失恋は誰もが通る道!よりキレイな女になって見返そう

失恋というのはとてもショックなものです。誰もが好きになった人とは付き合いたいと思うものですし、好きな人と付き合えないという状況は受け入れがたいことでもあります。失恋をした際、ずっと沈んだ気持ちを引きずり続けるわけにはいきません。どうやって立ち直っていけばよいのでしょう。ここでは失恋した時の立ち直り方を紹介していきます。

失恋からの立ち直り方法


恋をしている時には何事にも頑張れたり元気になれたりする一方、失恋した時には一気に気持ちが沈んでしまいネガティブになりがちです。そのような時、どうやって失恋から立ち直っていけばよいのでしょう。

モヤモヤとした気持ちを解放する

失恋した後は「なぜうまくいかなかったのか」「自分の何が悪かったのか」とあれこれ消化できない気持ちが残るものです。そのようなモヤモヤした気持ちが残っているとうまく失恋した気持ちを消化する言ことができません。そこで、このモヤモヤした気持ちを開放することが重要です。

このモヤモヤした気持ちは永遠に続くわけではありません。時が解決してくれます。とはいえ、このようなモヤモヤした気持ちが消えるまで待ち続けるのもかなり苦痛なことです。そこで早く解消できるように深呼吸をする習慣を付けましょう。

失恋して間もないころは何をしていても失恋してのモヤモヤした気持ちが浮かんでくることがあります。その気持ちに引きずられてしまうとそのままどんどんとネガティブな気持ちになってしまうことがあります。

そこで、そのような気持ちを流すためにも深呼吸をするのです。それを繰り返していくうちに、自然とモヤモヤした気持ちが残っていても大丈夫、次の恋愛に進めるという自信を取り戻すことができるようになります。

思い出は全て良いものを切り替える

人間誰もが人生の中でつらい経験をすることがあります。しかし、辛い気持ちというのはずっと引きずり続けることはありません。人間は忘れる動物であり、意外とつらい記憶よりも楽しかった記憶のほうが残ります。

そこで、辛いことばかり思い出そうとせずに片思いや付き合っていた時の良い思い出を積極的に思い出すようにしましょう。良い思い出を思い出すことを定期的にしているとどんどんと悪い思い出や辛いことよりも良い思い出ばかり浮かんでくるようになり記憶の上書きが進みます。

ポジティブな生き方をする

失恋をすると、どうしてもネガティブな気持ちになります。しかしネガティブな気持ちはよくないことが続いていき負の連鎖に陥りがちです。そのような状態になると失恋後新たに良い人が現れたとしても寄ってきてもらえることは減ってしまいます。

引き寄せの法則ということが言われますが、ポジティブで明るい生き方をしている人の周りには自然と良いことが集まってきます。失恋をした後もうじうじせずに明るく生活していると自然と笑顔に戻れますし、新たに良い人があらわるのが早くなることも期待できます。

お笑い番組を見る

笑うことは元気になりますし明るい気持ちになれます。失恋した直後は気持ちも沈んでしまい大好きな音楽を聴いたり映画を観たりしても全く楽しめないことも少なくありません。しかし、ずっとそのままでいてもよいことは何もないです。

無理に笑っても意味がないと思われるかもしれませんが、意外と効果があります。初めは無理に笑っていても、だんだんと笑っていると今までのネガティブな気持ちが自然と消えていき「なんでこんなくだらないことで悩んでいたんだろう」とか「うじうじするのはやめよう」とかと前を向く力が湧いてくるようになります。

そこでおすすめなのがお笑いの番組を見ることです。お笑いを見ていると自然と笑える場面もあり笑っているとだんだんと体だけでなく心の元気を取り戻すことができます。

▼ 関連記事

失恋して辛い。そんな時に立ち直るための方法を知って幸せになろう

好きな人を忘れて失恋克服


失恋した気持ちを忘れるためには今まで好きだった人を忘れることが効果的です。とはいえ、好きだった人を忘れることは簡単なことではありません。どのように忘れていけばよいのでしょう。

