社会人恋愛を成功させよう!意外と知られていないコツとは?

社会人になってからの恋愛は、学生時代に比べると「出会いの場」が限られがちです。また年齢的にも「相手への思いやり」など、恋愛に対する心構えが一層大事になってきます。

しかし社会人の恋愛に大事なポイントをしっかり押さえておくことで、大人の恋愛をすることができます。

社会人での恋愛を成功させる秘訣


社会人の恋愛は、学生の恋愛とはまったく違います。

社会人は大人として、責任のある行動をしなければいけません。社会人としての自覚も必要ですし、恋愛も「大人の恋愛」をする必要があります。大人の恋愛というのは、仕事とプライベートはきっちりと分けなければいけません。

学生時代のように「会いたい時に会う」「連絡したい時に、好き勝手に連絡する」のではなく、相手のプライベートを尊重することが大事なのです。

連絡を取る時間はわきまえる

社会人の恋愛は学生時代のようになんでもありというわけではなく、時間に関してはきっちりとしなければいけません。相手と連絡を取るときでも、相手の生活習慣を乱すような時間帯の連絡は避けなければいけません。

相手が困らないような時間帯に連絡をするということです。

長く付き合っていける相手を見つける

学生のときは「勢い」で付き合うことがあります。勢いで交際をスタートするのは、学生時代であれば武勇伝になることもあります。若い頃であれば、年齢的にもいろいろな相手と付き合ってみたいと思うのは当然のことでもあります。

そんな学生時代の恋愛とは違って、社会人での恋愛は結婚を考えた恋愛へと変わっていきます。そうなると大事なのは、勢いよりも波長です。長く付き合っていけて、波長が合うような相手を見つけなければいけません。

仕事は仕事、恋愛は恋愛と割り切る

仕事は仕事、恋愛は恋愛と割り切ってから両方を同時に進行させていくことが大切です。近年は、結婚後も女性が仕事を続けるのは当たり前のことになりつつあります。

そのため、恋愛に夢中になって仕事をないがしろにするのはよくないのです。

出会いが無くても大丈夫!社会人が恋愛するきっかけ


社会人は、学生時代に比べると出会いの場が少なくなりがちです。とはいえ「社会人での出会いはまったく無い」と諦める必要はありません。

社会人の恋愛に大事なのは、出会いを求める積極性。一歩を踏み出すと、いろんな出会いがあります。「その気」になるかどうかで出会いの幅は変わってきます。

「お客さんと店員」という関係から社会人恋愛

接客業の場合、意外と多いのが「お客さんとの恋愛」です。

社会人になると出会いが少ないのは、客も同様です。お客さんとして店にやってきて、よく話すという人は、あなたに好意を持って接しています。話し相手として心地よさを感じています。

店員と客という関係でも、仲良くなってからプライベートでも会うことは可能です。ただし「客との恋愛は禁止」という店もあるので、そこは確認してから接近しましょう。

上司・部下の関係から社会人恋愛

職場内で恋愛に発展するのが多いのが上司と部下という関係。

上司が男性、部下が女性という立場だと、学生時代の男性とはまったく違う「責任感があり頼りがいのある男性」と接する機会が急増。男性上司への憧れから、社会人恋愛に発展することがあります。

上司と部下の場合、年齢的にもある程度離れているケースが多数。学生時代には体験できなかった、大人の恋愛ができるでしょう。

上司が部下好きになったら気を付けたいコト

先輩から紹介された友達と社会人恋愛

職場がお客と直接接するようなところではない、上司と部下という関係でも恋愛対象になりそうな人が見つからない。そのよう場合も、社内の先輩から異性の紹介をされることがあります。これで恋愛に発展することもあります。

こんな場所から始まる?社会人カップルが出会ったシチュエーション


社会人になってから、職場以外で出会える場所にはどんなところがあるのでしょうか。社会人になってから出会える場所も、実は学生時代のときに出会える場所とさほど変わりありません。

飲み会や合コンなどは学生時代でもあったはずです。社会人になると飲み会は多くなりいろんな人との出会いもあります。

学生時代のような無茶な飲み方、フランクな飲み会は減りますが、代わりにバーなどでゆったりした雰囲気で飲むようになります。そうした場でアプローチをするのも手です。

スポーツジム

社会人になると、体型維持やダイエットなど様々な目的でジムに通う人が増えます。同じジムに通う男女同士で、食事をする機会などもあります。

またスポーツジムに通うのは基本的にはアクティブな人が多いため、少し遠出をして温泉に行ったり、スキーに行くなどイベントを設けることもしばしば。気兼ねなく、お互いに話せる関係になりやすいです。

