【男性の本音】「好きだけど付き合いたくない」とは?好きな女性とあえて付き合わない理由

「明らかに両想いなのに、男性が全然告白してくれない」

「いつでも告白をOKできるように、脈ありサインを出しているのに相手が気乗りしていない」

このように普通に考えればいつでも付き合える状況なのに、なぜか関係が進展しないと悩んでいませんか?

この場合、相手の男性はあなたを「好きだけど付き合いたくない女性」だと感じているかもしれません。中には女性からアタックしてみたものの、実際に「好きだけど付き合いたくない」と言われた経験を持つ方もいるのではないでしょうか。

好きだけど付き合いたくないとは、そもそもどのような感情なのでしょうか。

「好きだけど付き合いたくない」は脈ありなのでしょうか、それとも脈無しなのでしょうか。1つ1つ解説します。

「好きだけど付き合いたくない」と男性が言う理由 6選

好きだけど付き合いたくないといわれても理解できないと思いますし、好きだけどという事は両思いなのにどうして付き合う事が出来ないの?と苦しい思いをします。

相手の人が自分に好意を持ってくれているのにお付き合い出来ない、付き合いたくないという気持はどういうことなのでしょうか。

告白された相手の事がすごく好き、でもだからこそ付き合う事は出来ないと考える複雑な心理もあります。好きなのにどうして?本当は嫌いなのか?とひどく悩むことになりますが、不安、自信のなさ、この先を考えて・・・など、それぞれに理由があります。

昔にひどく恋人に傷つけられた経験がある

告白した相手の方は貴女から好きだといわれたことに嬉しいと感じていますし、自分も好きという気持ちをもっていますが、過去のトラウマによってお付き合いすることに不安をもっている方も少なくありません。

本当に好きだった人にひどい裏切りによってフラれた、真剣に付き合っていた人が二股をかけていた・・・等、過去に真剣な恋愛をして傷つけられた経験がある人ほど、次の恋愛には臆病になるものです。

友達としてはOK(好き)だけど異性として見れない

好きだけど付き合いたくないという場合、異性として好きという気持ではなく、友人として好きという気持ちをもっていることもあります。

友達として付き合っていくことはこっちからも強く望む、でも恋人となると話は別、そういう対象にみていないので友達としてお付き合いしていきたいという事でしょう。

コンプレックスがある

自分に自信がない男性は、自分を「つまらない男と思われる」ことに不安になります。

そのため、好きだからこそつまらない自分を知ってほしくないと、好きなのに付き合いたくないと伝えてしまう事も多いのです。自分にコンプレックスがあり、相手と比較し、釣り合わない、自分では無理と勝手に決めてしまうからです。

コンプレックスがあっても相手の人がそれをひっくるめて好きといってくれているのですし、恋愛は付き合っていく中で成長していくものなので、自信がない・・・といっていたら恋愛できなくなることも多いです。

石原さとみが明かしたコンプレックス 「石原さとみじゃなかったらぶん殴ってる」

仕事や勉強に集中したい

例えば高校生の場合には、大学受験の大切な時期、ぎりぎりの成績で受験するという場合、恋愛の事を考えている暇がない、デートなども出来ないから好きだけど付き合う事が出来ないという事もあります。

社会人の場合には、仕事がものすごく忙しい、また大きなプロジェクトを任されていて今恋愛をするよりも仕事をしていたいから・・・という理由もあるようです。

自分のペースや価値観をかき乱されたくない

自分の性格を考えると、好きな人、お付き合いする人がいると、自分の生活のペースが乱れに乱れて疲れてしまったり、価値観が合わないと思いながらも無理して乱されることが多くなるので、今の生活を継続したいから付き合わないという事もあるようです。

お付き合いが始まれば、相手がいる事ですからやはり生活のペースは乱れてしまう事が多く、今の生活が好きと感じている方は、お付き合いという所まで行かないようです。

いまの関係が楽しい

今の二人の関係がとてもいい状態で、付き合うということでこの一番いい雰囲気を崩したくないと考える事もあるようです。

じゃれ合ったり、いつも一緒にいるドキドキ感、自分の事をわかってくれることも理解していて、付き合う事でぎくしゃくしたり、上手くいかなくなっていい関係が崩れるのが怖いという感覚をもっている男性も少なくありません。

