不倫が始まるきっかけは?不倫に発展する理由を男女別にご紹介

不倫は裏切り行為。多くの人がそれを知っているのに、どうして一線を越えてしまうのでしょうか。

不倫とは

不倫とは、配偶者を持つ人が、配偶者以外と肉体関係を持つこと。不倫は法律上の言葉では「不貞行為」となり、不法行為。訴えられ、敗訴した場合には損害賠償請求が発生します。

不倫と浮気の違い

浮気は、恋人以外の人と親密になったり、交際関係になることです。定義上、浮気には必ずしも肉体行為が含まれません。よって単に、恋人以外の人と親密になるだけでも「浮気」とされるケースも。

浮気は「浮ついた気持ち」の略ともされ、肉体関係の有無以上に「気持ちの問題」が大きいとも言えるでしょう。

浮気に比べると、不倫は明確に不法行為とされていることからも、より配偶者に与えるショックが大きい事柄だとも言えます。

不倫のきっかけは?

参考:マイナビウーマン グラフは編集部で作成

不倫のきっかけは、仕事関係の些細なことがほとんどです。マイナビウーマンのアンケートによれば「仕事の相談をしていて」と答えた人が20.3%。「飲みに行って」が14.2%。

何の気なく、仕事関係の相談や飲み会で一緒に過ごす内に、次第に不倫関係へと発展するという流れが一般的です。

仕事の相談

不倫のもっとも多いきっかけの1つが、仕事の相談。「仕事の相談」は、相手と一対一で業務外の時間に話をする名目になりやすいため、不倫の言い訳としても一般的です。

異性の同僚や上司と、業務外の時間で「仕事の相談」をするということはそれだけ互いに心を開き、信頼しあっているということでもあります。

業務時間外の仕事の相談は、信頼関係の上に初めて発生するもの。回数を重ねる内に、信頼関係が少しずつ恋愛感情に変わっていくのも、ある意味では自然なことです。

飲み会

飲み会は、不倫・浮気のいずれにおいても「妻・恋人以外の女性との出会いの場」になりやすいです。

アルコールを摂取すると、血流が良くなり、気分が高揚。気が大きくなるため、冷静な状態であればしないであろうパートナー以外の異性へのアプローチをしてしまうことも。

「お酒の席だから」という名目があるからこそ、互いに本音を打ち明けやすく「飲み仲間」としての絆が生まれやすい一面もあります。そうした関係性が、やがて不倫へと発展していくのです。

残業

会社の繁忙期に発生するのが、残業。残業が続く時期は、仕事量が増え、精神的に緊張状態が続きます。

そうした緊張状態の中、オフィスで他の異性と二人切り。自分の本来のパートナーとは、中々会えない時期が続く。こうしたシチュエーションで、不倫が起きます。

上司と部下の関係

部下の女性と、上司の男性。上司の女性と、部下の男性。こうした関係性も、不倫に発生しやすいです。

二人だけでの残業や、出張など共に過ごす時間が長くなるため、次第に両者の間に信頼関係が生まれます。互いに、懸命に仕事に打ち込む姿に頼もしさを感じたり「素敵だな」と思う機会も多いでしょう。

帰宅が遅くなっても「上司と遅くまで仕事をしていた」という言い訳がしやすく、パートナーに不倫がばれにくいという面も。

仕事で同じチーム

仕事で同じチームになった同僚同士も、不倫関係になりやすいです。同じプロジェクトを共に推進。

企画会議や打ち合わせ、資料作成等で長い時間を共にすると、パートナーよりも一緒に過ごす時間が長くなります。仕事の後に一緒に食事をしたり、会社に寝泊まりすることなどを通じて距離が縮まっていきます。

出張

出張は、両者の距離が一気に縮まる機会です。仕事の話をするだけでなく、移動時間や宿泊先でプライベートな話をすることも多いです。仕事が一段落した後は、食事をし、お酒を飲みながら普段はできない話をすることも。

オフィスとは違い、周りに他の人が居ない環境になるため気が緩みます。そうした時に見せる、普段とは異なる一面に心を動かされるのです。

社内旅行

社内旅行も、会社の仲間の「普段は見ることのない一面」に触れる機会になります。食事や宿泊を伴い、開放的な環境も揃っています。

特に二次会、三次会は、宴に参加する人数が減り「気が合う仲間同士で飲む時間」になる傾向があります。

そうした時間でお互いに一気に距離が縮まり、そのまま宿泊先の部屋で一夜を共にしてしまうということは珍しくありません。

妻の出産

妻の出産は、不倫の非常に大きなきっかけになります。

妻の妊娠中は、一般的にセックスの回数が減るものです。セックス自体をしなくなるということはありません。しかし、お腹の赤ちゃんへの悪影響を懸念する男女がほとんどです。

