告白されたとき、どんな返事を返せばいい?

告白されるのは嬉しいことです。しかし、好きな人から告白されるだけでなく好きではない人から告白されることもあります。告白されたときの返答の仕方はどういったものが良いのでしょう。相手との関係を壊さないための断り方も考えていきましょう。

告白されたときの対応


告白されたとき、どのように対応すればよいのでしょう。嬉しい気持ちや驚き、いろいろな感情が出てくるためうまく返答できないことも少なくありません。的確な行動をとるためにも告白されたときの対応方法を頭の中に入れておきましょう。

告白を受け止める

まずは告白されたことを受け止めましょう。相手も一生懸命考えて告白の言葉を考えてくれていますし、勇気を出して告白をしてくれています。だからこそ、気軽に返答してしまうと相手にも失礼です。まずは告白してくれている気持ち、その言葉をきちんと受け止めることから始めましょう。

返事を待ってもらう

告白される相手というのは誰もがよく知っている相手とは限りません。中には全く話したことないような人、あまり相手のことをよく知らない人から告白されることもあります。また、友人としか見ていない相手、自分自身も気になる人がいる場合などもあり、すぐに返事ができるとは限りません。中途半端な気持ちで返答すると失礼なことになりますから、きちんと返答するために少し時間をもらうというのも一つの方法です。

ただし、返事を待ってもらうにはあまりにも長く待ってもらうのは避けるべきです。返事を待ってもらう時間ができればどんどんと相手も期待が高まってしまいますし、自分自身も告白を断りにくくなります。そこで、返答するのはできるだけ早くするようにしましょう。

素直に断る

もしも告白されても相手のことが好きになれそうにない、ほかに好きな人がいて付き合うことが考えられない、という場合にはその場で素直に断るのも一つの方法です。ただし、相手によって断り方は考えるほうが良いです。

遠回しな表現をしても伝わりにくい相手の場合、あいまいな断り方をすると相手がまだ脈があると勘違いしてしまうこともあります。逆にプライドが高い人はあまりにもきっぱりと断ると激高してしまいトラブルになる可能性もあります。

そこで、相手への断り方はきちんと考えるようにしましょう。素直に断るというとそのままダイレクトに気持ちを伝えることと思われがちですが、そうではありません。無理に告白に答える必要はないですが、断る気持ちを伝える内容はきちんと考えるようにしましょう。

▼ 関連記事

電話で告白するのはアリ?それともナシ?

告白されたい?女性側の率直な思い


女性はやはり告白するよりも告白されたいと思うことのほうが多いです。なぜ女性は告白されたいのでしょう。そして、告白されるためにはいくつかのポイントがありますから告白されたい女性は覚えておきましょう。

自分から告白するのは躊躇する

女性が自分から告白することにはいろいろと迷いがあるものです。女性から告白すると積極的過ぎるように思われたり、恋愛経験が豊富なように見られたりと男性から好印象を受けない可能性もあります。

また、女性もシャイなところがありますし傷つくのが怖いとも思うものです。そのため自分から告白して振られることの不安もあり告白できないという人もいます。女性から告白するのは様々なことが要因として躊躇してしまうのです。

気になる異性から声をかけられたら嬉しい

気になる異性がいる場合、やはり自分から告白するよりもその人から告白されたいと思う気持ちのほうが強いです。人生で恋愛をすることも何度もないですから、せっかくならば好きな人から告白されたいと思うものでもあります。そこで、自分からではなく相手から告白されたいと思うのです。

告白される雰囲気も重要

相手から告白されたいと思うならば告白されるための雰囲気も重要です。好意を抱いている相手に両想いかも、告白したらうまくいくかも、という雰囲気を出しておくと告白してもらいやすくなります。一緒にいる中でボディタッチをしたり二人で出かける機会を作ったりと告白しやすい雰囲気を作ることを心がけましょう。

告白したい!男性側の素直な気持ち


男性も告白されるよりも自分から告白をしたいと思っているものです。やはり、女性に告白されるのは男性としてのプライドも傷つきますし、かっこよくありたいと考える男性にとっては告白して付き合ったと周囲にも言いたいものです。そこで男性は告白する前にどのようなことを考えているのか知ることで、男性がうまく告白できるようにサポートすることができます。

