社内恋愛(職場恋愛)は隠す?隠さない?男性目線の本音や恋愛のポイント

「仕事のできる男性上司に相談に乗ってもらううち、異性としても気になるようになった」

「男性部下の仕事の面倒を見るうちに、気がつくといつも一緒に行動するようになっていた」

そんな社内恋愛(職場恋愛)は、憧れの恋愛シチュエーションとされることも多いもの。しかし実際には、部下・同僚・上司の視線を浴びることにもなり、大変なことも。交際をオープンにすべきか、内緒にすべきかで悩む人も多いでしょう。

今回は社内恋愛(職場恋愛)で気をつけるべきポイントなどを紹介します。

社内恋愛(職場恋愛)で気をつけるべきポイント 4選

社内恋愛(職場恋愛)で気をつけなくてはいけないのは、プライベートと仕事の切り分けです。いくら交際相手が社内にいるからといって、あくまでオフィスは職場。できる限り周りの上司や先輩、または同僚に迷惑をかけないように付き合っていかなければいけません。

付き合うことで周りに迷惑をかけるような行動は避けなければいけません。

職場での行動は普段以上に気をつけて仕事に集中できる環境にしましょう。社内恋愛のアドバイスをいくつか紹介します。

1. 同僚や上司など、他の異性に嫉妬しない

社内恋愛(職場恋愛)をしていると、好きな彼女や彼氏が仕事中も見えるところにいるわけです。

仕事の関係で先輩や上司などと話をしたり一緒に外出したり、食事をしたりすることもあります。その先輩や上司は、自分以外の女性かもしれません。

そんなときに嫉妬していては身体がいくつあっても持ちません。

仕事中は仕事と割り切って、相手の行動にいちいち嫉妬しないようにしなければいけません。仕事上いろんな異性と話したり行動することはあります。その点は理解してから付き合うようにしましょう。

2. 仕事中は節度を持った行動を

社内恋愛(職場恋愛)をするとは言っても、オフィスではあくまで同僚。社内で、恋愛とは別に仕事の話をすることもあります。そのときに「どこまで親しくするか」は重要です。仕事の話をする打ち合わせに、プライベートの話題を持ち込む・・・というような公私混同は避けましょう。

仕事中にプライベートの会話などをしていると周りの同僚や先輩、または後輩に迷惑になってしまいます。また交際を秘密にしている場合は「節度のない行動」が、交際がバレるきっかけになります。

3. 噂話を気にしすぎない

社内恋愛(職場恋愛)を、同僚には隠している場合に大事なのが「噂話を気にしすぎない」こと。

仕事中のちょっとした仕草。表情の違い。交際相手も出席するミーティングでのちょっとした目線。そのような細かい点を、意外と同僚はチェックしているものです。どれだけ社内恋愛を隠そうとしても、中には「この二人は付き合っているだろう」と気づく人がいます。

社内恋愛(職場恋愛)は、そのことをよく思わない人もいるものです。場合によっては「あの二人は付き合っている」と噂が広まることもあるでしょう。

そうなったら、職場は一気に「いづらい空間」になってしまいます。

ただし、噂はしばらくすれば落ち着くものです。社内恋愛を続けていくのであれば、噂は一切気にしないのがベストです。

ただ噂がどうしても気になってしまうなら、率直に交際相手に相談してみる。そうした対処が必要です。

4. 職場の雰囲気を悪くしない

社内恋愛の交際相手と喧嘩をして、関係性が悪くなったとします。そのような時に、苛立った感情を職場に持ち込まないようにしましょう。職場はあくまでも仕事をする場所なので「2人の世界」は無関係なものです。

仕事とプライベートの切り分けをしっかりしていれば社内恋愛をしていても、周りに迷惑をかけることはなく、職場の雰囲気を悪くすることもありません。

▼ 関連記事

出会いがない社会人必見!異性と出会える定番の場所とは

男性心理から考える社内恋愛(職場恋愛)

社内恋愛への考え方は、男性と女性で違います。男性の場合、社内恋愛に対してあまりいい印象を持たない傾向があります。

社内恋愛をしたときのデメリットを考えるとしないほうが楽だと考えがちなのです。プライベートと職場との区別ができなくなるので止めておいたほうがいいと思っている男性はたくさんいます。また社内恋愛をしたあと別れてしまった場合、仕事がやり辛くなる可能性があります。

こういったデメリットがあるため、社内恋愛は面倒だからしないほうがいいと考える男性もいます。

社内恋愛に否定的な男性は、全体の半数以上!