そして出産後は、妻は授乳など赤ちゃんの世話にかかりきりになります。

よって男性サイドにとっては、妊娠以後は長期に渡って十分に性的欲求を満たせない状態になります。ましてや出産後は、自分にむいていた関心が子どもに注がれ、半ば放っておかれるような状態にも。

そうした時期の不満やストレス、性的欲求が重なり、不倫に走りやすいのです。

女性が不倫をするきっかけについて

かつては既婚者が不倫をする場合、男性にそれが多く見られました。しかし現在は違います。既婚女性の不倫も少なくはありません。また、独身女性が既婚者の男性と深い関係になるケースも多く見られます。不倫に至るきっかけや出会いも様々です。

既婚男性を好きになってしまうパターン

結婚すると、独身の時よりも背負うものが増えます。一家の主として責任を持ってやるべきことも増える為、周囲から見れば頼もしく魅力的に見えることも少なくありません。独身の男性や若い男性にはない、大人の雰囲気や頼もしさ、包容力なども感じられる為、そこに惹かれてしまうのかもしれません。

既婚男性もそういったところを認められたり褒められたりすれば、やっぱり嬉しく思うもの。モテキ到来!と思う人も少なくないのでしょう。自分に好意を抱いている女性が好みだった場合、一線を越えてしまうこともあります。

また、結婚するつもりがなく、恋愛だけを楽しみたいといった女性が既婚者と付き合うこともあります。お互いに割り切って付き合っているので、後々結婚云々といっためんどうな話しもないので、既婚者との恋愛は言わば丁度いいと言えるのです。他にも、スリルや恋愛ゲームとして不倫ばかり重ねる女性もいます。

既婚女性が不倫をしてしまうパターン

既婚女性が不倫をしてしまう理由の中には、誰かに自分の努力や頑張りを認めてほしいといったものもあります。既婚女性の中には、子育てや介護をしながら仕事も続けている人もいますが、それは容易なことではありません。そんな時、夫から「ありがとう」の一言でもあれば十分癒されるのに、それさえもしてもらえない女性もいます。やって当然。できて当たり前の忙しい日々に、つい優しさや癒しを求めてしまうのでしょう。

また、最近は男女共に忙しい人が多く、セックスレスの夫婦も多いと聞きます。その寂しさから、温もりを求めて不倫に至る場合もあるようです。つまり、すっかり冷え切っている家庭というわけではないけれど、どこか一方通行でむなしさを感じる時、それを埋める為に不倫してしまうのです。

女性が不倫をしてしまう時の心理は?

結婚すると、妻を女性として見なくなる夫もいます。妻の方も、仕事や家事、子育てなどで忙しくお洒落する時間が持てなくなることも多く、そんな自分を寂しく感じている場合もあります。でも、本音はいつも綺麗でいたいですし女性として見て欲しいのです。そんな時、自分を女性として見てくれる人に心がときめいてしまうこともあります。

また、モテることが生きがいでいつも恋愛気分でいたい女性もいます。結婚後、落ち着いた生活に飽きてしまい、ドキドキが欲しくて不倫する人も少なくありません。この場合も、割り切った付き合いを求めている場合が多く見られます。

男性が不倫をするきっかけについて

俗に言う「良い雰囲気になったから……」。特に大きな理由もきっかけもなく、深い関係に至る場合もあります。ずっと気になっていた女性と不倫ということもありますが、それよりも気が付いたらそうなっていたといったケースも多く見られます。会話が盛り上がり楽しかった流れでとか、お酒を飲んでいてなどといったケースもあります。

未婚女性と不倫をするパターン

恋愛したいと思うのは、男性も同じです。未婚女性と不倫する男性の中には、家庭では味わえない刺激を求めていたり、恋愛ごっこを楽しみたいと思っていたりと、ドキドキを求めている人も少なくありません。また、仕事や家庭が辛く現実逃避したいがゆえに不倫するケースもあります。

他にも、冷え切った家庭に喜びを得られず、離婚を覚悟で新しい恋を求める人もいます。

既婚女性と不倫をするパターン

独身男性が既婚女性と不倫する場合、女性への憧れ的な気持ちからそうなるケースもありますが、責任がないことがメリットだと考えていることもあります。結婚する気が無くても、甘い時間を味わいたかったり、セックスをしたかったり。そんな理由から、あえて既婚女性と付き合う男性もいます。

未婚女性との恋愛は、その延長線上にどうしても結婚が見えます。その気がない彼らにとって、既婚者であり一緒にいて心地よい女性との付き合いは一番なのです。

男性が不倫を止められないワケは?

