「女は怖い!!」と男性が思ってしまう瞬間と思われないコツ

男性よりも女性のほうが怖い、とよく言われますが、実際そのように思っている男性は少なくありません。では、いったいどのようなときに「女は怖い」と思われてしまうのでしょうか。

ここでは、

  • 男性から怖いと思われてしまう女性の特徴
  • 男性から怖いと思われる瞬間
  • 男性から怖いと思われないコツ

についてまとめてみました。

男性から怖いと思われてしまう女性の特徴


裏表が激しく、人によって態度や接し方を大きく変えるような女性だと怖いと思われることが多いです。また、自己中心的でトゲトゲした言葉遣いの女性も怖いと思われることがありますね。詳しく見ていきましょう。

裏表が激しい

基本的に、人は二面性を持っていると言われています。そのため、裏があるのは決して悪いこととは言えないのですが、あまりにもその差が激しいと男性から怖いと思われてしまいます

普段はとても礼儀正しくて丁寧な言葉遣いなのに、女性だけになると突然口が悪くなるようなタイプですね。裏表が激しい女性だと、深い付き合いができないと思われますし、信用できないと思われることも少なくありません。

人によって態度を変える

合コン パーティー
気になる男性には猫なで声で話しかけるのに、興味のない人にはつっけんどんな態度をとるような女性ですね。また、上司には媚を売るのに、部下や同僚には冷たい態度をとるような女性も男性から怖いと思われがちです。

人によって態度や接し方を変えるのは、裏表があるとみられてしまいますし、信頼に値しないと思われます。怖いというよりは、あまり関わりたくない、仲よくしたくないと思われる可能性があります。

自己中心的な考え方の持ち主

自分を中心に世界が回っているような思考の女性です。何でも自分の思い通りになると考えていますし、思い通りにならないと不機嫌になることもあります。ワガママぶりを発揮して周りを辟易させてしまうこともありますね。

自己中心的な性格だと周りの人を振り回してしまいますし、嫌われます。また、このような女性と付き合ったら絶対に苦労するだろうな、と男性から思われてしまい、怖いという感情も抱かれやすいです。

トゲトゲした言葉使い


言葉遣いがトゲトゲしていると、それだけで性格のキツイ女性だと思われてしまいます。実際には優しい性格の女性もいるのですが、どうしても言葉がキツイと内面もキツイのではないか、激しいのではないかと思われるのです。

誰に対しても敵意を持っているようにも見えてしまいますし、近寄りがたい空気すら纏っていることがあります。これだと男性としてもアプローチしにくいですし、仲良くなりたいとも思われません。

嫉妬が強い

誰でも嫉妬してしまうことはあると思いますが、あまりにも強いと「怖い」という感情を持たれることがあります。嫉妬心から何をするか分からない、とんでもないことをしでかすのでは、という恐怖に駆られてしまいます。

嫉妬というのは内に秘めた怨嗟の感情でもあるので、表だって見えません。それが余計に恐怖心を煽ってしまうのかもしれませんね。

男性から怖いと思われる瞬間


いったいどのようなとき、男性から怖いと思われてしまうのでしょうか。仲良くしているのに陰で悪口を言っていた、感情の起伏が激しすぎるシーンを目にした、集団になると態度が豹変する、といったことが挙げられます。

仲良しに見えて陰で悪口を言っているのを聞いた時

例えば、仲の良さそうな3人の女性グループが楽しく会話をしていたとします。そこから1人が抜けたとき、突然その人の悪口大会が始まるようなことがありますよね。このようなシーンを目撃すると、男性は怖いと思ってしまいます。

さっきまでニコニコと楽しそうに会話していたのに、急変して悪口の嵐になったとなれば、誰でも恐怖を感じますよね。本音を隠して楽しそうにやり取りできるのも本当に怖いです。