男性は一人だけじゃない

好きな男性が見つかるとその人が世界でもっとも素晴らしい男性だと思うものですし、ほかの男性のことは目に入らなくなるものです。そうすると失恋すると世界から男性が消えたようなもう誰とも付き合えない、好きになれる人はいないという絶望感を感じてしまう人も少なくありません。

しかし、世界にはたくさんの男性がいます。素敵な男性もたくさんいるはずですし、あなたのことを好きになってくれる男性も絶対にいるものです。世界には男性と女性しかいません。地球上の人間の半分が男性ですからもっと良い男性が現れます。前向きに新しい恋に向かって進んでいきましょう。

充実した日々を過ごす

失恋したら気持ちが沈んで塞ぎがちになることも少なくありません。そうなるとベッドでゴロゴロしたり家に引きこもったりしがちです。しかし、そのような失恋して沈んだ時こそ充実した時間を過ごすよう心がけましょう。

勉強をしたり読書をしたりと集中する時間を作ることで失恋の気持ちを忘れることができる時間を過ごすことができます。美味しいものを食べたり行きたかった場所に出かけたりと充実した時間を過ごすと自然と失恋のことを忘れることができます。

本や映画を見て忘れる

どれだけ忘れようとしても失恋の痛手を思い出してしまうというのは好きだった気持ちが大きければ仕方ないことです。出かけても好きだった人のことを思い出してしまうことがあり、そうすると出かけていても楽しめないですしネガティブな気持ちになってしまいます。

そこで、そのような気持ちを忘れるのに本や映画を観るのがおすすめです。本や映画は集中しやすく、その世界に入りやすいので失恋のことを忘れやすいです。好きな映画や本があればあらすじが頭に入っているからこそ集中しやすく気分転換しやすいですが、そういったものでもできるだけ明るいストーリーのものを選びましょう。

思い出の品は全てリセット

思い出の品を見るとどれだけ気持ちが切り替わってもすぐに失恋した時の気持ちや好きだった人のことを思い出してしまうものです。そこで、好きだった人との思い出が残っているものは当分の間封印するようにしましょう。

思い出の品というのはプレゼントでもらったものや写真だけではありません。メールやデートの時に着た洋服といったものも目にすると一瞬で記憶を思い出してしまいます。

ある程度気持ちが落ち着くまではそういった失恋のことを思い出しそうなものは一つの場所にまとめて目につかないようにしておきましょう。品物によっては思い切って処分するのも一つの方法です。高価なものや処分をためらうようなものは無理に捨てず一時的に隠しておくのでかまいません。

失恋から普段の生活に戻るまでの流れ


失恋してもいつもの生活を続けなければなりません。失恋したからといって仕事を休むこともできないですし、周囲に迷惑をかけてしまっていればどんどんと悪循環に陥って状況を改善することができないです。そこで少しでも早くいつもの生活に戻ることが重要ですがどのようにして普段の生活に戻ればよいのでしょう。

過去は過去だと割り切る

まずは少しでも早く失恋したことを忘れることが重要です。いつもの生活を取り戻すためにも失恋は過去のことであるということを頭に入れて思い出すこともどんどんと減らしていきましょう。

失恋のことを思い出すとすぐに気持ちが沈んで目の前の仕事にも集中できなかったり食事思うように取れなくなったりすることもあります。時間が忘れさせてくれるとはいっても、一日ですぐに解決してすっぱりと忘れられるものではありません。少しずつ失恋の悲しい思い出を減らすこと、思い出す頻度を減らすことで気持ちを落ち着かせることができます。

過去だと割り切るためにはやはり時間が必要です。しかし、必ず時間が解決してくれますし、毎日の生活を過ごしていく中で過去だと思えるようにもなりますから、まずはとにかく過去のことなのだと納得するためにも過去だと割り切り毎日の生活を過ごそうと努力をしましょう。

