不倫裁判で知っておくべき知識と慰謝料請求について

不倫裁判は必要なのかどうかをまずは情報収集して最終的な判断をすることをおすすめします。不倫裁判をするべきかどうかの詳しい情報を紹介しているので、まずは不倫裁判について紹介されている内容を確認してからどうするかを決めましょう。

不倫裁判、どうすればいいの?


そもそも不倫をしていて見つかったときに裁判にもうしたてられることがあります。不倫された妻が夫の不倫相手に対して賠償請求の裁判を起こすことができます。不倫をしているとリスクが付きまとい、既婚者とわかっていて不倫をしてしまうと訴えられることになります。妻や夫に不倫されたときには、不倫相手に対して50万円から300万円の慰謝料を請求する裁判を申し立てることができます。

▼ 関連記事

不倫相手が子供を妊娠した!その後の修羅場について徹底解説

不倫裁判をする場合

不倫裁判をするときにはメリットとデメリットがあります。両方を確認してからやる価値があるかどうかを判断しなければいけません。裁判でかかる期間や費用も重要で、裁判を始める前に十分な情報収集を行ってから始めるようにしましょう。

不倫裁判をするメリット

不倫裁判をした場合、何かメリットはあるのでしょうか。メリットがなければ不倫裁判を申し立てる意味がないわけでメリットとしては、裁判で公式に相手に対して慰謝料を請求することができて裁判で判決が出た場合は相手が逃げ出したりすることができません。しっかりと裁判で決まった慰謝料を払わないといけなくなります。裁判をしない場合は、高等で慰謝料を払うと言ってもそのまま自然消滅する可能性があります。裁判を申し立てればそれができなくなります。

不倫裁判をするデメリット

不倫裁判をするときのデメリットもあると言うことを知っておかないといけません。不倫裁判を申し立てた場合、一番のデメリットは周りの人に知られてしまう可能性があります。これが一番のデメリットで、次に裁判費用が発生して出費は避けられません。裁判を申し立ててから判決が下されるまでに長い期間がかかると言うことです。この3つのデメリットを踏まえても裁判をするメリットがあるのであれば申し立てをすべきではないでしょうか。

不倫裁判に必要な証拠とは?

不倫裁判を行ううえで必要な証拠があります。まずは不倫の事実がわかるような証拠がなければ言い訳されたときに対抗できなくなります。不倫の証拠なる不倫を決定付ける証拠写真があれば証拠として有効になります。不倫時の婚姻関係の状況、不倫発覚における婚姻の波状、不倫相手とのやり取りなどを証拠として提出できます。

不倫裁判の費用

不倫裁判をする場合は費用を支払わなければいけません。それも少額ではなくある程度まとまったお金が必要になります。不倫裁判を行うときに裁判所に支払う費用と弁護士に支払う費用が必要になります。弁護士に支払う費用は着手菌でも30万円は必要になり、最終的には100万円近いお金が必要になります。慰謝料として受け取れる金額は日本は少なく最大でも300万円となっていて裁判を起こしてまでやるべきかは請求できる慰謝料の金額次第と言うことになります。

不倫で裁判になってしまった場合

不倫裁判になった場合いろいろと手順を踏んでから裁判は行われます。その中には、本人尋問、証人喚問、などがあり裁判ではある程度時間がかかります。そのため裁判が長くナラに用にするために和解を受け入れる場合も結構あります。不倫の裁判をするには事項があり事項を過ぎると裁判自体できなくなります。

不倫裁判の本人尋問

不倫裁判をするときに本人尋問をすることになります。本人尋問は重要なので事前に準備してしておかなければいけません。口頭弁論があるのでそのためのシミュレーションをしておかなければいけません。弁論をされているときは聞かれたこと以外は一切答えないようにしなければいけません。これらを注意してから口頭弁論に望むようにしましょう。

不倫裁判の証人尋問

不倫裁判では証人尋問として不倫相手を法廷で尋問することがあります。不倫相手との現在の関係によっても変わりますが、証人尋問をされる前に細かなシミュレーションをしてから証人尋問に望みます。できるだけ有利に進めるためには必要な練習です。

不倫の時効

不倫に関しては時効があります。時効には3年と20年というのがあります。3年というのは、不倫相手が判明してから3年以内に不倫裁判をしなければいけません。3年経ってから不倫裁判の申し立てをすることはできません。20年は不倫自体に気が付かないで年数が経ったケースで、20年経ってから気が付いてからは不倫裁判の申し立てはできません。不倫されてから20年以内に気が付いて裁判の申し立てをしなければいけません。

不倫裁判で和解するには?

不倫裁判を行っていて途中で裁判官から和解を勧められます。そのときに申し立てをしている方が和解に応じれば、裁判は途中でおわり両者の話し合いで解決することが出来ます。そのときに相手方から若い案として医師払いの慰謝料などが具体的に提案されます。その提案を承諾すれば和解が成立します。

▼ 関連記事

不倫の代償を徹底検証!悪質不倫を犯したそれぞれのケースをご紹介

不倫裁判、慰謝料は?


不倫裁判をする目的としては不倫相手方から慰謝料を取ることができます。慰謝料を取る為の裁判と言えます。慰謝料はそのときの夫婦の状況によって金額は変わってきます。慰謝料を請求するための手順や、慰謝料を請求された側は支払いを回避することもできます。

不倫の慰謝料の相場は?

不倫裁判をするときに慰謝料を相手方に請求します。そのときに慰謝料の金額はどのくらいもらえるのかは、今後の夫婦の生活がどうなるかで金額が変わってきます。夫婦が今後別居や離婚をする場合は、100万円から300万円というのが相場です。離婚や別居をしない場合は、数十万円から100万円というのが相場になります。

・別居や離婚もしない    50万円~100万円
・不貞行為が原因で別居した 100万円~200万円
・不貞行為が原因で離婚した 200万円~300万円

出典:弁護士が教える“不倫の代償”リアルな慰謝料の相場

不倫で慰謝料を請求する際の手順と増額請求について

不倫裁判をする場合の手順を簡単に説明します。最初に裁判所に訴訟を提出します。提出後訴状が裁判所から訴訟を起こされた人に配達されます。次に実際の裁判が始まり裁判所へ出廷しなければいけません。弁護士に依頼した場合は、代わりに弁護士が出廷します。慰謝料の相場は決まっていてより多くの慰謝料を請求したいのであれば、配偶者と不倫相手の両方に慰謝料を請求すれば増額できます。

不倫で慰謝料を請求されたときに支払を回避する方法

不倫で慰謝料を請求されたときに慰謝料の支払いを回避する方法もあります。通常慰謝料を請求されると不倫をしていて相手が既婚者だとわかっていた場合は、支払う義務が発生する確率が高くなります。ただし、不倫相手とは肉体関係がない場合は慰謝料を支払う義務はありません。

さらに相手が既婚者であるということを隠していて全く知らなかった場合は支払う必要はありません。不倫が始まったタイミングによっては慰謝料を支払う必要はありません。不倫を始めたタイミングが既に夫婦としての関係が破談していた場合は慰謝料を支払う義務はありません。

▼ 関連記事

浮気の修羅場を大公開!世の中にはとんでもない不倫劇が!?

まとめ

不倫をしていて相手の奥さんに慰謝料の支払いを要求された場合にどうすればいいのかを詳しく紹介しています。不倫で裁判になった場合でも慰謝料を支払わなくても済むケースもあるのでよく読んで参考にしましょう。裁判になったときの期間や慰謝料の相場などもわかるので参考にしましょう。