好きだけど付き合いたくない?そこに隠された男性の心理

男性の中には好きな相手がいたとしても付き合いたくはないと考える場合があります。一見すると非常に矛盾しているように感じるかもしれませんが、そこには様々な理由や感情が関係しているのです。

今回は

  • 好きだけど付き合いたくないとはどんな状況?
  • 好きだけど付き合えないと言う男性の心理
  • それでも付き合いたいと思ったら

についてまとめました。好きだけど付き合いたくないと考えている男性の、隠された心理についてまとめてみましたので、きになる方はぜひチェックしてみてください。

好きだけど付き合いたくないとはどんな状況?


お互いのことが好きであれば必ず交際に発展するかというとそうではありません。それどころか両思いであったとしても交際にまでは発展しないケースも多いのです。そこで好きだけど付き合いたくはないと考えるいくつかの状況をまとめてみました。

両想いだけど付き合えないこともある

お互いのことが好きであればすぐにでも付き合うことができそうですが、実はそれほど単純なものではないケースもあります。例えば経済的な問題であったり、お互いの夢などの方向性が異なってしまっていたりすることもあります。

今お互いのことが好きであったとしても将来的にすれ違いが生じてしまうことが予想されると付き合うまでには発展しないこともあるでしょう。

50%以上の男女が好きだけど付き合えないと考えている

統計によると50%以上の男女が両思いであったとしても交際はできないと考えているようです。両思いであったとしても想いを伝える勇気がない場合や、自分であれこれと心配な点を挙げてしまい消極的になってしまう場合もあるでしょう。

50%以上の男女が好きだけど付き合えないと考えていることを踏まえると、両思いで付き合えるというのは当たり前とは言えません。

好きだけど付き合えないと言う男性の心理

好きだけど付き合えないと考える男性の心理とはどのようなものでしょうか。好きという感情と交際したいという願いが必ずしも比例しないこともあります。交際したいという思いを阻む様々な要因についてまとめました。もし今好きだけど付き合えないと思える相手がいる男性はこの中の条件のどれかに当てはまっているのかもしれません。

好きは好きでも何かが違う


一つには具体的な理由はあげることができない場合があります。つまり好きは好きでも何かピンとこないという状況です。一緒に遊びたいとか同じ時間を過ごしたいという風には思うとしても、交際したいというところまでは発展して行かないのです。
これには色々な理由が考えられますしそれぞれの関係性によっても変わってくるでしょう。「一言で言うとピンとこない」、これは男性にとって交際に発展するかどうか非常に大きなポイントとなりかねません。

価値観が違う

相手であったとしても自分が大切にしている価値観を共有できない場合には交際をしたいという思いまで踏み出せないようです。色々な性格や見た目が好きだったとしても、生きる上で自分が大切にしている価値観が違ってしまうとやはりぴったりの相手とは考えにくいものです。

特に友達としての関係が長く続いていると相手の価値観もよく分かってきますので、友達としては好きでも交際となると現実離れしてしまうということでしょう。

仕事が忙しくて付き合う余裕がない


好きな相手がいても交際をするにはたくさんの時間がかかります。今まで考えもしなかったようなことも相手のために考えなければいけないこともあるでしょう。ただでさえ仕事などで多忙な男性にとって、そのための時間を思うように取れないということが障害となることがあります。

仕事が忙しくて付き合う余裕がないという理由かもしれません。精神的な面でも時間的な面でも余裕がなく、恋人を作る暇がないという人の可能性もあります。

仕事が忙しい男性の男性心理や付き合い方は以下の記事で解説しています。ぜひ参考にしてください。

仕事が忙しい彼氏には連絡しない方がいい?付き合い方、NGワード、寂しさの解消法

友達関係を壊したくない

好きな相手との友達としての関係が長く続いていると、交際に発展させそれが駄目になってしまうと友達関係まで失ってしまうという怖さがあります。そのため、友人としての関係性を崩したくないために、好きな相手との交際を躊躇してしまう男性は少なくないのです。

また交際がダメになってしまうことによって、関係する他の人との友情にも影響してしまうことを懸念する方は少なくありません。

今の距離感が心地いいから


好きな相手であったとしても付き合うことによって距離感が変わってしまうと印象も大きく変わるということがあります。そのため好きな相手との今の距離感が心地いいという理由で、交際を躊躇してしまう男性がいます。

実際のところ友情関係の延長線として交際に発展するケースも少なくありませんが、やはりそれが駄目になってしまった時のリスクを考えてしまうのでしょう。

付き合う自信がない

好きな相手と例え両思いだったとしても自分に自信がないと、交際に発展させる勇気が出ないことがあります。つまり付き合ってやっていけるという自信が自分自身にないのです。こうした男性の場合、女性の方がリードしてあげるとうまくいきやすいかもしれません。

遊ばれそう

好きになった女性と交際できたとしても、遊ばれてしまうのではないかという不安が告白を躊躇させてしまうケースもあります。もしかするとそうした男性は過去に女性関係でトラウマとなるような経験をしているのかもしれません。自分が想いを伝えたことによって、相手との関係性が壊れてしまうことを恐れていることもあるでしょう。