告白の言葉を考えるのが難しい

男性は口下手で自分の感情をうまく表現することが苦手な人も多いです。告白したいという気持ちがあってもうまく表現できない、真意が伝えられないということを不安視する人もいます。せっかくの告白ならば一生彼女が忘れないような素敵なものにしたいと思う反面、そのような言葉が浮かばずなかなか告白できないということも少なくありません。

振られたあと、友達関係に戻るのがイヤ

もしも振られたらその後何もなかったように友達関係に戻れるかというとそうでもないものです。やはりすぐに気持ちを切り替えることはできないですし、彼女が好きな人の話をしているのを聞くのも彼氏ができるのも見ていられるものではありません。

そこで、もしも振られたらということを考えると告白はかなりの勇気が必要です。彼女との会話や雰囲気で彼女も自分に好意を持ってくれていると感じられれば告白しやすいですが、振られて友達関係に戻るということは多くの男性が苦手で無理と感じています。

シチュエーションより勢いに任せたい

あれこれ考えても彼女に良い告白をする方法や言葉が思い浮かばないという場合、もう勢いで告白してみようと思うこともあります。シチュエーションにこだわってロマンティックな雰囲気を演出できれば彼女もそのムードに流されて告白を受けてくれる可能性も高まりますが、失敗するとかなりのダメージとなります。そこで、考えても良いアイデアが浮かばない、思い切って告白できない、というくらいならその場の勢いで見切り発車で告白するのも一つの方法です。

▼ 関連記事

告白を成功させる方法は?タイミングを見極めるコツ!

返事がすぐもらえない理由


告白したからといってすぐに返事をしてもらえるとは限りません。両想い同士であれば告白されたらすぐにYesの返答をされて付き合い始めることができますが、すぐに返答をもらえないこともあります。なぜ、すぐに告白の返事が聞けないのでしょう。

嫌いじゃないけれど異性として見れない

仲の良い友人の一人、のように嫌いではないものの異性としては見ていなかったという場合もあります。友人としては素敵な人だけれども、交際する相手としてはどうかと考えて強いまう場合、一度冷静に考えて付き合うべきか同課を判断したいと思うものです。

その場の流れで告白を受けてしまうと友人関係にも戻れなくなる可能性がありますし、共通の友人との関係も変わってくる可能性があります。そのため一度ゆっくりと考える時間が欲しいとすぐに返答ができないのです。

この場で断るのが可愛そう

告白というのは誰もが気軽にするものではありません。そのため断るのもきちんと言葉を選びたいし簡単にするべきものではないです。そこで、断ることは決まっていてもその場ですぐに返答するのではなくきちんと断る言葉を考えたいということで返答を待ってほしいといわれることもあります。

告白そのものが意外すぎて対応できない

全く告白されることを想定していなかった相手から告白されるということもあります。その場合、異性としてみていないところからのスタートであるため、告白にすぐ返答ができないことも多いです。驚きもありますから冷静な判断ができない不安もあります。そのため、少し落ち着いていろいろと考えるために時間が欲しいといわれるのです。

相手をキズつけない返事とは


告白をされて返答するのも相手を傷つけないように慎重に言葉は選ぶべきです。どのような言葉をかけるのがよいのでしょう。

「ちょっと考えさせて」

その場ではすぐに返答せずちょっと考えたいということを伝えることで、相手は今のところ自分には好意を持っていないと悟ることができます。そのため改めて告白の返事を聞くまでの間に気持ちの整理もできますし、振られたときのダメージも減らすことができます。

「今の関係が心地よい」

友人としては最高の相手と言われると失恋してもショックを小さくすることができます。今の関係を維持することは失恋相手にとってすぐには受け入れがたいことではあるものの、ずっと仲良くしていられるというのは嬉しいことですし、その後も良好な関係を維持できる可能性は高いです。

「今は恋人を作りたくない」

たとえ相手が恋愛の対象でなかったり好みのタイプでなかったりしてもそのまま伝えるのは相手のショックも大きいです。そこで、断る理由が自分にある言い方は相手へのダメージを軽減することができます。今は仕事が忙しく恋人を作りたくない、もっと遊びたい、といったことを理由にすると相手も失恋のショックが小さくできます。

▼ 関連記事

告白で一度は言われたいセリフの特徴や切り出し方を徹底解説!

まとめ


告白はするのもされるのも大きな出来事です。好きな人から告白されれば嬉しいですが、そうでない人から告白されると返答が難しく悩んでしまうこともあります。相手の気持ちを尊重しつつもお互い気持ちよく次に進めるような返答を考えることが重要です。