付き合うまでの期間はどれくらい?付き合うまでの期間は重要だった!

出会いから付き合うまでの期間はどれくらいが理想的なのでしょうか。また、付き合うまでの期間の長さは交際してからの二人の関係性に影響するのでしょうか。出会いから交際までの期間の違いによる関係性の特徴と、それぞれのリスクなど、役立つ点をまとめました。

今回は

  • 付き合うまでの期間はどのくらい?
  • 付き合うまでの期間が短いこと・長いことによるリスクは?
  • 出会ってから付き合うまでの期間の過ごし方

についてご紹介します。気になる人との付き合う期間はどれくらいが一番理想なのかを知りたい方は、ぜひチェックしてみてください。

付き合うまでの期間はどのくらい?

出会いから付き合うまでの期間はどれくらいであることが多いのでしょうか。人ぞれぞれ、状況によっても異なりますが、大体の目安として踏まえておくとよい交際までの期間をまとめました。

1年以上かかるケースもある

一目ぼれという言葉もあるくらい、一瞬で恋に落ちることがあります。しかし、出会ってすぐ付き合うというケースは実はそれほど多くはありません。出会いから換算すると一年以上かかってから付き合うケースもあるのです。もちろんその期間にどれほどの頻度で同じ時を過ごせるかなど、関係する要素はたくさんあります。

同じ時間を過ごすうちに、少しずつ相手の魅力に気付き、惹かれていくことは珍しいことではありません。職場や学校のクラスなど必然的に過ごす時間が多いと、友達としての期間が長くなるケースもあるようです。

短いと思われるのは出会ってから1週間未満

出会ってから付き合うまでの期間が短いと思われるのは1週間未満でしょう。お見合いなどお互いがフリーな状態であることが前提で出会う場合を別にすると、なかなか一週間未満で交際にまでは発展しません。

しかし、一目ぼれから玉砕覚悟で交際を申し込む勢いがある人は、一週間未満で付き合えてしまうこともあるのです。また、職場も学校も異なると、会える機会があまりないため、思い切って思いを伝えることもあるでしょう。

長いと思われるのは出会ってから1年以上


出会いから一年以上たってから交際がスタートする場合、交際までの期間は長いと思われることが多いようです。この場合、相手のことをはじめから気に入っていても、会う頻度が少なかったり、すでに相手がだれかと付き合っていたりするなど、すぐに交際を考えるのが難しい状況が関係しているかもしれません。

とはいえ、カップルの中には交際まで一年以上かかっている方も少なくありません。交際までの期間を慎重に過ごすことによって、冷静に相手のことを見極めるというメリットもあります。

付き合うまでの期間が短いことによるリスクは?

付き合うまでの期間が短いか長いかで交際期間の2人の関係は変わってくるのでしょうか。ここでは、交際までの期間が短い場合に考えられるいくつかのリスクについてまとめました。

お互いを理解できずにすぐ別れてしまう


交際までの期間が短いということは、それだけ相手のことを良く知らないといえます。ですから、交際しているという非常に近しい関係ながら、お互いを理解し合うまでには時間がかかるでしょう。

お互いを理解し合うまでにじっくりと付き合っていければよいのですが、すれ違いが多くなりすぐに別れてしまうことも少なくないようです。友人として知り合う期間が短いだけに、こんなはずではなかったと幻滅してしまうのでしょう。

知らなかった性格が見えてきて合わなくなる

交際は相手のいいところも悪いところも近くで見ることになります。とりわけ出会ってすぐに好意を寄せる場合、交際する前は相手の良いところしか見えていないことが多いでしょう。そのため、交際してから知らなかった一面が見えてくることも多々あります。

時には、自分の性格とは全く合わず、一緒にいるのが楽しくなくなってきてしまうこともあり得ます。お金の使い方、交友関係、物事に対する見方等、長く交際をするうえで自分が大切と思う要素は、交際前に出来るだけ確認しておくとよいでしょう。

相手のことが分からずギャップにがっかり


ギャップは時にその人を一層魅力的に引き立てますが、その逆もあり得ます。つまり、交際前に期待していた相手と、交際してから見せる相手の言動に悪い意味でギャップを感じてしまうのです。

例えば、いつも優しく接してくれるところが好きだったのに、交際して慣れてくるとかなりオレオレなことなどがあるかもしれません。こうしたギャップが見えてしまうと一気に冷めてしまうことも少なくないようです。

付き合うまでの期間が長いことによるリスクは?