参考:マイナビウーマン グラフは編集部で作成

男性は「社内恋愛をしたい」のでしょうか。それとも「したくない」のでしょうか。

マイナビウーマンのアンケートによると「できればしたくない」「したくない」という意見が、全体の78%にも上りました。多くの人が社内恋愛はしたくないという結果になっています。

その理由として「社内恋愛をすると別れたときが面倒」「プライベートを社内に持ち込むのがいやだ」など、社内恋愛をしたからこそ起きる問題があります。

プライベートを社内に持ち込みたくない

「普段プライベートで呼び合っている呼び名で、社内でも呼ばれる」「プライベートで喧嘩すると、社内でも怒って仕事にならない」など社内恋愛(職場恋愛)には、細々とした問題が発生します。

公私混同は、仕事でのトラブルの元になりやすいのです。

別れたときが面倒になりそう

社内恋愛をすると一番面倒なのが別れたときです。仲良く付き合っているときはいいのですが喧嘩別れしたりした場合、その後も職場では顔を合わすこともあります。仕事を一緒にすることもあります。

お互いが意識して仕事にならなかったり、別れたことを噂されてしまったりした場合、仕事がしづらくなったりします。

反面、恋愛中は仕事が楽しいと思うことも

社内恋愛が全て悪いというわけではありません。付き合っていると、仕事場でも顔を見ることがあり、仕事に張りが出てきてからやりがいを感じたり、仕事に集中できたりしてくることもあります。

社内恋愛をすると仕事とプライベートの両方が充実して、仕事場にも好きな彼女や彼氏がいるわけなので好きな人が近くにいて仕事をすることが出来ます。これは社内恋愛でなければ感じることができない環境です。

社内恋愛(職場恋愛)がバレるきかっけ


社内恋愛をしているときに周りにばれないように付き合えれば一番いいのですが、そうもいきません。職場が一緒でプライベートも一緒になると職場でも普段の生活態度が出たりして周りに気が疲れることもあります。職場で周りに付き合っていることがばれる要因としては、いくつかあります。

休日の行動がみんなにバレた

職場で働いているときは周りに気付かれないように行動していても、恋人なので休日は一緒に行動します。一緒にいるところを職場の上司や先輩、または同僚などに見られることがあります。

見られたら付き合っているんだと思われても仕方がありません。このケースは付き合うと決めたときからわかっていることなので、そのときは職場での行動に一層気をつけましょう。

普段と呼び名が違った

社内恋愛がばれる要因に「呼び名」があります。付き合う前と付き合いだしてからでは、プライベートでの呼び方は当然変わってきます。相手の下の名前を呼ぶことが多くなり、お互い呼び捨てにしたりします。

職場では普段苗字で読んでいたのが急に呼び方が変わって下の名前で呼んだり、愛着を持って苗字で呼ぶようになったりします。

こうなったときに周りに交際がばれることはよくあります。また呼び名はそのままにしていても、ちょっとした声の調子で気づかれることもあります。

妙によそよそしい雰囲気

付き合い始めてから馴れ馴れしくなることもありますが、職場では逆によそよそしくなることもあります。慣れ慣れしくなるのと同じくらいよそよそしくなるのもよくありません。

今までと違う接し方をするようになれば周りから「何か変」と思われてもしかしたら付き合っているのではとばれてしまいます。職場で仕事に影響しなければよそよそしくなっても問題はありませんが、周りにばれるのは覚悟しておきましょう。

キスをしているところを見られた

デート現場を職場の上司や先輩、または同僚に見られることはあります。特に付き合いだしてすぐの頃は、お互いに気持ちが高まっていて、外出先でもキスをすることがあるでしょう。

そうした場面を見られると、職場恋愛がすぐにバレます。お互いに社内恋愛を隠したいのであれば、外出先での行動に気をつけるとよいでしょう。

▼ 関連記事

不倫は犯罪になるの?ならないの?時効ってあるの?

アプローチのきっかけに!社内恋愛に繋がる脈ありサイン

社内で気になる異性がいるとき、相手の気持ちを確かめるのは勇気がいります。アプローチして振られてしまったらどうしようかなど、振られた後のことを幹が会えるとなかなかアプローチする勇気が出ないものです。

そこで、気になる異性の気持ちを簡単に知ることができる行動や仕草があるので紹介します。相手が好意を持っていてくれるときには社内でもあるサインを出してくれます。そのサインを見逃さないでしっかりと相手を捕まえましょう。

男女で違う「好きになる瞬間」!異性を好きになる瞬間と心理を解説

仕事が終わる時間を聞いてくる

男女関係なく相手のことが好きになったら、同じ職場にいると仕事が終わる時間を聞いてきます。仕事が終わる時間を聞いてくるということは、業務終了後の時間で食事に一緒に行くなど「何か」を期待しています。

「18時に終わるので、一緒に食事に行きませんか?」など、誘われることを願っているサインでもあります。気になる相手が仕事の終わりの時間を聞いてきたときは、アプローチするチャンスです。