飲み会

「夜の社会人の仕事」といっても過言でもないのが飲み会です。会社の同僚や先輩たち、取引先との飲み会は「お酒を交えたミーティング」という意味合いを持ちます。

出会いという意味では、大事なのは2軒目以降の飲み会です。2次会などで店に行ってからは、仕事の話し合いも落ち着き、他のお客との出会いや店の女性との出会いが増えてきます。学生時代ではあまり無かった出会いも多く、恋愛へと発展することもあります。

合コン

色々な背景を持つ人が入社する集まりが、会社です。繋がりも広がり、いろんな職業の異性と知り合うことができます。他の会社の異性との合コンが開かれることもあります。まったく違う価値観の異性と接することができる貴重な機会でもあります。

お互いに尊敬できるところがあると恋愛へと発展します。

社会人からでも大丈夫!恋愛を成功させる秘訣


学生時代は異性と話をすることすらできなかったような人も、中にはいるでしょう。

男性と接する機会が少なかったり、女子校から女子大に進学し「男性がいる環境」に不慣れ。また自分の制作や研究を優先し、恋愛を後回しにしていたケースもあるのではないでしょうか。

恋愛を始めるのは、社会人になってからでも遅くはありません。積極的に異性との会話に慣れていけば、恋愛まで発展することができます。

社会人としての優しさや大人の対応ができるようになっていれば、いつでも恋愛することができます。

異性との会話に慣れる

まずは異性との会話に慣れるところから入りましょう。異性と会話ができるようにならなければ、恋愛にまで発展することはありません。恋愛したいのであれば、まず異性と気楽に会話できるようになりましょう。冗談の1つでも言えるようにしなければいけません。恋愛への第一歩になります。

まめに相手を褒める

異性と話ができるようになったら、少しでいいので「相手を褒めること」を意識しましょう。

相手に気にしてもらいたいのであれば、できるだけ相手のいいところを褒めることが有効です。褒めることは、相手に好意を伝える有効な手段なのです。相手が意識してくれるようになります。

恋愛へ発展させるには、最初にやるべき大事なことです。

自己アピールはほどほどに

ただし、必要以上のアピールは逆効果になります。ほどほどのアピールをすることが大切で、背伸びをしないアピールを心がけましょう。ちょっとした気遣いとアピールをすることで相手に印象に残るようにすることから始めましょう。

「女うざい」って思われてる行動の特徴。異性に嫌われるあのポイント

こんな恋愛はNG!年齢に合わない付き合い方

社会人が恋愛するとき、やってはいけない行動があります。恋愛感情が募ると、冷静ではいられなくなり、非常識的な行動をしてしまうこともあります。しかし社会人の恋愛は、節度が大事です。

遊びでの付き合いはしない

社会人になってからの恋愛は、真剣な交際が前提。そうでなければ、相手に対して失礼です。遊びで付き合うのは学生時代まで、と心がけましょう。

社会人になったからは遊びの恋愛はご法度で、どの恋愛でも真剣に付き合わなければいけません。社会人になってからの遊びの恋愛は、単なる遊び人と思われて終わりです。

付き合うとは?遊びか本気か男女間や年代による違いを徹底解説!

仕事より恋愛を優先する

社会人になってからの恋愛は、大人の恋愛をしなければいけません。ある程度の年齢になっているので「仕事をしながらの恋愛」が前提でもあります。

仕事よりも、恋愛を優先するのは社会人としてはあまりおすすめできません。仕事も恋愛もどちらも大事なことなので、両方を同じくらい重要なものと捉えましょう。どちらも精神誠意込めて行動しなければいけません。

相手のプライベート環境に配慮する

「自分の都合を相手に押し付ける」のは避けましょう。社会人になってからも、相手の都合を考えないで自分勝手に行動していると「相手のプライベートを尊重できない未熟な人」と思われても仕方ありません。

まとめ


社会人になってから、思うように出会いの場を得られず悩んでいる人は「まずは一歩を踏み出す」ことを意識しましょう。

学生時代も、社会人になってからも出会いの場自体は大きく変わりません。飲み会や合コンで出会うこともありますし、ジムで出会うことも。もちろん、人の紹介で出会うこともあります。

社会人になってからの恋愛のポイントは「相手を尊重すること」と「出会いへの積極性」です。大人の恋愛を心がけましょう!