付き合うまでの期間はどのぐらいが理想?距離感や関係性は?

この記事の情報提供者

出会いがあってから何回かデートを重ねたものの、はっきりした関係に進展しないまま続いているケースもありますよね。そうなると、「このままでいいの?」や「もっと慎重になるべき?」など、さまざまな思いがよぎるのではないでしょうか。そこで今回は、心理学に詳しいakonkittyさん提供の情報を基に、出会ってから付き合うまでにはどのぐらいの期間をおくのが理想か解説します。また、その間の距離感や関係性などについても、取り上げていきたいと思います。

付き合うまでに心理的にはどれくらいの期間をおくべきか

出会いがあったときに、付き合うにはまだ早すぎるのではないかと悩むことはありませんか?逆に、あまりに長い期間をおきすぎると、そのままダメになってしまいそうで怖いという人もいるでしょう。はたして、付き合うまでにはどのくらいの期間をおくべきなのでしょうか。

付き合うまでの期間には個人差がある

付き合うまでにおいたほうがよい期間には個人差があるので、一概にこのぐらいというのは難しいです。例えば、慎重な人と積極的に攻めていく人とでは異なります。

また、学生か社会人かでも違ってくるでしょうし、結婚を視野に入れている年齢かどうかによっても左右されるでしょう。

健康的な期間は2週間~1ヶ月

個人差はありますが、出会ってから付き合うまでの健康的な期間は、一般的に2週間~1ヶ月程度です。たとえ2週間以内でも、お互いに恋に落ちて、長く関係を続けられるカップルもいます。

ただし、お互いをよく知るためには、最低でも2週間は待ったほうがよいです。デートの回数を重ねてお互いを知り、尊敬し合うことから始めると、信頼し合える仲になれるでしょう。そこから恋愛がスムーズに進み、付き合い始めてからもよい関係を続けられます。

付き合うまでの期間が1ヶ月になると、長いと思われるかもしれませんね。ただし、それくらい相手のことを待ち、慌てすぎずに期間をおくことで、そこまで付いて来てくれる相手とは、よりよい関係を築けるでしょう。

付き合うまでの女性側の心理って?

実際に付き合い始めるまでは、多くの女性はどのような心理で過ごしているのでしょうか。以下にまとめましたので、順番に見ていきましょう。

信頼できる相手かどうか見極めたい

女性は正式に付き合うまでは、相手の行動や発言をしっかり見聞きするなど、慎重に見極めています。そのうえで、その人を好きになれるのか、または信頼できる人なのかなどを確かめます。

例えば、ディナーに連れて行ってもらったら、相手の食べ方やウェイトレスへの言動、そしてそのデートのリードの仕方などを、しっかりと見ている女性は多いのです。

相手の出方次第では距離をおくことも

付き合う前のデートで、相手がキスをしたり手をつないできたりすると、女性側は「行為が早すぎる」と感じることもあります。そうなると、相手のペースに付いて行けなくなってしまうでしょう。

女性は、進展が早すぎると感じた場合は、次のデートを断るなど、距離をおくことも少なくありません。

付き合うまでは心理的にどれくらいの距離感を保つべきか

まだ正式に付き合っていない微妙な関係の時期では、お互いにどれぐらいの距離感を保つべきかも、悩ましい問題といえるでしょう。

付き合うまでの距離感は個人差がある

付き合うまでの期間に個人差があるように、距離感に関しても人それぞれです。人によっては、ファーストデートで手をつないでキスをする人もいます。一方で、付き合うまでは手もつながないという人もいて、個人差が大きいといえます。

お互いにどう思っているかが重要

距離感で一番大切なことは、「お互いにどう思っているのか」という部分です。もちろん手をつなぎたいときに、つないでもよいか確認するよりは、かっこよく手を取ってつなげることが理想的ではあります。

しかし、シチュエーションに合わせて、お互いによい雰囲気になったときに、手をつなぐのがベストです。そのため、必ずしもすぐに手をつないだりキスをしたりすればよいというわけではなく、それを相手が求めているかどうかを考える必要があるでしょう