生活ルーチンを見直す

生活をしている中でルーチンというものがあります。このルーチンの中で失恋を思い出してしまうような習慣がある場合には改善することを心がけましょう。

たとえば、明るい時間よりも暗くなってからのほうが気持ちはふさぎ込むものです。そのため昼よりも夜のほうが暗い気持ちになりがちですし失恋のことを思い出してしまいます。

そこで、夜になると失恋を思い出してしまい悲しくなるという場合、思い切って早寝する習慣をつけてみましょう。朝早起きすることができれば自然と夜眠たくなり嫌なことを考えることなく寝ることができます。早起きしたことで朝の時間を有効に使い勉強をしたり読書をしたりすることで朝活ができれば嫌なことを考えることも避けられます。

仕事と恋人になる

仕事は大変ですが頑張っていると成果が出て楽しくもなってきます。毎日嫌でも仕事は休むことができません。そこで会社にいる間一生懸命仕事に打ち込めば自然と忘れられる時間も多く作れるようになります。

仕事と恋人になると聞くと仕事熱心になりすぎてよくないことばかりに思われがちです。しかし、仕事に没頭することですくわれることもあります。趣味が無く仕事以外毎日することが無いという人は思い切って仕事が恋人となるくらい仕事に集中をすることを心がけてみましょう。

他の異性と接する場に出向く

失恋の痛手を忘れるには新しい恋をすることがやはりもっとも簡単な治療となります。そこで積極的に他の異性と出会うチャンスを作ることも有効です。

初めのうちはまた同じように傷つくことを不安になりそういった場に足を運ぶことにためらいを持つ人もいます。しかし、いざ足を運べば意外と楽しめることも多く、気分転換にもなります。

他の異性と出会う場面もいろいろとあります。初めから合コンや友人の紹介、婚活パーティーのような付き合う可能性もあるような環境だと気が引けてしまうこともあるものです。そこで、もっと気軽に集まれるようなたくさんの人が集まる飲み会や街コンのような異性と接触する機会を設ける程度のイベントから参加をしてみましょう。

▼ 関連記事

【厳選】元気が出る曲!疲れた時・落ち込んだ時・失恋した時に。

失恋の破壊力とは


失恋というのは意外と精神的なダメージの出てくるものです。自分では気付いていなくても日常のふとした時に失恋でダメージを受けていると実感することも少なくありません。具体的にどのような場面で失恋の痛手を感じることがあるのでしょう。

一人で行動することに悲しみを感じる

好きな人ができることは素敵なことです。毎日がそれだけで明るくなりますし、辛いことでも頑張ることができるようになります。だからこそ失恋をした時のダメージはとても大きなものです。忘れようと思っても簡単に忘れられないことも少なくありません。

忘れようと思って気を張っていると、ふとした時にその緊張の糸が切れて思い出すことがあります。特に一人の時間は思い出しやすくひょんなことがきっかけで思い出してしまうことも少なくありません。一人で行動していると周囲のカップルを目にしたりふと無意識に寂しいと感じたりすることで一気に寂しい気持ちが盛り上がってきて失恋したことを実感することもあります。

フラッシュバックのように思い出す

突然何の前触れもなく突然失恋のことを思い出すということも少なくありません。好きだった気持ちが強かったり長く付き合っていて思い出がたくさんあったりするとこういったことになりがちです。

フラッシュバックしてくると一気に失恋当初の気持ちが戻ってきて気持ちが沈んでしまうことも少なくありません。そしてフラッシュバックを確実に起こさなくなるための方法というのもなかなかないものです。

そこで、思い出したらすぐに深呼吸をして気持ちを落ち着けることを心がけましょう。深呼吸したら大丈夫ということを心と体が学習するだけでも気持ちが落ち着きやすくなりますし安心できます。

美味しいものを食べても感動は半分

失恋後は日常に戻るまで時間がかかることも少なくありません。何をしても心ここにあらずで楽しめないことも多いです。そのような状態になると楽しい状況でもいつもよりも楽しめないこともありますし、美味しいものを食べても感動がいつもほど怒らないこともあります。