【完全掌握】女性心理を知って女性の脈ありサインを読み取る方法

【男性の本音】相手が元彼の場合

お互いに好きだったけれど、歯車がうまくかみ合わずに別れてしまうカップルは多いです。別れた後も惹かれあっていて、いつでも付き合える状態にあるのに「付き合いたくない」「付き合わない」という選択をするケースも。

元鞘に戻ればうまくいくのか?というと・・・色々な心情が出てきて好きな人に飛び込めないこともあるのです。

「好きだけど付き合いたくない」という元彼の男性の本音を解説します。

どうしても自分のプライドが邪魔をしてしまう

女性の側から復縁を申し出ても、元彼の側が「好きだけど付き合いたくない」という場合は「プライド」が邪魔をしているかもしれません。

例えばお互いにずっと良い関係を続けていたけれど、別れ際に信頼関係にひびが入るような出来事はありませんでしたか?

別れ際のトラブルやひどい言葉の応酬などがずっと心の奥底に残っていて「元カノよりもっと良い女性と付き合ってやろう」と意固地になっている可能性も。

この場合、素直にあなたの側が一度は頭を下げると良いでしょう。へりくだる必要はありませんが、相手を傷つけるような言動に心当たりがあればその点は素直に謝りましょう。

元カノとの恋愛の苦しさがよみがえった

「ずっと別れてからも好き」「でもあの辛い毎日をまた繰り返すのか」と思うと、元カノとやり直す気にならないという人もいます。

愛情が深すぎて、愛し方が不器用で好き同士で付き合っていても、日々、辛く苦しい思いをする恋人同士がいます。

そういう状態に戻るよりも、好きという気持ちを抑えて今の状態でいる方がいいんじゃないか、またすぐに別れたいって思うんじゃないかと考えてしまう人も多いです。

この場合は、お互いに「良い距離感を保った恋愛」を意識しましょう。相互依存関係にならないように、一日のLINE(ライン)の上限回数を決めたり、依存関係が金銭面にまで波及しないように割り勘を徹底するといったことが有効です。

早く吹っ切って新しい出会いをしたい

元カノが好きだけれど、もうその恋愛に戻ることなく、前を向いて気持ちを吹っ切って、新しい恋愛を始めようと決意している人は、元カノにまた告白されても、好きだけど、付き合えないという選択になるかもしれません。

【男性の本音】相手が上司・同僚の場合

学生の頃とは違い、職場での恋愛はなかなか難しいものがあり、同僚の中で恋愛するより、好きという感情があっても周囲とうまく仕事をしていくために付き合わないという選択をする人もいます。

大人になるとただ好きという感情だけでは過ごせない、複雑な事情などもあるので職場恋愛は難しい・・・といえるのです。

上司や同僚の目が気になる

職場恋愛禁止という所は少なくなっているようですが、元々そういう社風があった部署は、上司や同僚の目が気になるという事があるようです。

恋人同士が同じ部署にいれば、周囲も何となく気を使いますし、それをよしとしない上司や同僚も少なくないのです。

社内恋愛(職場恋愛)は隠す?隠さない?男性目線の本音や恋愛のポイント

そもそもどうして社内恋愛は推奨されない?

昔は国内の多くの企業が表向き、社内恋愛は禁止で社内恋愛がばれるといずれかが別の部署に移動するとか、女性の方が転職するなど、同じ場所にいることが出来ないという事も多かったです。

日本の企業は昔から社内恋愛を推奨していませんし、恋愛から結婚、出産となればせっかく仕事ができるようになった人材をなくすこともあるので、手を出すなという風潮がある企業も多いようです。

別れた時が地獄

今もその人の事が本当に好き、こんなに自分にあっている人はいないと思う、でも、別れ方が強烈だと、二度と付き合うという事は出来ないと思う方もいます。

ものすごくいい人で仕事もできる、でもお酒を飲むと豹変する、愛情をたっぷりくれるし、上手くいっている時はこれほど相性がいい人はいないと思う相手だけど、束縛が強く別れる時にしつこく粘着された地獄の思い出・・・などがあり、付き合う事が出来ない場合もあるでしょう。

結局のところ「好きだけど付き合いたくない」は脈あり?脈無し?