2~3回目のデートで手をつないでみる

相手が二人の関係性の進展を望んでいるのかを考えることは大切です。しかし、「それがわかれば苦労しない」という声も聞こえてきそうですね。

もしも距離感がうまくわからなければ、2~3回目のデートの際に、思い切って手をつないでみるとよいでしょう。キスをするのは付き合ってからでもよいので、お互いがそのような雰囲気でないのであれば、無理にする必要はありません。

付き合うまでに恋人的な行為をする男性の心理とは

付き合うまでの期間に、手をつないだりキスをしてきたりなど、恋人同士のような行為をする男性もいます。人によっては「早すぎる」と感じて、戸惑ってしまうような行為ですが、男性はどのような心理で行っているのでしょうか。

最初のデートでキスをする場合

デートをリードしている男性の多くは、「いつ進展させるべきか」と常に考えています。どのタイミングで手をつないだらよいのか、キスをするのか、告白するのかなど、さまざまなタイミングを考えます。

彼らの多くは、最初のデートでキスをする場合は、その女性を「すぐにでも自分のものにしたい」と考えています。すぐにキスをする男性の心理は、なるべく早く進展させて、付き合い始めにそれ以上の行為を求めているので、待ちきれないということです。

手をつなぐまでに時間をかける場合

一方キスはおろか、手をつなぐことにも時間をかけている男性もいます。その場合、相手の女性の様子をうかがって、いつ手をつなごうかと計画しています。

こういったケースの場合、女性の気持ちを尊重しているともいえます。しかし時期尚早な行為によって、女性が離れて行ってしまうのではと、慎重になっていることも考えられます。

女性は付き合う前に恋人的な行為をされたらどんな気分になる?

男性は、「早く自分のものにしたい」という心理が働いて、付き合う前から恋人がするような行為をする人もいます。そんな行為をされた、女性側の心理はどうなのか見ていきましょう。

手をつなぐことは喜ぶ女性は多い

女性の多くは、付き合うまでは慎重にデートを重ね、相手には大切にリードしてもらうことを理想にしています。手をつなぐことに関しては、女性の心理として、時間がかかりすぎても早すぎても不安になるものです。また、キスやそれ以上の行為に関しても、とても気にしています。

ただし、最初のデートで手をつながれることに関しては、シチュエーションにもよりますが、喜ぶ女性は多いようです。

キスは早すぎると警戒される

二人の関係性を確かめている段階で、手をつなぐことでよい方向に進展することもあります。ただし、キスになると話は変わります。いくら相手に対して好きという気持ちがあったとしても、それをすぐにキスで伝えてしまうのは安易すぎます。

早すぎるキスは、女性として警戒してしまうケースが多いでしょう。そのため、心理的には個人差があるものの、あまり行為の進展が早すぎると、相手への信頼が薄れると考えておきましょう。

結局のところ付き合うまでの期間は重要なの?

ここまで、付き合うまでの期間の目安や、距離感に関して見てきました。しかし、これはあくまでも一般論で、10組のカップルがいれば、10通りのパターンがあるといえます。

また、付き合うまでの期間に対する考え方も、以下のとおり実にさまざまです。

  • 2週間ほどで付き合いはじめて、付き合ってみたら何か違うと感じた
  • 期間よりもお互いのフィーリングが合うかどうかが大切
  • 好きという気持ちが大切で、付き合うまでの期間は関係ない

お互いに同じぐらいに好意的に感じている場合は、特に付き合うまでの期間は重要ではないでしょう。ただし、どちらかの思いが強く、相手が少し慎重になっている場合は、ある程度の期間が必要かもしれません。

そして距離感に関しても、お互いにどれぐらい気持ちが近づいているかが鍵になるかと思います。つい焦ってしまい、独りよがりにことを進めてしまうと、残念な結果につながりかねないので、相手の思いに寄り添うことも大切です。

まとめ

恋愛のこととなると、多くの人が考えすぎたり臆病になったりしてしまうものです。その結果、付き合うまでの期間や距離感などに関しても、つい慎重になってしまうという人は少なくないでしょう。

付き合うまでの期間に関しては「2週間未満では早すぎる」「3ヶ月もたったら長すぎる」など、一般的な意見があることは事実。ただし、恋愛というのは、決まった型にはめられるものではないですよね。

そのため、あまり一般論にとらわれすぎずに、自分の思いに正直になるのが一番かもしれません。