社内恋愛のきっかけは?脈ありサインやアプローチ法を紹介

職場はプライベートとは切り離された空間ですが、そこから芽生える恋も珍しくありません。どんなきっかけで普段は仕事仲間として見ている相手を恋愛相手にシフトチェンジするのでしょうか。

今回は

  • 社内恋愛のきっかけ
  • 社内恋愛のメリット

などについて紹介します。もし、職場に気になる人がいる場合はぜひ参考にしてみてください。

社内恋愛が始まるきっかけ

社会人になると、生活習慣が限定されるので出会いの場が少なくなってしまいます。そのため、職場も出会いの場のひとつになっていることも少なくありません。どのようなきっかけで社内恋愛が始まるのでしょうか。

ここでは、社内恋愛が始まるきっかけをいくつか紹介します。

入社したときの一目ぼれ

少数派ではありますが、入社時の一目ぼれがあります。入社時に挨拶をしていて、「この人タイプかも」と思うことがあるのです。特に新入社員に対しては、先輩たちも比較的優しく接してくれます。優しさが相まって、気持ちに火がついてしまう人もいるようです。

一緒の仕事で達成感を得たこと

同じ会社で働く以上、何らかの仕事を一緒に行うことがあります。社内恋愛のなかでもっとも多いのが、一緒に仕事をして達成感を得たことによって、いつの間にか好きになっていたというケースです。

仕事をすることによって時間や体験を共有しているため、余計に運命を感じてしまう部分もあるのでしょう。

相手に仕事の悩みを相談したこと

職場の仲間に悩みを相談する人も少なくありません。仕事の悩みを相談しているうちに、相手の良いところが見えるようになり、好きの気持ちが強くなることもあります。

特にふたりきりで話をする機会が増えれば、仕事だけでなくプライベートの話にできる関係になることもあるでしょう。そのため、なんでも気軽に相談できる相手から距離が縮まり、恋愛に発展するのです。

社内恋愛のメリット

社内恋愛は会社によっては禁止されているところもあるので、大変なイメージ強いかもしれません。しかし、社内恋愛ならではのメリットも多くあります。こちらでは、社内恋愛におけるメリットについて確認していきましょう。

一緒に過ごす時間が長い

同じ会社なので、当然ながら一緒に過ごす時間が長くなります。一緒に過ごす時間が長いため、相手のことを知れる機会が必然的に多くなります

ただ、交際の宣言をしているかの有無に関係なく、過剰に恋人と接していると周囲から反感を受ける場合があるので、気をつけてください。社内恋愛だとしても、ある程度の配慮や常識に則った行動を心がけましょう。

お互いに仕事を理解して支え合える

社内恋愛であれば、お互いの仕事に関して理解し合えることもメリットです。業種が異なることで、お互いに仕事の大変さがわからず、そこから口論になってしまうことも珍しくありません。しかし、社内恋愛であれば仕事の内容などもある程度理解することができるので不満が溜まりにくいのです。

出勤がデート感覚になるので楽しめる

恋人が別会社に勤めている場合、なかなか会えないことが悩みの種になっている人もいるでしょう。しかし、社内恋愛であれば出勤自体がデート感覚になるというメリットがあります。

たとえば駅で待ち合わせて、そこから会社までの道のりもちょっとしたデートのようで楽しめるのではないでしょうか。

仕草でわかる社内恋愛の脈アリサイン

社内恋愛は、交際に発展するまでが長い道のりといっても過言ではありません。毎日顔を合わせる相手だからこそ、振られてしまったら会社での関係が悪くなってしまうのではないかと考える人もいるでしょう。

こちらでは仕草でわかる社内恋愛の脈アリサインをまとめてみました。どんな仕草が脈アリのサインになるのでしょうか。

目がよく合う

好きな相手は目で追いたくなりますよね。離れた場所にいても何度も目が合うのは、あなたのことを気にしているサインです。気になっていない方にはしない仕草なので、脈アリかどうか判断できるのサインといえます。

笑顔が多い

人間は意外と感情で生きているものです。嫌いな人を前にすると、無表情になりがちですが、好きな人の前だと笑顔の回数が増えます。笑顔といっても、ビジネススマイルではなく自然な笑顔かを見極めましょう。感情の入った笑顔かどうかは目が笑っているかを確認することでわかります。

