社内恋愛のきっかけは意外なものだった!恋人が欲しい人必見

職場にはいろんな人が一緒に働いています。そんな人間関係の中で恋愛に発展することはよくあります。ルールに従ってさえいれば何も問題はありません。どういう社内恋愛があってどんな場面で恋愛へと発展するのかなどを詳しく紹介しています。

社内恋愛の主なきっかけ


社内恋愛に発展するのにはきっかけがあります。そのきっかけにはいろんな場所やイベントなどで出会うものです。通常業務のときに恋愛まで発展することはほとんどありません。職場の飲み会などで意気投合してそこから付き合い始めるということはよくあります。

あとは社内の仕事などでグループディスカッションや共同作業をしたときに意気投合してそこから恋愛へ発展することもあります。年度末などに移動があるような会社の場合は、移動したときに新たな出会いがあります。

お酒の席で意気投合

職場で年度末や年末などに飲み会がありますが、そのときは職場とは違うその人本来の人間性などを見ることが出来ます。普段まじめな人がお酒が入っておもしろかったりと意外な一面を出してきて、それをきっかけに好きになってから恋愛へと発展することがあります。

グループディスカッションや共同作業

普段仕事をしているときは1人でする作業が多かったとき、たまに共同作業を行いグループディスカッションなどの研修をするときがあります。そのとき初めて知り合った異性と意気投合して気になるようになってから交際へと発展することがあります。

異動が後押しに

支店などが全国にあるような会社の場合は移動があります。移動先に新しい出会いがあることがあり、好きになってから恋愛へと発展することがあります。移動することで心機一転して仕事も一から始めようとする人もいて、何悩んだりしているときに優しくしてくれる異性がいたら好きなってしまうことがよくあります。

仕事の悩み相談

仕事をしているといろんな場面で異性と2人きりになるときがあります。同じ職場の異性として知っているもの同士なので、話しやすいし話すきっかけはいくらでもあります。そんな中、よく恋愛に発展するケースをいくつか紹介します。

仕事をしているとどうしても悩んでしまうことがあります。自分では解決策が見つからないで悩んでいると、ふと声をかけてくれて助けてくれたりした場合、感謝の気持ちが恋愛感情へと発展することがあります。

帰るコースが一緒だった

仕事を終えて帰宅するときにいつも帰るコースが一緒で、2人で同じ電車に乗ってから帰ることがあった場合、相手との距離が近づいてお互いプライベートの話もするようになったりします。そこから徐々に相手の家庭環境や趣味などの話をしていくうちに相手のことを好きになるケースがあります。

残業がきっかけになることも

仕事をしていると業務時間内に仕事が終わらないこともよくあります。そのときに残業をして終わらせようとして残っていると、一緒に残業をしている異性と話が弾むことがあります。その後、何かに付けて気になるようになりデートに誘ってから恋愛へと発展することもあります。

同僚に恋が芽生えるシチュエーション


会社に入社してから仕事をしていると、同期のメンバーとは同じ苦労をしているので相談したりされたりとお互いが助け合ったりします。そうなったときに、異性同士が話が弾んでいろいろな愚痴をこぼしたり相談したりしているうちに、相手のことを好きになることはあります。

頼りになった・頼りにされた

同期同士は話しやすくていろんなことを相談できますし相談されることもあります。同期だと性別に関係なく相談することもあり、そのときに異性として始めて意識してしまうこともあります。頼りになるとか頼りにされたと思ってから相手のことが気になり始めて恋愛へと発展することがあります。

当時の恋人に関する愚痴を話した

同期の異性に彼氏の愚痴を話していると、徐々に相談相手のことが気になり始めて今付き合っている彼や彼女のことを思う気持ちより、相談相手のことを考えてしまうようになってきたりします。そこから恋愛へと発展することがあります。

仕事とは違った顔が見えたとき

仕事をしている姿とプライベートでは別の顔を見せられたらなんとなくどきっとします。同期とは仕事だけではなく仕事が終わってからも一緒に行動することがあります。そのときに意外な一面を見せられて思わず好きになってしまうことがあります。

社内恋愛でしてはいけないタブー


社内恋愛は自由にやってもいいのですが、恋愛には暗黙のルールがあります。社内恋愛をするときには役職が付いていてそれぞれ社内での立場というものがあります。誰と社内恋愛をしてもいいのですが、社内のルールだけはしっかりと守らなければいけません。

役職関係を崩して話さない

社内で恋愛関係になっている人が役職が付いていて同じ職場内の人の場合は、職場での付き合い方を付き合う前と変えてはいけません。妙になれなれしかったりすると周りの職場の人に気を使わせてしまったりします。そうならないようにしなければいけません。

職場の異性に嫉妬しない

社内での恋愛は自由ですが、好きな人を取り合ったりライバルの同性に対して嫉妬したりして、社内の職場環境を悪くするようなことは絶対にしてはいけません。職場ではあくまでも仕事のつながりを優先して、ライバル関係や嫉妬は仕事を終えたあとプライベートで行わないといけません。

仕事とプライベートの混同

付き合っている人が社内にいる場合、どうしても気になって社内でも仲良く話をしたりアツアツのところを周りに見られたりすると周りが迷惑します。仕事に集中できなかったりさせてしまうような行動は避けなければいけません。

社内恋愛を成功させるには

社内恋愛をしているとどうしても周りには気付かれてしまいます。黙ってから付き合うのもかまいませんが、長く付き合いたいのであれば、付き合っていることを公表するのも本人の為になりますし周りの人の為にもなります。できれば親しい知り合いなどには付き合っていることを話しておきましょう。

親しい人間にはお互いの関係を話しておく

社内恋愛をするときに周りには全く話していないと、付き合っていることが知られたときに逆に気まずくなったりします。そうならないように、親しい友人や先輩などには報告をしておくと社内でもスムーズな人間関係が築けます。

仕事が落ち着いた時にプロポーズを

社内恋愛をしていて最終的には結婚を考えている場合は、職場での関係は仕事優先でやっていきプライベートと仕事をきっちりと分けてから付き合っていきましょう。仕事の区切りがいいところで結婚をすることを周りに話し、プロポーズしましょう。

周りの目を気にしすぎない

社内恋愛は悪いことではありません。禁断の恋愛でもないので必要以上に周りに気を使う必要はありません。できるだけ気は使わなければいけませんが、仕事を終えてからはプライベートの時間なので気にすることなく2人の愛を確かめましょう。

まとめ


社内恋愛をしたいと考えている人にはノウハウを詳しく紹介しています。社内恋愛は決して悪いことではなく、きちんとした対応をしていれば結婚というゴールまでたどり着くことができます。