気になる相手となかなか交際が始まらないことは、もどかしい気持ちになるでしょう。もしかするともう付き合う機は熟しているのかもしれないのに、あと一歩勇気が出ずに踏み出せないのかもしれません。

しかし、告白する時は告白しないとリスクばかりが大きくなってしまうことがあります。そこで、付き合うまでの期間が長い場合に考えられるリスクをまとめました。

結局は友達で終わってしまう


交際までの期間が長すぎることによって、単なる仲の良い友達になってしまうことがあります。どちらかが相手を恋愛対象から外してしまうのです。単なる友達としての期間が長くなると、付き合うタイミングがわからなくなることもあるでしょう。そのようにズルズルと時を過ごし、結局はさらに発展させずに終わってしまう恐れがあります。

ときめきに欠けてしまう

付き合うまでの期間が長いと、一緒にいるのが普通に感じてしまうことがあります。家族のように安心できると感じながらも、恋愛対象としてのときめきを感じなくなってしまうことがあるのです。幼馴染とは恋愛する気になれないという方も少なくないのは、仲が良すぎてそうした対象ではなくなってしまったからでしょう。

今さら異性として見ることができなくなる

付き合うまでの期間が長すぎてしまうと、だんだん異性というよりは兄妹のような関係になってしまうことがあります。気兼ねなく話すことができ、信頼もしているものの、異性としては見ることができなくなってしまうのです。

もちろん、そこまで気が合うのですから相性としては悪くないのでしょう。しかし、だからといっていつでも異性として関係性を築いていけるわけではないのです。

出会ってから付き合うまでの期間の過ごし方

出会いから付き合うまでの期間がどれくらいが良いのかは、それぞれの状況や性格によっても変わってくるでしょう。しかし、付き合いたいと思う相手がいるのなら、交際までの間に出来ることがあります。どのようなことを行って、交際までの期間を過ごしたらよいのかをご紹介します。

連絡は相手の頻度に合わせる


気になっている相手とはできるだけ連絡したいと思うものです。しかし、だからといってやみくもに連絡を取ってしまってはかえって鬱陶しく思われかねません。自分からどんどん仕掛けるよりは自然な流れを待つ方が得策かもしれません。
一つの方法としては、相手からどれくらいの頻度で連絡が来るかに合わせて連絡を取ることです。一か月に一回なら、こちらから連絡するのもまずはそれくらいにとどめておいた方が良いでしょう。

LINEは絵文字やスタンプの使い方に注意

今や連絡手段として欠かすことのできないLINEを上手に使うことも効果的です。ただし、絵文字やスタンプを多用すると軽い人だと思われてしまう危険があります。シンプルに、短い文面で送ることを心がけましょう。一言二言で会話のラリーを楽しめるようであれば理想かもしれません。相手が重く感じないことが大切です。

返事が2日以上ないようなら諦めて次の出会いへ

もしもこちらから連絡しても2日以上返信がないなら脈なしと諦めた方が良いかもしれません。たとえ嫌われてはいなかったとしても、そこまで考えてもらえる存在ではないということです。

もしも好意を抱いていることをほのめかすような文面なのに返信がなければ、距離をとって自然消滅を狙っている可能性もあります。さらにしつこくいくよりも、次の出会いを探したほうが良いでしょう。

デートは早めに誘うこと


出会いからデートまではなるべく早く誘ったほうが良いでしょう。あまり知らない間柄だと、出会ってからの期間が開いてしまうとそれだけ気まずくなってしまいがちです。相手が自分のことをよく覚えてくれている間に次のデートを企画してなるべく短いスパンで会えるようにしましょう。

3回目のデートまでに相手のことをできるだけ知る

何度もデートに誘っても行動しないなら、交際のタイミングを逸してしまうことも少なくありません。そこで、デートは3回を目安に、相手のことをできるだけ知るようにしましょう。そこから発展させたいと思う場合、さらにデートに誘ったり、交際を申し込んだりしても良いかもしれません。

いずれにしても、時間だけかければよいという訳ではありませんので、デートの際には目的意識をもって臨む方が良いでしょう。

まとめ

出会いから交際までの期間は短くても長くてもそれぞれにリスクが伴います。しかし、交際という一歩を踏み出すまでに自分の気持ちを確かめるうえでも、譲ることのできない点は確かめておいた方が良いでしょう。

例えば、相手に求める譲れない性格、考え方、生活スタイルなど長く交際を続けられるかどうかを図る要素を自分なりに考えておくとよいといえます。ここで上げた事柄の中でできそうなことから実践してみるのはいかがでしょうか。