付き合うとは?遊びか本気か男女間や年代による違いを徹底解説!

好意を持っている男女同士がお互いの気持ちを知った場合、多くの場合はお付き合いの段階に移行します。この付き合うという状態は非常に曖昧なもので、付き合う前後で関係がほとんど変わらないこともあれば、劇的な変化があることもあります。では一般的には付き合うというのはどのようなことを表すのでしょうか。

付き合うとは?

よく、仲は良いが付き合っていない男女のことを、友達以上恋人未満と言ったりします。友達と恋人の違いは明白と考える人は多いですが、友達以上恋人未満の状態と正式に付き合うようになった後にあまり変化がないということは珍しくありません。さらに、友達でいた期間が長い場合、いざ付き合ってみてもどうしたら良いのかわからないということもあります。このような曖昧な関係に悩む人は意外と多いのです。

付き合うとは何か

「付き合ってください」というのは告白の際の常套句ですが、この付き合うというのは何を表すのでしょうか。付き合うというのは恋人同士になること、と答える人が多いと思いますが、恋人とそれ以外の関係との違いは何でしょうか。

例えば恋人であってもキスをしなかったり、逆に付き合っていなくてもキスをする間柄というのがないわけではありません。もちろん付き合うということはキスなどの行為をして良いという暗黙の了解と考えるのが一般的ですが、それが付き合うことの意味というのは違うと思います。

それよりも付き合うというのは特定の相手ができることで、それ以外の異性とは親密な付き合いやキスなどをしないと言ったほうがしっくりきます。一般的には付き合うことでお互いが最も親しい関係であり、特別であるということを自分たちの間で確認し、それを周囲の人々にも示すことができるという意味合いが強いのではないでしょうか。

付き合うとは何をすること?

付き合うこと、恋人になることでできるようになる行為といえば、キスやセックスを思い浮かべる人が多いでしょう。ですが最近では、キスをするだけの相手であるキスフレ、セックスだけの関係のセフレなど、恋人という形に拘らない様々な異性関係があります。もちろん、デートも恋人以外の相手とすることがあったりするので、付き合うことは何をすることなのかを定義するのはなかなか難しいです。

しかし、友達といきなり結婚することはありません。普通はお付き合いを経て結婚をするので、付き合うということは、結婚を見据えてすることと言えるかもしれません。

付き合う意味がわからない…

セフレやキスフレなどの相手がいない場合でも、付き合う意味がわからないという人はいます。好きだけどキスをしたりセックスをしたりしたいわけではないから、今まで通り仲の良い友達同士で良いと考えるのもおかしなことではありません。付き合うことの意味はどこにあるのでしょうか。

では逆に付き合っていないとどのような時に困るのかを考えてみましょう。例えば友達以上恋人未満の異性Aがいたとしましょう。あなたとAは付き合っていないので、Aに告白してくる人がいるかもしれません。あなたはそれを止める事はできませんし、Aを責めたり告白を断らせることもできません。Aがキスフレやセフレ、恋人などを作っても何も文句は言えません。しかし、付き合っていれば違った状況になるでしょう。このようなことから、付き合うことの意味が見えてくるのではないでしょうか。

世代・社会的立場別 付き合うとは?

付き合うというのがどのような意味を持つのかは、当事者の考えによっても変わってきます。当然一人ひとり基準が違っても当然ですが、世代や社会的な立場でも差が出てきます。

付き合うとは?~社会人編

社会人の場合、当事者達は自分で責任を取れる大人です。そのため付き合うことによって起こることに対しても、自分たちで責任を取ることになります。例えば付き合うとキスやセックスなどをするようになるカップルは多いですが、もし避妊に失敗して子供ができたらどうするでしょうか。まず考えるのは結婚するのかどうかではないでしょうか。結婚して子供ができると生活がどのように変わるかまで考えられる年齢なので、付き合うときには将来のことまで含めた判断が必要です。

つまり社会人にとって、付き合うということはその人との将来が考えられるか、結婚しても良いかというところまで考えられて然るべきと言えるでしょう。ただ遊びたいだけであればそういった関係の相手も作ることができますし、女性は子供を産みたければ年齢のことも考える必要があります。そのため、付き合うことを結婚の意思があるという暗黙の了解と考える社会人は少なくありません。

付き合うとは?~高校生編

高校生でも恋人がいる人は珍しくありませんが、高校時代の恋人と結婚したと聞くと純愛や一途など良い印象を持つ人が多いのではないでしょうか。裏返して言えば、高校生は付き合う時に結婚までは考えていないとも言えそうです。

もちろん本人たちは別れることを前提に付き合っているわけではありませんし、将来結婚したいと考えている人たちも多いでしょう。ですが社会人とは違い、具体的で現実的な結婚生活について考えられているわけでもありません。

高校生の時点では将来を見据えて付き合うのではなく、今現在のために付き合っている人が大多数です。今楽しいから、一緒にいたいから、恋人がいるということが一種のステータスになっているからなど理由は様々だと考えられます。付き合うということは恋人同士になるということで、社会人と同じようにキスやセックスをする人も多いですが、あくまで恋人でいたいだけであって、それ以上の関係を求めているのではないでしょう。

付き合うとは?~大学生編

大学生になると、高校生の時とはまた事情が変わってきます。同じ大学の人はもちろん、他大学や社会人とのつながりも増え、合コンなどの出会いの場も盛んに作られるようになります。そのため恋人がいるかどうかというステータスがより強い意味を持つようになり、軽い気持ちで付き合うということも少なくありません。

高校の時にはクラスと部活くらいしかなかったコミュニティが、授業ごとの友人やサークル、ゼミ、他大学との交流や合コンなど様々な種類に増えるので、コミュニティ内で交際したり別れたりしても別のコミュニティに移動すれば良いと、恋人を取っ替え引っ替えするような人も出てきます。もちろん本気で付き合っている人もいますが、大学生という時期特有の付き合いで考えれば遊びという意味合いが強くなってきます。

性別や状況別 付き合うとは?