ちょっとした変化に気付く

他の人が気づかない変化も気づいてもらえた場合、相手があなたのことをよく見ていると考えることができます。好きな相手のことは、いつも通りに見えても「今日は元気がない」など、自然とわかるものです。些細な変化に気づくことも、相手を意識している証拠です。

体調を気遣ってくれる

体調を気遣ってくれることも脈アリの行動といえるでしょう。社内で一緒に過ごす時間が長いからこそ、相手が疲れているかどうか、体調の良し悪しが分かりやすいかもしれません。忙しい中心配してくれるのは、脈アリサインと受け取ることができるでしょう

行動でわかる社内恋愛の脈アリサイン

目が合ったり、体調を気遣ったりなど脈アリのサインを紹介しましたが、これだけではなかなか気づきにくいものです。どんな行動があったら脈アリのサインと考えることができるのでしょうか。ここでは、行動からみる社内恋愛の脈アリサインについて紹介します。

積極的に話しかけられる

仕事の話以外でも積極的に話しかけられるようになったら、脈アリと考えてもいいかもしれません。仕事の話のみではわかりませんが、プライベートのことを交えた話が多い場合、特に恋愛に関する話題が多くなると高い確率で好意を向けられています。

頻繁に連絡が来る

同じ職場であれば、連絡先を交換していることもあります。その際、仕事に関係のない連絡が来るようであれば、好意を寄せてきているのだと考えましょう。ただし、あなたの友達との仲を取り持ってほしいなど、別の用事があって連絡を取ってくる人もいます。

どのような目的で連絡が来ているのかを、しっかり見極めてください。

よく食事に誘われる

帰宅時間が何度も重なり、そのたびに食事に誘われることはありませんか。これは、あなたとの時間を作ろうとしている可能性が高いです。積極的な男性ほど、分かりやすいアプローチをしてくる傾向があります。

社内恋愛で注意すべき職場での行動

社内恋愛は楽しいことばかりだと思われがちですが、注意しなければいけないこともあります。どのような行動に気をつければいいでしょうか。社内恋愛で注意すべき職場での行動について、確認していきましょう。

仕事中の呼び方は「~さん」で統一

恋人の場合、名前で呼んでいることが多いでしょう。しかし、会社では「〇〇さん」で統一した方はいいでしょう。公私混同をしてしまうと、あなただけでなく彼の評判も落としてしまうこともあります。不必要な誤解を生まないためにも、呼び方について気をつけるようにしてください。

社内ではきちんと挨拶する

いくら恋人であっても、社内ではきちんと挨拶をしましょう。いくら彼が恋人であっても、上司や同僚、先輩など目上の人の場合は、挨拶をしなければいけません。礼節をわきまえることは、二人の評判をあげるために必要なことでもあります。

公私混同をしない

社内恋愛をしていると、どうしてもひいきされているのではないかと考える人がいます。だからこそ、公私混同をしないように心がけなければいけません。公私混同をわきまえた行動ができていないと、何らかのトラブルが起こってしまうこともあります。

特に恋人が上司の場合は、余計に誤解される可能性があるので注意しましょう。

社内恋愛で心がけたい相手への気遣い

社内恋愛では職場での態度や行動に気を配ることが大切です。一方で、プライベートで会うときには、どういったことに気をつけたら良いのでしょうか。こちらでは、社内恋愛を長く続かせるために必要なことを集めました。

休日は相手のプライベートを最優先する

同じ会社の場合、休日が一緒なので女性としてはデートをしたいと考えることもあるでしょう。しかし、なるべく相手のプライベートを優先させるようにしてください。

いくら休日が一緒だからといって、四六時中一緒にいると息が詰まってしまいます。自分自身のためにも、彼のためにもリフレッシュする時間を作ることが大切です。

仕事の話題はなるべく避ける

社内恋愛をしている人がやりがちな失敗として、休日でも仕事の話題をすることです。せっかく二人きりで過ごしていても話題が仕事のことでは、会社にいるのと大差なく感じてしまいます。しっかりとオンオフを切り替えて過ごすようにしましょう。

まとめ

同じ職場で働くことで恋愛に発展することは意外とよくあります。一緒に過ごす時間が長いこと、悩みや達成感を共有するからこそ特別感がでてくるのでしょう。社内恋愛になれば出勤もデート感覚になりますし、仕事も楽しくなります。ただし、公私混同しないようにしないと周囲から不満を持たれてしまうので、オンオフの切り替えはしっかりしてください。