デートに誘っても断られることはまずありません。

褒める・褒められることが増えた

一緒に仕事をしていて普通の会話しかしていなかった相手から、褒められることが多くなってきた場合は、相手が自分に好意を持っている可能性が高いです。

仕事のクオリティをただ褒めるだけでなく、あなた個人の感性やセンス、ライフスタイルなど「個人」を褒めるスタンスの言葉が増えてきた時は、特に恋愛感情が高まっています。

目を見て話せない

社内恋愛のきっかけとなる「脈ありサイン」は些細なものです。気になる相手の、ちょっとした態度の変化を見逃さないようにしましょう。

特に些細なサインの代表格は「視線」です。相手が急に目を見て離せなくなったりしたら、あなたと話すことに照れを感じている可能性が高いです。

好きな人と話をするとき、恥ずかしくて相手の目を見ることができなくなるときがあります。相手の目を見て話さなくなったときは絶好のアプローチのチャンスです。

このときばかりは積極的にアプローチして自分の気持ちを伝えてみてはどうでしょうか。

連絡先を知りたがる

異性が急に連絡先を聞いてきた場合、「多少なりとも自分に気がある」と思って間違いありません。相手の連絡先を聞いてくるということは、もっと相手のことを知りたいと思って相手と話ができる方法を聞いてくるわけです。

相手のことが気になっている場合は、相手に連絡先を教えてアプローチをする機会を待ってみてはどうでしょうか。

社内恋愛(職場恋愛)をするメリット

社内恋愛には、いいこともたくさんあります。

社内恋愛をしていると職場に行くのが楽しくて仕方がありません。仕事が楽しくなるので、モチベーションが上がり、仕事が順調に進みます。仕事をしていると、ランチなども楽しみになってきます。仕事内容をお互いが知っているので理解しあえて、相談することもできます。

このように、職場恋愛だからこそのメリットがあります。彼氏・彼女が浮気をするのではないかと心配することもなくなります。

仕事のモチベーションが上がる

社内恋愛は「好きな彼女や彼氏が一緒に働いていて、常に一緒」ということです。仕事に対する情熱も上がってきます。仕事をする上で精神面の充実は必要不可欠。大事な精神面が安定するので、仕事に集中できるようになります。

好きな人が近くにいるだけでテンションが上がり、全てが前向きに考えることできるようになります。仕事をしていく上で社内恋愛もありではないでしょうか。

昼食の時間が楽しみに

社内恋愛をしていると職場も同じ所であれば昼食などの休憩時間で一緒に話をすることもできますし、友人とランチしながらルンルン気分で午後の仕事に取り掛かることもできます。職場でのオンとオフの切り替えができて充実した仕事をすることになります。

普段何気ない昼食ですが、社内恋愛をしているだけで昼食のときの捉え方が変わってきて、昼食時の何気ない時間が仕事の嫌な面などを忘れさせてくれたり、彼氏や彼女のことを考えながら仕事をすることが出来ます。

浮気の心配が少ない

社内恋愛をしていると、お互い相手の行動を見ることが出来ます。相手の行動を社内でも見ることが出来、浮気をする心配もなくなります。プライベートでも職場でも好きな人のことを気にする機会が、必然的に増えるのです。

相手を縛り付けるのではなく、純粋に相手と一緒にいる時間が増えます。好きな人と一緒にいることで、仕事に対してもやる気が出て、成果を挙げやすくなります。公私共に、社内恋愛をするメリットが十分にあります。

仕事の大変さが共感できる

社内恋愛をして助かる面も多々あります。社内恋愛をすることで「仕事の大変さ」を2人で共有することが出来ます。

仕事で悩んだら相談することができ、仕事が成功したときは一緒に喜ぶことができます。価値観を共有できるのは、社内恋愛のメリットです。

めげそうになったときにそばにいてくれて助言をもらえたり、困ったときに話をして理解してくれる戦友でもあります。話をするだけで気が楽になります。仕事の大変さを彼女や彼氏に理解してもらうことができる数少ない恋愛が社内恋愛ではないでしょうか。

▼ 関連記事

社会人恋愛を成功させよう!意外と知られていないコツとは?

まとめ

社内恋愛は、約8割の男性が「したくない」「できればしたくない」と語るなど、公私混同のリスクがある恋愛の形です。

しかし、社内恋愛には様々なメリットも存在します。交際相手が近くにいることで、必然的に仕事のモチベーションが上がります。精神面が安定するので生産性も上がり、仕事の苦労は二人で分かち合えます。

社内恋愛は、お互いが「同僚」「仕事相手」だからこそ脈ありサインはささやかなものにもなりがちです。社内恋愛に少しでも興味がある方は、気になる相手の脈ありサインを見逃さないでください。