ただでさえ曖昧な付き合うことの基準ですが、普段から何かと考えが食い違うことの多い男女間でも大きな差があります。また未婚の人と既婚の人でも、違った考え方をすることが多いようです。すべての人が当てはまるわけではありませんが、男女や既婚者によくある考え方をまとめました。

男性の考える付き合うとは

男性の場合、付き合ったらしたいことはキスやセックスなどのスキンシップが中心のことが多いです。付き合う前には相手の気を引こうと優しくしたり、喜ばせようと頑張りますが、恋人同士になると安心してしまう傾向があり、いわゆる「釣った魚に餌はやらない」のは圧倒的に男性が多いです。そのためか付き合ってからも異性の友達と遊ぶのをやめないことが多いです。

しかし、独占欲が強いと恋人が異性と話すことにすら嫉妬するので、恋人に対して所有権に近い感情を持つ人も一定数います。付き合うということは、極端に言えば相手が自分のものになるので、セックスを始め自分のしたいことをして良い、好きなように扱って良いと考えている男性もいます。

女性の考える付き合うとは

女性の場合は付き合ってからの交流が大切で、付き合ったばかりではセックスをしたくないという人もいます。デートをしたり手料理を振る舞ったりと、相手の日常の中に自分が踏み込めるということに喜びを感じる人も多く、それ故に尽くすタイプは女性に多く見られます。自分が相手のために時間を費やす分、相手にも自分を優先してくれることを望みがちです。

また、女性は自分の考えに共感してもらうことを望む傾向があるので、毎日会いたい、もっと長い時間一緒にいたいというようなことを相手にも思っていてほしいと考えます。女性にとっての付き合うということは、二人の時間をより多く共有することができるという意味合いも持っています。

既婚者の考える付き合うとは

既婚者の場合は自分がそうというのもあり、付き合う=結婚する意思があると考えがちです。特に年齢が高くなるにつれて周りに既婚者が多くなってくると、未婚者に交際相手ができると、そのうち結婚するだろうと考えてしまいます。また、子供や生活など、かなり現実的なことを考えるので、既婚者にとって付き合うということは、将来を考えることになります。

「付き合う」を考える上で重要なのは「告白」

どんなに仲が良くても、付き合うためにはまず告白が必要です。付き合うとは何かを考えるにあたって、告白は重要な意味を持ちます。

告白はどちらから?

年配の人に聞けば男性からするものに決まっていると言われそうですが、実は最近では女性から告白するケースが増えているそうです。特に20代30代では、女性からの告白の方が多いというアンケート結果もあります。

女性の78%は「告白されたい」派

参考:KoiGaku  グラフは編集部で作成

女性287人を対象に行ったアンケートでは、224人(78%)の女性が「告白されたい」と回答しています。告白したい派は63人(22%)。

やはり告白を待ち望む女性が圧倒的に多いです。一方で全体のおよそ2割の女性は、自ら積極的に告白したいというスタンス。女性からの告白も増えつつあるようです。

男性は「されたい派」が58%。したい派を上回る

参考:KoiGaku グラフは編集部で作成

男性193人を対象に行った同様のアンケートでは、「告白されたい派」が113人(58%)。告白したい派を上回りました。

男性も女性も基本的には告白に慎重で、できれば「告白されたい」と思っていることが分かります。

男女ともに「告白を待つ人」が多いということは、裏を返せば勇気を持って告白してみればチャンスは大きいということ。好きな人ができたら勇気を持って告白してみることが、恋を成就させる大事なポイントと言えるかもしれません。

告白の成功率は?

告白をする勇気が出ないという人も多いですが、告白した相手と付き合えるのはどのくらいの確率なのでしょうか。ある調査では告白したことがある人のは、そのうち7割ほどで成功していると答えたそうです。意外と高いと感じましたが、ある程度勝算があって告白する人が多いからかもしれません。

女性から告白してもいい?おすすめの方法・シチュエーション・セリフ徹底解説!

告白しないことも

告白の方法といえば手紙で呼び出したり電話で伝えたりという方法が定番ですが、最近では告白をしないケースも増えています。なんとなく付き合いだしたり、先にセックスをしてしまったりして、告白なしに付き合いだすことも多いです。キスフレやセフレから恋人関係になる人も、多くはないですが存在します。

まとめ

付き合うということは非常に曖昧な基準しかないものでした。年代や性別によって考え方は違いますし、そこに一人ひとりの価値観が加われば、一律になることの方が不自然にも思えます。さらに近年では告白せずに付き合ったり、付き合わずに擬似恋人のような関係を持ったりというような、新しいスタイルも生まれています。

付き合ってくださいと伝える前に、今一度付き合うとは何なのか、自分は相手と付き合ってどうしたいのかを考える必要があるのかもしれません。