基本的には「脈無し」と考えるべき

基本的には「好きだけど付き合いたくない」は、脈無しと考えるべきです。男女問わず、普通は好きな相手とは付き合いたいと考えるものです。

それでも「好きだけど、付き合いたくない」と口にするからには相応の理由が本人にはあります。「好きだけど付き合いたくない」というフレーズは言われた方もショックですが、言う側にも覚悟が必要な言葉です。

強い覚悟をもって、付き合いたくないとあなたに伝えているのだと考えましょう。「好きだけど付き合いたくない」を脈ありと捉えるのは基本的には難しいです。

どうしても好きなら「まずは友達」で居続けよう

好きだけど付き合えないと判断する時、その人の心の中には、好きだからこそ付き合っていく自信がないという人もいます。

好きな人と付き合ってなんだこういう人だったんだ、つまらない・・・と嫌われるのが怖くて、だったら付き合わず今の関係の方がいいとする人は結構多いのです。

だからこそ、どうしても好きなら「まずは友達」という関係を当面続けるのが良いでしょう。付き合えないと言われて、完全に会わなくなってしまうと今後付き合うチャンスすら得られません。

相手の心配事をできる限り取り除こう

「好きだけど付き合えない」という男性には、何かしらの心配事があります。例えばコンプレックスを抱えていたり、仕事が忙しかったりします。

こうした心配事を、普段の会話の中で取り除いてあげることも大事です。

例えば、仕事が忙しくて付き合えないという男性に対しては「仕事を頑張っている姿が素敵だよ」「私も、あなたが仕事をしている時間は自分磨きをしようかな」と素直に仕事を応援しつつ、会えない時間があることを気にしないそぶりをしてあげると良いでしょう。

「好きだけど付き合いたくない」と言われたらどうすればいい?

「好きだけど付き合わない」のも大人の付き合いだと割り切ろう

まず「好きだけど付き合わない」という選択を前向きなものだと考えてみましょう。

好きだけど付き合わないことによって、異性ではなく「友人」としての関係を続けることができ、それまでの快適な関係を崩さずに済んでいます。

恋愛をすれば喧嘩をすることもありますし、お互いの人生観のすれ違いも起きます。険悪な関係になることもあるでしょう。そうしたリスクを避けた大人の付き合いが「好きだけど付き合わない」ともいえるでしょう。

好きだけど付き合わないというのは馴染みが無くて、最初は戸惑うかもしれませんし、傷つくこともあるでしょうが「それほど悪い選択でもない」と考え直してみましょう。

「振られても諦められないくらい好きなのか」を自分に問いかけよう

「好きだけど付き合いたくない」というその男性は、あなたにとって本当に諦められないくらい好きな人ですか?

他に魅力的な男性が出てきても、やはりその人のことしか考えられないくらい素敵な存在でしょうか。

もしあきらめがつくのであれば、次の恋愛に一歩を踏み出すのも良いでしょう。

付き合う自信を取り戻す方法とは

「好きだけど付き合いたくない」は、決してあなたの人間性や異性としての魅力を否定する言葉ではありません。しかし、そうは言っても本当にこういったことを言われたら落ち込むのは無理もありません。

気持ちを切り替えるには、まずは踏み出してみることが大切です。

より魅力的な自分になるために、レベルの高い資格取得に挑戦したり、女子力を向上させる習い事などしてみてもいいと思います。

まとめ

好きだけど付き合いたくないという男性の本音を紹介しました。

好きだけど付き合いたくないという言葉には、男性なりの深い思いや覚悟が詰まっています。ですが、女性にとっては言われたらとても傷つくフレーズであることも確かでしょう。

もし男性が「好きだけど付き合いたくない」という気持ちになっていて、関係が進展しなかったり、先が見えない状態になっていたらまずは男性の心配事を取り除いてあげることが大事です。

その上でなお「付き合いたくない」のであれば、好きだけど付き合わないというのも大人の付き合いだと割り切ってしまうのも手かもしれません。

それでも付き合いたいのであれば、まずは友人同士として関係を当面続けるのをおすすめします。