその定義に当てはまらなければ浮気や不倫をしても良いというわけでもありません。貞操義務を守るのはもちろんパートナーを大切にして、できれば不貞行為などという言葉とは無縁でいたいものです。