ラインで告白はもはや当たり前?!成功が近づくテクニックも

私たちの生活の中でラインは欠かせないアイテムとなっています。ほとんどの人がスマートフォンやタブレットにラインを入れていますし、毎日誰かからの連絡がきているものです。

もう私たちの生活の中でラインが無い生活は考えられないといっても過言ではありません。それだけ生活に密着しているアイテムだからこそ、最近ではラインを使って告白するということも当たり前になりつつあります。ラインで告白するコツ、答え方はどういったものがあるのかを紹介していきます。

ラインで告白を成功させるコツ


ラインで告白するのにはコツもあります。どのように告白をすればうまくいくのでしょう。告白を成功させるコツを参考にして自分の告白方法やその内容を考えるようにしましょう。

返事が返しやすい時間を選ぶ

せっかく告白するならできるだけ返答しやすいタイミングに送信するべきです。送っても仕事が忙しく見られない時間や寝てしまっている時間に送ってしまうと未読状態が長く続きます。待っている方も辛いですし、受け取った方も長い時間未読にしてしまったことでの焦りや動揺もあります。返事をしやすいタイミングを考えて送るようにしましょう。

告白する前に一言伝えておく

告白を突然するのは相手も動揺してしまいます。そこで、告白する前にこれから告白するという雰囲気を作っておくほうが受けても受け入れやすいですし心構えができます。一言伝えておくことで告白の成功率も上がります。

告白するよ、とハッキリと伝えてしまうと告白した文章があまり相手に伝わりにくくなってしまいますしインパクトを残すことができません。そこで、恋愛の話をしたり相手への好意を感じさせる話題をしたりと相手とのムードをうまく作り告白する雰囲気をうまく作るようにしましょう。

メッセージは下書きしておく

事前に贈るメッセージの内容は何回か書いて下書きをしてみましょう。勢いで送ってしまうと誤字脱字、通じにくい文章になってしまう可能性もあります。相手にきちんと気持ちを伝えることはもちろん、タイミングが来た時にスムーズに送ることができるよう、事前に下書きをしておきましょう。

長文はNG!分かりやすく伝える

好きな気持ちを伝えるために書きたい文章が長くなることはあるものです。しかし、長文はもらった方も読むのが大変ですし、読んでいるうちに内容が入りきれなくなってしまうこともあります。そこで、短く簡潔にストレートに気持ちを伝えた方が相手に伝わりやすくなります。

絵文字・顔文字の使用は適度に

告白をする内容を考える際、ラインだからこそ絵文字や顔文字を使うこともできます。絵文字や顔文字が入ることで読みやすさや可愛さを演出することもできます。しかし、あまりにも絵文字や顔文字を多用することで告白の内容が軽いものとなってしまいますから送る際には絵文字や顔文字を使ってもよいですがあまりにも多用するのは避けましょう。

返事を急かせない

やはり告白したら返事が気になるものですしできるだけ早く答えをもらいたいと思うものです。しかし、告白された相手が必ず好意を持ってくれているとは限りません。

全く恋愛対象とみていないこともありますから、告白されてもすぐに返答できないこともあります。このとき、せかしてしまうとうまくいかなくなる可能性が高いです。早く答えを聞きたい気持ちはあってもできるだけ抑えて相手が返答できるタイミングを待ちましょう。

ラインで告白するのはアリ?


そもそもラインで告白することはアリと思われているのでしょうか。ナシだと思われていれば告白しても失敗する可能性が高くなります。ラインで告白するのにはメリットもありますからラインで告白するかどうかよく考えて行動に移しましょう。

気持ちが伝えやすいからアリ

ラインで告白することで口頭で伝えるよりも気持ちが伝わりやすくなることもあります。口下手で思っていることが上手く伝えられない人であれば、文章にするからこそ普段言えないようなことが言えたり言葉を選んで伝えることができたりします。そのためラインで伝えた方が気持ちが伝わりやすくなることもあるのです。

電話やメールよりも気楽に告白できる

電話やメールで伝えるより、ラインのほうが気楽に告白できます。そのため肩ひじ張った伝え方をするのではなく気軽に言葉を伝えることができ、だからこそ付き合える可能性が高くなることもあります。