本当に女性のことが好きで、不倫関係を続けている場合もあるでしょう。しかし、そうではなくクセのようになっている場合もあります。決して、妻を愛していないとか家庭が冷えているとかそういったことがなくても、不倫を止められない男性はいます。反対に、既婚女性が自分になびくことが面白くて、ゲーム感覚で不倫を楽しむ人もいます。

他にも、カラダの相性が良くて、なかなか離れられないといった場合もあります。

不倫のきっかけは?

不倫しない人はしないのに、する人はなぜか何度もします。不倫をしない人は、不倫に興味が無かったり否定的であったりするほか、リスクが高いことを知っているのであえてしようとは思いません。しかしながら、そんなタイプであっても一線を越えてしまうことがあります。

不倫

人は、顔を合わせたり会話することが多い相手に好感を持ちやすいと言われています。職場が同じ場合、当然顔を合わせたり会話したりすることが増えます。悩みを打ち明けたり相談に乗ったりしているうちに、二人の距離が縮まり特別な関係へと発展することもあります。

職場不倫のきっかけ

アルコールが入ると、どうしても気持ちが大きくなりやすくなります。楽しい雰囲気に、いつもは話さないような会話をしたりボディタッチをしたりすることもあるのかもしれません。その楽しい雰囲気が、つい不倫へと走らせてしまうことがあります。理性を失うほどアルコールを飲んではいけません。良いが冷めた時に後悔することがとても多いからです。

出張や残業など二人で行動する時間がきっかけとなり、不倫に至る場合もあります。特に、日が沈む頃から夜への時間は何だか切なくて寂しくなる魔の時間帯。納得して不倫に至るなら別ですが、その場の雰囲気に飲まれて一歩踏み出し、後悔しないようにしてください。

意外と多い?「ダブル不倫」

ダブル不倫も多いと聞きます。職場や子供の学校関係などでも特別な関係になる人がいますし、同窓会などで互いに既婚者なのに燃え上がってしまうと言ったケースもあります。毎日代わり映えのしない日々に、ちょっとだけ刺激が欲しい。誰かに注目して欲しい。現実を忘れたいなどの理由で、不倫に至ることも少なくありません。

しかしながら、ダブル不倫は見つかりやすいデメリットがあります。

不倫のきっかけとなる誘い方は?


恋愛も不倫も、どちらかが声をかけることから始まります。どのようなシチュエーションで、どんな誘い方をしているのでしょうか

男性から女性への誘い方

ある日突然、「僕と不倫しましょう」と誘うなんてことはまずありません。未婚者を誘うのとは異なりかなりリスキーな行為ですから、それをするにはそれなりの準備が必要となります。100パーセント不倫を認めないような女性に、声をかけることはありません。少しずつアプローチしながら様子を見て、遠回しに誘うことがほとんどです。「今夜は、もっと一緒に話しができないかな?」。「いい店を知っているから、良かったら一緒に行きませんか?」このようにちょっとずつ近づきます。

特に、終電がなくなった後は要注意。もし絶対に不倫をしたくないのであれば、とにかく二人になりそうな誘いは断ることが大切です。

女性から男性への誘い方

女性が男性を誘う場合、褒めまくることもあります。褒められて嫌な気持ちになる男性はいませんので、こうやってゆっくりと心が開かれて行くのです。既婚女性が男性を誘う場合、冗談を交えて夫の悪口を言うこともあります。それに比べて○○さんは素晴らしいと言って、誘いたい男性を褒めます。

未婚女性が男性を誘う時も、褒めちぎることが多いようです。「○○さんのような人が旦那さんで奥さんは幸せですね」などと言って、夫であることも褒めます。その上で、自分の身の上話しをして相談。そうやって距離を縮めていくのです。