無理に美味しいと思う必要はありません。今はあまり美味しいと思えなくても時間が経てば今までのように食べ物を食べて感動することができたり美味しいと思えたりするようになります。

美味しく感じないからといって食事をしたり外食したりしても意味がないと思う人もいますがそのようなことはありません。少しでもそういった経験をする方が失恋の気持ちを忘れやすくもなります。

違う異性と付き合っても、過去の彼と比べてしまう

大好きな人だからこそ失恋をしてなかなか気持ちが立て直せないものです。この人以上の人とは出会えないと思えるような人と出会えることは幸せなことである反面、次の恋になかなか進めない原因にもなります。

次の恋に進もうと男の人を紹介してもらったり周囲の男の人に目を向けたりしてもどうしても今までの彼が素敵で次の人にきれいに気持ちが切り替えられないということも少なくありません。過去の男性を比べてしまい、失恋した相手のほうが素敵だったと思え気になる人ができても進展できなかったり告白されても断ってしまったりしてしまうこともあるものです。

このとき気を付けるべきことが私たちは過去のことを美化しがちであることです。失恋した相手のことを私たちは時間の経過とともに美化することが多く、自分の頭の中にイメージしている彼の姿は本人よりも外見も内面もよりよくなった状態でインプットして比較してしまっていることも少なくありません。そのような状態になると目の前にいる男性と比較しても絶対に勝てるわけがないですからそのような比較する習慣をすぐに取り除くよう心がけましょう。

失恋がメリットになることも


失恋は悪いことだけではありません。失恋するからこそ得られるものもあるのです。具体的にメリットはどのようなところにあるのでしょう。

美意識が高まる

失恋をすることで誰もが自分に悪いところがなかったかと考えるものです。そうすると今の自分を変えようという気持ちが高まり自分磨きをしようと思えます。今までは苦痛でできなかったダイエットも頑張ろうと思えたり、ファッションセンスを磨こうとおしゃれの研究をしたり、自分に合う洋服やメイクを探したりといった努力をすることができるようにもなります。

このように失恋の痛手をガソリンとして美意識を高めることができれば確実に前よりも素敵な自分になることができます。失恋したからこそ質恋相手を見返したい、もっと良い人を捕まえたい!という気持ちが芽生え頑張れるのです。

よりいい恋をしようと前向きになる

失恋して悲しい思いをすればもう二度とこのような思いをしたいとは思えないものです。そうすると次の恋愛はより良いものにしたいといろいろ頑張れるようになります。たくさんの男性と出会える機会を設けようと積極的に外出できたり、相手のことを知ろうと人見知りの人も男性に自分から話かけられるようになったりと恋愛に対して前向きに取り組めるようにもなるのです。

異性への積極性が増す

やはり出会いが無ければ恋愛をすることができません。そこで合コンや友人の紹介、婚活パーティーなど積極的に出会いを求めるようになるものです。こういった異性と出会う機会を設けることは刺激を受けることにも役立ちもっと美意識を高めようと思えたり、内面を磨くためにプライベートを充実させようと思えたりと毎日の中にもよい効果が波及します。

理想像がより現実的になる

失恋をしたことで恋愛に今一度真剣に向かい合うチャンスを得ることもできます。自分がなんとなく理想と思っていた人が本当に自分に合っている人なのか、そして実際に付き合うにはどういった人が良いのかということを考えなおすきっかけにもなります。この経験を経て今までよりもより理想の男性がどういった人かリアルになり次の恋は自分に合った人と出会えるチャンスも広がるのです。

▼ 関連記事

失恋後の立ち直り方!前向きに生きるためのポイント

まとめ

失恋をするのは辛いことです。悲しくて二度と恋をしたくないと思ってしまうこともあります。しかし恋愛をすることはたくさんの良い効果もありますし、失恋するからこそ得られるものもあります。失恋したからこそ次の恋愛を良いものにしようと気持ちを切り替えて前を向きましょう。