社内恋愛のアプローチはどうすればいい?引かれないためのテクニック

社内での恋愛は悪いことではありません。社内で好きな人ができたときに参考にしてもらいたいアプローチ方法を詳しく紹介していて、成功するアプローチや失敗するアプローチなどがあります。

社内恋愛で成功するアプローチ


社内恋愛をするときの好きな相手へのアプローチにはどんな方法があるのでしょうか。アプローチ方法としては仕事中や仕事が終わった後など、様々な場面で行うことができます。社内恋愛をするうえでアプローチをする方法をいくつか見ていきましょう。

近い席に座る

社内恋愛をするうえで有利なシチュエーションがあります。学校のときと同じで席が近いと話しやすいしよく話をすることができます。社内でも仕事をするときの席は重要で、近くに気になる異性が座れば話すきっかけもみつけやすく接近できます。

帰る時間を合わせる

社内では中々近くにいけないので話すチャンスがないという場合は、帰る時間を好きな異性と合わせれば帰るときに一緒になるチャンスがあります。一緒に帰るときに同じ会社の人間として気軽に話しかけてから帰ることができます。社内恋愛をする為の常套手段ではないでしょうか。

仕事の相談をしあう

職場でも近くにいなくて帰る時間も合わせられないような場合は諦めるしか方法がないのでしょうか。実はそんな場合でも恋愛へ発展させるアプローチはあります。仕事で悩んでいるときに相談することで相手に話しかけることができて、そこからデートに誘い恋愛へと発展させることができます。

▼ 関連記事

社内不倫につながるかも!上司好きな女性が好きになる理由

社内恋愛がうまくいった体験談


社内恋愛をうまく行かせるには、実際に社内恋愛を成功させた人の体験談があればわかりやすいのではないでしょうか。そこで社内恋愛にまで発展してアプローチに成功した体験談を元に紹介します。社内恋愛に発展するにはどんなことがあるのでしょうか。

複数での遊びがいつのまにか二人で・・・

よくあるのが最初はグループ交際をしていてそのうち気なる異性と仲良くなってから徐々に二人でデートを重ねるようになっていき、恋愛にまで発展したというケースがあります。社内でもグループ別に飲み会をしたりしてから徐々にデートに誘うことができます。

食事に誘ったのがきっかけ

気になる異性に対してアプローチをするときは正攻法で攻めるのもありです。社内だからとか気にすることなく気になる相手に直接食事に誘ってからOKをくれた場合、その後のデートに誘いやすく相手も気がある可能性が高くなります。食事を二人で行けたことでほぼ成功といって間違いありません。

女性からの逆アプローチ

最近の女性は積極的で男性は逆に草食系男子が増えてきています。この場合は女性のほうから積極的にデートに誘ってからうまく行くケースがあります。男性の場合、女性からデートに誘われた場合よほど嫌な相手でなければ断りません。男性の気持ちを考えると女性からアプローチするのも恋愛へ発展するチャンスです。

上司を好きになったときのアプローチ


社内恋愛でよくドラマなどであるのが上司のことを好きになってしまったケースです。上司と部下の関係でありながら恋愛にまで発展するケースは結構あります。お互いが独身であれば上司と部下でも男と女であることは間違いありません。その関係は仕事上の付き合いも深く、恋愛に発展しやすいケースです。

仕事で褒めてもらえるように努力

上司が男性で独身、部下が女性で独身、お互いが独身で年齢さもあまりないような場合はお互いが相手のことを気になっていればすぐに恋愛にまで発展します。仕事を通して褒めてもらえるように部下は一生懸命働きます。それに対して上司は部下を褒めてあげて底から親近感が生まれて上司と部下という関係ではなく一緒に食事をしたりしてそのまま恋愛へと発展することもあります。

笑顔で挨拶・会話

社内で上司と部下の関係であれば毎日顔を合わせるわけです。日頃挨拶を交わしてから仕事をして終わるときには帰りの挨拶もします。1日のうちに一番長く一緒にいるのが上司と部下ではないでしょうか。そんな関係上お互いの性格などもわかってきて惹かれあうこともあります。そうなるとどちらからともなく恋愛へと発展していきます。

プライベートな悩みを相談

毎日同じ空間で仕事をしていると上司と部下であればその日の相手の心が暗いのか明るいのかなどもわかるようになります。上司には悩みを相談しやすく、上司のほうも「何かあったの?」といった言葉をかけやすい関係です。そこで悩みの相談に乗ってあげれば、そこから恋愛へと発展することもあります。

▼ 関連記事

上司と不倫を社内にばれず継続するための秘策とは?

イマドキの社内恋愛アプローチ


今時の社内恋愛というのがあります。昔と違ってSNSを誰でも使う時代になっていてSNSを使ったアプローチ方法もあります。最近の若い男女は直接会うのではなくSNSでアプローチしたり電話でアプローチしたりといろんなアプローチ方法で相手にアタックします。

SNSからアプローチ

最近のアプローチ方法の典型的な手段がSNSではないでしょうか。気になる相手に対してSNSを通じて猛アタックをかける人は増えていまし、それに答える相手も増えてきています。直接会うと言いにくいような話を素直に書くことができるのがSNSです。SNSで告白して付き合うことになるというのは当たり前のように行われています。

電話から猛アタック

SNSよりもちょっと進んで直接会うよりもいい安いのが電話です。無料電話などで電話してデートの誘いをしたり、一緒に食事に行ったりと電話でのデートから恋愛へと発展するケースもあります。今の若者のアプローチしやすい手段が電話ではないでしょうか。

お互いの秘密を打ち明ける

直接告白するのではなく、自分の秘密をお互い告白しあうことで2人に親近感が生まれて一緒にいても安心できる相手と思うようになります。そうなると他の友達とは違う特別な関係と思うようになってからそのまま恋愛へと発展していきます。

嫌な印象を与えるアプローチの内容


社内恋愛の中でも成功しないようなケースもあります。お互いが純粋に好きでいればいいのですが、変な気を起こしてしまってから相手に対して失礼な態度をしたりする場合もあります。いろんな人が一緒に働いている社会人だからこそ起こる社内恋愛で失敗するケースを紹介します。

変に駆け引きを求めたがる

社内恋愛だからというわけではないのですが、相手の心を読もうとして変に駆け引きをするようなケースは、それを相手に悟られると一気に恋も冷めてわかれたり嫌われたりします。恋愛関係で変な駆け引きは必要ありません。

恋人がいるのにアタック

好きになる人にアタックするのはいいのですが、既に付き合っている恋人がいるにもかかわらずアタックするのは相手に対して失礼です。相手には恋人の存在を知られていないと思い込んでから成功したら今の彼女と別れようなどといった理不尽な考えでアタックしても、相手は既に恋人がいることを知っていることが多く相手にされません。

年齢を理由に、上から目線

上司と部下の関係や年齢的に大分離れていることで、上から目線で話をしてくるような男性は嫌われます。いくらアタックしても相手にされないのが関の山です。相手のことが好きなのであれば、職場の関係や年齢に関係なく純粋に相手のことだということを、下からものを言わなければ相手に受け入れてもらえません。

▼ 関連記事

上司が部下好きになったら気を付けたいコト

まとめ


社内に好きな異性がいてどうしたら相手に自分の気持ちが伝わるのか悩んでいる人にぜひ参考にしてもらいたい内容となっています。好きな人に社内でどうアプローチしたらいいのかを年齢や社内の関係によってアプローチ方法を紹介しています。