付き合うきっかけとして、思い出と記録を残せる

ラインは文章のやり取りを残すことができます。そのため、告白した文章はもちろんですが、その前後のラリーについても記録を残しておけます。

これは長く思い出として残しておくことができるものですし、何度も見返すことができて便利です。口頭だと記憶が薄れていきますし、手紙だと色あせて読めなくなることもありますが、ラインであれば保存しておけばいつまでも残し続けることができます。

ラインで告白はナシだと思う理由


ラインで告白できることは楽だし良いところもいろいろとありますが、ナシだと思っている人もいます。ナシだと思う人はどういった点でナシだと思っているのでしょう。

顔が見えない分、本気かどうか分からない

ラインだと何を告白している相手の顔が見えないために何を考えているか、どういった気持ちで送っているのかということが伝わりにくいです。最近ではラインで告白するいたずらが行われるといったこともあったので、不信感を抱いてしまうこともあります。そこで、ラインでの告白に対しては好きな相手からの告白でも返信するにあたってためらってしまうことも少なくありません。

違う人にばらされる可能性

ラインで告白したらその内容を周囲の人が見ている心配もありますし、告白への返答がすぐに周囲に広まる心配もあります。せっかく告白してうまくいったとしてもすぐに周囲からいろいろと言われてしまっては良い気がしません。告白されたこと以外に周囲のことを気にしなければならないのは残念な気持ちになってしまいます。

直接言わない分、子供っぽく感じる

告白するのは勇気のいることです。だからこそ気持ちにまっすぐこたえたいと思うものでもあります。そのような告白が直接言われないことに対して、意気地が無いと感じたり子供っぽいと感じたりする部分もあります。せっかくの告白ですからきちんと面と向かって言ってほしいと思っている女性からはがっかりされてしまいます。

男性からlineで告白を成功させる秘訣


男性から告白する際、lineを使う場合にはどのような告白をすると成功するのでしょう。具体的な文章のアイデアを参考にして自分がどのように告白するのか、どういった言葉で伝えるのかをシミュレーションしベストな言葉を選ぶようにしましょう。

短文で好きだという気持ちを伝える

あまりにも長い文章だと何を言いたいのかわからなくなりやすいですし、内容が頭の中に入りにくいです。そこでできるだけ短く簡潔にストレートに気持ちを伝えることが重要です。

好きな気持ちが強すぎると伝えたいこともたくさんになりがちですが、あまりにもたくさんのことを書いてしまうと読みにくいです。だからといった何個かに文章を分けてしまったら気持ちが伝わりにくくなってしまいます。そこで、一度に送って読みやすい文章量、そして内容がすべて頭に入りやすい内容量を考えて送るようにしましょう。

どんな付き合い方をしたいのか伝える

ただ気持ちを伝えるだけでなく、付き合い始めたらどのようなカップルになりたいか、どういった付き合いをしたいかということを伝えるのは有効です。このような文章が入ることでまだ自分のことを異性と思ってもらえていない相手にも自分に対して気持ちを向けてもらうことができますし、付き合ってからのことをシミュレーションしてもらいやすくなります。

また、付き合ってからのことが書かれていると自分が大事にしてもらえそうとか一緒にいて楽しめそうとかという付き合ってからのポジティブな想像が容易にできます。これは小告白して成功する可能性を高めるコツでもあります。

既読にならなくても焦らない

Lineは便利な反面、相手が読んだかどうかをすぐに確認することができます。そのため、なかなか既読にならないと告白したのに読んでもらえていないことで不安になることも少なくありません。だからといって電話をしてlineを見てほしいと連絡しては本末転倒です。辛いですが相手がline画面を開くまで待つようにしましょう。

また、既読になってからもしばらく待たされてしまうこともあります。相手が読んで驚いていたり何を返答すればよいかわからなくて悩んだりしているとなかなか返答が来なくなるものです。

このようなときにも早く返答が欲しいと急かせば早く返答しなければと焦ることで相手から断られる可能性が高まります。返答が来るまでは待っている気持ちが辛くモヤモヤしますが相手を急かすことなくじっと待つようにしましょう。

まとめ


昔は告白するのに直接伝える以外の方法はナシとされていましたが、時代の流れもあり最近ではラインで告白することもアリになってきています。ラインで告白することは問題ないのですが、伝える方法やタイミングはよく考えないと失敗する可能性が高くなります。事前に送る文面を何度も遂行し、タイミングを見計らいベストなタイミングで送るようにしましょう。