不倫の潮時、不倫をやめようと思うのはどんなとき?

世間で騒がれている不倫について始めるのは簡単ですが止め時というのが難しくいつ止めるかについて詳しく紹介しています。不倫の止め時を知っておいた方が万が一自分が不倫をしてしまったときに止め時を知っていれば最悪の事態を免れることができます。

不倫のやめどきとは?


不倫をしていてそのまま永遠に続くことはありません。不倫はいつか破局を迎えることになります。そんな不倫の止め時はいつなのでしょうか。不倫にもいろいろな関係があります。関係ごとに不倫の潮時というものがあるので、止め時について詳しく紹介します。

男性が不倫をやめようと思うとき


不倫をしていて止め時は重要ですが、男性側が不倫を止めようと思うときはどんなときでしょうか。特に男性の方は妻子持ちのケースが多く妻子を捨ててまで不倫を続けようと思う男性はいません。そこで不倫をしている男性が止めようと思うのは、相手の女性から結婚を迫られ、妻との離婚を迫られたときが潮時と思って別れることが多いようです。相手が本気になってきたら不倫は成り立たなくなります。こうなった場合は傷を負う前に早めに別れた方が身を滅ぼさないで済みます。

既婚男性が独身女性との不倫をやめようと思うとき

既婚男性が不倫を止めようと思うときとは、家庭環境に不満を持っていないのであれば単なる遊びなので、相手の女性との間では恋愛感情よりも肉体関係の方が優先されます。この場合は相手のエッチに飽きてきたら別れのタイミングでもあります。無理に続けるのではなく、すぐに不倫関係を清算して別の女性に乗り換えようとするケースが多くあります。

独身男性が既婚女性との不倫をやめようと思うとき

独身男性が既婚女性と不倫をするケースもたまにあります。この場合は女性からしたら若い身体が目的だったり、男性側は、人妻という言葉に惹かれて不倫関係にはまってしまったりと、それぞれが相手のことを好きというよりは憧れのようなものが恋愛のきっかけだったりします。この場合は目的が達成できたら不倫がばれる前にけじめをつける傾向があります。

ダブル不倫をしている男性が不倫をやめようと思うとき

男性も女性もどちらにも家庭があるようなダブル不倫をしているケースでは、どちらかの家庭を壊す恐れが出てきたら不倫関係を清算するタイミングとなります。どちらの家庭も大切で、どちらかの家庭に不倫がばれそうになった時点で不倫関係は成り立ちません。そうなったら、すぐに別れられるドライな関係が必要です。

▼関連記事

不倫の恋は辛い。そこから学べることとは?

女性が不倫をやめようと思うとき


不倫は男性だけのものではありません。最近は女性も積極的になっていて不倫をしている女性も数多くいます。女性の中には独身で相手の男性が既婚者の場合もあれば、既婚女性が若い男性と不倫する場合もあります。お互いが既婚者同士で不倫をしているケースもあります。

既婚女性が独身男性との不倫をやめようと思うとき

最近増えているのが既婚女性と独身男性との不倫です。女性が強くなってきていて既婚女性が不倫をするケースが多数あります。それでも不倫関係を止める時期が必ずやってきます。既婚女性が独身男性との不倫を清算する理由としては、今の家庭を壊したくないと思うときではないでしょうか。

独身女性が既婚男性との不倫をやめようと思うとき

独身女性と既婚男性の不倫は昔から社内不倫などで上司と部下の関係でよくある不倫です。この場合の不倫を清算するきっかけは、女性が本気になったときではないでしょうか。女性が不倫相手に妻との離婚を迫り、結婚をしてほしいと望んできたときが清算するタイミングではないでしょうか。

男性が既婚者で女性が独身の場合は、不倫をするのに男性側からはよほどのことがない限り止めようとできません。いつでも止められるので、何かが起こったときに別れればいいと思う人もいるのではないでしょうか。

ダブル不倫をしている女性が不倫をやめようと思うとき

男性も女性もお互いに家庭を持っている場合は厄介です。不倫をしているときは燃えるような恋愛関係になるケースがあります。そうなると家庭を顧みずに相手にのめりこむことがあります。自分の家庭を大事にしたいとか子供のことを考えると不倫を精算しようと思えたときが不倫をやめる時期です。女性の場合は子供がいると割りきりが早く後を引かないできっぱりと止めることができます。

▼関連記事

不倫の終わりにハッピーエンドはないの?実例も交えて紹介

不倫を断ち切る方法


不倫をしていると関係がずるずると続いてしまって、気がついたら離れられなくなってしまっていたということになりかねません。そうならないように不倫のケースに合わせた関係を断ち切るタイミングをいくつか紹介しています。昔は男性が既婚者で女性が独身者と言う不倫が一般的でしたが、最近はいろんな不倫があります。

あなたが既婚者で相手が独身の場合

不倫をしていてどのタイミングで関係を断ち切った方がいいと思えるのか、それは立場によって変わってきます。自分が既婚者で相手が独身の場合は、相手の今後の結婚などもあり、不倫を続けていても幸せになれないと思ったときに自ら身を引くのも必要です。既婚者の方ができれば終わらせることを考えてから不倫をする必要があります。

あなたが独身で相手が既婚者の場合

同じ不倫でも相手が既婚者で自分が独身の場合、不倫相手の家庭を壊したくないと思ったときには自分の方から不倫を断ち切る勇気が必要です。お互いの幸せを考えるといつまでも続けていくと不幸になるのできれいに不倫関係に終止符を打つ必要があります。

既婚者よりも独身者の方が別れるタイミングがいくらでもあります。新しい彼や彼女を見つけたときに不倫関係を清算しないとその後の人生に大きな影響を与えかねません。早めの不倫精算は重要です。

ダブル不倫の場合

一番たちが悪いのが男女ともに既婚者でお互いに家庭がある場合は、仮定での不満を不倫をすることでお互いが発散させていて、心の支えになっている可能性が高くなります。この場合、不倫を断ち切るタイミングが難しくなります。何かの出来事があったときに一気に断ち切ることも必要です。そのままずるずると不倫を続けていくことはできません。

この場合、片方が立ち断ち切ろうとしても中々タイミングが合わずに、そのままずるずると長い期間不倫を続けてしまうこともあります。そう考えると不倫を断ち切るタイミングは難しく、お互いでよくはなしあってから別れを決意するようにしましょう。

不倫を断ち切るコツ

不倫を断ち切るのは中々できません。どちらかが既婚者だと言うことは既に家庭まで持っている彼氏、彼女でいずれは不倫を断ち切るときがやってきます。結婚している夫や妻とのことが気になリ出した時点で、不倫を断ち切ルことを考えなければ行けません。その場合はあるタイミングできっぱりと別れることが将来の2人の為でもあります。

▼関連記事

不倫がばれたときにどうするべきか?今後の関係は?

まとめ


今現在不倫をしている場合は、相手のことを考えてからお互いの同意のもと不倫関係を精算ましょう。不倫をしていていずれは止めなければいけないときが着ます。そのときにきっちりと止めるために不倫のケースごとの止め方が書かれているので参考にして不倫を精算するときに利用しましょう。

▼おすすめ記事

不倫をする心理ときっかけは?ハマる人の特徴と思わぬリスクを解説