遠距離恋愛はイヤ


両思いだったとしても住んでいる場所が非常に離れていると、それ自体が障害となって付き合うまでに至らないケースもあります。好きという感情に距離は関係ないと思える男性であれば、交際に向けて突き進むことができるかもしれません。

しかし、現実的に付き合ってからのことを考えることであれば物理的な距離は大きな問題となるでしょう。遠距離恋愛になることによって時間やお金もかかることなど、交際する前から悩んでしまう男性は少なくないのです。

相手のことが好きすぎる

相手のことが好きすぎることによって付き合うことはできないと考える男性もいます。自分と付き合うという非常に大きな一歩を踏み出すことによって関係性が壊れてしまうことを恐れるのです。

相手のことが好きすぎて、付き合ってから今までのちょうど良い距離感を保てなくなるのではないかという懸念もあるでしょう。自分自身の気持ちをコントロールするのが苦手な男性が陥りやすい思考パターンと言えるかもしれません。

恋愛にトラウマがある


好きな相手と両思いだということを確信していたとしても、過去の恋愛にトラウマがあると付き合うまでには発展しないケースもあります。

もちろん、こうした過去の恋愛のトラウマを乗り越えなければ次の恋愛をすることはできません。過去の恋愛のトラウマは人それぞれで、言葉で説明できない感情を抱いている場合も多いです。

失恋して怖くなっていた

過去の恋愛のトラウマとも関係することですが、過去に思いを伝えたことによって失恋を経験したことがあるとなかなか告白までには至らないでしょう。交際してから別れるというのと、想いを伝えてもそれが届かないという辛さはまた違うものがあります。

好きな相手でも思いを伝えることによって関係性が崩れてしまうということを恐れ、告白までには踏み出せない男性は少なくありません。

他にもっと好きな人がいた

気になる相手や好きになる相手がいたとしても、自分の中でもっと好きな人がいる場合交際に踏み切れない男性は多くいます。ではそのように一番好きな人と付き合えばいいのではないかと思うかもしれませんが、様々な理由から、そうすることはできない場合がほとんどです。

距離が離れていたり、あるいはもっと好きな人が別の誰かと付き合っているということもあるでしょう。しかしそういう人のことを忘れて、他の人と付き合うという器用なことができない場合も多々あるのです。

結婚を考えられない


いくら好きな相手がいたとしても結婚自体現実的に考えられないという男性も多くいます。例えば自分にたくさんの趣味があって、趣味のために多くの時間やお金を費やしている場合が挙げられるでしょう。

また自分の家族環境や、仕事の問題などによって結婚をしている場合ではないと考える男性もいます。自分自身の問題に加えて周囲の問題も関係してくる様子ですので、交際を真剣に考えるまでには様々な問題がクリアになっていかないと難しいでしょう。

それでも付き合いたいと思ったら

色々な難しい問題が思い浮かぶとしても、付き合いたいと思う男性がいたとしたらどうしたらよいのでしょうか。女性としては両想いであることが薄々感づいている場合、とてももどかしく感じることでしょう。そのような時に参考になる考え方を紹介します。

好きだけど付き合いたくない理由を考える

まず一つとして好きだけど付き合いたくないと考えている理由を、相手の男性の立場になって考えてみましょう。それはその男性にしかわからない、なんとなくの感覚の場合もありますし、その男性を取り巻く様々な周囲の状況というものが関係しているのかもしれません。

いずれにしても付き合いたくはないと考えている理由に寄り添うことができれば、逆にあなたへの信頼感がぐっと増すこともあるでしょう。

相手の複雑な心理を理解することが大事


また男性が好きだけど付き合いたくはないと考える場合非常に複雑な心理が関係していることがあります。そのため、そのような男性と付き合いたいと思うのであれば一つ一つの感情や考えをできる限り受け入れてあげる姿勢が必要でしょう。

しばらくは交際までには発展しないかもしれませんが、地道に彼に寄り添い信頼関係を構築していくことができます。何それが交際へと発展するということも十分に考えられるのです。

諦めずにアプローチをすることも時には大事

男性の側から交際に向けてのアプローチがない場合女性の側からアプローチを仕掛けるというのももちろん良い方法です。男性が交際する気がない場合もありますので、そのタイミングが非常に重要となります。

しかし、いつがいいタイミングなのかを正確に測るのはとても難しいことでしょう。ですから自分が諦めたくないと決めた場合、一度や二度ダメでもまたタイミングを改めてアプローチしていくことも時には大切です。

まとめ

このように男性には、好きな相手であったとしても付き合うことができないと考えてしまう様子がたくさんあります。それは一概に相手の問題というわけではなく、その男性にもどうすることもできないような問題が関係しているのかもしれません。

まずはなにがなんでも付き合うことを考えるのではなく、そうした男性の気持ちに寄り添い、サポートしてあげるような気構えが丁度良いと言えるでしょう。