あの人を諦められない場合は

「家庭もあるし、ぜったいバレたくない…でもあの人ともっと近づきたい…」

「いけない恋だとはわかっていても、あの人と一緒にいると落ち着くし刺激がほしい…」

「いけないこととはわかってるのにあの人を諦めきれない…でも心の用意ができない」

不倫は、バレてしまったら慰謝料を請求され、離婚というバッドエンドを迎えてしまう危険性があります。

でも、危険を覚悟の上で、あの人を諦めきれず不倫の関係になりたいですよね。

実は、不倫を誰にもバレずに進められる方法があるんです。

その方法が「占い」で不倫のプロである占い師に相談し、不倫を進めるためのヒントをもらうというもの。

「でも、占いって高そうだし一人だと行きにくい…」

そんなあなたにおすすめなのが『電話占いヴェルニ』です。

電話占いヴェルニ』は15万人以上もの人の、「人には言えないつらい悩み」を解決してきた国内最大手の電話占いサービス。

電話占いヴェルニ』は「プロの占い師」があなたに優しく寄り添って「霊感タロット」や「霊視」の力で、「実はあの人もあなたのことが気になってしょうがないの。あの人から来るからあなたはそのままでいですよ」など、あの人といけない関係になるためのヒントをくれます。

電話占いヴェルニ』に在籍している占い師の先生たちは厳しいオーディションを通過したプロ中のプロ。対面でも人気を博しており、満を持して電話占いヴェルニでも鑑定している有名占い師やテレビや雑誌で活躍する占い師も多数。

プロの占い師たちのアドバイスの的確さにほとんどの方がリピーターになっています。

「でも、プロの占い師の鑑定を受けるのって高そう…」

ですが、『電話占いヴェルニ』は登録も通話料も一切無料!鑑定料も対面に比べて大幅に抑えられています。

もし、あなたも「あの人といけない関係になりたいけど、家族のこともあるし不安」と思ったら『電話占いヴェルニ』でプロの占い師に気軽に相談してみましょう!

電話占いヴェルニについてもっと詳しく知りたい方は以下の記事をチェックしてみてください。↓

不倫経験者の声は?

不倫経験者に聞いてみると、まさか自分が不倫をするなんて思わなかったと話す方が少なくありません。しかし、一度経験してしまうとその後不倫への抵抗や罪悪感がなくなり、何度も繰り返すような人も多いのです。

不倫をしてしまった原因は?

不倫をしてしまうきっかけは、想像以上に些細のことだったりします。何か大きな問題を抱えていて、その現実から目を背けたくて不倫するような人もいますが、なんとなくその場のノリで不倫するような人もいます。性欲が溜まっている時、丁度よく好みの異性に誘われて、一度だけだと割り切っての不倫……。こういったことも少なくありません。

不倫をすることのメリットとデメリット

不倫のメリットは、責任を負わずに恋愛ごっこができることが挙げられます。結婚を意識せずにお手軽に付き合えますので、そこが良いと考える人もいます。また、ゲーム感覚でワクワクすると話す人もいます。また、結婚はお互い嫌なところも見えてきますし、恋愛以外にも色々なことを迫られます。フワフワとした甘い時間だけを過ごせるわけではないのです。それでも、互いを理解し合い、一緒に問題を解決しながら生きていけるところに醍醐味があります。

しかし、フワフワした甘い時間だけを楽しみたい人も中にはいます。こういった方に、不倫はぴったりだと言えるかもしれません。結婚生活の苦労やドロドロしたところを見ずに、恋愛に酔うことができるからです。

ところが、当然デメリットもたくさんあります。バレたら慰謝料請求などの問題もあり、場合によっては家庭崩壊の危険もあります。また、世間では不倫に厳しい目を向ける人が多いですから、バレれば信頼は大きく崩れます。望まない妊娠も、大きく悩み後悔することとなるでしょうし、独身の女性であれば、不倫の事実がネックとなり結婚が難しくなることもあるでしょう。

そして、多くの人を傷つけることとなります。もちろん、自分自身も傷つけることになります。

まとめ

事実、不倫で多くのものを失う人がたくさんいます。家族、仕事、人間関係、様々なチャンス、清い肉体……。こういったものを全て捨てても良いほど惚れた人との不倫ならまだしも、ちょっとした気持ちの揺れで一線を越えてしまうのはあまりにもリスキー。よく考えて行動することをオススメします。