感情の変化が大きすぎるのを見た時


さっきまで泣いていたのに、突然逆ギレして凶暴になるような女性は怖いです。メソメソしていたと思えば急に暴言を吐く、暴力を奮い始めるといったことですね。

このような、感情の振れ幅が大きい女性は誰だって怖いと感じてしまうでしょう。行動が読めませんし、何を考えているのかも分かりません。いきなり何をされるかもわかったものではないので、恐怖を感じてしまうのです。

集団になると急に態度が大きくなる時

1人のときは大人しいのに、グループになると突然態度が大きくなるようなタイプです。周りを威嚇するような態度をとったり、暴力的になるといったことですね。集団になると集団心理も働きますし、自分が強くなったような気持になってしまう方が少なくありません。

このようなシーンを目撃してしまうと、二面性がある、裏表があると思われてしまいます。明らかに態度が違うわけなので、にわかには信じられないといった気持になる方もいるでしょう。

男性から怖いと思われないコツ

マニキュアNGのお仕事や学校に通う人
男性から怖いと思われないためには、誰に対しても態度を変えないことです。常に笑顔をキープし、周囲への気遣いも忘れないようにしましょう。ここでは、男性から怖いと思われないためのコツについてお伝えしていきます。

誰に対しても態度を変えない

人によって態度を変えていると、裏表があると思われてしまいます。裏表がある人は信用されませんし、男性も深いお付き合いをしたいとは思いません。誰に対しても平等に接するためには、損得勘定を抜きで人と接することが大切ですね。

損得勘定があると、上司には媚を売って部下や同僚には冷たく接するようなことをしてしまいます。時には損得勘定で動く必要性があることもありますが、そればかりではダメです。あからさまに態度を変えていると、男性ばかりではなく女性からもそっぽを向かれることになるでしょう。

常に笑顔をキープする


無表情の女性は何を考えているか分かりませんし、怖いと思われてしまうでしょう。そのため、日ごろから笑顔を心がけることが大切です。プライベートはもちろんですが、職場でも笑顔を意識してください。

笑顔を作るのが苦手、という方もいるかもしれませんが、そのような方は自宅で笑顔の練習をしてみましょう。鏡の前で、最高だと思える笑顔を作ってください。普段からあまり笑わないという方だと、表情筋も固まっています。トレーニングをしているうちに、スムーズに笑えるようになりますよ。

周囲への気遣いを忘れない

周囲への気遣いができないと、自己中心的でワガママ、気が利かないといった印象を与えてしまいます。気遣いができるようになれば、男女関係なく好印象を与えられるでしょう。

気遣いができるようになるには、観察眼を磨くことです。日ごろから、周囲の動きに対してアンテナを張るようにしてください。先を読む力も必要ですね。次に何が必要か、何をすべきかを考えて行動するようにしてください。

周りの人の体調の変化に敏感になる


体調を気遣ってもらうと、嬉しい気持になりますよね。その人に対し、優しい、気遣いができる人といった印象も持ちます。普段から周りをしっかり観察する癖をつけ、少しでも体調が悪そうにしている人がいたら、積極的に声をかけてあげましょう。

顔色が悪い、ソワソワしている、といった様子を見せている人がいたら、体調がすぐれないのかもしれません。そっと近づいて「体調悪そうだけど、大丈夫?」と声掛けしてあげるだけで、あなたへの印象が変わります。

自分の感情だけで発言・行動しない


相手の立場になるということが大切です。相手がどう受け止めるか、どう感じるかということを考える必要もあります。言いたいことがある場合でも、一度そのあとのことも考えてみてください。相手が不快に感じるようなことなら口に出すべきではありません。

自分の感情だけで発言したり、行動に移したりすると、自分勝手な人だと思われてしまいます。周りの人にネガティブな印象を与えてしまいますし、嫌われる原因にもなるでしょう。

まとめ

裏表がある、感情の起伏が激しいといった女性だと、男性から怖いと思われてしまいます。怖いと思われてしまうと、自分が好意を抱いている男性との恋の発展も見込めなくなるでしょう。ここでは、男性から怖いと思われないコツについてもお伝えしたので、ぜひ今後の参考にしてください。